ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「毎日新聞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「毎日新聞」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ICTで課題解決型先進国を目指せ 2030年、日本再生のシナリオとは?
日本経済の復活に欠かせないのは、グローバルの視野に立った課題解決型先進国を目指すという未来像とシナリオだ。「2030年 日本経済復活へのシナリオ」(毎日新聞出版)をまとめた早稲田大学大学院の小尾敏夫名誉教授に話を聞いた。(2018/10/1)

先着100校にゲーミングPCを無償で貸し出し ドスパラと毎日新聞が高校生の「eスポーツ部」発足を支援へ
高校での「eスポーツ部」発足を支援します。(2018/8/6)

高校生を対象としたeスポーツ大会「全国高校eスポーツ選手権」開催 主催は毎日新聞社
eスポーツ部の発足支援プログラムも発表。(2018/7/9)

「全国高校eスポーツ選手権」 毎日新聞とサードウェーブが共同開催
毎日新聞社とサードウェーブが「全国高校eスポーツ選手権」を共同で開催する。先着100校にPCを3年間無償で貸し出すプログラムも用意。(2018/7/9)

高校生ゲーマー日本一を決めるeスポーツ大会「全国高校eスポーツ選手権」開催 毎日新聞社が主催に
毎日新聞社とサードウェーブは、全国の高校生を対象にした「全国高校eスポーツ選手権」の開催を発表した。(2018/7/9)

俳句投稿アプリを作った慶応大生、毎日新聞に事業譲渡
慶応義塾大学の学生らが設立したベンチャー企業PoliPoliが、アプリ「俳句てふてふ」の事業を、毎日新聞社に譲渡する。(2018/6/11)

「さまざまな検討を進めている」:
オリエンタルランド、「新パークのテーマは“空”」報道にコメント
オリエンタルランドが、新パークのテーマを「空」に決めたとの一部報道にコメント。「当社が発表したものではない」「さまざまな検討を進めている」とした。4日付の毎日新聞などが、新パークの名称は「ディズニースカイ」などと報じていた。(2018/2/5)

毎日新聞の報道でTwitterトレンドに「海パン刑事」が出現 こち亀の名物キャラと勘違いする人が続出
「私の言うことを聞け、さもないとパンツを脱ぐぞ」。(2017/8/16)

毎日新聞社、起業をサポート 新会社「毎日みらい創造ラボ」設立
ベンチャーの起業を支援する合弁会社「毎日みらい創造ラボ」を、毎日新聞社、メディアドゥ、ブロードバンドタワーが7月に設立。(2017/6/5)

毎日新聞とWall Street Journalが本格提携 毎日会員がWSJの閲覧可能に
毎日新聞の有料会員がWall Street Journalを追加料金なしで読めるサービスがスタート。(2016/4/4)

「KANSHAして」「青いイナズマ」 今日の毎日新聞の見出しがSMAP愛にあふれた世界に1つだけの紙面に
SMAPファンの皆さん、がんばりましょう。(2016/1/14)

毎日新聞出版、ミドルエイジ向けラノベレーベル「μNOVEL」10月27日創刊
書き下ろし作品だけでなく人気作の復刊も積極的に取り組む。(2015/9/2)

オプティムの電子雑誌読み放題サービス「タブホ」、対象誌が200誌突破
ベースボールマガジン社、毎日新聞出版の2社と業務提携し、『週刊ベースボール』『週刊プロレス』『週刊エコノミスト』『サンデー毎日』の4タイトルを追加した。(2015/8/21)

毎日新聞、6つのサービスをセットにした「デジタル毎日」を提供開始
届いたその日から使える月額4980円のタブレットセットも用意している。(2015/6/1)

毎日新聞もニュースサイトを原則有料化 「デジタル毎日」スタート
毎日新聞がニュースサイトを原則有料化し、新電子新聞サービス「デジタル毎日」をスタートした。(2015/6/1)

