ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「レガシーマイグレーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レガシーマイグレーション」に関する情報が集まったページです。

マイグレーション品質向上の鍵
移行後のトラブルを減らす、マイグレーションプロジェクトの品質を確保する方法
システムのサポート終了に伴い、レガシーマイグレーションに挑む企業が次々と壁にぶつかっている。もつれた糸のようなシステムをどう移行させ、正常稼働にこぎ着けるのか。(2018/10/10)

基幹業務のSoRはどこまでクラウド化できるのか(終):
レガシーシステムのモダナイゼーションとマイグレーションはどうあるべきなのか
基幹業務がメインフレーム上で稼働している企業は多くあり、レガシーシステムとクラウドを組み合わせた「ハイブリッドIT」の実現が必要です。今回は、その課題と対応について考察します。(2017/9/11)

超入門「クラウドマネージドサービス」――オンプレミスの運用・保守との違い、利点、注意点
クラウドのシステム運用・保守サービスである「クラウドマネージドサービス」について、概要や具体的なサービス内容、責任範囲、オンプレミスの運用・保守との違い、利点、注意点などを解説する。(2017/8/3)

経営課題の解決手段、経営層と情シスの間に認識ギャップ──IDC調べ
IDCによると、国内ではデジタルトランスフォーメーション(DX)による変革への認識が広まる一方、経営課題の解決手段については、経営層と情報システム部門の間にITケイパビリティに対する認識ギャップが存在することが分かった。(2017/5/9)

基幹業務のSoRはどこまでクラウド化できるのか(1):
基幹系もいよいよクラウドの時代へ――日本企業のIT環境としての最適解は、どのような形態か
「基幹業務をはじめとする既存アプリケーションを、どのような観点でクラウドプラットフォームへ移行すべきか」を探る連載。初回は、昨今のクラウドトレンドを踏まえた上で、基盤視点(非機能側面)を中心に「企業のIT環境における最適解は、どのような形態か」を考察する。(2017/4/24)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
デジタル変革に追い付くための、ITモダナイゼーションの「あるべき姿」とは?
レガシーシステムのマイグレーションによる、いわゆる「現代化」は競争力を高めるうえで武器となる半面、実践にあたっては厄介な課題も存在する。現代化に向けた最新動向と、課題解決を支援する取り組みとは。(2017/3/29)

現役システムの5割以上にメインフレームが関与
レガシーなはずの「メインフレーム」がいまだに使われ続ける“納得の理由”
企業は最新技術や新しいシステムを導入する一方で、古くからあるメインフレームもいまだに現役だ。IT部門にとって、新旧のシステムを包括的に管理できる手法の必要性が高まっている。(2016/7/26)

Webスクレイピングで始める業務システムのモバイル化(2):
モバイル化におけるWebスクレイピング技術活用の利点と注意点
既存Webシステムをモバイル化するに当たっての課題を明確にし、それらを解決するためには何が必要なのかを考えていく本連載。今回は、既存Webシステムのモバイル化に「Webスクレイピング技術」を用いるためのより具体的な内容と注意点などについて説明します。(2015/6/2)

Windows XP移行待ったなし:
エンタープライズ開発現場が知っておきたいHTML5の4つの意義
Windows XP時代にエンタープライズ向けシステムのクライアント開発現場が抱えていた問題は、HTML5(Web標準)という一つ上のレイヤーからアプローチし解決する道が模索されています。本記事では、先月開催されたカンファレンス「Enterprise × HTML5 Web Application Conference 2014」から幾つかのセッションの内容をピックアップし、HTML5ソリューションの全体像を俯瞰し、上記解決の道がどこに向かおうとしているのかを探ってみます。(2014/3/28)

レガシーマイグレーションの新潮流
【市場動向】メインフレーム、オフコンをクラウドに移行、その利点とは
メインフレームやオフコンなど、いわゆるレガシーシステムの移行先としてクラウドを利用する新しいレガシーマイグレーションのサービスが増えてきた。代表的なサービスを紹介する。(2012/9/11)

