ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「石原慎太郎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「石原慎太郎」に関する情報が集まったページです。

車・バイク大好きものづくりコンサルタントの試乗レポート:
新世代SKYACTIVの幕開け飾る「MAZDA3」、魅力的な2つのモデルに乗った
マツダのクルマづくりはデザインとSKYACTIVを冠したエンジン、トランスミッション、シャシーで飛躍的にそのクオリティを高めてきた。そしてSKYACTIV第2章ともいえるフェイズの幕開けを飾るのが2019年5月24日に発売されたアクセラの後継車「MAZDA3」だ。自宅付近のディーラーで早速試乗したので筆者が感じたことを記そう。(2019/6/24)

ランニングにハマっていった女性たち:
「東京マラソンの仕掛け人」に聞く“ブームの作り方”
東京マラソンに構想段階から携わり続け、日本のランニングシーンを作り上げてきた早野忠昭氏に、マラソンブームをいかにして生み出したのかを聞いた。(2019/2/15)

「断トツの1位」「断トツの最下位」が“誤った言葉づかい”といわれる理由
違和感を覚えない人も多そうですが……なんで?(2018/10/17)

「東京都立大学」が復活? 都政に翻弄される首都の大学
「東京都立大学」が復活するかもしれない。(2018/7/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京都政「時差Biz」は「都民ファースト」ではない
東京都が実施した「時差Biz」キャンペーンを覚えているだろうか。通年キャンペーンだと思ったら、7月11日から2週間のキャンペーンだった。「満員電車を解消するために、2週間の早朝通勤を試してみませんか」という話だ。このキャンペーンで、都民は満員電車から解放されただろうか。(2017/8/25)

五輪で東京ビッグサイトが使用できない問題 1年ぶりに計画見直されるも大規模イベントの開催は困難
問題に詳しい同人印刷会社「栄光」の社長にも取材しました。(2017/4/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本のお笑い芸人が世界に比べて「終わっている」は本当か
脳科学者の茂木健一郎氏が、「日本のお笑いはつまらない」とツイートして話題になった。一方、米国のトークショーは社会問題などを取り上げていることが多いが、ネタはコメディアンがつくっているのか。米国のテレビ局で働いた経験がある筆者によると……。(2017/3/9)

スピン経済の歩き方:
「豊洲新市場はカジノにすればコスト削減になる」は本当か
10月9日号の『サンデー毎日』で、複数の大手流通企業やアミューズメント会社が「豊洲を買いたい」と名乗りを上げているという。「カジノは豊洲に誘致したらいい」という声も出ているが、本当にそれでいいのか。筆者の窪田氏は……。(2016/10/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京の「地下鉄一元化」の話はどこへいったのか
東京の地下鉄一元化は、2010年、石原慎太郎都知事時代にプロジェクトチームが発足し、国を交えて東京メトロとの協議も行われた。猪瀬直樹都知事が引き継いだ。しかし、舛添要一都知事時代は進ちょくが報じられず今日に至る。この構想は次の知事に引き継がれるだろうか。(2016/7/22)

スピン経済の歩き方:
「角栄ブーム」で得をするのは、誰なのか
「角栄ブーム」の勢いが止まらない。石原慎太郎さんの『天才』は70万部を突破。昨年から書店だけではなくコンビニ本などでも刊行ラッシュが続いている。過去にも大物政治家ブームは何度かあったが、なぜこのタイミングで「角栄ブーム」が起きているのか。(2016/6/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
西武鉄道の銀河鉄道999プロジェクトに「原作愛」はあるか
アニメ大好きな西武鉄道が、また新しいプロジェクトを立ち上げた。しかし今回は主役ではなく参加者側。「銀河鉄道999 現実化プロジェクト」という大きな枠組みの中で、鉄道現業部門として参画する。夢は大きく広がるけれど、原作ファンとしては心配なところもある。(2015/7/10)

「石原慎太郎だけど、何か質問ある?」 ニコニコ23.5時間テレビに降臨
石原慎太郎さんに聞いてみたいことを募集する。(2015/7/5)

4つのタイプ別 自分の才能を知る方法
(2015/3/24)

ついに実現? カジノにまつわる素朴な疑問
(2014/10/14)

逗子市立図書館、「石原慎太郎文庫」設置を記念した式典を開催
石原慎太郎氏の寄贈した作品を展示する「石原慎太郎文庫」が逗子市立図書館に設置されている。同氏の著書約500冊のほか、俳優・石原裕次郎と撮影した写真などを見ることができる。(2014/7/9)

窪田順生の時事日想:
日本は最後の“黄金郷”――黒船カジノと国産カジノの戦いが勃発
安倍首相が訪問中のシンガポールでカジノを視察した。これまで“カジノ法案”はなかなか成立しなかったが、首相が視察したことで、国内外の企業から「ひょっとしたら……」という機運が高まってきている。(2014/6/3)

あなたは何「世代」? 日本の「世代」解説
「さとり世代」「ゆとり世代」など、ニュースなどで耳にする「◯◯世代」という言葉。日本の各世代の特徴を紹介する書籍『そろそろ日本の全世代についてまとめておこうか。』から最近の3世代を紹介します。(2014/4/15)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/2/24)