毎日新聞社 出版部門を分社化、「毎日新聞出版」4月設立
専門性と収益性の高い機動的な経営を目指す。(2015/1/27)

Twitterで各党に「ライブインタビュー」 毎日新聞が9日夜
毎日新聞社は、Twitter上で各政党代表者に政策内容を問うライブインタビューを9日午後8時半から行う。(2014/12/9)

国内大手サイトでハッキング?報告相次ぐ 「シリア電子軍」か 世界的に影響
毎日新聞など国内の複数の大手企業サイトで11月27日夜、アクセスすると「シリア電子軍」のものと思われる画像に飛ばされるとの報告が相次いだ。海外の大手報道機関サイトでも同様の報告がある。(2014/11/28)

毎日新聞の「紙面ビューアー」で毎日小学生新聞ほか6媒体を配信開始
「毎日小学生新聞デジタル」「毎日ウィークリーデジタル」「毎日ウィークリーデジタルライト」「15歳のニュースデジタル」「毎日スポニチTAP-i」「週刊エコノミスト」の6媒体がPCやスマートフォンで閲覧可能に。(2014/10/6)

ニュース閲覧アプリ「SmartNews」に「毎日新聞」が追加――計27チャンネルへ拡大
スマートフォン/タブレット向けニュース閲覧アプリ「SmartNews」に「毎日新聞」のチャンネルが追加された。(2014/1/10)

購読者なら追加料金なしで毎日新聞をスマホで読める「愛読者セット」スタート
毎日新聞が新聞の紙面をPC/タブレット/スマートフォン端末で読める新サービス「愛読者セット」を開始。同紙の定期購読者であれば、追加料金なしで利用できる。(2013/12/2)

毎日新聞社、電子書籍『ブロガーリレーコラム』を出版
毎日新聞社が、「毎日スポニチ TAP-i」で連載している「ブロガーリレーコラム」をまとめた電子書籍『ブロガーリレーコラム』を出版。書き下ろしの自己紹介も掲載している。(2013/9/26)

秋田書店、社員解雇報道への反論を一部撤回 毎日新聞の指摘受け
秋田書店が読者プレゼントの不正を訴えた女性社員を解雇したという報道への反論を一部撤回。「一部に事実誤認」があったとしている(2013/8/22)

【懸賞水増し問題】秋田書店、不正訴えた社員の解雇報道に「とうてい容認できない」と反論
毎日新聞の報道では元社員側は「罪をなすりつけられた」と主張していますが……。(2013/8/21)

石井睦美ワールド全開「愛しいひとにさよならを言う」が登場
「毎日新聞小さな童話大賞」「新美南吉児童文学賞」「朝日新人文学賞」「産経児童出版文化」「日本児童文学者協会賞」と数々の文芸賞を受賞してきた石井睦美さんの新刊が角川春樹事務所から登場。(2013/2/20)

Twitterユーザー発案の意見広告が毎日新聞に 「制度を改正するために個人を攻撃する必要はありません」
とあるTwitterユーザーが企画した意見広告が毎日新聞に掲載された。(2012/7/12)

同じ間違い方をする人はいらない!? 原発の規制機関には何が必要か
福島第一原発事故を受けて今、焦点となっている規制のあり方。日本再建イニシアティブと東京大学が主催したシンポジウムでは北海道大学の鈴木一人教授、東京大学の松本三和夫教授、毎日新聞の山田孝男氏がどんな形が望ましいかについて議論を行った。(2012/6/22)

毎日新聞とスポニチをスマホ/タブレットで 「TAP-i」創刊
毎日新聞とスポニチの記事が同時に読めるスマホ/タブレット向けニュース媒体「TAP-i」創刊。8月末まで無料で利用できる。(2012/5/25)

