ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「盗用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「盗用」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Google Newsは“パクリ記事”だらけ? 生成AIも悪用 検索でも上位に、米メディアが実態指摘
他社から盗用した“パクリ記事”が、米Google Newsに大量にまぎれ込んで検索結果の上位に表示されている――。調査報道を手掛ける米メディア「404 Media」がそんな実態を告発した。(2024/1/30)

知らないと損!?業界最前線:
1年9カ月で2350本→5カ月で累計682万本 「スイカゲーム」開発元が語ったヒットの裏側とAndroid版の計画
爆発的な人気の「スイカゲーム」は、1月1日にはiOS版がリリースされ、累計682万ダウンロードを突破。もとはプロジェクター向けアプリだが、Nintendo Switch版を出したことで人気に火がついた。ヒットの裏側と今後の展望について、初期から開発を行っている担当者に話を聞いた。(2024/1/27)

京アニ判決 青葉真司被告に死刑判決、責任能力を認定
36人が死亡、32人が重軽傷を負った令和元年の京都アニメーション放火殺人事件で、殺人罪などに問われた青葉真司被告(45)の裁判員裁判の判決公判が25日、京都地裁で開かれ、増田啓祐裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。最大の争点となっていた被告の刑事責任能力については「心神喪失でも心神耗弱でもなかった」として完全責任能力を認定した。(2024/1/25)

□に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
4つの熟語が成立する漢字を入れよう。(2024/1/10)

阪急百貨店、クリスマスディスプレイ問題で誤解受けたコラボ作家に謝罪 「SNSで誹謗中傷となる事実誤認の投稿が広がっている」
事実と異なる投稿について「削除など適切なご対応をお願い申し上げます」と呼びかけています。(2023/12/30)

阪急百貨店ディスプレイでの無断使用問題、誤解受けた人形作家がコメント 「無実の誤解で全てが崩れそうに」
「SNS上で『盗作作家』という偽情報を発信された」など中傷を受けたことを明らかにしています。(2023/12/25)

生成AIは高等教育の流れを変えるか【前編】
「生成AIは学生を駄目にする」のか? 英教育界が考える生成AIとの健全な付き合い方
英国の教育界では、生成AIが登場して以来賛否を巡って議論が巻き起こっている。イーストアングリア大学のIT責任者は、生成AIが高等教育にもたらすリスクとメリットをどう考えているのか。(2023/12/18)

PR:ThinkPadには開発者の“魂”が注入されている! レノボの濃すぎるユーザーイベント「大和魂の会 2023」潜入レポート
レノボ・ジャパンのノートPC「ThinkPad(シンクパッド)」は、日本で生まれ育ったグローバルモデルだ。ThinkPadの企画/研究/開発に携わるスタッフが日本のユーザーに直接語りかけるイベント「大和魂の会 2023」に潜入してきたので、その模様をお伝えしたい。(提供:レノボ・ジャパン合同会社)(2023/12/15)

EV用バッテリー工場の建設を再開:
物議をかもすFordと中国CATLの協業、米国内から懸念の声
Ford Motorは、中国のEV向け電池メーカーのCATLと協業し、米国ミシガン州に電池製造のためのギガファクトリーを建設中だ。ただ、米中ハイテク戦争が続く中、この協業は物議をかもしている。(2023/12/4)

米国国防総省も懸念:
「製造データが狙われている」、セキュリティ専門家が警鐘
セキュリティの専門家が、多くの米国メーカーの電子機器の設計に関するデータが、適切に管理されずに世界中に拡散されている可能性が高いと警告している。(2023/12/1)

AIを取り巻くリスクとチャンス【前編】
アクセンチュアが考える「生成AI」の“リスク“こそ大切な理由
ビジネスにおいて生成AIを活用する動きが広がる中で、生成AIのリスクに適切に対処することが欠かせなくなりつつある。専門家が特に懸念する生成AIのリスクを解説する。(2023/11/30)

小寺信良のIT大作戦:
「岸田首相フェイク動画」にみる、生成AIとフェイクニュースの関係 加速する誤情報にどう対処すべきか
11月4日、日本テレビは同社のニュース番組を模したフェイク動画がXを中心に拡散しているとして、注意を呼びかける報道を行った。各社の報道において、動画の制作には生成AIが使用されたとしているが、どの部分に生成AIが使用されているのか細かく説明されていない。この事件の形をもう少し細いペンでなぞってみることにしよう。(2023/11/14)

