ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HotPepper」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HotPepper」に関する情報が集まったページです。

グルメサイト、3割が「信用しない」 飲食店側も6割が評価気にせず
グルメサイトの点数やランキング表示について、ユーザーの3割が「信用していない」――。こんな調査結果を、飲食店に予約システムを提供するTableCheckが公開した。(2021/4/9)

上場4社も厳しく:
ラーメン店の倒産、過去最多 コロナ禍で「ラーメン店離れ」続く
2020年のラーメン店の倒産数は46件となり、19年の36件を上回って過去最多を更新した。倒産が年間40件を超えたのは20年が初めて。(2021/1/19)

「ジャンプってすごくない?」 「鬼滅」「ワンピ」などが一緒に連載されていたことを知った娘の反応を描いた漫画に「分かる」の声
ジャンプはすごい。(2021/1/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
自分で考えて動く社員が育つOJTマネジメント
大手企業から成長企業、経営者から新入社員まで、さまざまな業界、階層の人たちに対して「OJTマネジメント」のノウハウを提供し、その結果成果が出る対象を把握する事ができた。(2020/12/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
安易な「Go To イート」批判に喝! “功罪”を検証して見えてきたものは
「Go To イート」には批判も多い。しかし、実態とは違うイメージで語られていないだろうか。キャンペーンの功罪を検証する。(2020/12/16)

Go To Eat今週末にも終了 予約サイトにはアクセス集中
農林水産省が実施する「Go To Eat」によるオンライン事業は、近く予算上限616億円に達する見込みのため、早ければ今週末にも終了する見込みだ。予約サイト大手のホットペッパーは、「近日中終了のお知らせ」を掲載している。(2020/11/13)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
かっぱ寿司も“無限”に!? 過熱する回転寿司チェーンの「Go To イート」対応
“無限くら寿司”というワードが大きな話題になっている。大手チェーンの「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトに「Go To イート」への対応を聞いた。(2020/11/2)

料理の絵をAIが認識、テークアウトできる店を検索 ホットペッパーで新サービス
スマートフォンで食べ物の絵を撮るとAIが認識し、テークアウトできる飲食店を自動で検索するサービスが登場。名称は「おえかきテイクアウト」。親子などに向けて「ホットペッパーグルメ」の特設サイトで提供する。(2020/9/10)

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【5月25日〜5月31日】
(2020/5/25)

飲食店を科学する:
「生ビール190円」の原価率は85%? お客が3杯飲んでもしっかり利益が出る仕組みとは
「生ビール1杯190円」という看板を見かける。安さでお客を引き寄せる戦略だが、実は隠されたメリットもある。どんな狙いがあるのか。(2020/2/26)

能力開発・スキル向上支援にも積極的:
マスコミ業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」サイバーエージェント、NHKを抑えての1位は?
「仕事のやりがい」評価の平均値が高い順にランキングした「マスコミ業界の“仕事にやりがいを感じる企業”ランキング」。2位「サイバーエージェント」、3位「NHK」、4位「ベネッセコーポレーション」、5位「ドワンゴ」と続いた。1位になったのは?(2020/2/12)

ドコモとリクルート、会員サービスを連携へ ホットペッパー利用でdポイント付与 Pontaと“三角関係”に
NTTドコモが、会員・ポイント事業でリクルートと業務提携。10〜12月をめどに「dアカウント」と「リクルートID」の連携を開始する。だがリクルートはすでに、「Ponta会員ID」とリクルートIDの連携に対応済み。Ponta運営元はKDDIとの資本・業務提携を発表しているが、各社は会員サービスを今後どのように提供していくのか。(2020/1/30)

グルメサイトの点数、「信頼していない」が26%
飲食店のメニューなどを掲載している「グルメサイトの情報」を信頼している人はどのくらいいるのだろうか。20〜60代の男女に聞いたところ……。TableCheck調べ。(2020/1/6)

キーワードは「メンテナンス」:
口コミ・チラシで集客する「おしゃれ過ぎない」美容院 驚きの立地戦略で売り上げ爆増中
白髪染めなどをメインに手掛けて急成長を遂げているチョキペタ。2011年に営業を開始し、9年間で売り上げはおよそ100倍。カラーリングやシンプルなカットなど、主に40代以上以上の女性を中心に支持を広げている。売り上げ爆増の背景にある驚きの立地戦略とは?(2019/11/28)

