ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「京都精華大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「京都精華大学」に関する情報が集まったページです。

コロナ禍で人気沸騰、クラブハウス “耳”の市場の争奪戦始まる
音声SNS「Clubhouse」が注目を集めている。これまで、インターネット上のサービスは映像や画像、文字など主に視覚に訴えるものが多かったが、Clubhouseの人気の広がりは、耳から情報を取り入れる市場には開拓の余地があることを示した。(2021/2/17)

終わらない“3.11”の希望、何度でも立ち上がる姿に涙 柴犬が主人公の漫画『柴ばあと豆柴太』連載第6回
連載は最終回ですが、単行本の発売が決定しました!(2020/8/23)

「老いは嫌だ」→「ゴハンが2回もらえるから大歓迎」  賢い柴犬とおばあちゃんの日常漫画がほほえましい
いつでもどこでも一緒のコンビです。(2020/8/16)

震災から9年、「笑顔になっても悲しい波はやってくる」 柴犬が主人公の漫画『柴ばあと豆柴太』連載第5回
ここにはいない“家族”に届けようと海へダイブする豆柴太です。(2020/8/9)

「え? オッサンじゃん」 女子生徒の一言にワンコが大ダメージ!! 賢い柴犬(9歳)とおばあちゃんの日常漫画
年齢の話には敏感です。(2020/8/2)

幼なじみを思う女子高生の決心……! 柴犬が主人公の漫画『柴ばあと豆柴太』連載第4回
若者流出を恐れる市議会議員の父親を持つ女の子が登場します。(2020/7/26)

ワンコと飼い主の意外な共通点とは…… 賢い柴犬とおばあちゃんのほのぼの日常漫画
似てないようで似た者同士。(2020/7/19)

町のヒーロー、消防士はいま何を思う……? 震災を経験した柴犬が主人公の漫画『柴ばあと豆柴太』連載第3回
豆柴太がかっこいい回です!(2020/7/12)

「ボクは人間じゃないのでは?」 賢い柴犬とおばあちゃんのふれあいを描いた漫画があたたかい
いいコンビです。(2020/7/5)

錺金具の職人による「蚊遣器」が美しいと人気呼ぶ 「蚊取り線香使ってないけど欲しい」「守りたい伝統工芸」
置くだけで生活が豊かになりそうな美しさです。(2020/6/20)

常見陽平のサラリーマン研究所:
40歳の壁を乗り越えるために、どうすればいいのか 「謙虚」のススメ
仕事をしていると「マンネリ」を感じることはないだろうか。「昨日も今日も、そしてずーっと同じことをしなければいけないのか」と考えるだけで、嫌になるもの。そうした悩みを抱えている人は、どのようにすれば現状を打破できるのか。(2018/5/18)

海賊サイト対策会議、一部議事録に「なぜ非公開?」の声 事務局側の説明は
非公開を決定した内閣府の知的財産戦略推進事務局に取材しました。(2018/4/13)

ギークの祭典「ガジェットフリマ 2017夏」は8月12日開催 すがやみつる先生やGPD Pocketの講演も
買ったけど使わなくなったデジタル機器を売り買いしつつ、その魅力について濃く語り合うイベントが今年も開催されます。(2017/8/10)

遠藤雅伸に聞く:ゲームデザイナーとなるには、ゲームの面白さを知るには、どんな本を読めばいいのか?
ゲームデザイナー&研究者・遠藤雅伸インタビュー。(2017/2/2)

漬物マグネットがカプセルトイで登場 「たくあん」のシナっとした断面まで完全再現
縄文時代から伝わる日本人のソウルフードが待望のカプセルトイ化。(2016/11/18)

気になるあの子の部屋の中へ……:
「作画資料写真集 女子部屋」
写真集としても、作画資料集としても。(2016/7/27)

教えて! 絵師さん:
夜明け前の町に灯る明かりのような希望 おかずさん
自らのイラスト歴を「遅いスタートだった」と振り返るおかずさん。「描きたい」と気付いた高校時代、必死で吸収した大学時代――イラストレーターとして歩き出すまでを聞きました。(2016/6/20)

「少女椿」展、5月に六本木で 等身大みどりちゃん人形の展示や監督らによるトークショーも
原作者・丸尾末広を含めたアーティストたちが「マルヲ・ワールド」を描く。(2016/4/23)

