ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「三菱商事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三菱商事」に関する情報が集まったページです。

製品動向:
プラントDXを実現するプラットフォームの実証開始、アプリで運転効率化や設備管理の高度化に
千代田化工建設、Cognite、三菱商事の3社は2021年5月27日、産業設備やプラント向けデジタルプラットフォームソリューション「Mirai Fusion」の提供及び協業を目的とする覚書を締結し、国内の製油所向けに実証実験を行うことで合意した。(2021/5/27)

総合商社「脱炭素」加速 石炭火力撤退や一般炭権益売却進む
三菱商事がベトナムで計画している石炭火力発電プロジェクト「ビンタン3」から撤退する方針を固めるなど、総合商社各社は、脱炭素に向けた取り組みを加速している。(2021/2/28)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
総合商社は「三菱」から「伊藤忠」時代に? 5大商社は大幅高
「投資の神様」という異名を持つ、ウォーレン・バフェット氏の「バークシャー・ハサウェイ」が、8月31日に三菱商事や伊藤忠商事といった、いわゆる「5大商社」の発行済株式総数の5%超を子会社で取得したという。5大商社の株価は、この発表が行われた31日以降、値上がりを続けた。なぜ、バフェット氏は日本の商社に目をつけたのだろうか。(2020/9/4)

FAニュース:
工場排出CO2からパラキシレンを製造、年間約1.6億トンのCO2固定化が可能に
NEDOは、CO2を資源として捉えて有効利用を図るカーボンリサイクル技術の実現に向けて、工場などから排出されるCO2を原料としたパラキシレン製造の技術開発事業に着手すると発表した。富山大学、日本製鉄、日鉄エンジニアリング、ハイケム、千代田化工建設、三菱商事に委託し、2020〜2023年度の4年間で実施する。事業予算は19億9000万円。(2020/7/15)

製造マネジメントニュース:
三菱商事とNTTが地図大手HEREの筆頭株主に、デジタル変革で位置情報活用
三菱商事とNTTは2019年12月20日、デジタルトランスフォーメーション(DX)による産業バリューチェーンの変革を目的とした業務提携に合意したと発表した。その一環で、地図データ大手のHERE Technologiesの株式の3割を取得する。この取引が完了すると、HEREの株主はAudi、Bosch、BMW、Continental、Intel Capital、三菱商事、Mercedes-Benz、NTT、パイオニアの9社になる。(2019/12/23)

プロジェクト:
三菱地所レジデンスなど3社、ノリタケ本社工場跡地でマンション開発
三菱地所レジデンス、三菱商事都市開発、野村不動産の3社は、名古屋市にあるノリタケカンパニーリミテドの本社工場跡地でファミリー向け分譲マンションの着工を発表した。(2019/10/10)

「トップ30社平均」は東京都最低賃金の5.4倍:
上場企業の「想定時給」ランキング、3位三井物産、2位三菱商事 8000円超えで「ぶっちぎり1位」になったのは?
上場企業の「想定時給」ランキング……。3位三井物産、2位三菱商事に続き「ぶっちぎり1位」になったのは?(2019/6/27)

スピン経済の歩き方:
「コメダローソン」が誕生する日は、本当にやって来るのか
「コメダ珈琲店」などを運営するコメダホールディングスが三菱商事と資本・業務提携することを発表した。提携の目的はコメダが進める海外出店で、三菱商事のネットワークを活用していくためだというが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2019/6/18)

上場企業の給与を「時給換算」 トップ5にキーエンスや総合商社 上位だったIT企業は……?
給与を時給換算した場合、高額な上場企業は? 企業の口コミサイトを運営するオープンワーク(ヴォーカーズから社名変更)が調査結果を発表。1位はキーエンス(8037円)、2位は三菱商事(7035円)、3位は三井物産(6634円)だった。上位だったIT企業は……?(2019/6/17)

返品したいオンライン商品をコンビニで回収、ローソンが専用サービス開始へ 物流網を活用
三菱商事とローソンは、店頭の専用ボックスでEC商品の返却や返品を受け付け、ローソンの物流網で集荷する「スマリ SMARI」を開始。2019年4月1日から、ファッションレンタルの「エアークローゼット」、ファッション通販の「ロコンド」「ショップリスト」で利用できる。(2019/3/27)

エネルギー管理:
ローソンが「仮想発電所」に、電力コストを削減して需要家に還元
三菱商事とローソンが、コンビニの店舗を活用したバーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)事業への参入を発表。店舗の設備を遠隔制御して電力コストを削減し、こうしたコストメリットの一部を需要家に還元するという。(2018/11/7)