生成AIスタートアップの挑戦:
声で指示すると企画書完成 “トンマナ”まで再現できる生成AIツールとは?
連載「生成AIスタートアップの挑戦」第9回は、メディア制作・運用を起点としたB2Bマーケティング支援を手掛けるスタジオユリグラフ(沖縄県名護市)を取り上げる。(2023/11/7)

「諦めるしかないのか……」 中国の人気ブランド「SHEIN」で繰り返される“悪質パクリ販売” クリエイターが語った“憤り”と「限界」
SHEINの「パクリ問題」に苦慮するクリエイターに話を聞きました。(2023/11/5)

Go AbekawaのGo Global!〜Tyler McMullen(前):
次元削減、局所性鋭敏型ハッシュ――コンピュータサイエンスは美しい
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はFastlyのCTO、Tyler McMullen(タイラー・マクマレン)さんにお話を伺う。高校生のころはアーティストになりたかったタイラーさん。そんな同氏を引き留め、エンジニアの道に導いたのはある先生の一言だった。(2023/10/3)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ユーザーにとどまるな、多様な企業がAIを開発しなきゃいけない理由
最近は「ChatGPT」をはじめとする生成AIの利用を啓発するニュースが多い傾向にありますが、優れたAIを利用した人が優秀なのでなく、優れたAIを製造した企業がやっぱり優秀だと思います。そんな企業や国産AIの誕生を期待した編集後記となっています。(2023/9/21)

中国発SHEIN、イラスト“無断使用”で批判 相次ぐ問題…… イラストレーター「まさか自分が被害に遭うとは」と心境吐露
SHEINに見解や対応について取材しました。(2023/9/20)

「AIだからすごいんでしょ」を超えていけ──ヤマハが異例の“生成AIボカロ”オープンβテストに踏み切ったワケ 仕掛け人の「AI美空ひばり」開発者に聞く
ヤマハがAI歌声合成ソフトのオープンβテストを始めた。これは同社の歴史上かなり珍しいことだ。同社の従来方針と食い違うにもかかわらず、なぜ踏み切ったのか。「生成AI時代の作品づくり」に対する考え方を、「AI美空ひばり」開発者でもある2人の仕掛け人に聞いた。(2023/9/13)

素材サイトで買った画像が実は“無断転載”だった…… どうやって対処する? 弁護士に聞いた
先日、光インターネット回線「NURO光」が掲載した広告に関するトラブルが話題になったが、「素材サイトで買った画像が実は無断転載だった」場合、どのように対処すればいいだろうか。シティライツ法律事務所の前野孝太朗弁護士に見解を聞いた。(2023/9/6)

EPCがInnoscienceを提訴:
GaNの米中2大プレイヤー、特許係争に発展
次世代パワーデバイスの世界でも、知的財産の保護に対する意識が高まっている。米Efficient Power Conversion(EPC)は中国のInnoscienceを特許侵害で提訴した。(2023/8/23)

AIを使う=盗作? 「AIに感じる気持ち悪さ」と「AI時代の作品の説得力」をプロカメラマンが整理する
生成AIに対する賛否が渦巻く中、クリエイターとして作品を発信する上でAIと人といかに向き合うべきか。自身も仕事や趣味にAIを活用しているプロカメラマンが整理する。(2023/8/15)

2度の全米1位に輝いた米ラッパー、粋な浴衣姿で恋人と隅田川花火大会へ ゲストとして「畏敬の念を感じています」
すてき!(2023/8/1)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「なぁぜなぁぜ」TikTokでの大流行は、経営学的に必然といえるワケ
TikTokで流行中のフレーズ「なぁぜなぁぜ」。経営学的な視点からひもとくと、「トヨタ自動車」や「ソニー」といった世界的企業の成功パターンといくつか共通点がある。(2023/7/14)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
EPCが中国Innoscienceを提訴、GaNパワー半導体主要プレイヤー同士の特許紛争の行方は
GaN(窒化ガリウム)パワー半導体主要メーカーである、米国のEPCが2023年5月、中国Innoscienceを特許侵害で提訴しました。(2023/7/10)