石原慎太郎、井上ひさしらも出演した:
文士劇のアンソロジー『芝居を愛した作家たち――文士劇の百二十年』を刊行
文藝春秋が、作家や評論家たちによって行われる舞台「文士劇」についてのアンソロジー『芝居を愛した作家たち――文士劇の百二十年』(道又力編著)を刊行。(2013/11/27)

都条例めぐる“分裂”終止符、2大アニメイベントが統合 「AnimeJapan」3月開催へ
東京都の青少年育成条例をめぐり、同じ時期に開催されていた「東京国際アニメフェア」と「アニメコンテンツエキスポ」が統合する形で新イベント「AnimeJapan」が誕生する。(2013/10/9)

仕事をしたら“やっぱりヘンな日本人”がいた(後編):
宋文州氏は何度も言う。日本人のココがヘンだ
ソフトブレーン創業者の宋文州さんは、これまで「日本のおかしいところ」をバッサリ切ってきた。今年で来日28年目を迎えるが、「日本人って変わらないなあ。昔のままだ」という点があるという。それは……。(2013/9/18)

憲法がしゃべった? 童話形式で憲法を学べる本
理解しておきたい憲法。今回は不思議なキャラクターが登場し、子どもでも興味を持ち楽しく憲法を学べる書籍を紹介します。(2013/8/8)

幻冬舎、夏の電子書籍フェア「電本フェス」開催――約40%オフセールも
幻冬舎が、8月2日から夏の電子書籍フェア「電本フェス」を開催。8つのテーマを設けて新作・ヒット作を週ごとに展開するほか、既刊の約40%オフセールも行う。(2013/8/5)

児童ポルノ禁止法改定の真の目的は何か? 単純所持禁止、マンガ・アニメ「調査研究」への懸念
国会提出が迫っている児童ポルノ禁止法改定案では、児童ポルノ写真やデジタル画像を所持する「単純所持」の禁止に加え、マンガ・アニメの規制につながる調査研究の実施が盛り込まれている。「児童を守る」という本来の目的から逸脱しているのではないか──マンガをめぐる表現問題・著作権問題に詳しい作家・マンガ研究家の幸森軍也さんに問題点・懸念点を論じてもらった。(2013/5/27)

ニコニコ超会議2:
ニコニコ超会議開催おめでとう! アイアンマンからダイオウイカまで、お祝いの花がすごいことに
ダイオウイカも注目の超会議2。(2013/4/27)

「暴走老人」石原慎太郎の遺言
衆議院予算委員会において安倍普三首相に「国民への『遺言』」と銘打って質問をぶつけた石原慎太郎氏。そんな氏の発言を取り上げる書籍『石原慎太郎 「暴走老人」の遺言』とともに紹介します。(2013/4/25)

【超速報】エイプリルフールまとめ 2013年もガンガンまとめるよ!
最も面白いウソはどれだ!(2013/4/1)

「日本維新の会」第1回党大会ライブ配信
「日本維新の会」の第1回党大会をニコニコニュースがライブ配信する。石原慎太郎、橋下徹の両代表が出席する。配信は3月30日11時0分〜。(2013/3/27)

窪田順生の時事日想:
「カジノ王VS. 朝日新聞」の行方が日本経済に影響するってホント?
あまり話題になっていないが、実は今、日本経済を左右する死闘が繰り広げられている。それは、パチスロ界の雄「ユニバーサルエンターテインメント」と「朝日新聞」のバトルである。両社が争っていることとは……。(2013/3/26)

「仲良くしていく以外、道はない」――丹羽宇一郎元大使が語る、今後の日中関係
尖閣諸島をめぐる対立から、まだ回復していない日中関係。2012年12月まで中国大使を務めた丹羽宇一郎氏は日本外国特派員協会で行った会見で、「日中両国は仲良くしていく以外、道はない」と述べ、尖閣諸島問題については棚上げが適切という認識を示した。(2013/1/31)

石原慎太郎を「芥川賞」から読む 豊崎由美×栗原裕一郎
「石原慎太郎とはいったい何者か」「『芥川賞』にも彼の大きな影響が!?」――書評家・豊崎由美さんと文芸評論家・栗原裕一郎さんが作家・石原慎太郎の著作を読み込み、パーソナリティと業績を浮き彫りにする。配信は1月10日20時0分〜。(2013/1/7)

ねとらぼが選ぶ「2012年ネットニュース大賞」は「ステマ騒動」に決定! 読者投票上位は「大津いじめ」「ココロコネクト炎上」など
今年1年を振り返り、もっともネットを騒がせたニュースを投票で決める「ネットニュース大賞」。栄えある第1回大賞は――。(2012/12/29)

日本のリーダーたちの本当の性格とは?
「誕生日占い」シリーズの著者、はづき虹映さんによる新刊『365日誕生日全書』。先日の選挙で選ばれたリーダーたちを占いました。(2012/12/28)

選挙特番で見せた池上彰の“反論”の技術
木山泰嗣さんが、弁護士ならではの視点から「反論する技術」について教えます。(2012/12/26)

