ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

「KPI(Key Performance Indicator)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

時代の波はホラーにも:
40代以上は“ビビることを恥じる” 「闇」創業者が明かすホラービジネスの難しさ
ホラーブームが若い世代を中心に再燃している。ホラーの楽しみ方は世代によって異なる。そして、いまどきのご時世ならではの難しさもあるという。ブームを牽引する「闇」創業者に聞いた。(2024/7/17)

モノづくりの未来予想図(5):
スマート工場化は誰が主導すべきか、成否を握る最も重要な要素とは
本連載では、シュナイダーエレクトリック インダストリー事業部 バイスプレジデントの角田裕也氏が、製造業で起きている変化をグローバルな視点で紹介しながら、製造現場の将来像を考察する。(2024/7/12)

FinOpsとセキュリティの関係【前編】
結局「FinOps」とは何か? なぜコストにもセキュリティにも効果があるのか
クラウドサービスに関するコストの管理手法「FinOps」とセキュリティには、意外な関係性がある。両者の協業がもたらす効果と、企業のクラウド戦略における重要性とは。(2024/7/9)

2024年版カオスマップ発表から考える、リテールメディアのこれから 発展には10ステップが必要だ
2024年版のリテールメディアカオスマップが発表となった。そうそうたる顔ぶれが並んでおり、まさにリテールメディア業界の幕開けといえる状況にあるといえるだろう。筆者は今後さらにリテールメディアが発展するには、10ステップが必要だと説く。(2024/6/28)

工場見学レポート〜ものづくり最前線〜:
NEO新城工場の立ち上げと同時にスマートファクトリーを実現、OSG流の大胆なDX推進
Koto Online編集長の田口紀成氏が、工場見学を通じて製造業DXの最前線に迫る本シリーズ。オーエスジーのNEO新城工場に伺い、同所の開設・運営に携わる第2製造部 部長の桝田典宏氏にご案内いただきました。(2024/6/24)

仙石惠一の物流改革論:
物流のムダどうなくす? 「保管効率」を上げる方法
物流には大きく6つの機能が存在する。「輸送・配送」「包装」「荷役」「流通加工」「情報処理」、そして今回フォーカスする「保管」だ。今回は、保管作業の効率を上げる方法を考える。(2024/6/26)

「広告のムダ打ち」をなくすためにできること【第5回】:
インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「アテンション」の概念を再定義するとともに、新しいインターネット広告のKPIについて考えます。(2024/6/19)

返品プロセスは「宝の山」:
「リバースロジスティクス」とは? ERP運用者が知るべきの8つのKPI
サプライチェーンのパフォーマンスを測定するために、返品に関連するKPIの活用を検討する必要がある。これらの指標がどのように顧客満足度を向上させるか確認しよう。(2024/6/17)

製造業DXプロセス別解説(11):
今こそモノづくりにおいて「MOTTAINAI」精神を呼び覚まそう
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。第11回は、製造業の次なるビジネスの競争力の創出と新たな収益源となり得る「廃棄/売却・二次利用」について解説する。(2024/6/10)

人工知能(AI)を安全に使うためのポイント
“AIガバナンス”とは? 世界が無視できなくなっている理由
AI技術が進化すると同時に、AI技術やシステムを利用する際の倫理的な問題やリスクが増大している。AIガバナンスは、こうした問題に対処するために生まれた概念だ。AIガバナンスとは何か、本稿で詳しく説明する。(2024/6/5)

ROIC経営が企業を変える:
PBRをいかに高めるか レゾナック、NECの好例から探る
高PBR実現に向けた実務上の課題と処方箋を、具体的な企業の事例を交えながら深掘りする。(2024/5/24)

今日のリサーチ:
ブランドを悩ませるクリエイティビティーと戦略性にまつわる4つの課題とは?
世界のB2C企業はカスタマーエンゲージメントにどのように取り組んでいるのでしょうか。Brazeの調査から見えてきた企業の課題と生成AIの活用といった市場の動向を紹介します。(2024/5/10)

ROIC経営が企業を変える:
「PBR優良企業」の4つの共通点とは 財務・非財務の経営管理手法
近年、PBR(株価純資産倍率)やROIC「投下資本利益率」を意識した経営を目指す企業が増えている。連載の第2回は第2回は、優良企業(PBRが高く、事業撤退の経験のある企業)の特徴と、PBRを高める道筋(成功ポイント)を探る。(2024/4/26)