北朝鮮新体制の行方と日本 鈴木琢磨さん、平沢勝栄さんらが討論
党の垣根を越え、政治家・専門家が集まって議論する番組「論を立てる」で、北朝鮮の新体制と日朝関係の行方を考える。出演者は平沢勝栄衆議院議員、浅尾慶一郎衆議院議員、木内たかたね衆議院議員、時事通信社の鈴木美勝解説員。ゲストは毎日新聞夕刊編集部編集委員で北朝鮮ウォッチャーの鈴木琢磨さん。配信は4月20日15時0分〜。(2012/4/19)

高校生とこれから政治の話をしよう 津田大介×女子高生
高校生が社会の課題解決法を考えるコンテスト「第19回全国高校デザイン選手権」で優勝した佐賀県有田工業高校の生徒を招き、彼女らのアイデア「選挙専用チャンネル」をもとに未来の政治を語る。毎日新聞の与良正男論説副委員長、環境広告を手掛けるサステナのマエキタミヤコ代表、津田大介さんも出演。配信は3月25日15時0分〜。(2012/3/23)

毎日新聞、中高生向け週刊新聞を創刊――デジタル版も配信予定
中高生向けの週刊新聞「15歳のニュース まいがく(毎日学生新聞)」が3月31日に創刊。世の中へ興味・関心をもつようなニュースを中心とし、毎週土曜に刊行予定。(2012/2/9)

“消えた原発記録”、訴訟が情報開示で果たす役割とは
2011年末に毎日新聞が報じた、福島原発事故後の最悪シナリオを記した文書。「訴訟での文書提出命令申立てが情報公開のきっかけになったのではないか」と話すのが福島原発の安全性についての訴訟の原告となっている江藤貴紀氏だ。“消えた原発記録”が明るみに出た過程について、日本外国特派員協会で解説した。(2012/2/7)

2012年の北朝鮮はどう変わる 重村智計さんらが徹底討論
金正日総書記の死去を受け、北朝鮮とアジア諸国は2012年にどう変わるのかを識者が討論する。ゲストは早稲田大学教授で毎日新聞客員編集委員の重村智計さんなど。配信は1月5日16時30分〜。(2012/1/5)

興行収入ゼロでもいい!? 新聞社が映画出資する理由
近年、新聞連載が映画化され、ヒットに結びつくケースが見られるようになっている。そうした映画には新聞社も出資しているのだが、なぜ今、新聞社が映画事業に進出しているのか。毎日新聞社の宮脇祐介事業本部副部長が、販売・広告以外の収入を求める新聞社の動きについて解説した。(2011/12/22)

TBSと日経新聞が提携 スマホ向けコンテンツ開発、ドコモなど協力
TBSと日経新聞がスマホ向けコンテンツ開発などで提携。毎日新聞とテレビ東京もコンテンツ制作に加わり、ドコモ、三井物産も協力する。(2011/12/2)

アプリ版もリリース:
「毎日新聞」「スポニチ」のスマホ用サイト、ドコモとauで公式サイトに
毎日新聞グループホールディングスは、NTTドコモとKDDIのAndroidスマートフォン向け公式サイトとして、ウェブ版およびアプリ版の「毎日新聞」と「スポニチ」の提供を開始した。(2011/11/18)

最新ニュースを手軽に読める「毎日新聞」
ビジネスパーソンにとって最新ニュースのチェックは重要なポイント。毎日新聞のニュースを手軽にチェックできるのがこのアプリだ。(2011/3/16)

期間限定で230円:
西原理恵子氏初の電子書籍「毎日かあさん カニ母編」がiOS向けに登場
毎日新聞朝刊に連載中の漫画「毎日かあさん」が、iPad/iPhone向けの電子書籍として登場した。まずは第1巻の「カニ母編」が期間限定価格で提供される。(2010/12/20)

毎日新聞デジタル、Groupon型「毎ポン」スタート
毎日新聞社のWebサイト「毎日jp」を運営する毎日新聞デジタルが、Groupon型フラッシュマーケティングサイト「毎ポン」をオープンした。(2010/10/4)