誠トレンド格付2012:
誠編集部が選ぶ2012年のトレンドは?
早いものでもうすぐ2012年も終わり。今年話題になった出来事を、Business Media 誠、誠Biz.ID、誠Style編集部それぞれが選んでみました。(2012/12/14)

窪田順生の時事日想:
石原慎太郎が公約に「カジノ」を入れないのは、なぜ?
「カジノを日本に」と訴えてきた石原慎太郎氏と橋下徹氏が、手を結んだ。当然、日本維新の会の公約に「カジノ」が入っているかと思ったが、その文言はなかった。おかしいなあ……と思って調べてみると、ある事情が浮かびあがった。それは……。(2012/12/4)

石原慎太郎氏が衆議院総選挙について語る 記者会見をライブ配信、自由報道協会主催
日本維新の会・石原慎太郎代表の記者会見をライブ配信する。衆議院総選挙について語る。主催は自由報道協会。配信は11月30日16時30分〜。(2012/11/27)

石原慎太郎氏の記者会見をライブ配信 日本外国特派員協会主催
石原慎太郎前東京都知事の記者会見をライブ配信する。主催は日本外国特派員協会。配信は11月20日12時0分〜。(2012/11/19)

もんじゅ元所長“ミスタープルトニウム”が語る原発推進論
福島第一原発事故を受けて日本政府は脱原発の方針を示したが、一方で原発推進を主張する人々も少なからず存在する。“原子力ムラ”で半世紀を過ごしてきた、原子力研究バックエンド推進センターの菊池三郎理事長は「世界の最先端の原子力技術を供給していくべき」と主張する。(2012/11/15)

紙と電子で同時発売:
石原氏が「尖閣」、三木谷氏が「英語公用語」語る――キーマン105人の声集めた「2013年の論点100」
政治・経済・教育・芸能など多彩な分野のキーマン105人の声を集めたムック「文藝春秋オピニオン 2013年の論点100」が、紙と電子で同時発売。「尖閣」「橋下徹」「AKB48」など、日本を取り巻くさまざまな状況を当事者重視の人選で切り取る。(2012/11/13)

藤田正美の時事日想:
日本外交に戦略はあるか?
中国で開かれている共産党第18回党大会。5年に1度の指導部の交代を決める重要な大会だ。この大会に向けて権力闘争が活発だった時期に、日本は尖閣諸島を国有化したが、それがもたらす影響について民主党政権に「読み」はあったのだろうか。(2012/11/12)

「政治もマスコミも“福島”を収束させようとしている」――南相馬市長が語る復興の現実
福島第一原発のすぐ北に位置する南相馬市。いまだ2万3000人以上が避難生活を送っている同市だが、桜井勝延市長は日本外国特派員協会で行った会見で「政治も日本のマスコミも、事故が収束したかのような報道の中で、“福島”を収束させようと思っているかのように感じる」と語った。(2012/11/2)

伊吹太歩の世界の歩き方:
小泉進次郎はできる「若いやつ」か?
米政府高官もイラつく日本政界。来日した米国務次官補は、首相や大臣がコロコロ変わる日本政治はまるで「回転ドア」のようだといった。もはや次の世代に期待するしかない。(2012/11/1)

石原慎太郎 東京都知事の緊急記者会見を生中継 新党結成か
石原慎太郎 東京都知事による記者会見の模様を生中継で届ける。内容は「政治関係について」となっており、新党構想に言及するとみられる。配信は10月25日15時0分〜。(2012/10/25)

藤田正美の時事日想:
既得権益層を説得し、日本を変革する政治家は現れるか
赤字国債の発行法案や国会議員定数是正が実現する見通しがないなど、「決められない政治」から脱却できない日本。復興予算で一息ついていた経済も息切れしかかっている。(2012/10/15)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(9月14日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」、「koboイーブックストア」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。今週の進ちょくはどうなっているのだろうか。(2012/9/14)

窪田順生の時事日想:
韓国で“反日PR”を仕掛ける「スピンドクター」って何者?
竹島(韓国名:独島)をめぐって、日本と韓国がヒートアップしてきた。国際世論を味方につけるために、両国は“PR”をしているが、それはあくまでオフィシャルなもの。実際には、どのような人が、どのようなことを行っているのだろうか。(2012/9/4)

オルタナブログはどうだった?(8/23〜8/29):
あんだりスタイルでコミュニケーション
最適な英語学習の方法って何でしょう? ビジネスで使えるようになりたいのか、とにかく意思の疎通ができればいいのか、その目的によっても変わってきます。(2012/8/31)

オルタナブログはどうだった?(8/16〜8/22):
木嶋佳苗というヘルタースケルター
今日は、ちょっとヘビーな(当社比)話題です。(2012/8/24)

窪田順生の時事日想:
また尖閣諸島にやって来る? 10月に人民解放軍
日本の「国境」が騒がしくなってきた。尖閣諸島と竹島で騒動が起きるたびに、日本のメディアは「冷静に」と呼びかけるが、そろそろ強く訴える時期に来ているのではないだろうか。「おかしいじゃないか」と。(2012/8/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。