ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イメージ検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イメージ検索」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

プロンプトエンジニアリングツール7選【中編】
「PromptAppGPT」「PromptSource」で生成AIのプロンプトはどう変わるのか
LLM(大規模言語モデル)をベースにしたチャットbotからより良い回答を得るには、より良いプロンプトが必要だ。そのために活用できる「プロンプトエンジニアリングツール」のうち2つを取り上げる。(2024/2/20)

製品動向:
インテリア提案業務のDXサービスに、画像検索機能を追加 類似商品や雰囲気に合った家具を提案
リクルートと三井デザインテックが共同で運営するプロ向けのインテリア提案業務支援サービス「MINTERIOR(ミンテリア)」で、ユーザーがアップロードした画像から類似商品を探せる検索機能を追加した。インテリアコーディネーターは業務効率化に加え、精度の高い提案が可能になる。(2024/1/19)

「Yahoo! JAPAN」アプリに画像検索機能 「自分に似ている有名人」検索機能も
LINEヤフーは、「Yahoo! JAPAN」アプリに「カメラ検索機能」を実装した。(2024/1/18)

画面に映るものを「かこって検索」――Android向け「Google検索」に実装 Galaxy S24シリーズとPixel 8/8 Proから
Googleが、Androidスマートフォン向けの「Google検索」に新機能「かこって検索(Circle to Search)」が実装される。1月31日からPixel 8シリーズとGalaxy S24シリーズで利用できるようになるという。(2024/1/18)

Googleの新AI検索機能「かこって検索」、Pixel 8/8 Proでも利用可能に
Googleは、AI採用の新たな検索方法「Circle to Search」(日本では「かこって検索」を発表した。画面上の気になるアイテムやテキストを指で囲ったりなぞったりすることでGoogle Lensを起動できる。マルチ検索も可能だ。(2024/1/18)

Sペン×AIの新フラグシップ「Galaxy S24 Ultra」登場 シリーズ初のチタンフレーム採用
Samsung Electronicsが、フラグシップスマートフォン「Galaxy S24シリーズ」を発表した。最上位モデルである「Galaxy S24 Ultra」は、シリーズとしては初めてチタン素材のフレームを採用したことが特徴だ。【更新】(2024/1/18)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(22):
ChatGPTの新機能「GPT-4V」など、言語と画像のマルチモーダルAIを土木に用いるアイデア【土木×AI第22回】
連載第22回は、文字だけでなく、画像入力や音声出力も可能になったChatGPTの新機能「GPT-4V」や先立つこと2021年に登場した「CLIP」など、言語と画像のマルチモーダルなAIを土木の実業務に活用するアイデアを紹介します。(2024/1/12)

メカ設計ニュース:
スズキが「CADDi DRAWER」を導入、図面検索時間や作成工数を削減し業務効率化へ
スズキは、キャディが提供する図面データ活用クラウド「CADDi DRAWER」を導入した。類似図面検索機能の活用により、図面検索時間の短縮、新図面を作成する工数の削減などを目指す。(2023/10/31)

CEATEC 2023:
現場の利用者目線で日々進化する図面データ活用クラウド「CADDi DRAWER」
キャディは、「CEATEC 2023」のアドバンスドテクノロジーエリアに出展し、図面データ活用クラウド「CADDi DRAWER」を訴求していた。(2023/10/30)

「責任あるAI」も考慮:
Googleが画像と文章の生成AI機能を検索に追加 ユーザー体験はどう変わるのか
Googleが、Google検索使用時にAIで画像を生成したり、文書の最初の下書きを作成したりする機能を一部ユーザー向けに限定公開した。アイデアを実現する画像を作成したり、文書の下書きをサポートしたりするなどの機能をテストしているという。(2023/10/28)

Google、画像のファクトチェック機能を導入 画像の信頼性や背景を調べられる
今出回っている画像が実際には古いものだった、などのことが分かります。(2023/10/27)

Google、検索結果の画像の出自を確認する「この画像について」提供開始
Googleは、画像検索結果の画像の出自を確認するための「この画像について」機能をまずは英語版で提供開始した。昨年から提供している「この結果について」同様、その画像がインデクシングされた時期などが表示される。(2023/10/26)

