ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IDS Scheer」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IDS Scheer」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

CeBIT 2011 Report:
BPM以外の分野にも拡張していく――独Software AGのシュトライビッヒCEO
独Software AGのトップが企業買収を含む今後の事業戦略を語った。(2011/3/4)

CeBIT 2011 Report:
クラウド戦略の第一歩を踏み出す 独Software AG
情報通信の国際見本市「CeBIT」開幕を直前に控え、地元ドイツを代表するソフトウェア企業のSoftware AGが新戦略を発表した。(2011/3/1)

IDSシェアーとの経営統合による新戦略を発表 ソフトウェア・エー・ジー
BPM製品を提供するソフトウェア・エー・ジーは、今後注力すべき4つの戦略分野を発表した。(2011/2/15)

ソフトウェア・エージー、webMethods最新版で合併2社の完全統合を強調
ソフトウェア・エージーは、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)製品であるWebMethodsの最新版として「webMethods 8日本語版」の提供を開始したと発表した。(2010/9/16)

Process World 2010 Report:
NECが披露したビジネスプロセス改善の勘所
ドイツで開催された独Software AGのユーザーカンファレンス「Process World 2010」において、NECは全社的に取り組んでいるビジネスプロセスマネジメントの取り組みを紹介した。(2010/6/22)

Process World 2010 Report:
40年の歳月がもたらした「ビジネスプロセスエクセレンス」という新境地
独Software AGおよびIDS Scheerのユーザー企業向けカンファレンス「Process World 2010」の2日目には、Software AGのカールハインツ・シュトライビッヒCEOが登場。「企業のビジネスとITにパラダイムシフトを起こす」と同社のソフトウェア戦略を力説した。(2010/6/10)

Process World 2010 Report:
ビジネスとITが融合する時――Software AG
WebMethods、IDS Scheerの獲得により、BPMの包括的なソリューションを提供できるようになった独Software AGは、「ビジネス部門とIT部門の融合」が企業のビジネスを変えると提唱。これを「ビジネスプロセスエクセレンス」と定義し、ユーザー企業に訴求を図っている。(2010/6/9)

CeBIT 2010 Report:
「ビジネスプロセス」はERPより大きな市場になる――独Software AGの新戦略
独ハノーバーで開催されているCeBIT 2010で、ソフトウェア大手の独Software AGのカールハインツ・シュトレイビッチCEOが今後5年間に向けた新戦略を発表した。(2010/3/2)

クラウド実証リポート「ザ・プロに聞く」第1回:
PR:グループ全体でNECが取り組む経営システム改革とは?
経済環境の悪化を受けて、多くの企業がコスト削減や業務効率の向上などさまざまな経営課題に直面するなか、NECは業務プロセスとITの刷新による経営システム改革を実践している。ポイントは基幹システムのクラウド活用であるという。(2009/9/1)

組み込み技術:
MATLABのマスワークス社が日本法人を設立、「全知見を共有しサポート品質向上へ」
(2009/7/3)

PPCが「jCOM1」販売開始:
ドイツ製BPMツール「jCOM1」登場、「サブジェクト指向」とは
(2009/2/27)

SAPにビジネスプロセスを組み込むIDSシェアー
独IDS Sheerのコンサルティングサービス担当エグゼクティブボードメンバー、ディルク・ウーバーマン氏にビジネスプロセス管理の効果などを聞いた。(2008/6/9)

IDSシェアーが新戦略発表:
BPMで継続的なビジネス改善を
(2008/5/8)

J-SOXが追い風?:
レガシー資産を生かすwebMethodsのアプローチとは
ITシステムは、「作る」より「買う」、「買う」よりも既存部品で「組み立て直す」ことでビジネス上の価値を迅速に引き出せるようになってきた。SOA基盤を提供するwebMethods/ソフトウェア・エー・ジーにとっては、J-SOXこそ追い風だという。(2008/4/16)

IDSシェアーがビジネスプロセス評価ツールの最新版を発表、Flash技術を取り込む
BPMツールを提供するIDSシェアー・ジャパンは、ビジネスプロセスを評価し、業務フローを作成するツールの最新版を同日から提供すると発表した。(2008/3/14)

NEWS
IDSシェアー、企業パフォーマンスとリスクの把握を支援するBPMツールの最新版
「ARIS Process Performance Manager」に新モジュール「ARIS Performance Dashboard」を追加し、操作性と柔軟性が向上。リポート機能とリスク管理機能を強化し、経営層による自社パフォーマンスの把握を支援する。(2008/3/14)

日産の情報システム革新「BEST戦略」 キーワードは「標準化」
1999年の経営危機から奇跡的な回復を遂げた日産自動車。それでも同社は改革の手綱をゆるめることはない。2006年からは情報システム部門を世界レベルにまで引き上げることを目指した「BEST戦略」に着手。その核となる施策は、情報システムの標準化だ。(2008/2/13)

BPMは文化とテクノロジから理解しよう:
今後はBPMとBIの連携が“キモ”〜BPMの父が語る
(2008/1/23)

「行く年来る年2007」ITmediaエンタープライズ版:
最強のビジネスプロセスエンジンは人間のアタマ?
神社を守る狛犬「阿」(あ)と「吽」(うん)のように、伝統的な日本企業では、上司と部下、あるいは同僚同士が互いに呼吸を合わせるかのように仕事が進められてきた。まさに2007年、内部統制の整備に追われてきた多くの日本企業の課題がそこにあった。(2007/12/27)

