ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「盗用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「盗用」に関する情報が集まったページです。

13万本のレポートでニューラルネットを訓練:
課題レポートの代筆を90%近い精度で識別可能、コペンハーゲン大学
コペンハーゲン大学の研究チームは、高校生が提出した課題レポートを読み取り、「本人が書いたものか代筆されたものか」を90%近い精度で識別できるAIプログラムを開発した。(2019/6/4)

FIDO2に対応:
「複雑なパスワードを作って、忘れる」無限ループを解消? 企業向けパスワードレス認証サービスが開始
インターナショナルシステムリサーチクラウドベースの認証サービス「CloudGate UNO」を「FIDO2」に対応させ、パスワードレス認証を実現したと発表した。(2019/5/27)

勝海麻衣さんの盗作騒動で事務所サイトに謝罪文 「元の絵の構図を無断で使用した」
「アーティスト以前に1人の人間としても取り返しのつかない過ちを犯した」(2019/4/26)

PR:「Adobe Stock」を導入すると生産性が大幅に向上する理由
資料の作成やプレゼンテーションの資料で何気なく使っている写真や画像。Webで検索して出てきた画像を利用しているあなた、著作権は大丈夫? 利用許可は? そういった心配をせずにもっと高品質なデータを手軽に利用できる方法がある。それは――。(2019/4/26)

銭湯絵師の丸山清人さん、勝海麻衣さんとの師弟関係を解消 申し出を受けて 「非常に残念」
勝海さんには3月末、イベントで描いた絵に盗作疑惑が指摘されていました。(2019/4/10)

ITりてらしぃのすゝめ:
現金にはない「キャッシュレス決済」のリスク
政府も推進する「キャッシュレス決済」。現金を持ち歩かなくて済むのは便利ですが、その一方でキャッシュレス決済にはリスクも潜んでいます。(2019/4/1)

「銭湯絵師見習い」の盗作疑惑にイベント主催がコメント 「掲載すべきではないとの判断に至った」
うーむ。(2019/3/29)

これからのAIの話をしよう(データ編):
“数字に弱いニッポン”、統計不正で露わに 「データの歪み」なぜ放置? 国会議員×元日銀マンが斬る
続々と問題になる、政府による統計不正。厚生労働省の「毎月勤労統計」の報道を皮切りに、データをめぐる諸問題について、エコノミストの鈴木卓実さんと立憲民主党の初鹿明博衆議院議員が議論した。(2019/3/13)

禁輸措置は根本的な解決ではない:
Huawei製品の締め出し、サプライチェーンに深刻な影響
ネットワーク機器やスマートフォンを手掛ける中国メーカーHuawei Technologiesは現在、米国および欧州市場から同社製機器が追放されるかもしれないという問題に直面し、論争を引き起こしている。もしHuaweiが、大きな損失を抱えることになれば、同社のサプライチェーンも痛手を負うことになるだろう。(2019/3/7)

責任の一端はメディアにもある:
Huaweiについて否定的な報道が目立つ4つの理由
ハイテク技術のスクープ記事を担当する記者としてHuaweiをレポートすることは、同社に対するバッシングが激しさを増している昨今は特に、難しい仕事だ。しかし幸運にも、深センにあるHuawei本社を訪ねる機会を得た。(2019/2/12)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
PayPayも導入した「3Dセキュア」って何? クレジットカード本人認証のハナシ
認証まわりの話題について分かりやすく解説する連載。今回はクレジットカードの本人認証サービス「3Dセキュア」などについて解説します。(2019/2/7)

ヤフー、PayPayを新ビジネス創出にも活用 狙いは販促市場の取り込み
ヤフーの川邊健太郎社長が決算説明会で今後のヤフーの方針を発表。モバイル決済サービス「PayPay」と同社のオンラインサービスを掛け合わせて、新しいビジネスの創出を狙う。(2019/2/5)

Appleの自動運転技術盗用で社員逮捕、再び
Appleにとっては2018年7月に次いで2人目の従業員逮捕。(2019/1/31)

便利だが使い所に注意
本当は怖いテザリング リスクと対策は
従業員が気軽にモバイルデバイスのテザリングを利用しているとしたら、それを黙認してはならない。そこにはセキュリティのリスクがある。(2018/12/22)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
強力なパスワードを作る法則とは? 意外と知らない「パスワード」のハナシ
私たちにとって身近になってきた「認証」の話。今さら聞けない認証の基本を、認証サービスを提供するパスロジ担当者が解説します。今回のテーマは知識認証の代表格である「パスワード」のハナシ。(2018/12/14)