ハムスターの写真をGoogleで画像検索してみたら……!? AIが導き出した意外な答えが面白いと347万件表示
そう言われると見えなくもない。(2023/10/25)

Windows 11 Trends:
Windows 11「Copilot in Windows」期待を込めたはじめの一歩
2023年9月26日に提供された累積更新プログラムの適用で一般提供が開始となった対話型人工知能(AI)「Copilot in Windows」とはどういったものなのか、プレビュー版でできること、できないことを調べてみた。(2023/10/6)

画像検索で調べて採取したキノコ、テングタケで食中毒に 「確実に食用と鑑定されたもの以外食べないで」都が注意喚起
食用の判断が確実でないものは触らないようにしましょう。(2023/9/29)

東京で毒キノコの食中毒 画像検索で食用と判断→実はテングタケだった 都「ネットで鑑定しないで」
「画像検索でキノコを鑑定しないで」──東京都内で毒キノコによる食中毒が発生し、都はこのような声明を発表した。患者たちは、インターネットの画像検索を使って毒キノコの鑑定を行っていた。(2023/9/28)

PR:これからのNASは“AI性能”で選ぶ! QNAPのAI NAS「TS-AI642」で変わる写真管理
スマホはもちろん、一眼デジタルカメラでも写真の「高画質化」「高画素化」が進んでいる。そんな時代だからこそ、写真や動画の保存方法にはこだわりたい――そんな人にお勧めなのが、QNAPのAI NAS「TS-AI642」だ。AIによって写真の整理がどう変わるのか、チェックしてみよう。(2023/9/7)

素材サイトで買った画像が実は“無断転載”だった…… どうやって対処する? 弁護士に聞いた
先日、光インターネット回線「NURO光」が掲載した広告に関するトラブルが話題になったが、「素材サイトで買った画像が実は無断転載だった」場合、どのように対処すればいいだろうか。シティライツ法律事務所の前野孝太朗弁護士に見解を聞いた。(2023/9/6)

メカ設計ニュース:
図面データ活用クラウドに新機能、類似図面検索の差分を分かりやすく表示
キャディは、図面データ活用クラウド「CADDi DRAWER」に新機能を追加した。類似図面検索の差分表示とキーワードフィルター、図面の回転表示などの対応を開始し、さらなる図面データの活用を促進する。(2023/9/1)

初音ミク(16)、16周年を迎える 誇張なく世界を変えた歌姫のこれまで
歌声合成ソフト「VOCALOID」用音声ライブラリ「初音ミク」が発売16周年を迎えた。“歌う機械”ひいてはDTMの歴史を変えたといって本当に過言ではない彼女について、その歴史を振り返ってみる。(2023/8/31)

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(19):
生成AIで強化された企業向け「Bingチャット」登場、個人向けを含めてBingチャットの社内利用を制御するには
MicrosoftはMicrosoft 365サブスクリプションにおいて、商用データ保護付きの「Bingチャット」である「Bingチャットエンタープライズ(プレビュー)」を既定で有効化し、プレビュー版の提供対象を広げました。(2023/8/22)

SEOタイムズ出張版:
「Adobe Firefly」を使った画像生成とSEO対策でより良いサイトを目指そう
OpenAIの「ChatGPT」に続き、GoogleやAdobeなど大手も生成AI開発を進めています。これにより、テキストによるSEO対策だけでなく、画像SEO対策も簡単にできるようになりました。時流に沿った対策で、より効率的にアクセス数アップを目指しましょう。(2023/7/31)

メカ設計ニュース:
図面データ活用クラウドに新機能を追加、画像から図面の類似検索が可能に
キャディは、図面データ活用クラウド「CADDi DRAWER」に新機能を追加した。画像検索、溶接記号認識、最大寸法認識の追加により、管理図面情報の拡充や検索スピードの改善、利便性と精度の向上を図る。(2023/7/28)

小寺信良のIT大作戦:
“自前Google”が手に入る? 手持ちファイルもGmailもSlackもNotionも、まるっと横断検索できる生成AIサービスが便利そう
Dropbox Dashは、生成AIを使い、1つの検索バーから検索すれば、Google、Microsoft、Salesforce、Notionといったクラウドプラットフォームと連携し、それらのサービスの中も必要な情報を貫いて検索してくれる。(2023/7/20)

