ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

「KPI(Key Performance Indicator)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

5Gに必要なセキュリティ【後編】
5Gを安全に使う「セキュリティ文化」は誰がどうすれば育つのか
「5G」を安全に利用するためには、単にセキュリティ製品を導入するだけでなく、社内のセキュリティ文化を育むことが不可欠だ。そのためには誰が何をすればよいのか(2021/5/12)

ファーストパーティーデータの活用で顧客体験強化:
「Adobe Real-Time CDP」がCookieレス時代のマーケターにもたらすもの
Adobeがファーストパーティデータ指向型の次世代型CDPを発表。あるべき脱Cookie戦略についてAdobeの考え方をまとめた。(2021/4/28)

アドビ流データドリブン経営への道【最終回】:
アドビの継続的成長を支える武器「DDOMダッシュボード」を公開
この連載もいよいよ最終回。今回は、アドビで実際に活用しているダッシュボードを見ながら、マーケティング、営業、そして私たちGTM(Go To Market)チームがどのようにデータドリブン戦略を実践しているのかを紹介しましょう。(2021/4/19)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(10):
本当にサブスクでもうかるのか、費用対効果を探る
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第10回は、ソフトウェアビジネスによる収益化に向けたサブスクリプションの導入で本当にもうかるのかについて、調査会社などが発表している数字を基に探っていく。(2021/4/13)

自動運転技術:
PR:クラウド環境で自動運転車の走行テスト、既存ツールよりもシンプルな操作で
自動運転システムの開発は、実走行のテストだけでは検証できない複雑さに突入しつつある中、走行テストで得たデータをシミュレーションまでスムーズに活用する「データドリブン開発」の重要性が高まっている。dSPACEは、データドリブン開発をさらに効率的に回すための新たなツールの提供を開始した。(2021/4/13)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
推薦図書から考えるデジタルトランスフォーメーションの進め方
経済産業省のDXの加速に向けた報告書では、DXの実践的な手法として「GQM+Strategies」が紹介されています。組織目標と目標達成戦略のマネジメントなどに活用されるこの手法をDXに活用すると、どのような効果が得られるのか? その可能性を探ります。(2021/4/9)

Weekly Memo:
全社DXが、CDOやCDXOを置いただけでは実現できない理由
企業におけるDX推進をCDOやCDXOなどのリーダーだけに頼るのではなく、組織的に取り組むことを支援する新サービスをKPMGコンサルティングが始めた。明らかにされた、DXの見落とされがちな課題とは。(2021/4/5)

今日のリサーチ:
91%のサブスクが失敗する理由――クニエ調査
クニエが公開したサブスク事業(ビジネスモデルとしてサブスクリプションを採用した事業)に関する実態調査レポートの一部を紹介します。(2021/4/1)

早急な導入には注意が必要
クリニックが「遠隔医療」導入に失敗しない5つのポイント
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、医療機関の遠隔医療の導入を後押しした。クリニックが遠隔医療を成功させるために、導入時に確認したいポイントを説明する。(2021/3/24)

「食」から見る消費:
料理系インフルエンサーが語る 「巣ごもり」で増大した自炊ニーズの先に見える消費トレンドとは?
コロナ禍で「巣ごもり」を強いられた人々の行動変化の一つが「自炊」への関心の高まりだ。料理系インフルエンサーが感じたこれまでとの違いとは何か。(2021/3/23)

スマート工場最前線:
カシオが取り組む“人作業の見える化”、ミズスマシなど準直接作業の効率向上
スマート工場化で障壁となるのが「人手作業のデータ化」である。この人手作業のデータ化に現在取り組んでいるのがカシオ計算機である。カメラやビーコンを使用し工夫しながら人手作業に取り組む同社の取り組みを追う。(2021/3/23)