クラウドファンディングで“パクリ”企画を掲載 運営元の対応は
クラウドファンディングサイトに、他社の企画を盗用した“パクり”プロジェクトが掲載されてた問題について、掲載元のCAMPFIREに原因と対応方針を聞いた。(2018/12/12)

「強い憤りを感じる」 クラウドファンディング「CAMPFIRE」に“パクリ”企画 元ネタ企業が抗議
自社の製品紹介や画像を盗用したクラウドファンディングプロジェクトが掲載されていたとして、Webメディアの「チャリツモ」が、掲載元の「CAMPFIRE」に調査や検証を求める声明を出した。(2018/12/7)

特集:セキュリティリポート裏話(9):
2018年も「金銭狙い」で変化続けるフィッシング、最新の手口は
世の中で知られるようになってから10年以上が経つが、いまだに被害が減るどころか、スマートフォンの普及によって新たな手口が登場しているフィッシング。月次・年次で報告をまとめているフィッシング対策協議会に最近の動向と対策を尋ねた。(2018/11/28)

画像「無断転載」の情報開示請求、慣れたら10分でできる 裁判で約90万円勝ち取った写真家インタビュー
実体験を交えて語っていただきました。(2018/10/28)

終わらない法廷闘争:
QualcommがAppleをまた提訴「機密をIntelに提供」
Qualcommは、長年にわたる顧客企業であるAppleが、Qualcommの半導体チップに関する機密情報を、ライバルであるIntelに提供したとして告訴した。これにより、注目を集めてきた両社間の確執が、一段と激化している。(2018/10/2)

Steamで「Hentai」ゲームと呼ばれる作品が急増中 「Hentai」ゲームの実態と、その裏に隠れた問題とは
ただ質が悪いだけじゃない。(2018/9/9)

丸紅情報システムズ:
whiteCryptionの暗号鍵保護ソフト「Secure Key Box 5.13.0」の提供開始
丸紅情報システムズは、whiteCryptionの暗号鍵保護ソフトウェア「Secure Key Box 5.13.0」の提供を開始した。(2018/8/20)

「本当に許せない」立ち上げたばかりのECサイトで商品情報が盗用 “なりすましECサイト”で被害
抜本的な解決は難しいようです。(2018/8/10)

IoTセキュリティ:
IoTデバイス向け軽量暗号Speckに対応した暗号鍵保護ソフトウェア
丸紅情報システムズは、whiteCryptionの暗号鍵保護ソフトウェア「Secure Key Box 5.13.0」の提供を開始した。IoTデバイス向け軽量ブロック暗号「Speck」に対応している。(2018/8/3)

イラスト無断転載、まとめサイトに30万円の賠償命じる判決 「VIPPER速報」「ガールズVIPまとめ」など訴えた注目裁判が決着
裁判を起こすにあたってどこがポイントだったのかなど、ナカシマ723さんに詳細を聞きました。(2018/7/30)

ITりてらしぃのすゝめ:
「SNS見る専」卒業のすすめ わたしが“発信者”になる理由
日本人は他国に比べ、インターネットやソーシャルメディアで「見る専」が多いとされている。でも、自ら発信していくとイイことがいろいろあるかも?(2018/7/17)

CloseBox:
Surface Go、Oculus Go、君らそんなにGoが好きなの?
Golang、マッハGoGoGo、PSP go、みんないろんなGoの思い出があるはず。(2018/7/13)

「美しい顔」作者が謝罪 「私の過失であり甘えでした」
「私の物書きとしての未熟さゆえに、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまったことを、改めて深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。(2018/7/10)

芥川賞候補「美しい顔」に講談社「盗用や剽窃などには一切あたりません」 ネットで全文公開へ
(2018/7/3)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第53回 偶然? 必然?――過去のつながりに導かれてキャリアを築いた、セキュリティ業界の異端児
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2018/6/28)

「穴になる」というコンセプトが酷似 人気沸騰中のゲーム「Hole.io」にインディーゲーム開発者から“アイデアを盗られた”と嘆きの声
「Donut County」と「Hole.io」のコンセプトが酷似している。(2018/6/27)

「2段階パスワード設定を」 LINEかたるフィッシングメール増加
「[LINE]二段階パスワードの設置」という件名で、LINEをかたってユーザーのメールアドレスやパスワードを盗み出そうとするフィッシングメールが増加しているとし、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けている。(2018/6/6)