2011年ERP&IFRS記事ランキング【後編】
他社はERPをどう選んでいる? 記事ベスト10から分かる傾向とは
グローバル対応やクラウドコンピューティング対応、スマートフォン対応などERPを取り巻く環境は急速に変化している。2011年のERP&IFRS記事ベスト10からは企業の製品選択の傾向が伝わってくる。(2012/1/5)

情報マネージャとSEのための「今週の1冊」(36):
システムは共同で、競争は店頭で
一社単独での効率化には限界がある。協力すべき部分、競争すべき部分を切り分けて他社と進んで連携を図るアプローチに、真の効率化のヒントが隠れている。(2011/3/29)

現場にキく、Webシステムの問題解決ノウハウ(8):
Hadoopの死角、COBOLバッチ処理の並列化
本連載は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバ「Cosminexus」の開発担当者へのインタビューを通じて、Webシステムにおける、さまざまな問題/トラブルの解決に効くノウハウや注意点を紹介していく。現在起きている問題の解決や、今後の開発のご参考に(編集部)(2011/1/26)

アナリストの視点:
IT事業者の収益源である保守サービス市場が縮小
技術進歩や生産性の向上などにより、サーバをはじめとするハードウェアの価格が低下傾向にあり、連動して情報システムの保守サービス市場が縮小しているという。(2011/1/14)

Weekly Memo:
最新調査にみる中堅・中小企業のIT投資動向
IDC Japanとノークリサーチが先頃、国内中堅・中小企業におけるIT投資動向の調査結果を発表した。そこから見えてくるものとは――。(2010/5/10)

IT担当者が価値ある仕事に没頭できる環境を実現
運用管理にもう振り回されない “ITインフラ最適化”必勝法
障害対応やパッチ適用などで一日が終わり、ビジネスに貢献するITの企画などIT部門本来の価値ある仕事に戻れず忙殺されていないだろうか。日々の煩わしい作業を軽減し、本来の業務に専念できる改善策を紹介する。(2009/12/15)

伴大作の木漏れ日:
メインフレームオルタナティブ
日本のユーザーは、メインフレームにいまだに固執するのか。このコラムが、メインフレームとの決別を検討している企業ユーザーの参考になればと思う。(2009/7/2)

Windows Insider用語解説:
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2008の後継となる次期サーバOS、Windows Server 2008 R2は今年中にリリースされる予定だ。Hyper-V 2.0をはじめとする、その新機能は?(2009/6/15)

Weekly Memo:
メインフレーム・オルタナティブは加速するか
日本HPが先週、メインフレーム・オルタナティブ(移行)を加速する新ソリューションを発表した。ITコストの透明化を旗印にした同社の一手。はたして奏効するか。(2009/6/8)

闘うマネジャー:
できることから始めたダウンサイジング
ダウンサイジングには教科書的な手順があるようだが、まず自分たちが使うシステムをあらためて眺めてみることから始めてみると、最初にできることは何なのかが見えてくる。(2008/10/28)

闘うマネジャー:
ダウンサイジングに8年、その背景と理由
安易なシステムのダウンサイジングはコスト増に陥る結果になりやすい。次世代にしっかりと受け継がれるものを構築する必要がある。(2008/10/2)

闘うマネジャー:
システムを守っていくための正しい世代交代とは
システムのダウンサイジングは、複雑化したアプリケーション群をあいまいなまま放置して進めることではない。さらに言えば長年蓄積された開発担当者の業務ノウハウを若い世代に伝えないままでは、新しいシステムを守りきることはできないのではないか。(2008/9/18)

基幹システム改革の新潮流:
PR:経営に必須のスピードを手に入れるための「最適化」というキーワード
財務・会計、人事、生産・物流・販売管理など、企業の経済活動を根幹から支える基幹システムの分野にまた新たなトレンドが生まれた。それがモダナイゼ−ション(Modernization)である。(2008/8/1)

豊富な実績をベースとしたITモダナイゼーションサービスを提供
米国大手通信会社が「5年間で90億円のコスト削減」を確信した理由
ITに強い企業になるためのアプローチとして注目されているのが「ITモダナイゼーション」だ。ITモダナイゼーションとは何か、実際には何が改善されるのか?(2008/4/8)

