ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「根来龍之」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「根来龍之」に関する情報が集まったページです。

エグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム:
トヨタに比べ純利益が非常に少ないAmazon.comの方がなぜ時価総額が高いのか
一般的に企業の成長は、直線的な右肩上がりだが、日本でも、米国でも、資産総額上位の企業は、指数関数的に成長している企業である。なぜ指数関数的成長ができるのかを考察する。(2019/3/25)

エグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム:
Alpha GoからAlpha Zeroへの進化は汎用性の追求――AIの進化で目指すのは業務の圧倒的な効率化
IoT、ビッグデータ、ソーシャル、クラウドなど、デジタル技術は著しい進化を遂げている。それでは、デジタル技術の進化は、産業革新や組織変革、業務革新にどのような影響を及ぼしているのだろうか。(2018/4/23)

特別対談 根来龍之 早稲田大学ビジネススクール教授 × 福田譲 SAPジャパン社長:
PR:俊敏に「隙間」を見つけ顧客のニーズを満たす デジタルディスラプションを勝ち抜くためのセオリー
デジタル変革の波はもはや止めようがなく、大きなうねりとなって日本企業に押し寄せている。北米ではUberやAirbnbから始まり、SpotifyやWeWorkといった、デジタルテクノロジーを活用した破壊的なイノベーター、いわゆる「ディスラプター」がさまざまな業界で既存プレーヤーのビジネスを棄損し始めている。製造業が産業の柱となっている日本でも、インダストリー4.0でその復権を目指した欧州に負けじと、国を挙げて「IoT」(Internet of Things)に取り組み始めた。いずれはあらゆる業界がこのデジタル変革の波に飲み込まれていくだろう。世界トップランクのビジネススクールとして知られるスイス・ローザンヌのIMD(International Institute for Management Development)は、こうしたデジタル変革の潮流を「デジタルボルテックス(デジタルの渦)」と呼ぶ。例外なくおよそすべての企業が継続的な対応戦略を余儀なくされるからだ。IMDのマイケル・ウェイド教授らが著した「対デジタル・ディスラプター戦略 既存企業の戦い方」(日本経済新聞出版社)を先ごろ監訳した早稲田大学ビジネススクールの根来龍之教授とSAPジャパンの福田譲社長に話を聞いた。(ITmedia エグゼクティブ 浅井英二)(2017/11/27)

創出した利益は4061億円:
Airbnb、国内で9200億円の経済効果 懸念も
Airbnbが「日本における短期賃貸に関するレポート」を発表。2016年の日本における経済効果は、15年の1.8倍である9200億円に上ったという。(2017/4/25)

早稲田ブルーオーシャン戦略研究所設立記念シンポジウム:
日本発ブルー・オーシャン戦略の最前線を照らす「日本の星」が早稲田に誕生!
ブルー・オーシャン戦略による新市場創造の理論的・実証的研究を目的に設立されたWABOSIの創設記念シンポジウム「WABOSI SUMMIT 2017」が開催された。WABOSIは、豊富な事例研究と定量的研究を通じて、産業界の発展にも寄与することを目指している。(2017/3/29)

Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場
早稲田大学IT戦略研究所が開催するエグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(ELF)の通算第71回目の定例会では、「Fintechがもたらす産業構造変化とビジネスモデル革新」をテーマに議論が展開された。(2016/4/26)

価格や性能だけの差別化は過去――問題解決型コミュニティで消費者の心をつかむ
作り手である企業がどれだけ価格や性能の優位性をアピールしても、本当の価値は消費者が知っている。それでは消費者の本音をいかに聞き出し、製品に反映して、新たな価値を創出すればよいのか。(2015/3/9)

IT Leaders xChange サミット 2014 Autumnレポート:
PR:「クラウド・ファースト」で企業のイノベーションを加速させるマイクロソフト
日本マイクロソフトは10月1日、「IT Leaders xChange サミット 2014 Autumn」を開催。約200名が参加。レセプションには、米国本社Microsoft CorporationのCEO、サティア・ナデラ氏も駆けつけた。(2014/11/4)

