ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不正クリック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不正クリック」に関する情報が集まったページです。

App Storeに不正アプリ17本、広告収入だまし取る「クリック詐欺」のコード混入
マルウェアが仕込まれたアプリは、いずれもインドの企業が提供していた。この企業のアプリは過去にGoogle Play Storeからも削除されていたが、その後復活している。(2019/10/25)

アドベリフィケーションへの投資について考える:
デジタル広告の信頼性、先進企業が気にしていることとは?――IASのCEOに聞く
日本の広告主は「アドフラウド」「ビューアビリティー」「ブランドセーフティー」の問題にどう向き合うべきか。(2018/11/6)

Google Chromeの不正な拡張機能、大手組織を含む50万ユーザーが利用
GoogleのChrome Web Storeで提供されていた拡張機能4本に、任意のJavaScriptを不正に挿入して実行する仕組みが実装されているのが見つかった。(2018/1/18)

米司法省、IoTマルウェア「Mirai」に関与の3人を訴追
米国に住む20〜21歳の3人は、2016年夏から秋にかけ、Miraiに感染させたIoT機器でボットネットを形成し、持ち主に無断で制御した罪を認めているという。(2017/12/14)

Clicker.BNの亜種:
Androidのクリック詐欺アプリが1ステップでDDoS攻撃アプリに変異、McAfeeが注意喚起
McAfeeは、Androidのクリック詐欺アプリがDDoS攻撃アプリとして再び出現したと注意を促している。クリック詐欺アプリはたった1ステップでDDoS攻撃アプリに変更できるといい、こうした変異は目新しいものではないという。(2017/9/20)

Google Playにクリック詐欺マルウェア、数千万人が感染の可能性も
「Chef Judy」などの名称で配信されていた50本あまりのアプリに、広告を不正にクリックさせるマルウェアが仕込まれているのが見つかった。(2017/5/31)

見られない広告を排除し広告パフォーマンスを向上:
アドフラウド対策で共同商品、インティメート・マージャーとインテグラル・アド・サイエンスが提供
インティメート・マージャーとインテグラル・アド・サイエンスは業務提携し、アドフラウド(不正広告)対策において共同商品の提供を開始したと発表した。(2017/4/21)

テレビがCIAの盗聴デバイスに
「テディベアがあなたの会話を聞いている」時代のIoTセキュリティとは
2年前、IoT攻撃は、業界関係者や陰謀論者だけが興味を持つ“あり得ない”攻撃手段という認識だった。だが、もはや十分“あり得る”事態となっている。(2017/4/12)

「ブラクラ」を踏んで電源コードを引っこ抜いていた頃のこと
当時のネットに氾濫していた、子供じみた悪意について。(2016/10/11)

ソフトバンクの募金サービスが「クリック詐欺?」と炎上 身に覚えのない請求はなぜ生まれたのか取材
今後は誤操作対策を図っていくとしています。(2016/9/30)

無駄なインプレッションを抑えてコンバージョン改善:
スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」に不正広告対策機能を導入
GMO TECHは、スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」において、オンライン広告向けの不正対策機能を導入したと発表した。(2016/5/31)

R25スマホ情報局:
パスワードを強化するコツは?
ハッキングされないパスワードにするためには? トレンドマイクロのシニアスペシャリストに聞いた(2016/3/29)

R25スマホ情報局:
iPhone SE発表 好評だが不満点も…
Appleが4インチの新型スマートフォン「iPhone SE」を発表した。ボディーはiPhone 5sと同じ小型ながら、中身は6sとほぼ同等という高機能を搭載。ただし、容量は最高でも64GBと、128GBモデルの不在を嘆く声も。(2016/3/24)

R25スマホ情報局:
世界初!VR映画館に「日本も早く」
オランダ・アムステルダムに、世界初のVR(仮想現実)専門映画館がオープンしたことが、ネット上で話題だ。今回のアムステルダムを皮切りに、マドリッド、ベルリン、パリ、ロンドンにも近くVRシネマをオープンさせる予定。(2016/3/10)