“プレ金”・テレワーク導入が好評:
商社・卸売業界の「働きやすい企業」ランキング 2位は三菱商事 1位は……?
商社・卸売業界の中で働きやすい企業は?――グローバルウェイ調べ。(2018/8/3)

自然エネルギー:
三菱商事がオランダで洋上風力の建設開始、総事業費1800億円
三菱商事がオランダで大型洋上風力発電の建設を開始。出力約73万kW、総事業費は1800億円で、2021年の運転開始を予定している。(2018/7/11)

三菱UFJ銀と三菱商事、Rippleの「xCurrent」で国際送金実験
三菱商事、三菱UFJ銀行などは、米Rippleの金融機関向け国際送金ソフト「xCurrent」を利用し、タイ・シンガポール間の国際送金の実証実験を5月14日に始めた。(2018/5/15)

エネルギー管理:
水素を東南アジアから日本へ、海を越える水素サプライチェーン実証が始まる
海を越え、海外と連携する水素サプライチェーンの構築に向けた実証が本格的に始まった。千代田化工建設、三菱商事、三井物産、日本郵船は、NEDOプロジェクトで東南アジアのブルネイで製造した水素を、日本に輸送して利用する実証事業をスタート。世界に先駆け、国をまたいだ水素サプライチェーンの実現を目指す。(2017/7/28)

蓄電・発電機器:
欧州最大の蓄電システム、三菱商事とEneco建設へ
三菱商事とオランダ公営のエネルギー事業会社Eneco(エネコ)は、欧州で最大規模の蓄電システムを利用したサービスを開始する。蓄電可能な容量は約5万kW、2017年末に完成する予定だ。(2017/4/11)

エネルギー管理:
火力発電所を改造して国内最大のバイオマス発電所に、関西電力が兵庫県で
関西電力は兵庫県相生市にある火力発電所「相生発電所」の2号機の燃料を木質バイオマスに転換する。2022年度をめどに、国内最大級のバイオマス発電所として運転を開始する計画だ。三菱商事と子会社を設立し、発電所の管理や燃料の調達を行う。(2017/4/7)

nano tech 2017:
CNTをより安全で使いやすく、直径2mmの粒状に
三菱商事が「nano tech 2017」で展示したカーボンナノチューブ(CNT)「Durobeads」は、直径が約2mmの粒状になっている。CNTを粒状にしたCNTパウダーは既にあるが、そうした従来品に比べて、粉じん飛散量が約700分の1と低いので、安全性が高く、より扱いやすいようになっている。(2017/2/16)

3Dプリンタニュース:
オンデマンド製造サービスのグローバル展開に向け、業務提携
カブクは、グローバル製造プラットフォーム事業で三菱商事と業務提携する。三菱商事のグローバルネットワークを活用し、カブクが提供する金型などのオンデマンド製造サービス「Rinkak MMS Connect」をグローバルに展開していく。(2016/11/30)

蓄電・発電機器:
1基で800億円の経済効果、福島に世界最新鋭の石炭火力を建設
東京電力ホールディングスと三菱商事パワーなどは、福島県内2カ所に設置予定の石炭ガス化複合発電(IGCC)式発電所の建設、運営を担う新会社2社を設立した。総事業費は3000億円で、建設に伴い1日最大2000人規模の雇用を創出し、発電所1基当たり800億円の経済波及効果を見込んでいる。(2016/10/24)

電力供給サービス:
製紙工場跡地に新電力向け電源、10万kWの石炭火力発電設備完成
日本製紙、三菱商事パワー、中部電力の3社が設立した発電事業会社「鈴川エネルギーセンター」は火力発電所の営業運転をこのほど開始した(2016/9/23)

ローソンを子会社化 三菱商事が正式発表
三菱商事はコンビニ大手のローソンを子会社化すると正式発表した。来年1月ごろにTOBを行う。(2016/9/16)

需要旺盛な航空機リース:
三菱商事傘下の航空機リース大手が「シリコンバレーのデファクト」を採用
ネットスイートは、航空機リース大手のMCアビエーション・パートナーズが「NetSuite OneWorld」を採用したことを明らかにした。格安航空会社などを中心に旺盛な需要が見込まれ、グループ会社を横断した、より効率的な統合会計システムが求められていた。(2016/6/3)