ロックバンド「くるり」の岸田繁、京都精華大「ポピュラーカルチャー学部」の客員教員に
4月1日に就任する予定。(2016/3/28)

「原爆」「特攻」など、6つの視点から戦争マンガを読み解く「マンガと戦争展」 米沢嘉博記念図書館で開催
こうの史代さん、おざわゆきさん、今日マチ子さん、西島大介さんの原画展示も。(2016/2/8)

「MANGA ナショナル・センター」構想実現に向け「MANGA議連」が衆院議長らに訴え
「MANGA議連」が、漫画やアニメ作品を収集・展示する施設「MANGA ナショナル・センター」設立の決議をまとめ、衆議院議長と官房長官に提出した。(2015/12/18)

京都鉄道博物館の収蔵車両が決定 蒸気機関車C62形や0系新幹線など
博物館の公式キャラクターも募集する。(2015/5/20)

デジタルマンガ キャンパス・マッチ2014の受賞作品決まる
漫画家や出版社、関連産業と、マンガの専門学校が協力して開催したビジネスマッチングプログラムからはどんな作品が?(2015/3/5)

Web漫画「とんかつDJアゲ太郎」単行本第1巻 巻頭カラーにとんかつのグラビアを掲載
「DJ」を「とんかつ」視点で紹介するあの漫画、単行本でも相変わらずアゲアゲの様子。(2015/1/29)

マンガやアニメを振興する「MANGA議連」とは? 日本漫画家協会理事の赤松健先生に聞いてきた
超党派の議員連合「MANGA議連」はどのようなアニメ・マンガ振興政策を目指すのか。設立総会に出席した赤松健先生に聞きました。(2014/12/19)

京都精華大学、みうらじゅんによる悩み相談室を11月28日に開講
幅広いジャンルで活躍するみうらじゅんが、大学や就職、恋愛など若者の悩みを独自の視点で解決していく。大学関係者以外も参加可能。(2014/11/4)

学生に発表の場を――ピクシブの「BOOTH」に学校専用ページを開設
ピクシブが開発・運営するショップ作成サービス「BOOTH」に9月、京都精華大学と神戸電子専門学校の専用ページがオープン。希望する学生の作品を発表・販売することが可能となる。(2014/8/26)

pixiv連携ショップ「BOOTH」を学生の“作品展示場”に 京都精華大など2校が導入
pixivと連携したショップ作成サービス「BOOTH」に、学生が作品を発表・販売できる「ポートフォリオ機能」が追加される。(2014/8/26)

教育ITニュースフラッシュ
「校務IT化」で先生の“激務”は解消されるのか? 大阪市が検証
国内初の「マンガ学部」での液晶ペンタブレット導入事例から、米MITの人気講義を日本語化する取り組みまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/8/22)

出版社が運営するWebコミックサイトまとめ
出版社が運営する無料で読めるWebコミックサイトをまとめてみました。お気に入りのサイトや作品がきっと見つかるはず。(2015/1/8)

京都精華大学がファンタジー風に旅の仲間を募集する「ボクとセイカの物語」オープン
高校生向け。(2014/4/7)

ド変態な手塚治虫パロディでおなじみの漫画家・田中圭一さん大学教員に いろいろやばそう
訴えないでください!(2014/4/2)

竹宮惠子監修の原画’ 展示シリーズ「凛々しく 可愛らしく」を文房堂ギャラリーで開催
京都国際マンガミュージアムは東京・神保町の文房堂ギャラリーで、マンガ原稿の保存と公開を両立する竹宮惠子監修の原画’(ダッシュ)展示シリーズ「凛々しく 可愛らしく」を開催。(2014/3/17)

一流の働き方:
みんなが「ノー」ならあえてやる
大ヒット商品の成功の担い手たちは、何でも面白がる精神や新しいものに挑戦し続ける特性を持っている。特に上に立つ人間には必須のものだ。これがないと、部下はついてこない。(2014/2/17)

竹宮惠子、京都精華大学学長に就任
マンガ家でマンガ学部教授の竹宮惠子さんが、京都精華大学学長に就任する。(2013/12/16)

