ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「三菱電機インフォメーションテクノロジー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三菱電機インフォメーションテクノロジー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

MDIT、データ分析クラウドサービス「AnalyticMart on Demand」の提供を開始
三菱電機インフォメーションテクノロジー(MDIT)は7月23日、初期導入費を抑えてスモールスタートできるクラウド型データウェアハウス・サービス「AnalyticMart on Demand」を2013年8月26日より販売開始すると発表した。(2013/7/24)

3年連続で出荷は1000万台を突破:
ビジネスPCの買い替え、モバイルノート好調、単価下落――2012年度PC市場のキーワード
JEITAが2012年度の国内PC出荷台数を発表した。全体の台数は2011年度とほぼ変わらないが、内訳の傾向は変化している。(2013/4/25)

春モデル発売時期の遅れが原因:
1月のPC出荷台数、前年比13.4%減 出荷金額は500億割れで2012年度最低に
JEITAが2013年1月度の国内PC出荷台数を発表。PC春モデルの発売が例年よりも遅く、出荷台数、金額ともに前年比で大きく減っている。(2013/2/22)

10月よりも減少:
Windows 8搭載PCは伸び悩み? 11月のPC出荷台数、前年比8.8%減
JEITAが2012年11月度の国内PC出荷台数を発表。Windows 8搭載PCの需要が伸びず、前年同月比で約10%下回った。(2012/12/26)

Weekly Memo:
苦心が見えた日本HPのUNIXサーバ事業戦略
日本HPが先週、UNIXサーバ事業における新たな戦略展開を発表した。そこには同社ならではの苦心が垣間見えた。(2012/12/3)

MSがWindows 8の企業向け施策を発表、「7」との共存も推奨
マイクロソフトは、パートナー企業37社とWindows 8の企業導入を支援する「検証ラボ」を開設。サポート期限の迫るWindows XPからの移行を促進させたい考えだ。(2012/11/29)

HP-UXサーバをより長く使えるシステムに、日本HPが新製品と施策を展開
日本HPがItanium 9500プロセッサ搭載の「HP Integrity」サーバ新製品を発表。HP-UXを採用する国内4社とコンソーシアムを結成した。(2012/11/28)

出荷金額も増加傾向:
10月のPC出荷台数は前年比5.6%増、Windows 8発売が後押し
JEITAが2012年10月度の国内PC出荷台数を発表。Windows 8発売の効果もあり、2011年10月度よりも出荷台数、出荷金額ともに増加した。(2012/11/22)

好調だった6月の反動か:
7月のPC出荷台数、前年比16.2%減――液晶一体型PCが不振
JEITAが2012年7月の国内PC出荷台数を発表。売り上げが好調だった6月の反動で、7月の売り上げは例年よりも大きく落ち込んでいる。(2012/8/28)

100万台を突破:
6月のPC出荷台数、前年比24.1%増――夏モデルが好調
JEITAが2012年6月の国内PC出荷台数を発表。PC夏モデルの売れ行きがよく、出荷台数は前年同月比で24.1%増加し、100万台を超えた。(2012/7/24)

モバイルノートが好調:
ノートPCの出荷台数、デスクトップの3倍に――JEITA調べ
JEITAが2012年4月の国内PC出荷台数を発表。全PCの出荷台数のうち、ノートPCの比率は75.5%と過去最高の値となった。(2012/5/24)

前年度比21.3%増:
2月の国内PC出荷数、100万台を突破
JEITAが2012年2月の国内PC出荷台数を発表。現在の集計方法を採用した2007年度以降で初めて、2月単月で出荷台数が100万台を突破した。(2012/3/22)

ホワイトペーパーレビュー
データの長期保存に役立つアーカイブを解説した3つのホワイトペーパー
企業の内部統制やコンプライアンス対策を推進する際に重要な意味を持つ「アーカイブ」。本稿では、ストレージのアーカイブ機能を解説したホワイトペーパーを紹介する。(2012/2/3)

中小企業向けBI分野で協業 三菱電機インフォメーションテクノロジーと京セラ丸善システムインテグレーション
三菱電機インフォメーションテクノロジーと京セラ丸善システムインテグレーションは、DWH製品とBIツールの連携ソリューションを提供していく。(2011/12/12)

増え続けるデータの管理は万全?:
NTTデータ、富士通、日本オラクルなど、主要ITベンダーがコンソーシアム設立
システムや組織上の制約を理由に、非合理なまま増え続けるデータをどう管理していくか。ITベンダーとユーザー企業が共同でデータ管理の方法論を検討するコンソーシアムが誕生した。(2011/4/20)

