ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Intel B85 Express」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Intel B85 Express」に関する情報が集まったページです。

古田雄介のアキバPickUp!:
6年保証にバックプレート付き――アキバで注目される“長持ちパーツ”
堅牢性をうたっていたり、メーカーによる長期保証がついていたりする注目株が先週は多く登場した。数年後のマシンに思いを馳せて選ぶのもまた楽しい。(2015/11/9)

2015年PC/タブレット秋冬モデル:
下位モデルのスペック強化――「LAVIE Desk All-in-one/Tower」
NECの2015年デスクトップPCは、Windows 10全面採用以外にも下位構成モデルでCPUを強化して、基本性能の底上げを図っている。(2015/9/15)

2015年PC/タブレット秋冬モデル:
Windows 10全面採用、Skylakeノートも登場──NEC「LAVIE」秋冬モデルの見どころ
NECパーソナルコンピュータは、9月15日に「LAVIE」ブランドの2015年秋冬モデルを発表した。9月中旬から順次発売する。(2015/9/15)

2015年PC/タブレット夏モデル:
CPUやサウンド機能を強化したデスクトップPC――「LAVIE Desk All-in-one/Tower」
NECの2015年デスクトップPC夏モデルは、一部のモデルでCPUやサウンド機能が強化されたほか、セパレート型モデルで新ディスプレイが登場した。(2015/5/12)

2015年PC/タブレット夏モデル:
LaVieからLAVIEへ。ロゴマークを一新して2in1モデルを拡大──NEC「LAVIE」夏モデルの見どころ
NECの個人向けPCラインアップのロゴがすべて大文字に変更。Hybridには“Standard”シリーズが登場。アプリ機能を強化した夏モデルの見どころをチェックする。(2015/5/12)

自作PCパーツ販売ランキング(2015年1月26日〜2月1日):
ASUSのIntel H97搭載ATXマザーボードが30週連続トップを記録(2015年1月第5週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2015年1月第5週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/2/24)

自作PCパーツ販売ランキング(2015年1月19日〜1月25日):
アイ・オーのアナログRGB出力対応ディスプレイアダプタが首位に返り咲く(2015年1月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2015年1月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/2/17)

自作PCパーツ販売ランキング(2015年1月12日〜1月18日):
ホコリに強いファンを搭載したASUSのGeForce GTX 750 Ti搭載グラフィックスカードがトップ(2015年1月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2015年1月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/2/10)

自作PCパーツ販売ランキング(2015年1月5日〜1月11日):
ゲーミングモデルが人気 MSIのGeForce GTX 970搭載グラフィックスカードが首位(2015年1月第2週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2015年1月第2週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/2/3)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年12月29日〜1月4日):
ZOTACのグラフィックスカードが好調 GeForce GTX 750 Ti搭載モデルが首位(2015年1月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2015年1月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/1/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これからの主力候補」GeForce GTX 960カードが一斉に登場! アキバの評判は?
先週最大の目玉は1月23日に発売されたGeForce GTX 960だ。3万円前後で各社からカスタムモデルが複数登場しており、すでにモデル単位で売れ筋が予想できる状況になっている。(2015/1/26)

GIGABYTE、B85チップセット採用のエントリーゲーミングmicroATXマザー「GA-B85M-Gaming3」
CFD販売は、GIGABYTE製となるmicroATXマザーボード「GA-B85M-Gaming3」の取り扱いを発表。Intel B85チップセットを採用するエントリーゲーミングモデルだ。(2015/1/20)

2015年PC春モデル:
第5世代Core搭載モデルも登場した液晶一体型PCとスリムデスクトップ――「LaVie Desk All-in-One/Tower」
「LaVie Desk」シリーズに名称を変えたNECのデスクトップPCラインアップは、第5世代Coreを採用した液晶一体型PCなど2シリーズが登場した。(2015/1/20)

2015年PC/タブレット春モデル:
「ZはZEROに」名称一新! “第5世代”CPUに“2in1”モデルなど新シリーズ一斉登場──NEC「LaVie」春モデルの見どころ
NECのPCが「LaVie」に統一。人気のLaVie Zは「LaVie Hybrid ZERO」と名称を一新して、2in1モデルも登場。一気に攻勢をかけてきたNEC春モデルの見どころをチェックする。(2015/1/20)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年12月15日〜12月28日):
ゲーミングモデルが売れ筋 MSIのGeForce GTX 970搭載グラフィックスカードがトップ(2014年12月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年12月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/1/20)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年12月15日〜12月21日):
首位に返り咲くアイ・オーのアナログRGB出力対応グラフィックアダプタ(2014年12月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年12月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2015/1/14)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年12月1日〜12月7日):
根強い人気 アイ・オーのアナログRGB出力対応グラフィックアダプタが首位(2014年12月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年12月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/12/24)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年11月24日〜11月30日):
首位はASUSのGeForce GTX 750 Ti搭載モデル グラフィックスカードに大きな動き(2014年11月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年11月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/12/16)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年11月17日〜11月23日):
消えないグラフィックアダプタ需要 TOP10の半分を占拠(2014年11月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年11月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/12/9)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年11月10日〜11月16日):
マザーボードのTOP4はASUS製品 Intel H97搭載ATXモデルが首位快走(2014年11月第2週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年11月第2週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/12/2)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年11月3日〜11月9日):
玄人志向のGeForce GTX750 Ti搭載グラフィックスカードが急浮上(2014年11月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年11月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/11/26)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年10月27日〜11月2日):
ラトックシステムのUSB 3.0対応グラフィックアダプタが急浮上(2014年10月第5週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年10月第5週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/11/18)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年10月20日〜10月26日):
MSIとASUSのGeForce GTX 970搭載新型グラフィックスカードが登場(2014年10月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年10月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/11/11)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年10月13日〜10月19日):
ASUSのGeForce GTX 750 Ti搭載グラフィックスカードが首位獲得(2014年10月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年10月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/11/5)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年10月6日〜10月12日):
アイ・オーのアナログRGB出力対応グラフィックアダプタがトップに輝く(2014年10月第2週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年10月第2週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/10/28)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年9月29日〜10月5日):
MSIのGeForce GTX 970搭載新型グラフィックスカードがランクイン(2014年10月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年10月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/10/21)