日本のIT再検証(3):
「第2情報システム部」を設置せよ
日本のユーザー企業では、基幹システムに関する考え方に最大の問題がある。情報システム部が旧来のままの認識でトラブル回避ばかりを考えているのなら、変化は望めない。この問題を解決するには、第2情報システム部を新設すべきだ。(2008/2/15)

輸送にまつわるCO2排出を最小化するソフトを発売へ――アイログ
フランスのILOGの日本法人アイログは、二酸化炭素(CO2)削減を図る製造業向けに「グリーンモジュール」を3月をめどに提供する。(2008/2/1)

ウェブメソッド買収で勢い:
SOAによる基幹システム再構築に勝機――ソフトウェアAG
基幹系システム向けデータベースを提供するSoftware AGはSOAWebMethodsを買収することで、メインフレームが稼働する大手企業のレガシー移行に力を入れる。日本法人の福島徹社長に日本市場での戦略を聞いた。(2007/12/20)

システム部門Q&A(36):
オープンシステム移行による弊害を断罪する
レガシーマイグレーションに取り掛かる企業はいまでも多い。しかし、オープンシステムへ移行したものの、サーバ台数やシステム要員の増加、業務別に縦割り組織になってしまうなどの弊害も目立っている。この問題にどのように対処すればよいのだろうか?(2006/12/7)

断片化したままのデータはビジネスに不利だ――米Informatica幹部
企業内のデータはアプリケーションごとのデータフォーマットの壁にはばまれ、集約的に扱うことは難しい。米InformaticaのジェンタイルCMOは「これら課題を統合的に対処できるツールを提供する」と話す。(2006/8/15)

NTTデータと日本HP、レガシーマイグレーションで協業
NTTデータと日本HPは、メインフレームからHP製ハードウェアをベースとしたオープンシステム環境へ「マイグレーション事業」に関して協業する。(2006/7/18)

ホワイトペーパー:
【事例】大幅パフォーマンス向上、72時間から2時間へ!
HP Integrityサーバを導入し、顧客データ分析のパフォーマンスが飛躍的に向上したAmerican Healthways社の事例を紹介する。(2006/7/12)

Interview:
顧客満足度向上でシェアナンバーワンに挑むデルのメリット社長
デルのジム・メリット社長は6月20日、就任以来初となる記者会見に臨んだ。「日本のサーバ、ストレージ市場には大きな機会があり、ここを強化して成長したい」とするメリット社長に話を聞いた。(2006/6/21)

SOAは急速に現実解になっている――米WebMethods社長
SOAにおいてESB(エンタープライズサービスバス)機能を中心に製品やサービスを提供する米WebMethodsのデビット・ミッチェル社長に話を聞いた(2006/6/12)

特別寄稿:
ポスト・オープン時代に求められる新基幹系サーバシステムを考える
ITの柔軟性が問われる現在、ガートナーが2003年の後半から提唱を始めた「ポスト・オープン」が現実のものとなりつつある。ここでは、ポスト・オープン時代の情報システム基盤の中核技術となるItaniumと併せてポスト・オープン時代に求められる基幹系サーバシステムのありかたを論じる。(2006/6/7)

Interview:
InformaticaのアバシCEO「データ統合市場でドミナントな存在になる」
2年前にOracleからInformaticaに招聘(しょうへい)されたソハイブ・アバシCEO。同氏は「The Data Integration Company」をビジョンに掲げ、さらなる成長戦略を描いている。(2006/5/26)

コンサルティング パートナー最前線
PR:Windowsインフラ構築ビジネスの強化を目指し、コンサルティング パートナー制度を採用
業務業種ソリューションを中心に事業を展開するインテックは、今後のビジネスの柱とすべくWindowsインフラ構築ビジネスの強化に取り組んでいる。その手段として同社は、「Microsoftコンサルティング パートナー制度」を利用し、MCS(Microsoft Consulting Services)のノウハウを積極的に活用する方針だ。(2006/4/27)