目標遂行型の人事システムのあり方とは? Success Factorsに聞く
新しい戦略に沿った人事システムをどう構築するか――旧来のシステムではビジネス環境の変化に対応するのが難しいとして、SaaSで解決を図る企業が増えているという。(2011/2/23)

ホワイトペーパー:
従来比で約10倍性能が向上したシステム間連携の最適化手法
システム間のデータ連携部分をスクラッチ開発し続けるとデータの整合性確保が困難になったり、処理性能の劣化などが発生する。データ統合基盤の導入により、処理時間を従来の10分の1まで削減した事例を紹介する(提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)。(2010/11/19)

ホワイトペーパー:
専門知識不要の簡単導入、簡単運用を実現する仮想化ソリューション&サービスVMINTEGRA
VMwareを標準搭載し、設計不要の専用テンプレートの提供により、仮想化サーバ統合を短期に簡単導入。更に、統合後の運用も、ブラウザベースの簡単操作で、システム全体の統一管理・リアルタイム監視が可能(提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)。(2010/8/25)

三菱電機がクラウドサービスを開始、国内データセンターで提供
三菱電機は高セキュリティが特徴というクラウド型サービスの「DIAXaaS」を立ち上げた。(2010/7/21)

ホワイトペーパー:
そのメールアーカイブは5年分のメール保管に耐えられるだろうか?
各種法規制によるコンプライアンス・内部統制強化ニーズでメールアーカイブシステムの導入が進んでいる。しかし、そのシステムは5年分のメール保管に耐えられるだろうか? (提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)(2010/4/23)

ホワイトペーパーレビュー
小売・卸売業に読んでほしい3つのホワイトペーパー
ERP導入検討中の中堅卸売業向けホワイトペーパー、データウェアハウス導入事例、ネット販売担当者に読んでほしいアンケート結果といった、3つのホワイトペーパーを紹介する。(2010/4/20)

ホワイトペーパー:
「ETLツールは本当にお得か?」手組み開発と比較した工数削減効果を検証
BI/DWHシステムの構築期間を短縮し、信頼性を向上させるといわれるETLツール。しかし、ツールに対する投資は回収できるのだろうか? 実際のプロジェクト事例を基に、ETLツールの工数削減効果を検証する(提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)。(2010/1/13)

ホワイトペーパー:
東急ハンズほか、小売・卸業4社のBI活用事例
リーガルコーポレーション、サニーマート、小田急商事、東急ハンズ。小売・卸業大手4社のBI活用事例をまとめて紹介する(提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)。(2009/4/14)

12月の国内PC出荷、NetBook効果で7割がノートに
12月の国内PC出荷は、NetBook人気などでノートPCの比率が高まり、過去最高の71.2%となった。(2009/1/26)

2年目だからこそ見えてきた、内部統制の課題
コスト削減時代の効率的なJ-SOX対応
日本版SOX法が適用開始された2008年を経て、さまざな課題が浮き彫りになった。2年目以降、こうした課題をいかに低コストで解決するか。不況の今こそ、効率的な対策が求められている。(2008/10/15)

ホワイトペーパー:
KDDIが迅速な情報共有に成功した理由はETLツールの採用にあった
事業統合を重ねてきたKDDIにとって、複雑化する財務システムと経営管理システムの統合は大きな課題だった。その課題を解決し、さらに内部統制対応をも可能にしたのがETLツールによる管理系情報システム強化という方法だった(提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)。(2008/9/25)

ホワイトペーパー:
200種以上の分析テンプレートで監査に対応できるログ管理製品
ログ管理に欠かせない3要素の機能を標準装備し、200種類以上の分析テンプレートでコストパフォーマンス良く、監査リポートを簡単に作成できるログ管理システムを紹介する(提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)。(2008/9/24)

国内のログ管理市場規模が2倍近くに――ITR調べ
ITRは、2007年度の国内統合ログ管理市場規模およびベンダーシェアを発表。首位はSenSageとなった。(2008/9/17)

三菱電機インフォ、統合ログ収集/分析システムを機能強化
三菱電機インフォメーションテクノロジーは、統合ログ収集/分析システムをクライアント操作ログに対応させた。(2008/8/26)

NEWS
MDITがLanScope向けログ管理システム、監査や情報漏えい対策にも対応
ネットワークセキュリティ統合管理ツールが生成するクライアント操作ログなどを自動収集・保管・管理する「LogCatcher for LanScope Cat」を発売。5年間にクライアント約100台で発生する約50Gバイトのログデータを10分の1にまで圧縮できるという。(2008/8/26)