漫画家の竹宮惠子さん、京都精華大学の学長に就任
マンガ学部があることでも有名な京都精華大学の学長に、漫画家の竹宮惠子さんが来年度から就任します。(2013/12/13)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
「インフラ友達」がいますか? おひとりさま時代を生き抜くための友人関係
TwitterやFacebookなどを利用している人は、友達の数が急拡大しているのではないでしょうか。そんな時代だからこそ、「誰を友として生きるのか」は重要な問題。今回は、おひとりさま時代を生き抜くための友人関係について紹介します。(2013/12/6)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
どんな“つながり”を求めていますか? ソーシャル時代の3つの欲求
ネットのおかげでどこにでもすぐに行った気になれますし、知らないことは検索すればすぐに分かるし、ソーシャルメディアを使えば誰とでもすぐにつながれる世の中になりました。でも、そんな世の中になったからこそ、生まれてくる欲求もあるようで……。(2013/11/19)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
中国人はGCB、日本人は? 欲しいモノから見えてきた日中の消費スタイル
あなたが欲しいモノ・サービスは何ですか? 日本人と中国人に聞いたところ、違いが浮き彫りに。また消費スタイルにも違いが分かってきました。それは……。(2013/10/4)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
「じぇじぇじぇ」「倍返しだ!」――ドラマの決めゼリフがなぜ流行語に? 
「じぇじぇじぇ」(あまちゃん)や「倍返しだ!」(半沢直樹)など、今年の流行語は久しぶりにドラマの決めゼリフから生まれています。これまでの流行語は一発ギャグが多かったのですが、なぜ今年はドラマから生まれたのでしょうか。(2013/9/10)

SECCON 2013 横浜大会レポート:
来年は「U-50」大会も? シニアの血も沸く夏の戦い
2013年8月23日、「CEDEC 2013」に併せてパシフィコ横浜で開催されていた「SECCON 2013」第1回地方大会が閉幕した。本戦の「CTF」に加え、その予選としてSQLインジェクションチャレンジやバイナリかるた/アセンブラかるたなど、趣向を凝らした競技が開催された。(2013/9/6)

「コミPo!」発・京都府精華町の広報キャラ、名前が決まる かなり分かりやすい
京都府精華町が広報キャラクターに採用していた「コミPo!」の3Dキャラクターの愛称が決定した。(2013/9/3)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
日本人の旅スタイルは「安・近・短から弾・参・縁」に――その意味とは
生活定点データによると、夏休みに旅行をしている人は減少しています。長期休暇を取得する人も増えていない中で、帰省する人が増加しています。日本人の旅行スタイルにどんな変化が起きているのでしょうか。(2013/8/15)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
あなたの「ときめき度」は何点? 日本人の恋愛エネルギーが見えてきた
博報堂生活総合研究所は、昨年秋より「ときめき度」を測定しています。ちなみに2013年春のときめき度は46.0点。いつもは数字中心に発表している「ときめき度」ですが、今回はひとりひとりの回答に踏み込みました。テーマは、日本人の恋愛エネルギー。(2013/7/19)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
ほんとに景気はよくなるの? 生活者意識から考えた、景気回復のツボ
アベノミクス効果などもあって、日経平均株価が今年3月、リーマンショック前の水準に戻りました。株価についてはダイナミックな動きが続いていますが、生活者の景気意識はどうなんでしょう?(2013/6/10)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
“お母さん大好き!”日本人が増加中――お父さんは人気がない?
5月は第2週に母の日、6月にも第3週に父の日がありますが、日本人は親に対して、どのような考えをもっているのでしょうか。時系列調査「生活定点」を基に、これからの父親像と母親像をご紹介します。(2013/5/20)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
抵抗を感じるのはどんな上司? 職場の行方を分析した
ビジネスパーソンはどんな上司に抵抗感を覚えているのだろうか。博報堂生活総合研究所が行っている調査データを基に、職場の行方について分析した。(2013/4/9)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
日本人の住まいの考え方――どう変化している?
3月といえば、引っ越しのシーズン。日本人は住生活についてどのように考えているのだろうか。博報堂生活総合研究所が行っている調査の結果から、住まいの考え方を見ていこう。(2013/3/12)

博報堂・吉川昌孝のデータで読み解く日本人:
2月にある「3つの行事」に変化の兆し――どのように?
2月の行事といえば「豆まき」「恵方巻」「バレンタイン」。この時期になると、コンビニでも恵方巻を見かけるようになりましたが、生活者はどのように接しているのでしょうか。博報堂生活総合研究所が行った時系列調査「生活定点」のデータを基に分析してみました。(2013/2/8)

「永遠の少女マンガ展」19日から 美内すずえ、三原順らの原画を無料で展示
華麗なる少女マンガの世界へ――。(2013/1/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。