電気料金の新プラン検証シリーズ(15):
コンビニが電気を売る時代に、300kWh超で東電より9%安いローソンの戦略
コンビニ各社の中で最初に小売電力市場への参入を発表したローソン。三菱商事と共同設立したMCリテールエナジーを通して、2016年4月から東京電力管内で電力販売を開始する。料金プランは1種類のみという「分かりやすさ」と、ポイント還元によるお得感で一般消費者にアピールしていく狙いだ。(2016/2/2)

コンビニで初 ローソンが三菱商事と電力小売り事業に参入
三菱商事とローソンは新会社を立ち上げ、共同で家庭向け電力小売事業に参入する。(2015/12/25)

電力供給サービス:
電力小売りは乱戦模様に、ローソンが参入を表明
2016年4月の電力小売全面自由化に向け大手の参入発表が相次いでいる。新たにコンビニ大手のローソンが三菱商事と共同で電力小売事業に参入することを発表した。また、既に参入を表明していたソフトバンクは電力サービス事業を「ソフトバンクでんき」のブランドで展開することを表明した。電力小売事業は「一般向け顧客販売力」を持つ企業の乱戦の状況となってきている。(2015/12/25)

自然エネルギー:
ポルトガルで総事業費160億円の洋上風力発電、半潜水型の浮体式を採用
ポルトガル沖で進んでいる浮体式洋上風力を用いた発電事業に、三菱商事と千代田化工建設など5社が出資参画した。ポルトガルのWindplus社が総事業費は160億円を投じ、合計25MWの浮体式洋上風力発電設備を設置するもので、商業運転開始は2018年を予定している。(2015/12/2)

電気自動車:
車載リチウムイオン電池のコスト半減と容量倍増を2020年に実現――ボッシュ
Robert Boschの日本法人・ボッシュ社長のウド・ヴォルツ氏は、年次記者会見で、GSユアサ、三菱商事と共同開発中の車載リチウムイオン電池の開発時期と性能目標についてコメントした。(2015/6/23)

工場ニュース:
インドネシアに乗用車の組み立て工場を新設、ASEANの主要生産拠点へ
三菱自動車工業と三菱商事は、インドネシアに新工場を建設すると発表した。2017年4月に操業を開始し、新たに開発する小型MPVや新型SUV「パジェロスポーツ」などの乗用車を生産する。(2015/3/19)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
産業用不動産への投資でオンリーワン 三菱商事UBSリアルティはなぜ果敢に挑戦できたのか?
産業用不動産に特化したJ-REITを展開する三菱商事UBSリアルティ。同社はどうして他社が参入しない分野にビジネスチャンスを見出したのか。そのユニークな戦略を聞いた。(2014/11/10)

自然エネルギー:
発電所の実力を決めるEPCとO&M、福島の12MW太陽光
三菱商事が福島県いわき市で進める「小名浜太陽光プロジェクト」の第1期工事(12.2MW)が2014年8月に完成した。設計・調達・建設(EPC)と管理・運営(O&M)を担当した三菱電機は、現場における施工時間を短縮しながら、長期的な信頼性を高めるさまざまな工夫を凝らしている。(2014/8/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「三菱商事の鈴木です」と言う自己紹介は世界標準ではありません!──グローバルに活躍する技術
「belong to」から「I am」スタイルへ。世界標準のコミュニケーションを知っていれば、世界で通用するビジネスパーソンに大きく近づく。(2014/7/17)

NEC、企業向けセキュリティ運用監視サービスを拡大
セキュリティインシデントの発生時の緊急対応を行う「サイバー駆け付けサービス」を新たに提供するほか、三菱商事と情報セキュリティの合弁事業も開始する。(2013/12/25)

省エネ機器:
都心近郊でも外気で冷却、データセンターの消費電力を3割削減
三菱商事は2013年10月、東京都三鷹市でデータセンターの運用を開始したと発表した。都心近郊にありながら、完全外気冷房システムを導入したことが特徴だ。従来のデータセンターと比較して消費電力を約3割削減できるという。(2013/10/15)

電力供給サービス:
世界最大の洋上風力発電所、その送電事業を取得した三菱商事の狙いとは
2020年には約5000万kWにまで規模が拡大する欧州の洋上風力発電。三菱商事は洋上風力発電に不可欠な海底送電事業を取得することで、市場拡大と歩調を合わせた事業拡大を狙う。2013年9月には世界最大の洋上風力発電所London Arrayの送電事業を他企業と共同で、700億円を投じて買収した。(2013/9/12)