マーケティング状況の可視化とスムーズなPDCAをサポート:
D2C R、広告運用分析・レポーティングに特化した「Looker Studio」のダッシュボードを提供開始
広告主は専門知識を必要とするダッシュボードの構築をせずとも、前日までの広告実績をいつでも手元で確認・分析することが可能になった。(2024/4/10)

VCに聞く「投資したい・したくないテックスタートアップ」:
VTuber「ぶいすぽっ!」運営になぜ投資? VCに聞く「スタートアップに出資するとき、何を見る」
本連載ではVCなどスタートアップ投資に携わる人たちに、出資に当たっての考え方などをインタビュー。今回は、マネーフォワードグループのVC「HIRAC FUND」に取材した。(2024/4/2)

Marketing Dive:
古くて新しいMMM(マーケティングミックスモデリング)が今注目される理由
大手コスメブランドのEstee Lauder Companiesはブランドマーケティングとパフォーマンスマーケティングのより良いバランスを模索し、成功を収めている。同社のアプローチの鍵となるのがMMM(マーケティングミックスモデリング)だ。(2024/3/29)

【後編】徹底リサーチ! 伊藤忠商事の人的資本経営:
「労働生産性」開示する伊藤忠 あえて“下がることもある指標”を選ぶワケ
労働生産性開示する伊藤忠商事。下がることもある指標を、あえて選ぶのはなぜなのか。労働生産性の向上を推進する中で、同社の人事部門に生まれた行動意識とは。(2024/3/27)

「1億円超の損失」「相次ぐ社員の退職」を乗り越え上場 マネされにくい立ち飲みチェーンはどのように誕生したのか
【後編】小型の立ち飲み居酒屋「立呑み焼きとん大黒」を成長させ、2月28日に東証グロース市場と名証ネクスト市場に上場した企業がある。社長が成長までの道のりを語った。(2024/3/26)

【中編】徹底リサーチ! 伊藤忠商事の人的資本経営:
伊藤忠「フレックス制をやめて朝型勤務に」 それから10年で起きた変化
2013年にフレックス制度を廃止し、朝型勤務制度や朝食の無料提供の取り組みを始めた伊藤忠商事。それから約10年が経過したが、どのような変化が起きているのか。(2024/3/26)

LTVの罠:
なぜ企業は「誰も使わないアプリ」を生み出すのか? 顧客の気持ちをないがしろにしてしまうワケ
失敗する最大の原因とは何か。(2024/3/25)

自社固有の経営指標をAIで即座に分析 どう構築するのか
経営判断に必要なデータの範囲が拡大している。個々の領域でシステムやツールがあったとしても、それらを分析するには膨大な工数と専門人材が必要になる。この問題を即座に解決する仕組みを構築できるという。(2024/3/21)

ITmedia Security Week 2023冬 イベントレポート:
資生堂から学ぶリスクマネジメントの神髄 本気でリスクを数値化する方法
サイバー攻撃が激化する今、外部/内部環境のリスクを適切に把握・管理して、脅威に優先順位を付けて対応するにはどうすればいいか。資生堂のCISOが実践しているリスクを数値化して評価する手法を紹介しよう。(2024/3/21)

「熱量スコア分析システム」も開発:
トレンダーズと横山隆治事務所(シックス・サイト)が共同プロジェクト SNSの数値と売り上げの相関を分析
熱量スコアを含めたSNSの各指標と売り上げにどのような相関があるかを分析する。(2024/3/20)

日本のマーケティング最前線:
D2Cはオワコンなのか 多くのブランドが淘汰された背景に“闇深い”事情
D2Cビジネスは冬の時代を迎えている。なぜ多くのブランドが淘汰されたのか……。背景に3つの理由がある。(2024/3/19)

ROIC経営が企業を変える:
古くて新しい「ROIC経営」 再注目の背景に、日本企業への“外圧”
2000年代初期に注目を浴びた、企業の資本効率や事業の収益性を表す「ROIC」が現在、古くて新しい経営管理手法として再び関心を集めている。理由を探ると、時代背景のほか、日本企業特有の経営文化が見えてくる。(2024/4/5)

投資家が着目するポイント
ESGの“G”「ガバナンス」が地味過ぎでも無視できない理由
ESG経営において、環境問題や社会課題への取り組みは消費者や従業員の理解を得やすい。一方でガバナンス強化は見過ごされがちだが、等しく重要だ。ガバナンス強化に直結するアクションの具体例を探る。(2024/3/10)

デジタル広告業界における女性活躍を語る【後編】:
「データドリブン」の文化が根付く企業ではなぜ女性の活躍が進むのか 香川晴代×松下恭子対談
プログラマティック/デジタル広告の領域で女性の活躍が進む理由の一つとして浮かび上がったのが「データ」を軸に意思決定が進む組織の在り方だ。ここには業界を越えて経営層が学ぶべきヒントがある。(2024/3/9)