クルマのIT化はビジネスチャンス――排出量ゼロ、重大事故ゼロを目指す
早稲田大学 IT戦略研究所は、ビジネスチャンスとしての自動車IT化の加速をテーマに「第42回 インタラクティブミーティング」を開催。日産自動車 総合研究所 モビリティ・サービス研究所 所長の三田村健氏が「自動車の電動化と知能化が目指すもの」をテーマに講演を行った。(2014/5/26)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/2/17)

空・雨・傘とビッグデータ活用により実践するマーケティング戦略で企業の競争優位性を確立
早稲田大学 IT戦略研究所は、マーケティングとビックデータから考える仕組みづくりをテーマに「第41回 インタラクティブミーティング」を開催。電通コンサルティング ディレクターである及川直彦氏が、「ビッグデータのマーケティング戦略にもたらす意味合い」と題した講演を行った。(2013/9/25)

システム基盤改革フォーラム 2012講演レポート(前編):
PR:有識者や先進企業が語る、競争優位に立つためのIT基盤構築の勘所とは
グローバル規模で経営環境が目まぐるしく変化する今、日本企業が時代の荒波を乗り越えるために必要な条件とは何か。このたび開催された「システム基盤改革フォーラム」の講演の中からそのヒントを探る。(2012/10/29)

これからのパートナービジネスは「プラットフォーム」「エコシステム」がキーワード――早稲田大学ビジネススクール 根来教授
従来のバリューチェーン内での提携、連携ではない、パートナー企業との連携で大きな成果を上げている企業が出始めている。(2012/9/27)

アクティビティとコミュニティーがキーワード──超高齢社会
フォーラム「超高齢社会と情報社会の融合」で、「産官学から見た超高齢社会と情報社会の融合」をテーマに、産官学それぞれの立場で活発な議論が展開された。(2012/5/8)

大震災の前後で本当に企業と企業人の社会意識は変わったのか――早稲田大学 IT戦略研究所 所長 根来龍之教授
早稲田大学 井深大記念ホールで開催(2011年9月)された「ELForum & ITmedia エグゼクティブ共催 エグゼクティブ フォーラム 働き方と企業経営の“新たなモノサシ”」の講演に、早稲田大学 IT戦略研究所 所長、大学院 教授、早稲田大学 ビジネススクールディレクター(統括責任者)の根来龍之氏が登壇。「大震災の前後で本当に企業と企業人の意識は変わったのか――社会貢献を意識した事業活動とは? 」をテーマに講演した。(2011/11/24)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
イノベーションを恐れず、収益につなげるには
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「ITmedia エグゼクティブセミナーリポート vol.5」をお届けします。(2011/9/14)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
戦略とシステムのギャップ
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「ITmedia エグゼクティブセミナーリポート vol.2」をお届けします。(2011/6/21)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「ITを業務の一部に組み込むことで競争優位を確立せよ」――早稲田大学、根来教授
企業の競争力はさまざまな要素が複雑に絡み合っているために、ITと競争優位との関係を明確に示すことは難しい。とはいえ、ITはもはや企業に欠かせない存在であることも事実。根来氏によると、そこでのポイントは、ITがコア業務に埋め込まれているか否かだという。(2011/6/21)

知的興奮がビジネスの出発点――ヴィレッジヴァンガード成功要因を探る
『ニュービジネス創造の勘所』をテーマに銘打った、エグゼクティブリーダーズフォーラム主催、第34回インタラクティブ・ミーティングに、株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーション代表取締役会長、菊地敬一氏が登壇。ユニークな品ぞろえで多くの消費者の心を捉える同社の経営戦略を語った。(2011/3/2)

【対談連載】石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「経営者は単一事業の戦略を考えるべき」――早稲田大学大学院・根来教授【前編】
経営戦略や競争優位性に関する理論について雄弁に語る根来先生とお話していて、スタンフォード大学のビジネススクールで学んだ時に感じたことを思い出しました。(2009/12/1)