GoogleのチャットAI「Bard」に新機能 回答のシェア、文章の読み上げなど
米Googleが「ChatGPT」のようなチャットAI「Bard」に複数の新機能を追加した。会話を外部にシェアできるURLの発行が可能になった他、回答のテキストを音声で読み上げてもらえるようになった。(2023/7/13)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
文部科学省が小中高向けの生成AIガイドラインを暫定公開/「TweetDeck」の新バージョンで事実上の有償化
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、7月2日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/7/9)

NTTデータ、生成AIを推進する組織設立 全従業員19.5万人の標準利用へ
NTTデータは、生成AIの活用をグローバルで推進する「Global Generative AI LAB」を設立した。生成AIをソフトウェア開発へ適用するなど4つの取り組みを推進し、環境を整備していく。(2023/7/1)

iOS版Chromeブラウザに4つの新機能 カメラでのレンズ検索など
Googleは、iOS版Chromeブラウザの4つの新機能を紹介した。いずれもAI採用のものだ。Androidでは既に可能なカメラで検索がiPhoneでも使えるようになる。(2023/6/21)

Googleレンズに「皮膚の状態を画像で検索」機能追加 間もなく「Bard」と提携も
Googleの画像検索ツール「Googleレンズ」で、ほくろなどの肌の状態の画像を検索できるようになる。また、生成AIチャットbotの「Bard」のプロンプトにレンズの画像を使えるようになると予告した。(2023/6/15)

女性声優の“存在しない”水着画像をAIで作成、販売……法的に問題ないの? 弁護士に聞いた
実在する人物に似た画像をAIで生成し、それを販売する事例が現れた。顔は女性声優や女優などを模しているようで、水着などを着せている。著名人を模したAI画像やそれを作成できるAIモデルの売買について、法的に問題はないのだろうか。弁護士に聞いた。(2023/6/12)

Google検索が“改行”対応の謎アップデート 「何に使うんだ」「アスキーアート検索にはよいですね」
長いワードを検索する際に便利との声。(2023/6/6)

ミレニアル世代に聞いた「夜更かしあるある」 2位「目を瞑っても眠れない」、1位は?
SNS 「GRAVITY(グラビティ)」を提供するHiClub(東京都港区)は、20〜39歳のミレニアル世代の女性357人を対象にアンケート調査を行い、「夜更かしあるあるTOP10」を発表した。(2023/5/20)

iPhoneで撮影した写真から検索する2つの方法 「写真」「Google」アプリを活用しよう
調べたいものがあるのに検索したいキーワードが分からないとき、iPhoneを使っているなら「写真」アプリや「Google」アプリを使うのが便利だ。撮影した画像を使って、外出先の花や動物などの名前を調べられる。(2023/3/19)

画像から手軽に検索 Androidスマホで「Google レンズ」を活用する方法
調べたいものがあるけれど、どういう言葉で検索すればいいのか分からない。Androidにはそんなときに役立つ「Google レンズ」という機能が備わっています。この機能は画像を使ってGoogle上で被写体の情報などを検索できる機能で、「Google フォト」と併用もできます。(2023/3/12)

PR:写真家必見! 写真も動画もバッチリ保存できて拡張性も万全! 大事なデータは「QNAP NAS」にバックアップしよう
スマホのカメラ機能の向上で、写真や動画のデータ容量は増加の一途をたどっている。大量かつ大容量のデータを効率よく保存するには、NASの導入が一番手っ取り早い。NASを選ぶ上でチェックしたいポイントをチェックしつつ、使いやすさで定評のあるQNAPのNASがなぜおすすめなのかを紹介していく。(2023/3/14)

画像検索の「Google Lens」強化 “スマホで見ている写真・動画”からすぐに検索
米Googleが、Google Lensをスマートフォン画面上の画像でも使えるようにアップデートすると発表した。Webサイトや通信アプリなどに載っている画像をその場でキャプチャーして検索できるようにする。(2023/2/9)

