ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ネットワーク連携」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ネットワーク連携」に関する情報が集まったページです。

産業用ネットワーク:
PR:なぜわれわれは「CC-Link IE TSN」に期待するのか、求められる“真のオープン化”
スマートファクトリー化への取り組みが加速する中で大きな注目を集めているのが、異なる通信プロトコルを同一配線で流せる「TSN」技術である。この「TSN」にいち早く対応した産業用ネットワークが「CC-Link IE TSN」となるが、なぜ「TSN」はスマートファクトリーにおいてこれほど期待を集めているのだろうか。産業用オープンネットワーク推進団体と、いち早く「CC-Link IE TSN」対応を宣言したパートナー企業との対談により、その実践的な価値を解き明かす。(2019/11/11)

モバイル決済の裏側を聞く:
なぜゆうちょ銀行がスマホ決済に参入するのか? 「ゆうちょPay」の狙いを聞く
2019年5月、ゆうちょ銀行が提供する「ゆうちょPay」がスタートする。口座数だけで約1億2000万という巨大銀行グループの動向が気になる人は多いだろう。ゆうちょPayが参加するGMOペイメントゲートウェイの「銀行Pay」や、そもそも狙いを聞いた。(2019/4/11)

体当たりッ!スマート家電事始め:
家電をつなぐと人もつながる パナソニックが提案するスマートホーム「HomeX」
パナソニックの「HomeX」は、家電や住設機器が連携する、総合エレクトロニクスメーカーならではのスマートホームサービス。モデルハウスを訪ね、未来の家を体験してきた。(2019/1/29)

CEATEC 2018:
ロボットが人の生活に入るためには何が必要か、ロボット掃除機とaiboが夢の共演
日立アプライアンスは、「CEATEC JAPAN 2018」において、同社のロボット掃除機「minimaru」とソニーの家庭向けロボット「aibo」とのコラボレーションにより、人の住まいの中でのロボット同士のコミュニケーションの在り方を示す参考展示を行った。(2018/10/16)

「いいクルマ」の予感しかない! 新型「クラウン」登場、これが日本が誇る新世代の“本格コネクテッドカー”
デザイン、走り、コネクテッド機能、安全性能、どれもこれも全面進化。6年ぶりのフルチェンジ。【写真51枚】(2018/6/26)

毎日の情報映す「未来ドア」 AIと大型ディスプレイ搭載、YKK APが2020年商品化
玄関ドアが“AI執事”になる――窓やアルミサッシなどを手掛けるYKK APは4月25日、大型ディスプレイや人工知能(AI)を搭載した“未来ドア”「UPDATE GATE」のプロトタイプを発表した。2020年発売予定で、価格は搭載する機能の数によって130万〜200万円程度となる見込み。(2018/4/25)

SCF2017:
簡単IoTが描くカイゼンの進む道、大きなポイントは「OPC UA」
産業用オートメーションと計測技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2017/計測展2017 TOKYO」では、さまざまなオートメーションの最新技術が示されたが、多くの来場者の関心を集めていたのが「簡単IoTによる見える化」である。(2017/12/27)

三つどもえのバトル勃発! スマートスピーカーのスマートホーム連携機能を比較する
「Amazon Echo」シリーズの発売も決まり、いよいよ「Google Home」「LINE WAVE」との三つどもえの戦いが始まった。今回はそれぞれの製品が対応するスマートホーム連携に着目。何ができるのかを比較する。(2017/11/22)

産業用ネットワーク:
ORiNとFL-net、製造ラインと上位システムとの連携が容易に
日本電機工業会が推進する産業用オープンネットワーク規格である「FL-net」と、日本ロボット工業会が推進する工場用情報システム用ミドルウェアの「ORiN」の連携が進んでいる。新たにORiNでFL-netとの接続を容易にするプロバイダーを開発し、製造ラインと上位システムとの連携を容易にする。(2017/8/29)

Interop Tokyo 2017の歩き方(3):
Interop Tokyo 2017、2020年に向けた懸念とセキュリティ製品の最新動向
Interop Tokyo 2017の見どころを紹介している本連載。第3回として、今回多数出展されているセキュリティ製品をチェックする。(2017/6/7)