幸福度マーケティングのすすめ:
あらゆるステークホルダーの「ウェルビーイング」を高めるためのトランスフォーメーション
前回は、世の中やマーケティングのトレンドに鑑みたときに、「幸福度」が新時代のマーケティングコンセプトになり得ることや、幸福度マーケティングの概要を説明した。今回は、幸福度マーケティングの各ステップの内容を詳述する。(2021/3/18)

“顧客との付き合い方”のデザイン法(2):
カスタマーサクセス立ち上げ、どうしてつまづいた? “3つの失敗”から学ぶ心得
サブスクリプション型の事業を持つ企業にとって、顧客の解約率を下げて売り上げを最大化するため、カスタマーサクセスの考え方は重要だ。カスタマーサクセスの立ち上げ経験を持つ筆者が、立ち上げの際に陥りがちな3つの失敗とその理由について解説する。(2021/3/17)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ありがたや、ECサイトの「星1」レビュー(?)
Amazonの「星1レビュー」、どのくらい参考にしてますか?(2021/3/11)

幸福度マーケティングのすすめ:
「グレート・リセット」時代の企業に幸福度マーケティングのすすめ
「幸福度」を起点に顧客と長期的で親密な関係を構築し、経済的価値だけでなく社会的価値、SDGsを実現するための新しいマーケティングコンセプトについて解説します。(2021/3/11)

製造マネジメントニュース:
日本製鉄が国内の高炉と製造ラインを休止拡大も、年粗鋼生産1億トンへ3兆円投資
日本製鉄が2025年度をめどとする中長期経営計画を発表。高炉や製造ラインの休止の追加で国内製鉄事業の再構築を進めて早期の収益力回復を図るとともに、海外事業の深化と拡充、「ゼロカーボン・スチール」への挑戦、DX戦略の推進が柱となる。グローバル粗鋼生産能力については年間1億トンを目指し、5年累計の投資総額は3兆円に達する。(2021/3/8)

組織を変えるチェンジマネジメント:
「そのITツールの導入ちょっと待った」 5つの実施手順で組織変革を実現しよう
「DXを推進したいが、何から始めたらいいのか分からない」「新しいツールを導入したが、現場で活用されていない」といった声をよく聞きます。こうした組織におすすめするのが「チェンジマネジメント」です。本稿は、チェンジマネジメントの具体的な実施手順を5つに分けて説明します。(2021/2/19)

生産品質向上:
PR:不適切検査にコロナ禍、製造業の「品質」を取り巻く課題は解決できるのか
「品質」を強みにしてきた日本の製造業だが、複数の企業で品質検査に関する不適切な行為が続発したこともあり、あらためての生産品質向上に向けた取り組みが求められている。さらにコロナ禍によって、検査工程の省力化や自動化も必要になっている。このような状況で役立つのが、日立が提供する「製品経歴トレーサビリティ」と「品質検査」の2つのソリューションである。(2021/2/9)

今日からできる組織改善のススメ(2):
テレワークでも「話しやすい」組織の作り方 心理的安全性を守る毎日の習慣とは?
組織として高い目標を目指さなければならない場合、年次や役職に関係なく互いに意見を戦わせながら学び合い、成果を出し続けることが必要です。しかし「部下に発言を促してもなかなか意見や提案が出てこない」といったお悩みをお持ちの管理職や、「自由闊達な意見交換ができる社風の作り方が分からない」という人事担当者も多いのではないでしょうか。「話しやすい」組織にするための実践法をご紹介します。(2021/2/3)

【特集】2021年、DXのビジョンは:
コロナ禍・店舗撤退から一転し好機へ ワタミの“筋肉質”なDX改革とは
外食産業で唯一「DX注目企業2020」に選出されたワタミは、COVID-19により外食産業が大きな打撃を受ける中、ファストフード業態やテイクアウト業態を強化するなど、常に新たな取り組みを進めることで注目されてきた。DXを推進して変化に適応していく同社の今後の展望を聞いた。(2021/1/29)