キャンセル料への理解は広がる:
飲食店の無断キャンセル、5割がグルメサイト利用 「取りあえず予約」が温床に
「取りあえず予約」という気軽な気持ちが無断キャンセル発生につながる――。TableCheckが実施した消費者意識調査で、無断キャンセルに関する利用者側の意識が明らかになった。(2019/11/21)

ホットペッパーの関西弁アフレコCMが12年ぶり復活! マッドマックスみたいな2人のかけあいに脱力必至
世紀末感あふれる世界のベタな漫才。(2019/11/19)

専門家のイロメガネ:
【後編】なぜ食べログは公正取引委員会の調査を受けたのか?
口コミサイトでありながら、広告を取るという、食べログのビジネスモデルは矛盾している。筆者は、食べログのユーザーレビュー操作については推定無罪というスタンスだが、それでも炎上が続く原因として、矛盾だらけの代理店の取り扱いがある。(2019/10/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新登場の“あんぱん“はサブウェイを救う? 苦戦が続く原因から読み解く
サブウェイがあんこを挟んだサンドイッチで巻き返しを狙う。日本市場で苦戦している背景にはコンビニや外食チェーンの“野菜強化”がある。じわじわ増えているサラダボウル専門店も新たな脅威になりそうだ。(2019/10/1)

「ホットペッパービューティー」広告に“トレス”疑惑 作者には既に謝罪済み
若林稔弥さんの漫画『徒然チルドレン』との類似が指摘されていました。(2019/3/27)

グルメサイト頼み、変える:
ワタミが“ビッグデータ集客”に挑む深い理由
ワタミがビッグデータを活用した集客実験を開始した。予約システムのIT化を図りデータを集積。グルメサイトばかりに依存しない販促を模索。(2018/12/21)

データ活用は組織課題:
年間約12億円の価値を創出するデータサイエンティストチームのBIツール活用法とは
アイティメディアは、2018年9月26日に秋葉原UDXにおいて「AI/ディープラーニングビジネス活用セミナー ビジネス価値は、データに宿る」を開催した。本稿では、リクルートライフスタイルによるセッションは、「Tableau活用6年の軌跡〜組織定着と活用事例〜」の模様をお届けする。(2018/11/14)

@IT脆弱性対応セミナー2018:
“Hack Everything”をモットーに――リクルートは脆弱性対応をいかにハックしたのか
@ITは、2018年9月11日、東京で「@IT脆弱性対応セミナー」を開催した。本稿では、基調講演「リクルートにおける脆弱性対応の今と未来」の内容をお伝えする。(2018/10/16)

“いま”が分かるビジネス塾:
もはや融資は銀行の専売特許ではない 新型融資ビジネスが急拡大する背景は?
フィンテックを活用した新しい融資ビジネスが急拡大している。従来型の融資に頼る銀行のビジネスが危うくなるというのは以前から指摘されてきたが、他業種からの進出は予想以上のペースで進んでいるようだ。(2018/8/16)

PR:リクルートのモバイル決済サービスが人気の理由 残業減+売上増に貢献する新サービスも
リクルートライフスタイルのPOSレジアプリと決済サービスが大きな支持を集めている。同社が1月30日に開催した「Airレジ カンファレンス 2018」でその理由を探るとともに、カンファレンスで披露された、飲食店向けの新しい業務支援サービスを紹介する。(2018/2/28)

スマートスピーカー、流行のトリガーは「オフィス」?──「Alexa for Business」の可能性
アマゾンの音声AIアシスタント「Alexa」搭載デバイスの「Amazon Echo」が流行するきっかけは「オフィスでの利用」かもしれない。法人向けサービス「Alexa for Business」から読み解いていく。(2018/1/22)

事業部門と開発部門が持つデータ活用視点の違い
リクルートのビッグデータ分析基盤ができるまで、事業部門と開発部門が共に奮闘
リクルートのサービスで共通に使われる「リクルートID」。ここに集まる膨大なデータを同社はどのように収集、分析し、活用基盤を構築しているのか。機械学習の結果を現場で生かす上での苦労と併せて紹介する。(2017/11/27)