注目を集める「データ仮想化」、実践のポイントとは:
PR:DXのためのデータ整備にはこう取り組むべき、セミナーで議論
DXではデータの活用がカギとなる。そして、データ活用の成否を左右するのがデータの整備、つまりデータマネジメントだ。本稿では、企業がデータマネジメントにどう取り組むべきかをテーマに開催されたオンラインセミナーの内容をレポートする。(2024/3/6)

製造業DXプロセス別解説(8):
製造業の物流を取り巻く大きな変化、今取り組むべきこと
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。第8回は、製造に必要なモノを調達したり、製造したモノを送り届けたりするための「物流」を取り上げる。(2024/3/5)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」 :
増える携帯電話ショップの「閉店」 その理由は?
最近、携帯電話販売店(キャリアショップ/併売店)や家電量販店の携帯電話コーナーが縮小/閉鎖される動きが活発になっている。その背景には何があるのか、最近実際に閉店に立ち会った店舗スタッフから話を聞いてみよう。(2024/3/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
万能薬は存在しない。マーケティングの「こんなはずじゃなかった」を撲滅するには
この世に「どんな病気も治せる万能薬」がないように、「あらゆるマーケティング課題を一発で解決してくれる万能施策」もない。これらは、自身の病気に合った薬を飲んでいないことに原因がある。(2024/2/29)

ここがやばいよ! 日系製造業の脱炭素問題:
PR:Scope3カーボンニュートラル化が求められる時代に何が必要か
製造業のカーボンニュートラル化に注目が集まる中、2024年1月23日にオンラインセミナー「ここがやばいよ! 日系製造業の脱炭素問題〜Scope3カーボンニュートラル化が求められる時代に何が必要か〜」(富士通主催)が開催された。本稿では、経済産業省の和泉憲明氏、YouTuberのものづくり太郎氏、富士通の瀧澤健氏によるパネルディスカッションの内容をお伝えする。(2024/3/8)

日本の賃金は上昇傾向に 経済を「マクロで見る見方」
経済状況を「マクロで見る見方」がもっと浸透していけば、もっと強い日本経済を構築できる。経済状況をマクロで見る視点、データを見るポイントを、伝えていくき。(2024/2/22)

投資家ウケする人的資本開示:
東京海上、伊藤忠、日立、味の素──人的資本「すごい開示」に共通する2つの要点
人的資本開示に関する情報はあふれているが、その多くは、ルールや基本の「型」を示すにとどまっている。「とりあえず、型通りに開示しておこう」という姿勢では投資家からの期待は得られない。(2024/2/14)

営業コミュニケーション大解剖:
営業不振な状態で、上司の「進捗どう?」 ガッカリ部下にならないための返答は
営業成績が振るわないときほど上司は「進捗どう?」と聞いてくるものです。ガッカリ部下にならないために、どのような返答が好ましいでしょうか?(2024/2/9)

Wi-Fi品質改善に役立つレポート【後編】
Wi-Fiの「遅い」「つながらない」をなくす“無線LANの技術革新”とは?
無線LANのQoS(サービス品質)要件は、アプリケーションやネットワークを提供する場所によって異なる。無線LANのQoS確保方法を解説する技術レポートを公開した業界団体WBAは、何を推し進めているのか。(2024/2/8)

株式会社NTTネクシア提供ホワイトペーパー:
PR:変化するコールセンターの役割、プロフィットセンター化に向けた4つのポイント
顧客対応の窓口となるコールセンター。従来、「コストセンター」として位置付けられてきたが、近年は「プロフィットセンター」として運用される傾向が強まっている。その理由と、プロフィットセンター化を進めるためのポイントを解説する。(2024/2/2)

データ活用で成果を得ている日本企業の割合は約3%:
日本企業はなぜ「DX」には積極的なのに「データ活用」には消極的なのか ガートナー
ガートナージャパンは、日本企業のデータ活用の取り組みに関する調査結果を発表した。同社は「企業全体としての姿勢は積極的とはいえず、具体的な取り組みを推進するための組織体制も整っていない」と指摘している。(2024/1/31)

Wi-Fi品質改善に役立つレポート【前編】
「Wi-Fiの“品質”」って何のこと? 無線LANのKPIで解説
WBAは、無線LANのQoS(サービス品質)を向上させる方法をまとめた技術レポートを公開した。映像やゲーム配信用のネットワーク、オフィスや公共施設のネットワークなどの品質を保つ指標とは。(2024/1/31)