キオクシアが基幹系を刷新、東芝グループ離脱後の経営高度化を狙う
キオクシアは、経理業務の最適化に向けてグループの共通会計システムをERPパッケージ「Biz∫」で更改した。併せて、BIツール「Tableau」やRPAも導入し、経営情報の可視化や運用の自動化を取り入れるなど、経営管理の質的向上を図った。(2021/1/28)

継続的にITコストを適正化する3つのプロセスとは NRIらがサービスを提供
NRIとApptioは、「継続的にITコスト(情報システム関連費用)を適正化するサービス」を提供する。NRIのITコスト管理に関するコンサルティングと、ApptioのSaaSソリューションを組み合わせて、ITコスト管理特有の課題の解決を目指す。(2021/1/27)

SaaS企業の時価総額はなぜ高いのか?
この数年、SaaS企業は新興企業向け株式市場マザーズのIPOにおいて大きな存在感を見せています。新興市場のけん引役ともいえるほど躍進をしたSaaS企業ですが、果たしてこの勢いは、21年以降も続いていくのでしょうか。(2021/1/26)

KPIの構築プロセスと運用システムの課題、ソリューション
ニューノーマルで勝つために“本質的な”KPIマネジメントの確立へ
日本にKPIという概念が登場して久しいが、いまだにKPIが本質的に機能しておらず、課題意識を持つ経営者もいる。経営と現場を有機的につなぎ、真のデータドリブン経営を確立するために、KPIの仕組みを見直すべき時がきている。(2021/1/18)

製造ITニュース:
UXへの意識に大きな差、国内と世界のデジタルトランスフォーメーション動向を比較
IDC Japanは、デジタルトランスフォーメーション動向調査について、国内と世界の比較結果を発表した。国内企業のDX適用は世界の状況に追い付きつつあるものの、「顧客エクスペリエンス」に関しては、世界と大きな差があることが分かった。(2021/1/12)

【特集】2021年、DXのビジョンは:
DXを支えるのは、社員13万人の「意識変革」――富士通が全力で進めるプロジェクトの勝算
グループ社員13万人を対象に、2020年から全社を挙げてDXプロジェクト「フジトラ」を進める富士通。全員のKPIを含めた意識の変革を大胆に進める同社の現在地と、2021年に進む先とは。プロジェクトをけん引する人物に話を聞いた。(2021/1/8)

製造ITニュース:
業務とIT両面で製造現場を支援する見える化ソリューション、原価低減などに貢献
日立産業制御ソリューションズは、業務とITの両面から製造現場の改革を支援する工場業務見える化ソリューション「MONOSOLEIL」を発売した。工場全体の原価低減、生産効率向上、在庫削減などに貢献する。(2021/1/6)

進む国内企業DX、世界に追い付くも「顧客エクスペリエンス」分野では大差――IDC
IDCの調査によると、国内企業のDX推進状況は、世界の動向に追い付いているものの、DXを顧客エクスペリエンスに役立てたり、デジタルを活用したビジネス拡大を目指したりといった姿勢には、世界の企業と差があることが分かった。(2020/12/23)

CX観点で見たDXプロジェクト「フジトラ」:
富士通がCX(顧客体験)改善でNPSを重視する理由
富士通は今、トップ自らが強力なリーダーシップの下で自身のデジタルトランスフォーメーションを推進している。その内容を「体験」の観点から見ると……。(2020/12/23)

視点:
企業変革の要諦:オペレーティングモデル(後編)〜典型4症例を踏まえた再構成の4ステップ 〜
オペレーティングモデルの再構成が求められる代表例は、買収後のケイパビリティ統合だ。企業は、異なるオペレーティングモデルから成る広範な事業ポートフォリオを抱えることになる。(2020/12/21)

スマートファクトリー:
スマート工場化のカギは「現場と経営をデータでつなぐ」を誰がやるか
スマート工場への取り組みが広がる一方で、成果が出せずに悩む企業が多く存在する。その要因はどういうものがあるのだろうか。本稿ではスマート工場化の進め方について、オムロン、アクセンチュア、ネットアップが参加したパネルディスカッションの様子をお伝えする。(2020/12/17)