ITmedia NEWSは記事執筆フローにChatGPTなどAIを導入します
ITmedia NEWSが記事執筆・編集フローにAIを導入する。これにより、日々の編集・執筆効率を上げることで独自取材のリソースを強化する。この記事ではAIに担ってもらいたい部分と編集部として変わらず続けていく部分について整理する。(2023/7/5)

Twitter広告で個人ユーザーの投稿を盗用 化粧品メーカーが謝罪 「運用は広告会社に委託していた」
化粧品メーカーのプレミアアンチエイジングは7月4日、同社と無関係な個人ユーザーのツイートを無断でまねし、Twitter広告を作ったとして謝罪した。広告制作・運用は広告会社のピアラに委託していたという。(2023/7/5)

小寺信良のIT大作戦:
誤解の多い「AIと著作権の関係」 クリエイターが真に戦うべき相手、被害の実態からひもとく
日本芸能従事者協会がクリエイターを対象にアンケート調査を実施した。メインは、「ご自身の作品等で実際にAIに使われた事例があれば教えてください」という事例集だ。いくつか事例を見ながら著作権との関係をひもといてみる。(2023/6/29)

「上を向いて バズろう」電柱広告がコピーライター作品と酷似 都内のIT企業が謝罪……本人と和解、「共同作品」に差し替えへ
コピーライター本人から類似性の指摘。(2023/6/23)

ランサムウェアの被害額と頻度も急増中:
データ侵害を防ぎたいなら、まずは経営陣を守れ ベライゾン
ベライゾンジャパンは、「2023年度 データ漏えい/侵害調査報告書」を公開した。それによるとランサムウェアはデータ侵害全体の24%を占め、インシデント対応にかかる費用はここ2年間で倍増しているという。(2023/6/19)

「声の肖像権の設立」「人間の代替としてのAI表現の禁止」 日俳連が生成AIに5つの提言
「『声の肖像権』の設立を目指す」など全5項目を発表しました。(2023/6/15)

日本俳優連合が“生成AI”に提言 「新たな法律の制定を強く望む」 声の肖像権確立など求める
日本俳優連合が「生成系AI技術の活用に関する提言」を発表した。著作権法の運用見直しやルール作り、「声の肖像権」の確立などを業界や国に求める。(2023/6/14)

LoRA販売も目指すAI作品投稿サイト、運営元が謝罪 「権利保護の体制が不十分だった」
クリエイター支援業のシアンが、同社のAI生成作品投稿サイト「petapi」について「クリエイターや絵師の皆さまの権利を保護する体制が不十分だった」として謝罪した。(2023/6/6)

pixiv、「AI生成に関わる問題」への対応説明 新しい監視システムを追加導入へ
(2023/5/9)

ピクシブ、AIイラストへの対応方針公開 ガイドライン改定、検索結果の占拠防止、悪意あるアクセス防止など
ピクシブはpixivにおけるAI利用作品の問題点と対応状況について、現状の認識と今後の対策方針を発表した。問い合わせの多かった3点に問題を絞り、クリエイターにどのような不利益が起きているか、それに対して同社がどう対応するかを説明した。(2023/5/9)

エド・シーラン、マーヴィン・ゲイの大ヒット曲巡る裁判で勝訴  “盗作”疑惑と戦った8年に「仕事はやめなくてもよさそう」
8年かかった長い裁判。(2023/5/5)

Windows 11 Trends:
AIで生まれ変わった新Microsoft Edgeで何ができるのか
Microsoft Edgeで対話AI(人工知能)「新しいBing」と画像生成AI「DALL-E」がサポートされた。対話AIによって、簡単に調べごとの回答が得られるようになった。「新しいBing」では、回答に参照元のURLが提示されるため、これをクリックすることで、さらに詳しい情報を得ることもできる。ただし、使い方にはコツや注意すべき点もある。Microsoft EdgeがサポートしたAI機能の使い方と注意点をまとめてみた。(2023/4/24)