BEA Japan Forum 2007レポート:
SOAやBPMで顧客基点のサービスを迅速展開するNTTドコモや三井住友海上
「BEA Japan Forum 2007」では、新しい技術を活用して迅速に顧客視点のサービスを提供するNTTドコモと三井住友海上が登場し、「ITで実現するビジネス革新」をテーマにパネルディスカッションが行われた。(2007/11/5)

BPTrends(1):
ビジネスプロセスの標準規格
ビジネスプロセスに関する標準規格がさまざまな団体、企業から提唱されている。それらはどのような場面で使われるものなのだろうか? BPTrends編集責任者のポール・ハーモンが解説する。(2007/6/1)

Microsoft、BPMのためのアライアンス結成
Microsoft Business Process Allianceは、比較的安価なBPM技術の選択肢を企業に提供することを目的とする。(2007/2/28)

米OracleとIDSシェアーが企業のBPM支援で協業を強化
米Oracleは独IDS Scheer AGとの連携を強化し、企業のビジネス・プロセス・マネジメント(BPM)への取り組みを支援するための合意を結んだと発表した。(2006/8/8)

情報システム用語事典:
BPM(びーぴーえむ)
business process management / ビーピーエム / ビジネスプロセス・マネジメント(2006/7/21)

マーケットシェアの奪い合いにしのぎを削るSAPとオラクル
SAPがOracleにマーケットシェアを奪われつつあるという説を否定しようとする同社の姿勢は、少々気になるところだ。ERPやSCM、PLMの領域でしのぎを削る両社の動きを分析する。(2006/7/21)

IDSシェアー、本決まりになった日本版SOX法対応ツールを提供
IDSシェアー・ジャパンは、企業がいわゆる「日本版SOX法」と呼ばれる金融商品取引法案に対応するための内部統制管理ツール「ARIS Audit Manager 3.0日本語版」の提供を開始すると発表した。(2006/6/20)

SAPPHIRE '06 Paris Report:
「BIはコモディティへ、差別化となる時代は終わる」とSAP
独SAPがBIに躍起だ。同社はビジネスによるイノベーションを実現するアーキテクチャ、Enterprise Service Architecture(ESA)を提唱しており、ビジネスユーザーのツールであるBIを組み込むことは、同社の戦略上重要だという。(2006/6/1)

日立情報とIDSシェアー、J-SOX法の文書化プロセスに対応した「ARIS」を共同で提供開始
日立情報システムズとIDSシェアー・ジャパンは、日本版SOX法の文書化プロセスに対応した内部統制ソリューションの提供で協業する。(2006/5/18)

SAPとOracleが歩む異なる道
OracleのFusionとSAPのNetWeaverの取り組みは似ているが、この先両社は異なる道を追求するだろうとForresterは考えている。(2006/4/7)

独シーメンス、IDSシェアーのARISでSOX法の監査に対応
IDS Scheer AGは、独シーメンスグループがIDSシェアーの「ARIS Audit Manager」を活用して、SOX法の要件をすべて満たしたと発表した。(2006/1/18)

IDSシェアーと日本オラクルが協業、BPMを包括的に支援
IDSシェアー・ジャパンと日本オラクルは、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)分野で協業する。(2005/12/26)

日本BEAシステムズとIDSシェアー、BPM分野で協業
日本BEAシステムズとIDSシェアー・ジャパンはビジネス・プロセス・マネジメント分野に関して協業し、互いの製品の連携を検証する。(2005/10/20)

最先端BPM実践講座(3):
自力で社内の埋蔵金を発掘するためのノウハウ公開!
企業の業務改革は“社内の埋蔵金探し”に通ずる。この考えに基づくと、業務改革の第1ステップは埋蔵金の在りかを特定することだ。在りかを見つけてしまえば、後は掘るだけである。今回は、埋蔵金探しで重要な“埋蔵金の在りかを的確に探し出すノウハウ”を紹介する。(2005/9/2)

最先端BPM実践講座(2):
経理・経営管理項目モニタリングでCFOの悩み解決!
(2005/7/16)

IDSシェアーがパートナー組織、BPMの大ブレークに備える
業務プロセスの実績測定、評価ツール「ARIS Process Performance Manager」(ARIS PPM)の導入支援を目的にした「2005年度 ARIS PPM パートナー会」が発足した。(2005/7/11)

SAPジャパンとIDSシェアーがビジネスプロセス管理で協業を強化
SAPジャパンとIDSシェアーは2003年からの両社の協業関係を強化し、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)のソリューション提供を行うと発表した(2005/7/5)

最先端BPM実践講座(1):
プロセス指向型システム導入で情シス部長の悩み解決!
企業のシステム部門では、2007年問題をはじめとしたさまざまな問題が発生している。ここでは、システム導入時の問題を解決するための2つの重要なポイントと、導入時に有効な7段階の主手順を紹介し、主手順実行に有効なBPMツールの利用方法などを紹介する。(2005/6/15)

日本ユニシスとIDSシェアー・ジャパン、BPM分野で業務提携
日本ユニシスとIDSシェアー・ジャパンは、ビジネスプロセス・マネジメント分野において業務提携した。(2004/6/3)

青森銀行:業務支援ポータル 顧客対応の向上を目指しベテランの業務を分析
青森銀行は2003年11月、業務支援ポータル・あおぎんプロナビを稼働させた。ベテラン行員からのヒアリングを基に、31業務・725パターンの業務を分析。モデリングツール「ARIS」を使って業務プロセスを可視化し、ポータル上で全行員に開示したことで、顧客対応業務の向上を実現したという。 (2003/12/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。