電気自動車:
ボッシュがGSユアサと車載リチウムイオン電池で合弁、サムスンからの脱却を加速
Robert Bosch(ボッシュ)とGSユアサ、三菱商事が、次世代車載リチウムイオン電池の開発で提携する。ボッシュにとっては、合弁を解消したサムスンSDIに替わる新たなパートナーとなる。一方、GSユアサとのハイブリッド車向けリチウムイオン電池の合弁企業に出資するホンダは、「経営は完全に分離されているので影響はない」とコメントした。(2013/6/21)

製造ITニュース :
三菱商事など3社、ミャンマーで事業化調査などを行う事業組合を設立
三菱商事、丸紅、住友商事の3社は、ミャンマー連邦共和国の経済特別区の工業団地先行開発エリアにおける事業化調査や環境影響調査などを行う有限責任事業組合を設立した。(2013/5/7)

「グローバルビジネス学会」全国大会 三菱商事小島会長の基調講演など
学術団体「グローバルビジネス学会」の第1回全国大会2日目の模様をライブ配信する。三菱商事の小島順彦会長による基調講演など。配信は3月17日9時30分〜。(2013/3/15)

自然エネルギー:
太陽光発電を農業施設400か所以上で展開、ソフトバンクよりも早く200MW実現へ
新たに国内で最大規模の太陽光発電プロジェクトがスタートする。JAグループと三菱商事が組み、全国の農業施設400か所以上に太陽光パネルを設置して200MWの発電を可能にする。2014年度末までに実現する計画で、同じく200MW規模の太陽光発電事業を進めるソフトバンクに先行する見通しだ。(2012/7/26)

東大、早大、慶大などの就活生に聞く、就職したい企業
あなたが働きたいと思っている企業はどこですか? 東京大、早稲田大、慶應義塾大、京都大、東京工業大の就活生に聞いたところ「三菱商事」と答えた人が最も多かった。リーディングマーク調べ。(2012/2/16)

三菱商事とTata Consultancy Services、ITサービス共同事業会社を設立
三菱商事とインドのTata Consultancy Servicesが「日本TCSソリューションセンター」を設立した。(2012/2/8)

ドコモ、FeliCa/NFC環境の整備促進 三菱商事など出資の決済インフラ企業に資本参加
三菱商事などが出資する電子決済インフラ企業にドコモが資本参加。来年度予定のNFCサービス開始に向け、リーダー/ライターの普及を促進する。(2011/11/16)

JALとカンタス、新LCC「ジェットスター・ジャパン」設立に合意
日本航空は、豪カンタスグループや三菱商事と共同で、ローコストキャリア「ジェットスター・ジャパン」の設立に合意した。2012年中の就航を目指す。(2011/8/16)

スマートグリッド:
三菱商事、三菱重工、日立がスペインでスマートコミュニティー実証事業に参画
NEDOがスペインで実施するスマートコミュニティー実証事業において、事前調査と実証研究の委託先に選定。2016年3月末まで行われる。(2011/3/8)

三菱商事、カナダのシェールガス開発プロジェクトに参画
三菱商事は8月24日、カナダのペンウェストエナジートラスト(PWE)が所有するブリティッシュコロンビア州コルドバ堆積盆地のシェールガス開発プロジェクトに参画する契約をPWEと締結したと発表した。(2010/9/1)

息子にはココで働いてほしい……年収1000万円以上の人が選ぶ会社
自分の息子または娘に入社してほしい会社はどこだろうか。年収1000万円以上の人に聞いたところ、息子には「三菱商事」、娘には「資生堂」がトップであることが分かった。ビズリーチ調べ。(2010/8/2)

三菱商事、ジョイントベンチャーで世界最大級の太陽光発電所をタイに建設
三菱商事は7月1日、子会社である香港のDGAを通じて、香港の電力会社CLP、タイの大手IPP会社であるEGCOと共同で、発電出力7万3000キロワットの太陽光発電所をタイのロッブリ県に建設すると発表した。(2010/7/6)

三菱商事、北米最大の森林製品会社とバイオペレット製造で戦略的提携
三菱商事は2月2日、北米最大の森林製品会社であるウェアーハウザーとバイオマス燃料分野で戦略的提携に向けた覚書を締結したと発表した。共同出資・共同運営のバイオペレット製造施設設立を目指す。(2010/2/4)

年収750万円以上の人に聞く、オススメの会社はどこ?
現在就職活動中の大学にオススメの就職先はどこですか? 年収750万円以上の人に聞いたところ「三菱商事」がトップだった。ビズリーチ調べ。(2010/1/20)

三菱商事、世界最大の総合新エネルギー事業会社と戦略的提携
(2009/7/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。