ホットペッパーとコラボ、ゲーム配信:
ダイドー、スマホ連動型自販機に注力 若者呼び込み
ダイドードリンコが、スマホと連動する自動販売機「Smile STAND」を活用した情報配信サービス「Smile Town Portal」を始める。若年層を中心に普及が進むスマホと連動したキャンペーンを展開し、伸び悩んでいる若手顧客を獲得する狙いがある。(2017/8/17)

ドリンク購入で情報発信 ダイドードリンコの「未来型自販機」とは
ダイドードリンコは9月4日から、飲料を購入したユーザーのスマートフォンに情報発信するサービス「Smile Town Portal」を始める。(2017/8/17)

「サービスクローズではない」:
ポンパレ、チケット販売を一時終了 運営方針変更
リクルートライフスタイルが「ポンパレ」の運営方針変更を発表。既存の形式でのチケット販売は5月に終了する。サービスやサイトのクローズではないという。(2017/4/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「ちゃんとした会社」ほど新規事業を生み出せないジレンマ〜社内で企画案を通すための3つのコツ〜
合理的な経営システムは事業環境に変化がない場合は有効だが、大きく変化する中で新たな価値を生み出すには逆に作用してしまうことも多い。いかにして既存の枠組みを超えて新規事業を創出するか。(2017/4/20)

「食べログの点数」を見ないとお店に入れない人たち
(2017/3/9)

「もっと自由な就活へ」 27歳まで365日「新卒採用」受け付け、入社時期も選べる リクルートライフスタイル
リクルートライフスタイルは、大学3年生から27歳まで365日エントリーを受け付ける仕組みと「新・新卒採用」を始める。(2017/1/25)

リクルートのPOSレジアプリ「Airレジ」がリニューアル――会計機能の強化&予約台帳アプリを提供開始
リクルートのPOSレジアプリ「Airレジ」が会計機能を強化。予約管理機能を新アプリ「レストランボード」へ移管し、よりスムーズな利用を可能とする。(2016/5/12)

「セルフサービスBI」セミナーリポート:
データドリブンな企業風土をどう作る? リクルート、スカパーの事例に学ぶ
ここ1年ほどで企業のデータ活用に大きなトレンドが生まれている。業務部門が自らデータ分析やリポートの作成を行う「セルフサービスBI」だ。このほどITmedia エンタープライズ編集部が「セルフサービスBI」のセミナーを開催。スカパーやリクルートといった企業事例や最新のソリューションが紹介された。(2015/11/9)

リクルートのセルフサービスBI導入記【前編】:
脱Excelで生産性15倍、リクルートが「Tableau」を選んだ理由
データ分析に「セルフサービスBI」を検討している企業は多いが、業務部門主導でデータ分析を行う文化を作るのは簡単なことではない。そこで「Tableau」でさまざまな成果を上げているリクルートライフスタイルに、導入のポイントやツールの活用方法を聞いてみた。(2015/10/5)

リクルート、調査研究機関「ホットペッパービューティーアカデミー」を情報発信サイトへリニューアル
リクルートライフスタイルは、美容に関する調査研究機関「ホットペッパービューティーアカデミー」をリニューアル。美容業界に向けて有益な情報を発信していく。(2015/9/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
もしもあなたが新規事業の担当になってしまったら
この2〜3年で企業の新規事業に取り組む姿勢が大きく変わってきている。新たな市場への進出、新事業創出ができるかどうかが登用されるポイントになっている。(2015/8/27)

Meet Recruit:
「大企業は新規事業に向かない 」 nanapiけんすう氏が成功しなかった理由
リクルートOBでもある、 “けんすう”こと、株式会社nanapi代表取締役 古川健介さん。KDDIが発表した『Syn.』への参画、そして最近では非言語コミュニケーションサービス『emosi』リリースなど、常にメディア領域での話題を生み出し続けているけんすうさんですが、リクルート在籍中は新規事業を1つも成功させたことがなかったそうです。(2015/6/1)