開発と運用で重みを増す「自動化」【後編】
DXの影で疲弊するIT管理者、AIOpsは救世主になるのか
DXが進展するほど社内には管理対象のシステムが増え、IT管理者は疲弊する。効率化だけではない、AIOps(AI技術を使ったシステム運用)の価値とは。(2024/1/29)

作業通話アプリ「もくり」3月終了 運営のMIXI「目標KPIを達成できなかった」
MIXIは18日、「作業通話アプリ」をうたう多人数同時接続の通話サービス「mocri」を3月22日の午後3時をもって終了すると発表した。勉強や創作活動のお供として利用者に愛されていた。(2024/1/18)

国内12万人の従業員に安心で快適なITサービスを提供:
PR:サイロ化、属人化を解消し、ユーザー満足度を向上させるのに必要なこと NTTデータグループに聞く、「経営貢献に資する運用管理」の要件
ビジネスニーズに応えるスピードが重視され、ITサービスの開発ばかりが脚光を浴びてきたが、エンドユーザーが快適かつ安定的に使えなければ、むしろビジネスを遅滞させてしまう。単なる保守ではない「経営貢献に資する運用」へと変革するには何が必要なのか。(2024/1/23)

DXの次の目標はデジタルを活用した収益源を確保する「デジタルビジネス」の実現:
IDCの2024年10大予測 生成AIのイノベーションに向けた活用本格化、AI責任者が経営幹部に昇格など
IDCは、デジタルビジネス戦略に関する10大予測を発表した。イノベーションに向けた生成AIの活用や、デジタルビジネスのあらゆる領域に生成AIを活用していく「AI Everywhere」が広まると予測している。(2024/1/9)

「生成AIによって強化されたデジタルビジネス時代の到来」:
デジタルテクノロジー、生成AIへの投資は2024年も増加傾向に IDCが10の予測を発表
IDCは2024年以降の世界的なデジタルビジネス戦略を予測するレポートを発表した。同レポートでは今後12〜24カ月の間にテクノロジー/ITチームが直面する問題に焦点を当てている。本記事ではレポートの内容を紹介する。(2023/12/21)

11個の“失敗ポイント”から学ぶDX【中編】
DX実施は“無理ゲー”? 実は11個もあるDX失敗の原因
DXに取り組んでいると成功事例に目が行きがちだが、失敗を誘発する原因を学ぶことも有用な取り組みだ。DXの専門家が挙げる、DXが失敗する11個の原因を紹介する。(2023/12/21)

日本オラクル株式会社提供Webキャスト
中小企業が注目のダッシュボード活用、うまくいかないKPI分析を見える化
KPI(重要業績評価指標)を活用したデータ分析は、業務の効率化や経営基盤強化の頼もしい武器だ。しかし、中小企業への浸透はまだまだ十分ではない。そこで、クラウドERPによるダッシュボードを活用したKPI分析手法を紹介する。(2023/12/20)

B2Bマーケターのための「広報」入門【第4回】:
広報効果を「逆算」と「分解」で測る――脱広告換算のための一つのアイデア
前回に引き続き、広報マーケティング兼任者が見誤りやすいポイントの一つである広報の成果の測定方法について解説します。(2023/12/18)

営業コミュニケーション大解剖:
「結果重視・感覚派タイプ」の営業上司、どうコミュニケーション取る? 4タイプ別に解説
営業上司とはどのようにコミュニケーションを取るのが効率的・効果的でしょうか? 本記事では、上司のタイプを4つに分けてタイプ別の最適なコミュニケーションを探っていきます。(2023/12/11)

自社の事業を伸ばす立場に立ったことで、視野が広がり成長できた:
PR:やりたいことにチャレンジでき、安心、安全も確保されている環境でキャリアを育む、日立ソリューションズのエンジニアたち
エンジニアとしてキャリアをスタートし、新規事業の立ち上げやサービスの事業化へ――エンジニアたちの挑戦を後押ししたのは、日立ソリューションズのチャレンジを推奨する社風と、組織の垣根を越えて社員同士が支援し合う文化だった。(2023/12/7)

産業動向:
「ISO 30414」人的資本情報開示の保証、建設業界で初 BSIグループジャパンが山口重工業に授与
BSIグループジャパンは、人的資本の情報開示に関する国際的なガイドライン「ISO 30414」人的資本情報開示保証を山口重工業に授与した。ISO 30414は、2023年3月期決算から上場企業などを対象に義務化される人的資本情報開示の要求に伴い、今後関心が高まることが見込まれている。(2023/12/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。