ESB活用でレガシーマイグレーションの主流はやはりSOAになる?
企業のレガシーマイグレーションは数年前から始まっている。現在、移行手段として最も注目されているのがSOAである。そしてSOAにおいてトランザクションやセキュリティに関する管理を担うのがESBである。ESBを提供するIONAに話を聞く。(2006/4/24)

「ホストデータ抽出製品でIBMの懐に飛び込む」とインフォマティカの新社長
インフォマティカの内田新社長は、IBMメインフレームのデータをノンプログラミングで容易に抽出する「PowerExchange」を重点製品として掲げる中期事業戦略を明らかにし、「データ統合のリーダーになる」とした。(2006/4/19)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:いまさら聞けないレガシー・マイグレーションのアプローチ
 現在、ユーザー企業の間で、高い関心を集めているキーワードとして「レガシー・マイグレーション」が挙げられる。日本ヒューレット・パッカードが提案するレガシー・マイグレーションは、単なるメインフレームからオープンシステムへの移行を指すのではなく、硬直化したITシステムから、ビジネスへの貢献度を高める柔軟なITシステムへの転換を指しているのだ。(2006/4/7)

欧州でも課題のレガシーマイグレーションを支えたルール管理システム――ING銀行
欧米を中心にビジネスルール管理システム(BRMS)の注目度が上がっている。オランダに本拠を置くING銀行のベルギー支店であるING BelgiumでもBRMSによるメインフレームからオープン系システムへの移行が試みられた。(2006/3/29)

MS、Oracle、IBMも本格参入? 注目されるビジネスルール管理システム
現在ビジネスアプリケーション市場で注目されているのがBRMS(ビジネスルール管理システム)だ。市場動向についてForrester Resarchのアナリストおよび、ILOGのハレンCEOに聞いた。(2006/3/27)

IT投資の主役はコンタクトセンターになる――GenesysのハイデンCEO
IT投資は活発であり、特にコンタクトセンターとセキュリティ分野で大きくなると話すのは、GenesysのハイデンCEOだ。(2006/2/20)

構造改革としての2007年問題:
2007年問題とレガシーマイグレーションの正しい関係
2007年問題の解決策イコール、レガシーマイグレーションと考えることはあまりにも短絡的過ぎる。(2006/1/16)

OSJ、自治体へのオープンソース採用を促進するサービス開始
レガシーシステムで安定していれば移行する必要はないのでは? このような疑問に対し、OSJは段階的なマイグレーションサービスを開始した。(2005/12/9)

インフォテリアのASTERIA、導入企業が200社を突破
インフォテリアは、同社の主力製品である「ASTERIA」の導入企業が200社を超えたことを明らかにした。ASTERIAは、国産EAIソフトウェアの出荷ランキングでトップとなっている。(2005/10/13)

レガシーマイグレーションを包括的に支援、データリンクがツール群発表
データリンクは、基幹業務システムのマイグレーションを支援するツール群「ModernArch」を発表した。(2005/9/2)

「あとは成長あるのみ」──革新と買収で立て直しは済んだとSun幹部
5月から相次いで買収を仕掛けたSunが、ソリューションとパートナーシップを両輪とし、再び成長軌道を目指す。営業を統括するマクリッチ執行副社長が来日記者会見を行った。(2005/8/25)

レガシー移行の選択肢は「オープン」だけ?
日本企業のレガシーシステムを構築してきた技術者が一斉に定年退職するといういわゆる「2007年問題」に注目が集まっている。解決策は必ずしもオープン化だけではないようだ。(2005/8/1)

丸井もレガシーマイグレーションで苦労しました
百貨店業界トップの丸井では、基幹システムをメインフレームからオープン系システムに移行した。その過程で突き当たった課題とは……。(2005/7/29)

レガシーマイグレーションはうまくいっていない――NRI
人材リソースやコストといった面からも先送りが許されなくなりつつあるレガシーマイグレーション。そこで陥りがちな問題点をNRIが語った。(2005/7/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。