2014年PC/タブレット秋冬モデル:
Core M搭載11.6型2in1が新加入、SIMロックフリーなAndroidタブレットも――NEC「VALUESTAR」「LaVie」秋冬モデルの見どころ
モバイルラインアップ重視の秋冬モデルでは“分離式”2in1ノートPCやSIMロックフリー対応8型Androidタブレットが登場。従来シリーズも基本性能を強化した。8型Windowsタブレットも年内に発売する。(2014/10/15)

2014年PC秋冬モデル:
新Office搭載のデスクトップ、CPU強化のモデルも――「VALUESTAR N/S/L」
NECの液晶一体型デスクトップPC「VALUESTAR N」と「VALUESTAR S」、セパレート型デスクトップPC「VALUESTAR L」に2014年秋冬モデルが登場。いずれも新Officeを搭載し、モデルによってはCPUを強化している。(2014/10/15)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年9月22日〜9月28日):
ASUSのGeForce GTX 750 Ti搭載グラフィックスカードが首位獲得(2014年9月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年9月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/10/15)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年9月15日〜9月21日):
マザーボードの上位を占めるASUS製品 Intel H97搭載モデルが人気(2014年9月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年9月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/10/7)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年9月8日〜9月14日):
再びインテル一色のCPU 「Core i7-4790K」(4.0GHz)が安定のトップ(2014年9月第2週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年9月第2週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/9/30)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年9月1日〜9月7日):
GeForce GT 610搭載グラフィックスカード2製品が急浮上(2014年9月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年9月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/9/24)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年8月25日〜8月31日):
インテル製CPU「Core i7-5960X」(3.0GHz)が登場(2014年8月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年8月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/9/17)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年8月18日〜8月24日):
アイ・オーのアナログRGB出力搭載USBグラフィックスアダプタが首位奪還(2014年8月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年8月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/9/9)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年8月11日〜8月17日):
バッファローのHDMI対応のUSBディスプレイアダプタが首位に輝く(2014年8月第2週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年8月第2週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/9/2)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年8月4日〜8月10日):
マザーボードの売れ筋はIntel H97搭載モデル(2014年8月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年8月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/8/26)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年7月28日〜8月3日):
インテルCPUは低価格志向の「Pentium」シリーズ2製品がランクアップ(2014年7月第5週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年7月第5週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/8/19)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年7月21日〜7月27日):
SAPPHIREと玄人志向のグラフィックスカードが急浮上(2014年7月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年7月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/8/12)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年7月14日〜7月21日):
マザーボードの売れ筋はASUS 2モデルが順位を上げる(2014年7月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年7月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/8/5)

MSI、最大40%消費電力を削減できるエコ仕様のマザーボード
エムエスアイコンピュータージャパンは、省エネ設計が特徴となるB85/H97チップセット採用MicroATXマザーボード「B85M ECO」「H97M ECO」を発売する。(2014/8/4)

PC USERアワード:
2014年上半期で記憶に残したい「マザーボード」「グラフィックスカード」
“静か”に世代移行が進むCPUとGPU。これまでとは異なる方向に進化した2014年上半期のPCパーツから記憶に残したいモデルを選んでみた(PC USER 20周年特別企画)。(2014/7/29)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年7月7日〜7月13日):
“Kaveri”世代のAMD製APU「A10-7850K」(3.7GHz)がランクイン(2014年7月第2週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年7月第2週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/7/29)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年6月30日〜7月6日):
20周年記念CPU「Pentium G3258」(3.2GHz)が圏内に急上昇(2014年7月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年7月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/7/23)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年6月23日〜6月29日):
“Devil's Canyon”世代のインテルCPU「Core i7-4790K」(4.0GHz)がトップ(2014年6月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年6月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/7/15)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年6月16日〜6月22日):
“Haswell Refresh”世代のインテルCPU「Core-i7-4790」(3.6GHz)が5週連続トップ(2014年6月第3週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年6月第3週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/7/8)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年6月9日〜6月15日):
TOP10の半数が“Haswell Refresh”世代のインテルCPUに(2014年6月第2週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年6月第2週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/7/1)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年6月2日〜6月8日):
マザーボードの売れ筋はASUS “9シリーズ”が好調(2014年6月第1週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年6月第1週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/6/24)

ASUS、実売約6000円のB85チップセット採用microATXマザー「B85M-K」
ASUSTeKは、Intel B85チップセットを採したmicroATXマザーボード「B85M-K」を発表した。(2014/6/20)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年5月26日〜6月1日):
Intel H97搭載マザーボードが売れ筋 ASUSとGIGABYTEの4モデル(2014年5月第5週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年5月第5週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/6/17)

自作PCパーツ販売ランキング(2014年5月19日〜5月25日):
世代交代の予感 ASUSの“9シリーズ”マザーボード2モデルが圏内に(2014年5月第4週版)
CPU、マザーボード、グラフィックスカード製品の【2014年5月第4週版】販売ランキングTOP10を掲載。(2014/6/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。