ITmedia エグゼクティブセミナーレポート:
イノベーションと正しく向き合い、収益を最大化させるには?
8月28日、「第10回ITmedia エグゼクティブセミナー」を開催した。同セミナーで講演した早稲田大学大学院教授の根来龍之氏によると、企業の成長を支えるイノベーションには4つの“代替パターン”があるという。(2009/9/7)

環境経営の二重性:
3R(削減、再利用、リサイクル)のプラスとマイナス
産業分野における環境対応は、持続可能で成長性と矛盾しないものでなくてはならない。(2008/11/18)

EC研究会がECサイトを表彰:
勝ち残るECサイトの条件――模倣できない商品を
EC研究会が2008年の「日本オンラインショッピング大賞」を発表した。受賞サイトの共通点は、専門的な商品ラインに特化してビジネスを展開している点だ。(2008/11/17)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
戦略は変化を、システムは安定を求めている
多くの企業がレガシーシステムからの脱却を求めている。しかし、早稲田大学の根来氏は「変わりたがるシステムはない」とビジネス環境とのギャップを指摘する。(2008/6/18)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
論拠の見える化に必要なのはITではなくヒト
根拠の見える化はITという道具によって可能となる。しかし論拠の見える化は、分析と討議によって可能となるものだという。(2008/4/17)

悪とは言い切れない経営の「えげつなさ」
ビジネスにおける良し悪しの境界線は不透明だ。時には型破りのえげつなさが評価されることもあるという。(2008/3/19)

日本のものづくりに死角あり?
「擦り合わせ」「つくり込み」を得意とし高品質な製品を生み出してきた製造業。しかし、市場のその得意領域を生かしにくい環境に変わりつつあるという。(2008/2/29)

岐路に立つ日本のコンテンツ産業(前編):
日本のアニメは本当に世界一? 本気の世界戦略が生き残りのカギ
日本のコンテンツ産業は今、大きな転換点に差し掛かっている。昨年、「コンテンツグローバル戦略報告書」を発表した経済産業省の井上悟志氏に話を聞いた。(2008/2/28)

独Volkswagen、全世界の車両設計・製造プロセスを透明化 フォルクスワーゲンとアウディにPDM導入へ
大手自動車メーカー独Volkswagenは、車両開発のシステムプラットフォームとして、製品データ管理(PDM)ソフトウェア「Teamcenter」の導入を進めている。(2008/2/27)

グローバル化の課題「優秀な人員の獲得」が大きく伸びる――Accenture調査
米Accentureが行ったグローバル経済に関する意識調査によると、世界の大手企業の経営幹部は「企業間競争」や「グローバル経済の状態」「優秀な人員の獲得、確保」に頭を悩ませているようだ。(2008/2/22)

競争力のある現場は「夢の見える化」から――ローランド・ベルガー遠藤会長
ローランド・ベルガー遠藤会長によると、強い企業に共通するのは「強い現場を持っている」という点にある。現場力の活用に成功している企業こそが元気な企業の秘けつのようだ。(2008/2/20)

コミュニティーリーダーが占う、2008年大予測:
ビジネスとして見るSaaS 2008年はネットワーク効果が鍵
2008年普及のしきい値を超えそうなSaaSが注目だ。プラットフォーム製品として大きく成長するための「ネットワーク効果」の重要性が改めて見直されることになりそうだ。(2008/1/8)

「行く年来る年2007」ITmediaエンタープライズ版:
SaaSの波を制するのはプラットフォーム
ソフトウェアの「所有」から「利用」へという流れは2007年、確実に進展した。それを象徴するSaaSはプラットフォーム争いを激しくしつつある。(2007/12/26)

「IT部門は無駄飯喰らい」「CIOに戦略意識が必要は俗説」
CIOはどうあるべきか――ワセダCIOフォーラムでは「会社を変える CIO」と題して、2人の現職CIOを交えたパネルディスカッションが行われた。大きな改革を成し遂げた両氏の活動が1つの参考になるかもしれない。(2007/12/7)

情報システム用語事典:
RBV(あーるびーぶい)
resource-based view / 経営資源に基づく視点 / 資源ベースアプローチ(2007/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。