ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「間取り」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「間取り」に関する情報が集まったページです。

東京一安い売買物件!? “200万円以下で2DK”の激安物件に「ええやん」「全然悪くない」
激安の売買物件を調査しています。(2024/4/17)

DIYで“6畳の和室”が“理想の作業部屋”に大変身! 超オシャレな仕上がりに「驚異的な完成度ッ!!」「秘密基地感あってええな」
こういう作業部屋に憧れる。(2024/4/12)

現場管理:
施工管理アプリ「PRODOUGU」に配筋検査や仕上検査の新機能、建設システム
施工管理アプリ「PRODOUGU」に、配筋検査や仕上検査などを効率化する新機能「検査オプション」が追加された。(2024/4/11)

“極細”すぎるのに……24部屋もあるの!? 目を疑うような外観の珍マンションが「悪くない」「暮らしやすそう」と好評
ちょっとした壁です。(2024/4/10)

「東京えぐい」 新築一戸建てなのに“1人暮らし”向け!? 都内にある“家賃約10万円”の激狭物件に衝撃走る
省スペースの工夫が興味深い。(2024/4/7)

不動産DXのいまを知る:
物件情報の作成、AIがサポート アットホームが挑む不動産DXの現在地
新連載「不動産DXのいまを知る」では、アットホームラボ代表取締役社長の大武義隆氏が、不動産業界のDX推進において活用するAI技術や先端技術との親和性、活用方法やその効果、将来性などについて解説する。(2024/4/4)

「家賃10万円以下」で住める都内のタワマンの中身は…… 日当たりと見晴らしはバッチリな1K物件に潜入
1階にファミマがあるのは強い。(2024/4/3)

特定のキーワードで検索しているユーザーの行動の流れを提示:
AIがユーザー行動変容を考察 LINEヤフー「DS.INSIGHT」の生成AI関連新機能第2弾
LINEヤフーがデータソリューションサービス「DS.INSIGHT People」に、生成AIを活用した機能を追加。ユーザーの行動変容を考察することが可能となった。(2024/4/2)

築古物件を1年かけてDIY→驚きのビフォーアフターが100万再生超え! 「センスの塊」「もはや別部屋」と絶賛
こんなお部屋に住みたい!(2024/4/2)

Archi Future 2023:
ChatGPTで急速に進化する“生成AI”に抱く「驚異」と「脅威」 東大教授・川原圭博氏が示す建設での可能性
ChatGPTの登場で進化スピードが一段と加速した生成AIや大規模基盤モデルは、今後の建設業界に何をもたらすのか。コンピュータネットワーク/ユビキタス専門家の東京大学大学院 工学系研究科 教授 川原圭博氏の講演にその答えを探る。(2024/4/1)

あれっ、浴室が見当たらない→“信じられない場所”に入口がある強烈物件に驚愕 「面白すぎる」
なぜそんな場所に……。(2024/3/30)

「見てるだけでわくわくする」 もはや何LDKなの? 内装がカオスすぎるユニーク物件に思わず仰天
住んだら毎日楽しそう。(2024/3/28)

家電業界に“黒船”本格参入 コスパ重視「Comfee’」が日本を“狙い撃ち”した理由
日本において、Midea Groupが注力するComfee’の狙いは? 世界の市場シェアを獲得する要因はどこにあるのか。日本美的で取締役を務める斉心氏に聞いた。(2024/3/28)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
不動産ミステリー「変な家」の映画が賛否両論な理由、マンガ家が考察
映画「変な家」が15日に公開され、週末3日間の観客動員数34万4000人、興行収入4億7400万円と順調なスタートを切りました。ただ、SNSの感想を見てみると賛否両論あるようです。(2024/3/24)

賃貸住宅44戸など:
東武鉄道の複合施設「ミノリテラス草加」開業 築51年の従業員住宅をリノベ
東武鉄道は、従業員住宅をリノベーションした複合施設「ミノリテラス草加」をオープンすると発表した。4月上旬より賃貸住宅の入居を開始し、店舗は順次開業を予定している。(2024/3/23)

幅たった60センチ!? 都内にある「細すぎワンルーム」→部屋に入ると“予想外の中身”に「いいもの見られた」
激狭だけど全然住めるレベル……!(2024/3/22)

xR:
三協フロンテアにユニットハウスの3Dモデル構成ツールを提供、伊藤忠テクノソリューションズ
伊藤忠テクノソリューションズは、ユニットハウスの商談を効率化し、顧客満足度の向上につなげる目的で、三協フロンテアにユニットハウスの3Dモデル構成ツールを提供した。(2024/3/13)