「本気の読書感想文、十万円で買います」 感想文を買い取って載せる実験的なメディアはなぜ生まれたのか
サイト管理人が「どれだけ心をゆさぶられたか」に応じて、5000円〜10万円で感想文を買い取り。(2018/5/28)

書籍全文検索、著作者の許諾不要に 改正著作権法、来年1月施行へ
書籍の全文検索サービス向けに書籍をデータ化する際、著作者の許諾なく行えるようにするなどの権利制限規定を盛り込んだ改正著作権法が参議院本会議で可決・成立した。(2018/5/22)

企業動向を振り返る 2018年3月版:
不可分になった半導体産業と国際政治
2018年3月のエレクトロニクス業界に起こった出来事のうち、最も多きなものの1つが、米大統領令によるBroadcomのQualcomm買収断念でしょう。これは半導体産業と国際政治が不可分なものになっていることを象徴する出来事として、記憶されることになりそうです。(2018/4/11)

「炎上」対策会社をネットウォッチャーが立ち上げた理由
ネット炎上を防ぐためにはネットリテラシーが必要。「半年ROMれ」を手助けする会社が設立された。代表はあのネットウォッチャーだ。(2018/4/7)

「ポケモンGO」の攻略ツール「1秒マップ」が配信停止に 再開は「未定」
配信元のgrow.th.incは、攻略サイト「ポケモンGO攻略ニュース」で他サイトからの画像盗用が問題になったばかりでした。(2018/4/6)

仮想通貨「Monero」を採掘する不正アプリに注意 スマホのリソースを消費し尽くす
Androidスマホの計算能力を盗用して「Monero」をマイニングする不正アプリ「HIDDENMINER」を確認したと、トレンドマイクロが注意を呼び掛け。(2018/4/5)

サイバーエージェント系攻略サイト「ポケモンGO攻略ニュース」画像無断転用でサイト非公開に
またも企業系攻略サイトで問題が……。(2018/4/3)

GameWithだけではない「企業型ゲーム攻略サイト」の闇 かつて攻略記事をパクられたライターが考える“構造的問題”とは
勢いを増す一方、ゲームファンからは問題点も指摘される「企業型ゲーム攻略サイト」について、個人ゲームサイト「ゲームキャスト」管理人のトシさんに話を聞きました。(2018/4/5)

攻略サイトのGameWith、ライターの非公認ツール使用で謝罪 該当アカウントは退会
GameWithは攻略情報の盗用で謝罪したばかり。(2018/3/28)

スター・ウォーズ「ハン・ソロ」、ポスターから銃が削除される? ブラジル版ポスターが海外で物議
海外ファンが困惑しています。(2018/3/26)

GameWith、攻略情報盗用問題で謝罪文掲載 問題の経緯も報告
再発防止策も。(2018/3/16)

大手ゲーム攻略サイト「GameWith」、他サイトからの情報盗用で謝罪 勢い増す「企業型ゲーム攻略サイト」の問題浮き彫りに
「こんなにあからさまにパクるヒドいサイトだとは思わなかった」など、被害者側がTwitterで訴えて話題になっていました。(2018/3/16)

マストドンつまみ食い日記:
ブロックチェーンSNS「hiveway」とマストドンとの関係
あのジョン・マカフィー氏が関わる新興SNSの実態はマストドンとそっくり。その理由は?(2018/3/5)

私が「シェイプ・オブ・ウォーター」を劇場に見に行かない理由 映画作品に”手を加える”ということ
表現の規制と、責任の所在。(2018/3/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜ伝説のプロデューサーは天才たちをディスりまくったのか
最近、米国で著名人たちのインタビューが物議を醸している。インタビューの中で最も強烈な発言をしたのは、伝説的な米音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズだ。とんでも主張の数々に、後に本人がことの重大さに気付いて謝罪するという事態になっている。(2018/3/1)

「艦これ」公式Twitter凍結 原因は「エセックス級」ではなく、第三者による「アイコン画像盗用」との虚偽通告
またDMCAの悪用案件が……。(2018/2/22)

「艦これ」公式Twitterが凍結 Twitter「個別ケースについてはお答えできません」
そんなー。(2018/2/22)

Over the AI ―― AIの向こう側に(19):
未来を占う人工知能 〜人類が生み出した至宝の測定ツール
今回は、統計処理技術についてお話します。え? 統計? それってAIなの?――そう思われた読者の方、確かにAI技術とは言えません。ですが、統計処理技術はAIの根底を成すものであり、これを知らないままでは、「英単語を知らずに英語を話そうとする」ようなものなのです。(2018/1/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。