ホワイトペーパー:
メールアーカイブの短期導入を実現できた理由
内部統制の強化が求められる現在、情報漏えいの重大なリスク要因や証跡となり得る電子メールの管理にはどこの企業も頭を抱えているだろう。メール管理に欠かせない「メールアーカイブ」を短期導入するには? (提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)(2008/7/31)

三菱電機、仮想化技術を標準搭載した新基幹業務サーバを発表
三菱電機は仮想化技術を搭載した基幹業務サーバの新シリーズの提供を開始する。(2008/7/30)

ホワイトペーパー:
管理すべきログを圧縮蓄積し、ストレージコストを削減
個人情報保護法や日本版SOX法など企業の内部統制強化が求められる中、業務の正当性を証明する手段として注目されているログ管理を強力にサポートする統合ログ管理製品を紹介する(提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)。(2008/7/29)

NEWS
三菱電機、3秒で1億件のデータ分析が可能なBIソフトを発表
分析用データの最大レコード長を8倍に拡大したハイエンドモデル「DIAPRISM x64Nativeビジネスインテリジェンススイート」と、導入が容易なエントリーモデル「DIAPRISMビジネスインテリジェンスベーシック」を発売する。(2008/2/19)

シンクライアント環境対応のログシステムを発表 三菱電機インフォら3社
三菱電機インフォメーションテクノロジーら3社は、業務提携を行い、シンクライアント環境対応のログ分析システム「LogCatcher for Meta Logger」を販売開始する。(2007/11/8)

NEWS
シンクライアント環境に対応した統合ログ収集・分析システムを3社で開発
Citrix Presentation Serverのシンクライアントごとの操作履歴を記録するソフトウェアと、統合ログ収集・分析システムとの連携を図ったシンクライアント環境対応の新製品「LogCatcher for Meta Logger」を発売(2007/11/8)

三菱電機、Vista Enterprise導入済みの法人向けPCを発売
三菱電機は、Windows Vista Enterpriseをインストールした法人向けPCの受注を8月10日から開始する。(2007/8/1)

「内部統制」に振り回されない賢いログ活用とは:
一挙紹介、ログ管理ソリューション(後編)
複数のアプリケーションにまたがった処理などを追いかける際には、クライアントのログや複数のソースから取得したログの統合管理が有効だ。そのためのツールを紹介しよう。(2007/5/1)

三菱電機、64ビット対応のデータ分析プラットフォームを発売
三菱電機は、64ビットサーバOSに対応したデータ分析プラットフォーム「DIAPRISM x64」を7月18日から発売すると発表した。(2006/6/19)

Interview:
InformaticaのアバシCEO「データ統合市場でドミナントな存在になる」
2年前にOracleからInformaticaに招聘(しょうへい)されたソハイブ・アバシCEO。同氏は「The Data Integration Company」をビジョンに掲げ、さらなる成長戦略を描いている。(2006/5/26)

MDIT、高速検索が可能なログ収集/分析システム「LogAuditor Enterprise」
三菱電機インフォメーションテクノロジーは、さまざまなITシステムからログを収集し、分析を加える「LogAuditor Enterprise」を発表した。(2006/2/23)

内部情報漏えい対策システムの導入、評判はいい――KDDI
KDDIは2006年3月を目標に内部情報漏えい対策システムを全社導入する。既にカスタマサポート部門のコミュニケーター端末6000台への導入は終えており、評判も上々のようだ。(2005/9/8)

三菱電機、MetaFrameへのログインを強化する「SBC ICカード認証システム」発表
三菱電機は、MetaFrameを利用したサーバベースドコンピューティング環境で、端末ログイン時の認証を強化する「SBC ICカード認証システム」を販売する。(2004/7/21)

中堅でも使えるデータ統合、MDITがデータ中心のソリューション体系化
MDITは、中小規模システム向けのデータ統合ソフト「DH」およびWeb対応データ検索・集計ソフト「QL」を開発。7月15日から販売する。企業内に散在するデータ活用を支援する「データセントリックソリューション DS」として体系化した。(2004/7/5)

三菱電機、企業向けデスクトップPCラインアップを一新
三菱電機は、高度なセキュリティ機能を装備したBTO対応の企業向け省スペースデスクトップ5モデルとB5ファイルサイズモバイルノート1モデルを6月28日に発売する。(2004/6/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。