リファイニング建築:
三井不動産、毎日新聞の新聞販売店を賃貸住宅に再生 建物1棟をコンバージョン
毎日新聞社は三井不動産の「老朽化不動産再生コンサルティングサービス」を利用し、東京都板橋区に所有する築26年の新聞販売店の建物を、総戸数14戸の賃貸住宅に再生した。再生サービスは、既存躯体の補修/補強を行い既存建物の8割以上を再生する「リファイニング建築」を活用することで、建物の長寿命化を図りながら、建て替えと比較して工事費用とCO2排出量を低減する。(2024/3/12)

PR:【読者限定クーポンあり】Amazon新生活セールで「ロボット掃除機」が最大44%OFF 全自動、AI搭載の注目モデルは? 床掃除も窓拭きもお任せ
(2024/3/1)

「今まで見た事ない」 本当に賃貸アパート? 1LDKなのに“スペースの数がとんでもない物件”に驚愕の声
住んでみたい!(2024/2/28)

制震:
アエラホーム、注文住宅の制震性能を強化 地震でも気密性/断熱性を維持
アエラホームは、注文住宅の制震性能強化に乗り出す。建物に伝わる地震の衝撃を吸収し、耐震性を維持できる制震装置の導入などにより、地震が起きても住宅の気密性や断熱性を損なわず、長く住み続けられる家づくりを進める。(2024/2/21)

佐藤二朗、映画コラボビジュアルを見てみたら……「パロディ側の方がイケメンやんか!」 人気芸人の“演技”に「待て」とツッコミ
「見取り図」の盛山晋太郎さんが佐藤二朗さんに扮(ふん)しています。(2024/2/20)

IT企業デスクツアー:
累計13億円超調達のスタートアップで働くみんなのデスク環境 CEOからエンジニアまで写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は累計13億8900万円の資金を調達しているSaaSスタートアップ・ペライチ(東京都台東区)で働く人のデスク環境を探る。(2024/2/27)

築32年マンションを貸し出すためにセルフリノベーション! 本気の解体作業に「見ていてスッキリ」
リノベーションを一人でやることがもうすごい。(2024/2/25)

東京一狭い? 池袋にある「2.5畳」のワンルーム訪問→“衝撃の狭さ”に仰天「レンタル倉庫にしか見えない」
入ってすぐにルームツアーがほぼ終了する狭さ……!(2024/2/17)

触るのをためらうほど汚れたキッチンが、お掃除プロの神ワザで…… ピカピカの新居級リノベーションに「イリュージョン見てるみたい」
魔法を使ったみたい……!(2024/2/16)

築約40年「終の棲家」3LDKマンションを「2LDK」に変えてみたら……? 堅実なリフォーム結果に「理想的な住まい」
寝室として和室も残しつつ、暮らしやすい形へと変えています。(2024/2/11)

「女1人で持ち家?」「1人暮らしで一戸建て?」 固定観念を一蹴するおしゃれなシンプルライフに「勇気出ました」と反響
共感の声が寄せられています。(2024/2/5)

予約が殺到:
「山の上ホテル」2月に休館 その後はどうなる?
三島由紀夫、川端康成など多くの文豪が執筆活動のために泊まり込みで作品を書き上げた場所として知られる「山の上ホテル」が建物の老朽化のため、今月13日から当面の間、休館する。(2024/2/4)

ボロボロの廃工場を2年かけてリノベしたら……? 驚きの変貌に「素晴らしい!」「すごすぎてショック」
リフォームには2年の月日をかけているそうです。(2024/1/24)

BIM:
BIMリノベーションを“ベトナム”で事業開始 第一弾工事が地盤ネットの現地法人で竣工
地盤ネットホールディングスのベトナム法人JIBANNET ASIAは、ベトナムでBIMを用いたリノベーション工事の請負をスタートさせた。第一弾となる工事では、日本在住の施主や現地の施工業者と、BIMベースの立体的な図面とCGパースを用い、合意形成を図ったという。(2024/1/22)

後藤真希、3階建ての“6LDK”新居を初公開 豪華なルームツアーにファン「めちゃくちゃ広い」「モデルルームみたい」
すてきすぎる豪華な新築が誕生。(2024/1/20)

テスラ付き賃貸マンション登場 家賃は23万7000円から
コロンビア・ワークスは19日、「テスラ付き賃貸マンション」をうたう「LUMIEC suite EBISU」を発表した。(2024/1/19)

キッチンカウンターを夫婦でDIYしたら…… 壁の破壊から始まる劇的な変化に「めっちゃいい」「どんどん素敵な空間に」
便利そうな棚もできました。(2024/1/19)