クリック詐欺がランサムウェア感染を招く?
脅威の「身代金ウイルス」 専門家もスルーした“低リスク攻撃”が感染源に
低リスクだとみられている脅威には、企業にとっての大きなリスクが潜んでいるかもしれない。とはいえ、全ての低リスクの脅威を調査するのは骨が折れる。策はないのか。(2016/1/15)

テスト導入ではCPAが平均約20%改善:
不正広告(アドフラウド)対策にサードパーティーデータを活用、インティメート・マージャーが新サービス
インティメート・マージャーは、不正広告(アドフラウド)への対策を可能にするアドフラウドソリューション「IM Fraudbuster(アイエム フラウドバスター)」をリリースした。(2015/10/21)

R25スマホ情報局:
最新迷惑メール事情、傾向と対策は!?
内容や詐欺の方法など、多様化している迷惑メール。受け取った側は、冷静さと用心深さをもって対処するしかなさそうです。(2015/6/3)

アプリの通信に潜むセキュリティ脅威、日系404社の実態が明らかに
企業で使われているアプリケーションの通信に、脆弱性攻撃のコードやマルウェアなどの脅威が含まれている実態がセキュリティ企業の分析調査で判明した。(2014/6/20)

Microsoft、今年3度目のボットネット撲滅作戦展開
Microsoftのサイバー犯罪センターとFBIなどが連携して、検索結果を乗っ取るボットネット「ZeroAccess」の撲滅作戦を展開した。(2013/12/9)

クリック詐欺を仕掛けるマルウェア「ZeroAccess」が横行、広告主に被害拡大
広告を不正にクリックさせるマルウェア「ZeroAccess」により広告主が被っている被害額は、1日当たり90万ドルに上るという。(2012/10/31)

不正サイトに強いWebブラウザは「IE」、第三者機関調べ
セキュリティ評価機関のNSS Labsは主要ブラウザのセキュリティ対策機能について調べた結果を発表した。(2012/9/28)

クリック広告で金を稼ぐマルウェア、収益構造の一端が明らかに
Flashbackは感染したコンピュータに広告を表示してクリックさせる手口を使い、3週間で1万4000ドルを稼いだ計算になるという。(2012/5/18)

そして税金も払わない:
Mac向けマルウェア「Flashback」は毎日1万ドルを盗む――シマンテック
シマンテックは、Mac OS Xを標的にした「OSX.Flashback.K」の背後に、金銭的な動機があるとブログで説明している。(2012/5/1)

過去最大規模、400万台のボットネットを悪用
1400万ドルを荒稼ぎ、FBIが摘発した大規模サイバー犯罪の手口
攻撃者によって乗っ取られたコンピュータの集合体である「ボットネット」。400万台規模のボットネットを使って1400万ドルを不正に得たサイバー犯罪の実態を解説する。(2011/12/15)

Microsoft、GoogleからのBingをめぐる非難に反論
Googleが、MicrosoftがBingの検索結果にGoogleのデータを流用していると非難したことに対し、「ユーザーのクリックストリームは参照しているがライバルのデータをコピーしてなどいない」と反論した。(2011/2/3)

デザイナーのためのWeb学習帳(8):
5分で絶対に分かる、「Webマーケティング」とは
その概要や、「Webマーケター」の役割、Webマーケティングを行う際の流れ、歴史、ツール、PCとケータイの違いなどを5分で解説(2010/7/27)

ボットネットを使った不正クリックが急増 7〜9月期報告書
Click Forensicsの調べによると、7〜9月期に見つかった不正クリックのうち42.6%にボットネットが使われていた。(2009/10/23)

MS、「ユーザーデータ保持期間ゼロでは質の高い検索は提供できない」
米Yahoo!が表明したユーザー情報保持期間の短縮は、ゼロリテンションポリシーにつながるのか。GoogleとMicrosoftは追随するのか。(2008/12/19)

40万件突破:
ドメイン不法占拠が依然横行、「ブランド乗っ取り」の実態
ネットオークションで利用できない格安航空券を売りに出して金銭をだまし取る手口も横行している。(2008/6/4)

Google AdWordsに「詐欺的手法」と広告主が提訴
広告を出すつもりがなかったサイトに広告を掲載されたとして、Google AdWords広告主が訴訟を起こした。(2008/4/23)