大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
9月26日午後、香川県高松市の男木島で火災が発生し、瀬戸内国際芸術祭2010の出品作品である大岩オスカール氏による「大岩島」が焼失したと、朝日新聞や毎日新聞が伝えている。(2010/9/27)

よしもとばななさんの新刊、電子書籍でも発売 毎日新聞社から
よしもとばななさんの新刊「もしもし下北沢」がiPad/iPhoneむけ電子書籍でも発売。書籍版より安価な上、毎日新聞連載時の挿絵などが収録されるなど、電子書籍ならではの内容によしもとさんも期待している。(2010/9/13)

雑誌配信のビューンに毎日新聞、電通、西日本新聞が出資
雑誌コンテンツをiPadなどに配信するビューンに、毎日新聞、電通、西日本新聞が出資。(2010/7/6)

デジタルパブリッシングで成功する秘訣は?:
毎日新聞とVPJが「電子出版」のセミナーを開催
“iPad&ePublishing”をテーマに毎日新聞社がセミナーを実施。同社によるiPad向けコンテンツ配信などの具体的な事例を交えながら、各方面の著名人がデジタルパブリッシングの最新動向を紹介した。(2010/7/2)

iPhoneやiPadに雑誌配信、月額350〜450円で 「AERA」「DIME」など30種以上
iPad、iPhone/iPod touch、ソフトバンク携帯電話向けに雑誌配信する定額制サービス「ビューン」が6月1日にスタート。「AERA」「週刊ダイヤモンド」「DIME」「毎日新聞」など30種類以上が読める。(2010/5/31)

先着100名:
毎日新聞とVPJが、iPadとePublishingをテーマにしたセミナーを7月1日に開催
毎日新聞社とビジュアル・プロセッシング・ジャパンが共同で、デジタルパブリッシングの現在と未来を、具体的な事例を通じて解き明かすセミナーを実施する。(2010/5/29)

毎日新聞、Twitter連携の日刊紙「MAINICHI RT」
毎日新聞が、Twitterと連携した日刊タブロイド紙「MAINICHI RT」を6月1日に創刊する。これまで新聞を積極的に購読してこなかった若い世代がターゲット。(2010/5/7)

導入事例:
販売店情報のリアルタイム見える化を実現し、経営指針に反映――毎日新聞社
毎日新聞社の創業は、その前身となる東京日日新聞が創刊された明治5年(1872年)。3年後の明治8年(1875年)には、世界初となる新聞の個別配達を開始。それから約135年間、新聞宅配の制度は、われわれの生活の一部として定着している。しかし今、新聞業界にも大きな変革の波が押し寄せようとしている。毎日新聞社が、5つの本社と全国の新聞販売店のやりとりを管理する販売管理システムの刷新を決断したのも、こうした厳しい環境変化に対応するためだった。(2010/4/26)

ジャーナリスト斎藤貴男氏が、メディアを斬る:
貧すれば鈍する前に、『毎日新聞』に見習うべきこと
購読部数や広告の減少などを背景に、多くのメディアは苦しんでいる。新聞社は記者の給与カットや人員の削減、出版社は雑誌の休刊などが相次いでいるが、どのようにすればメディアは生き残ることができるのだろうか。(2009/12/8)

相場英雄の時事日想:
第二、第三の『毎日新聞』が出てくるかもしれない……再編が始まったメディア界
毎日新聞、共同通信社、共同加盟の地方紙が、記事配信事業などで提携すると発表した。共同のネットワーク網に参加する毎日は取材効率を高めていきたい考えだが、現場の記者は今回の提携をどのように感じているのだろうか。(2009/11/27)

毎日新聞が共同通信加盟 包括提携で「新聞力向上」
毎日新聞と共同通信、共同加盟社が包括提携。毎日は半世紀ぶりに共同に加盟、協力して「新聞力」の向上を目指すという。(2009/11/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。