「ウマ娘」攻略サイト、個人開発ツール巡って謝罪 GameWith「信頼を失う行動だった」【訂正あり】
ゲーム攻略サイト「GameWith」を運営するGameWithは、スマートフォンゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」の攻略サイトで公開していたツールについて、「配慮やモラルの欠如があった」として謝罪した。(2023/4/19)

GameWith、攻略ツールの酷似が指摘された問題で謝罪 「ユーザーコミュニティへの配慮やモラルの欠如があった」
(2023/4/18)

大阪IRのイメージ動画で盗用か 「許可していない」と芸術家がSNSで指摘 オリックスらが謝罪
リゾート事業などを手掛ける日本MGMリゾーツとオリックスは、大阪府・市に提出した大阪IRのイメージ動画とパース図に既存デザインを無許可で利用していた可能性があったと発表した。(2023/4/17)

クレカセキュリティ向上の3Dセキュア、なぜ導入が進まないのか? EMV 3-DSで普及の兆し
ECの増加と共に、非対面でのクレジットカード利用も大きく伸びている。しかし同時に増加したのが不正利用だ。対策として進められてきたのが3Dセキュア(3-DS)だ。しかし、EC利用ではまだ対応が半分に至っていない。ECショップ側が3-DSに対応しない理由は何か。(2023/4/13)

Innovative Tech:
今の技術ではChatGPTが書いた文章だと見抜けない? さまざまなツールで検証、成功率は50%以下に
ドイツのダルムシュタット工科大学に所属する研究者らは、ChatGPTで生成した応答と人間が作った応答を区別することを目的としたさまざまなツールの有効性を評価し、その精度と信頼性を比較した研究報告を発表した。(2023/4/13)

SHEIN、「ちいかわ」公式グッズと酷似した商品販売で物議 「すぐに措置して商品を撤去した」と回答
SHEINに見解や対応を問い合わせました。(2023/4/12)

GameWith、攻略ツールの盗用疑惑を否定 「アイデアを参考にしたが違法性はない」「ユーザーコミュニティーに配慮足りず反省」
ユーザーが公開した攻略ツールと同様のものを5日後に公開していました。(2023/4/11)

エヴァの“ゼーレ会議”が今見たら「ただのリモート会議だな」となった話に賛同の声 「絶対パンイチで喋ってるやついる」
布団の中で喋ってるやつすらいそう。(2023/3/31)

プロイラストレーターが最近のAI「どうすんだこれ感」について思ったこと
IT業界に限らず、AI関連の話題がホットだ。プロイラストレーターのrefeiaさんに、昨今の事情を踏まえて思いの丈をまとめてもらった。(2023/3/29)

Social Media Today:
AI生成コンテンツはペナルティー? Google検索におけるNGとは
AIによるコンテンツ生成が活用され始めた。Webサイトにこうしたコンテンツを掲載する際、気になるのは検索順位への影響だ。(2023/3/27)

CIO Dive:
ChatGPTがサイバー攻撃の武器と化す日は近い 今すぐできる防御策は?
ChatGPTの登場は企業にビジネスチャンスを与える一方で、サイバー攻撃者にも新たな攻撃手段を提供した。これの普及でサイバー攻撃はどう変化するのか。想定される“悪夢のシナリオ”を解説する。(2023/3/22)

Social Media Today:
しくじり事例に学ぶ、AIにコンテンツを作らせる際の注意点 「記事に重大な誤り」も
企業がコンテンツ制作にジェネレーティブAI(生成AI)を活用し始めた。先行企業の事例によると、こうしたツールを活用するには少しコツがいるようだ。(2023/3/22)

TikTokのトレンドに注意【中編】
「オープンソース」を悪用 TikTokユーザーもつい乗ってしまう攻撃の手口とは?
オープンソースソフトウェアのリポジトリを悪用するサイバー攻撃の被害が目立つ。攻撃者はどのような手口を用いているのか。攻撃の一連の流れを紹介する。(2023/3/21)

半径300メートルのIT:
「よし、ウチもDXでECやるぞ!」の前に読むドキュメント
DXの一環で自社のECサイト構築を考えている企業もいることでしょう。ただし、その際にセキュリティをおろそかにすると、クレジットカードなどの顧客情報が漏えいして恐ろしい事態に発展することも。そんな悲劇を回避するにはどうすればいいのでしょうか。(2023/3/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。