デジタル化をリードしているIT部門は約2割 IT部門の価値を高める6つのポイント
ガートナーの調査によると、「企業のデジタル化をリードしているIT部門は約2割」であることが判明した。ビジネス価値や顧客価値に注力して企業全体のデジタル化をリードするためにIT部門がするべき6つのポイントとは。(2020/12/8)

IDC、国内DX動向調査を発表 COVID-19はDX推進企業にどう影響したか
IDC Japanは、国内企業のDX動向に関する調査結果を発表した。同社によると、「DX戦略」と「企業戦略」を一致させる企業は、2019年と比較して増加傾向にあるという。(2020/12/8)

SaaSビジネスで用いられるARR、ARPU あなたは説明できますか?:
ビジネスパーソンのためのSaaS KPI入門
ビジネス用語として定着した“SaaS”ですが、このビジネスを理解する上で欠かせないのが「SaaS KPI」と呼ばれる指標です。この記事では、SaaSビジネスにおいて、国内トップランナーであるfreeeの決算説明資料を基に、ビジネスパーソンが最低限押さえておきたいSaaS KPIの解説を行っていきます。(2020/12/4)

製造マネジメント インタビュー:
オリンパスの新たなセキュリティ組織はなぜ“顧客中心”を掲げているのか
日立製作所が、2020年11月8〜6日に開催したオンラインイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE」に、医療機器大手のオリンパスが登壇。同社 執行役員 CISO(最高情報セキュリティ責任者)の北村正仁氏が、2019年4月に発足した新たなセキュリティ組織の体制やPSIRT構築などについて説明した。(2020/11/26)

水曜インタビュー劇場(じーっと見る公演):
お客の「肘」を見ただけで、なぜ塚田農場の売上は伸びたのか
店内にカメラを設置して、その映像をじーっと見る。スタッフなどの動きを分析して、生産性向上を支援している会社がある。「トリノ・ガーデン」だ。具体的にどんなことをしているのか。同社の社長に話を聞いたところ……。(2020/11/25)

製造業のDX:
PR:化学・素材メーカーがDXを推進するには何が必要か、主要企業11社の“リアル”
DXが注目される中、中期経営計画に具体的に取り組みを盛り込むなど企業全体での活用を加速させているのが化学・素材メーカーである。では実際に化学・素材メーカーはどのようなことを考え、どのようなことに悩み、DXを進めているのだろうか。セールスフォース・ドットコムが主催し、主要な化学・素材メーカー11社が集まったディスカッションイベント「Salesforce Virtual Chemical Industry Round Table」から、議論の内容を紹介する。(2020/11/25)

複雑化する業務、深刻化する人手不足:
PR:新人が「即戦力」に? 人手不足とオペレーターの不安を解消する、ニューノーマル時代のコンタクトセンター向けAIソリューションとは
デジタルシフトによる業務の複雑化とともに、人手不足にも悩むコンタクトセンター。最近ではリモート化の機運も高まっており、対応すべき課題が山積している。そんな中で活用したい、業務効率化とともに新人教育にも効果を発揮する、AIを駆使したソリューションとは?(2020/11/18)

工場やプラントのIoT運用、クラウドで高度化へ 新ソリューションが登場
東芝デジタルソリューションズは、O&M(運転管理&保守点検)を支援するIoTサービス「設備・機器メーカー向け Meister RemoteX」「工場・プラント向け Meister OperateX」の提供を開始。IoTデータとO&M業務データを統合することで、アセット管理を高度化する。(2020/11/2)