電力供給サービス:
電気を使うとポイントがたまる、東京電力が2016年1月に新サービス開始
東京電力は全国に7000万人の会員を抱えるポイントサービス「Ponta」と提携することを決めた。2016年1月にサービスを開始する。電気を使うとポイントがたまるプログラムを提供して小売全面自由化でも競争力を発揮する狙いだ。インターネットを使った情報提供ではリクルートと連携する。(2015/5/11)

ぐるなび、食べログの“次”のサービス:
グルメサイト第3世代「Retty」――ポイントは実名投稿とスマホ重視
ぐるなび、食べログに続くグルメサイト第3世代「Retty」をご存じだろうか。2011年スタート、初期から実名投稿・スマホ重視の方針を貫き、ある施策の後にユーザー数が急増、今は700万人を突破している。なぜこれほど急成長できたのか、同社代表の武田和也氏に秘密を聞いた。(2015/4/2)

PR:エンジニアの実力を120%引き出すために “技術の追求=ビジネスの進化”アドテク最先端の現場のホンネ
急成長のアドテク分野は、技術力がビジネスの成長に直結する硬派な現場。技術に妥協しない職人気質のエンジニアたちを支える自由な社風とは?――リクルートコミュニケーションズで働くみなさんのホンネ、焼肉しながら聞きました。(2015/3/25)

リクルートが「Android TV」対応アプリを提供開始――「料理サプリ」ほか
リクルートは、メディアプレイヤー「Nexus Player」の国内発売に合わせて「Andorid TV」に対応したアプリの提供を開始した。(2015/2/27)

PR:雑貨に花束、春を楽しむ福岡・天神ぶらり旅 タブレットレジは小さなお店の味方
ビジネス街や繁華街がぎゅっと凝縮したコンパクトな街、福岡・博多。iPadやスマートフォンを使った無料POSレジアプリ「Airレジ」の導入が続々と進んでいるということで見に行ってきました。さてさてどんなお店に?(2015/2/27)

PR:かゆいところに手の届く機能が充実――新生活のお供に「NAVITIME」を入れよう
数あるナビサービスのなかでも人気の高い「NAVITIME」は、有料会員になることでより総合的なナビゲーション機能を利用できる。ルート検索だけでなく、多彩な検索に対応した有料会員向けメニューを使いこなして、新生活を満喫しよう。(2015/2/27)

店名入力や検索が不要:
エキサイト、振るだけで飲食店クーポンを入手できる「振ってクーポン」Android版を配信
エキサイトは12月16日、スマートフォンを振るだけで飲食店のクーポン情報を入手できる「振ってクーポン」Android版をGoogle playにて配信することを発表した。(2014/12/16)

無料POSレジアプリ「Airレジ」1周年、10万アカウントを前倒しで達成 順番待ち管理アプリなど新機能追加
リクルートが展開する無料POSレジアプリ「Airレジ」が10万アカウントを超えた。飲食店や小売店、スクールなどさまざまな業種に向く新機能を追加していく。(2014/11/27)

マネーの達人:
話題のランチパスポートを解説――損しないための使い方は?
ランチパスポート(ランパス)を知っていますか? 今年になってにわかに注目を浴びていますが、まだまだ「え? 何それ?」という人も多いのではないでしょうか? 今回はお得にランチが食べられるランパスについて、解説します。(2014/10/6)

リクルート提供アプリがiOS 8の新機能「App Extensions」に対応
「ホットペッパー グルメ」「SUUMO」「じゃらん」が、iOS 8の新機能「App Extensions」に対応した。アプリケーション間の連携が容易になる。(2014/9/22)

PR:手軽に使えるクラウド型ナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」で北海道を行く
夏休みともなると、遠出してレンタカーなどを借り、道の場所へと旅してみたくなる。そんなときぜひ使ってほしいのがカーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」だ。レンタカーのナビより断然使い勝手がいいこのアプリの魅力を、実際に北海道で体験してみた。(2014/7/17)

上阪徹が探る、リクルートのリアル:
仕事ができる人の共通点は? リクルートで働いて学んだこと
幅広い領域で次々とビジネスを拡大しているリクルート。今や売り上げは1兆円以上に。今のリクルートって、いったいどうなっているのか。第一線で活躍する“エース”たちから、今のリクルートのリアルを探る。(2014/4/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。