無印のポリプロピレン収納に“ちょい足し”→劇的に使いやすく! すぐまねできる簡単アイデアに「早速やってみます」の声
地震対策にもなりそう。(2024/1/13)

スピン経済の歩き方:
“クレイジー”な日本の避難所を救う 「ムービングハウス」とは何か
能登半島地震で被災した人の多くが、未だに体育館で雑魚寝をするような生活を送っている。今こそ国をあげて日本中にムービングハウスを「備蓄」すべきではないか。(2024/1/10)

「衝撃的すぎて笑った」 23区駅近の激狭木造1K、キッチン隣にあった「とんでもない設備」に驚愕
勇気ある設計。(2023/12/29)

「これがUR賃貸住宅!?」 団地とは思えない首都圏2DKリノベーション物件に「新築マンションみたい」の声
お部屋もすてき。(2023/12/28)

プロジェクト:
HARUMI FLAG、板状マンション2690戸が完成 2024年に入居開始
東京オリンピック・パラリンピック(東京2020大会)の跡地で整備が進む大型複合開発「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」で、中層の分譲マンション(板状棟、2690戸)が2023年11月に竣工し、報道陣に公開した。2024年1月から入居が始まる。(2023/12/12)

一人暮らしで、近くにあると便利な施設 3位「ドラッグストア」、2位「コンビニ」、1位は?
一人暮らしの人が、近くにあると便利だったり、楽しかったりする感じる施設は何か。アットホームが調査結果を発表した。(2023/12/3)

サイクリスト向け賃貸住宅が名古屋に登場 自転車用の洗車シンクやバーチャルライドなどの設備も
自転車ありきの生活。(2023/11/30)

2027年度に販売棟数1万棟:
大和ハウス工業、27年度に戸建て7割の木造化目指す VR活用で提案力強化も
大和ハウス工業は規格住宅や分譲住宅の販売を強化し、2027年度に販売棟数1万棟を目指す。また、CO2排出量削減に向けて木造住宅の建設を加速するとともに、提案力向上と業務効率化を目的にデジタル活用も進める。(2023/11/27)

登録者数200万人超のYouTuber、“家賃3ケタ”タワマンを半年で退去→費用3分の1の新居へ 「やっぱり今は都内だな」「広い部屋苦手」
ファンからは「まじ何回引越すん?」のツッコミも。(2023/11/26)

Amazonブラックフライデー:
貴重なお家時間を有効活用しよう! 時短ツールで便利なRoborockの全自動ロボット掃除機などが最大57%オフ
年に一度のAmazonブラックフライデーの始まった。ロボット掃除機を展開するRoborockは、全自動ロボット掃除機などをい最大57%の割引価格でセール出品している。家にいる短い時間を有意義に過ごすのに活用したい。(2023/11/25)

PR:Amazonブラックフライデーで必見の「ロボット掃除機」 大掃除を楽にする注目の3モデルを紹介 読者限定クーポンも!
(2023/11/22)

北國銀行が新勘定系システムをAzureとGoogle Cloudのデュアル構成で構築、「単一クラウドへの依存はITガバナンス上許されない」
北國銀行は新たなバンキングシステムの開発を進めている。新システムはMicrosoft AzureとGoogle Cloudの2つのクラウドで動かす。なぜ同行は新システムを開発するのか。なぜ2つのクラウドでシステムを構築するのか。(2023/11/20)

水曜日に「へえ」な話:
6年前に「社員寮」を建てて、どんな“効果”がでたのか 50%→0%の数字に驚き
大阪に本社を置く「三和建設」が気になるデータを出してきた。6年前に寮を建てたところ、ある数字が劇的に下がったというのだ。どういうことかというと……。(2023/11/15)

スマート化:
ゲーム感覚で理想の家づくり 安心計画の間取り確認アプリ
安心計画は、ゲーム感覚で理想の家づくりをサポートするバーチャル動線チェックのiOSとAndroidに対応した新アプリ「My Room tour」の提供を開始した。(2023/11/7)

調査レポート:
近年の賃料高騰に関する意識調査「賃貸価格の上昇に不安7割強」
リノベるは、近年の賃料高騰に関する意識調査の結果を発表した。賃貸価格が高騰していると感じている回答者が6割弱、賃貸価格が上がることに対して不安を感じている回答者が7割強となっている。(2023/11/6)

「俺も頑張らなきゃ」 江頭2:50、同期・松村邦洋の自宅訪問でド級の“芸人魂”に衝撃 視聴者も感動あらわ「凄まじい努力の人」
ポンポン飛び出すモノマネの秘密が明らかに。(2023/11/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。