アフィリエイトのクリック水増しに加担するトロイの木馬が出現
Trafbrushに感染すると、アフィリエイトのヒット数水増しに加担させられる。(2008/3/13)

「行く年来る年2007」ITmediaエンタープライズ版:
ネットの脅威はよりひそかに、そして確実に
2007年は、Webからの脅威がクローズアップされた年だ。サイバー犯罪の組織化、攻撃の「見えない化」、ゼロデイアタック――誰もが知っている、その正規のサイトさえももはや安心して見ることができないのだろうか?(2007/12/26)

Mac攻撃は一過性で終わらず
Macを狙った問題のトロイの木馬は、少しずつ手を加えたバージョンが公開され続けており、背後にはプロの犯罪集団がいるという。(2007/11/7)

Google、クリック詐欺情報センター設置
Googleが、クリック詐欺に関する概説や詳しい解説、ヘルプなどの情報を集約したリソースセンターを開設した。(2007/8/20)

ソーシャルブックマークから悪意あるWebサイトへ誘導
RedditやDiggといった人気の高いソーシャルブックマークが、マルウェアを配布するWebサイトへの誘導に使われる可能性がある。(2007/5/31)

広告トラフィック、クリック詐欺が1割以上?
Fair Isaacによると、広告主に課金されているクリックトラフィックのうち、詐欺クリックの占める割合は10〜15%に達するという。(2007/5/23)

年末緊急特番!ボットネット対策のすすめ:
隠密化するボットへの対策に奇手なし
ボットはますます、自分が感染していることを気付かれにくくする方向に「進化」している。こうなると、まず水際で感染を防ぐことが重要だ。(2006/12/22)

年末緊急特番!ボットネット対策のすすめ:
ボットネットは「オンライン犯罪のインフラ」
ボットネットは、スパムやフィッシング、スパイウェアといったさまざまなオンライン犯罪と密接に結び付き、そのインフラとして利用されている。(2006/12/18)

年末緊急特番!ボットネット対策のすすめ:
「ターゲット化」するボット、対策はあるのか?
12月7日に開催された「Security Day 2006」では、ボットネットの現状と対策に関するパネルディスカッションが行われた。(2006/12/12)

不正行為や迷惑行為に「No」、アフィリエイトに関する業界ガイドライン
日本アフィリエイト・サービス協会は、広告主とパートナー、サービス提供者がそれぞれ遵守すべき項目をまとめた「アフィリエイト・ガイドライン」をまとめた。(2006/10/20)

Google、クリック詐欺報告の誇張を指摘
「クリック詐欺率が35%に上る」とするサードパーティーの調査は、方法が誤っているために誇張されているとGoogleは主張している。(2006/8/9)

クリック詐欺対策でGoogle、MS、Yahoo!などが業界的取り組み
クリック測定ガイドラインの策定を目指したワーキンググループが発足する。(2006/8/4)

Googleのクリック詐欺訴訟、裁判所が和解承認
9000万ドルという和解金額に対しては一部原告が異議を唱えていたが、担当判事はこの金額での和解を認めた。(2006/7/28)

クリック詐欺は13億ドル規模の問題に
Google、Yahoo!などのクリック詐欺についてOutsellがまとめた報告書によれば、詐欺クリックの割合は平均14.6%に上り、金額に換算すると13億ドル規模になるという。(2006/7/7)

Yahoo!、クリック詐欺訴訟で和解合意
Yahoo!がクリック詐欺をめぐり広告主から起こされていた集団代表訴訟で和解合意が成立した。(2006/6/30)

Google、アフィリエイト広告をテスト
GoogleがAdSenseとは別の広告プログラムをテストしていることが明らかになった。この「Cost-Per-Action」は成功報酬型の広告となっている。(2006/6/22)

MS Research、Google「タイプミス」広告業者の存在を指摘
Microsoft Researchの研究者らは、GoogleがAdSenseにより有名サイトに似たドメイン名を占有して悪用する「タイポ(タイプミス)スクワッティング」を横行させていると指摘した。(2005/12/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。