Google、検索結果の不適切な画像を初期設定でぼかすように
Googleは、画像検索の結果に暴力的な画像やポルノ画像がある場合、初期設定でぼかすようになる。向こう数カ月中に有効になる見込み。ぼかした画像も表示でき、ぼかさないように設定を変更することも可能だ。(2023/2/8)

あなたはいくつ知ってますか?:
Z世代が選ぶ、次に”くる”SNS 1位は大学生が趣味でつくったあのアプリ
バイドゥが、「トレンド寸前!次世代SNS TOP10」を発表した。3位は「Pinterest」、2位は「GRAVITY」がランクイン。気になる1位は?(2023/1/20)

Z世代が選ぶ「次世代SNS TOP10」、まさかの「mixi」ランクイン
10〜24歳の“Z世代”に聞いた「トレンド寸前! 次世代SNS TOP10」の5位に、19年目を迎えるSNS「mixi」が入った。(2023/1/19)

「国会図書館デジタルコレクション」全文検索対象50倍に 画像検索も対応
「国立国会図書館デジタルコレクション」刷新。全文検索対象資料を約50倍に拡大した他、画像検索などが可能になった。(2022/12/28)

子どもたちが今年最も検索したワードは「寿司打」 Yahoo!きっずが「検索ランキング2022」を発表
やはりゲーム関連が強い!(2022/12/14)

画像生成AIは“クリエイティブな泥棒”か【第2回】
アーティストが「画像生成AI」を愛せない理由
画像生成AIモデルを使って作成した「AIアート」の普及を受けて、アーティストが危機感を募らせている。アーティストが抱く懸念は、どのようなものなのか。(2022/11/11)

デスクトップ版Google検索の画像検索がGoogleレンズに
デスクトップ版Google検索(Google.co.jp)の検索バーにカメラアイコンが表示されるようになった。これは「Googleレンズ」。画像検索で似た画像の検索だけでなく、画像内テキストの検索や翻訳もできる。(2022/11/2)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(222):
黒や緑もあった? あの背景があの色である限り、Windowsのブルースクリーンは“青”がいい
“Windows 11のブルースクリーンの色が黒に変更”、そんな話を聞いたことがある人は多いと思います。その話はうそではありませんが、ほんの数カ月間のことでした。やっぱり“ブルー”スクリーンは、昔から今までずっと“青い”画面なのです。(2022/11/2)

「イラストやデザインの仕事は退屈」──Stable Diffusion開発元の代表インタビュー記事が話題
「イラストやデザインの仕事は退屈」──画像生成AI「Stable Diffusion」の開発元でAIスタートアップ企業である英Stability AIのエマド・モスタークCEOのインタビュー記事がTwitter上で話題になっている。(2022/10/26)

iPhoneをMacのWebカメラに 「ステージマネージャ」も 「macOS Ventura」配信開始
米Appleは10月25日、macOSの最新版「macOS Ventura 13.0」の提供を開始した。「macOS Monterey」の後継バージョンにあたる。(2022/10/25)

「われわれはNovelAIと関係ない」──海外のイラストサイト「Danbooru」が日本語で声明
海外のイラストサイト「Danbooru」は、画像生成AI「NovelAI Diffusion」(NovelAI)と無関係であると主張する声明を発表した。“NovelAIのことでお悩みになっている絵師様へ”とし、メッセージを公開している。(2022/10/5)

1万円のイスを買ったら、200円のキャミソールが届いた―― 怪しい通販サイトの被害報告に注目集まる
代金に見合わぬ安物を送り、お金を持ち逃げする手口。似たようなサイトは20件以上も確認されているということです。(2022/9/28)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
SEOからSXOへ 「検索体験の最適化」とはどういうことか?
現在のSEOにおいてはユーザーの検索行動や検索体験そのものの最適化、いわゆるSXO(Search Experience Optimization:検索体験の最適化)が重要となっています。(2022/9/2)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第17回):
AIで“小鳥のさえずり”を分類→Webアプリ化 大量のデータを可視化する手法「t-SNE」の活用例
AIで処理する大量のデータ――画像や文字といった情報を可視化する手法に「t-SNE」がある。今回は鳥の鳴き声や絵画を分類して表示するコンテンツを使って、活用方法を紹介していく。(2022/8/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。