製造業に必要なDX戦略とは(2):
製造業のDXでも必須となるプラットフォーム戦略、その利点とは?
製造業でも「デジタルトランスフォーメーション(DX)」に注目が集まる中、本連載では、このDXに製造業がどのように取り組めばよいか、その戦略について分かりやすく紹介している。第2回の今回は「プラットフォーム戦略」について紹介する。(2020/10/12)

リテンションにつながるプロセス評価:
新規事業が生まれ、育つカルチャーをつくる NECの挑戦
NECは、カーブアウトやオープンイノベーションといった、外との共創の仕組みによる新規事業開発に積極的だ。新規事業が育ちにくい環境を変えるには、どうしたらよいのか。立役者に聞いた。(2020/10/23)

GitLabのリモート統括責任者が語る 日本企業が「まずやるべきこと」
GitLabは、2015年の創業当時から現在に至るまで、自社オフィスを持たない企業だ。同社の従業員は、CEOを含めた全員がテレワークで勤務している。GitLabのリモート統括責任者が語るテレワークで組織を運営するノウハウとは。(2020/10/22)

20万時間をRPAで削減 担当者が語る第一生命の業務オペレーション改革
第一生命は、業務オペレーション改革を推進するため、積極的にRPAを活用している。同社にとって新たな挑戦となる「顧客コミュニケーションのデジタル化」に向けた現状と展望を担当者が語った。(2020/10/16)

専門スキルもコードも不要のデータ分析サービス、NTT Comが発表
NTT Comは2020年10月13日、専門的なスキルを持たずともデータ分析および可視化を可能にするサービスを提供すると発表した。マウス操作でデータを分析できるサービスの詳細とは。(2020/10/14)

「あらゆる人がデータを利活用できるようにする」:
専門的なスキルなしで利用可能なデータ分析サービス NTTコミュニケーションズが提供
NTTコミュニケーションズは、専門的なスキルがなくても利用できる「データ分析・可視化サービス」を提供する。(2020/10/14)

Jリーグの“経営ランキング”発表 3位ヴィッセル神戸、2位川崎フロンターレ……1位は?
デロイト・トーマツ・グループのスポーツビジネスグループは、Jリーグに所属するJ1、J2、J3全クラブを対象に、経営面から分析した「Jリーグマネジメントカップ 2019」を発表した。(2020/10/6)

飲食店を科学する:
丸亀製麺の売上高が対前年比90%まで回復 カギは「衛生マーケティング」と持ち帰り専用容器
コロナ禍に苦しむ外食産業。一方、丸亀製麺の売り上げ(8月)は対前年比90%まで回復した。どういった施策を行ったのか。(2020/9/29)

視点:
経営者と投資家の結節点としてのIR〜戦略レンズと財務レンズで企業を視る〜
投資家はこれらのレンズを通して企業を視ている。IR担当役員自らこの投資家レンズをのぞき、レンズに映る自社の姿を経営者に伝えていかなければならない。(2020/9/14)

製造業DXの鍵−デジタルサプライチェーン推進の勘所(4):
Excelによる計画情報管理から脱し「デジタルサプライチェーンツイン」を目指せ
サプライチェーンにおける業務改革を推進する中で、デジタルがもたらす効果や実現に向けて乗り越えなければならない課題、事例、推進上のポイントを紹介する本連載。第4回は、SCMにおけるDXの打ち手として、「グローバルPSI(生産・販売・在庫)計画」「流通PSI計画」「サプライヤー計画連携」という3つの事例を紹介する。(2020/9/7)

PTC Virtual DX Forum Japan 2020:
“メタボ工場”からどう脱却するか、成功のカギは「両端」を狙うこと
PTCジャパンは2020年8月20日〜9月25日までの期間、オンラインイベント「PTC Virtual DX Forum Japan 2020」を開催。この中でキーノート講演の1つとして、PTCジャパン 製品技術事業部 執行役員 副社長の成田裕次氏が登壇し「なぜPTCがスマート工場に貢献できるのか」をテーマに、スマート工場化の概要とPTCの取り組みについて紹介した。(2020/9/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。