複数アドネットワーク連携を簡単に:
「GenieeSSP」がネイティブ広告向け配信APIの提供を開始
ジーニーは、同社のインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP」において、ネイティブ広告向け配信APIの提供を開始すると発表した。(2017/3/24)

「攻殻機動隊」のタチコマ、走って話せて並列化もできる1/8スケールロボに
スマホアプリと連動し、遠隔操縦やネット連携を実現。(2017/3/23)

スマートハウス:
住宅太陽光の創蓄連携を後押し、自家消費ニーズに応える新製品
パナソニックは住宅用の太陽光発電システムと蓄電池を連携させる創蓄連携システムの新製品「パワーステーションS」を4月から販売する。従来製品より3分の1に小型化し、施工性も大幅に改良した。住宅用太陽光発電の自家消費ニーズの流れや、ZEHへの活用を見据えた製品だ。(2017/2/22)

ボーズの新世代ホームシアターは超コンパクト&ワイヤレス
ボーズがホームシアターシステムの新製品「Lifestyle 650」を発表。スマートフォンより幅の狭い小型スピーカーを使用するコンパクト&ワイヤレスモデルだ。デザインと価格はラグジュアリー。(2017/1/26)

産業用ネットワーク:
産業用ネットワークで日本規格が協力へ、ORiNとFL-netで連携ツールを開発
日本電機工業会が推進する産業用オープンネットワーク規格である「FL-net」と、日本ロボット工業会が推進する工場用情報システム用ミドルウェアの「ORiN」が提携し、連携ツールの開発を進める。(2016/7/28)

「どこでもテレビ」に飽き足りず……東芝の防水ポータブルテレビ「10WP1」を使って分かったこと
東芝の「10WP1」は、大きめのスピーカーとIPS液晶パネルを搭載した最新の防水ポータブルテレビ。レグザとの相性も良く、タイムシフトマシンで録画した番組もネットワーク経由で視聴できる。(2016/2/3)

CES 2016:
cerevo、プロジェクター搭載の可変型ホームロボット「ティプロン」をCESで公開
普段はコンパクトだが、映像を投影するときは全高80cmの「プロジェクション形態」へと変形するホームロボットが登場。(2016/1/5)

自走式プロジェクター搭載ホームロボット「Tipron」 部屋の壁を80インチホームシアターに
部屋の壁や天井に映像を投影するプロジェクター搭載ロボット「Tipron」をCerevoが開発した。(2016/1/5)

プロジェクター搭載の自走式ホームロボット「Tipron」、2016年に発売
Cerevoが可動式アームにプロジェクターを搭載した自走式ホームロボット「Tipron」(ティプロン)を発売する。(2016/1/5)

Astell&Kernの新フラグシップ「AK380」登場! 北米での販売価格は3499ドル(約41万円)に決定
フジヤエービックが主催する「春のヘッドフォン祭 2015」。初日の午前中にはアユートがAstell&Kernのハイレゾポータブルオーディオプレーヤー「AK380」の記者発表会を開催した。その詳細をリポートしよう。(2015/5/16)

なぜ人気?「ゲーム実況」 実況者にアイドル的注目、ゲーム会社が公認・活用の動きも ドワンゴに聞く
ゲームをプレイする様子を解説やトークと同時に楽しむ「ゲーム実況」。ニコニコ動画への投稿数はこの数年で激増し、「実況者」も若年層を中心に人気を集めている。その背景をドワンゴに聞いた。(2015/1/30)

悩めるマイナースポーツ選手をクラウドファンディングで支援 テレ東がネット連携番組
マイナースポーツ選手をクラウドファンディングで支援する番組「世界を驚かす!日本人スポーツヒーローたち」がテレビ東京で放送される。(2014/10/30)

参画企業に120億円を出資:
KDDIほか11社、人気アプリを相互に行き来できる“中心のないポータル”「Syn.」構想を発表
新たなモバイルインターネット体験の創出を目的とした「Syn.」構想の始動に合わせ、連合体「Syn.alliance」が設立。メンバー企業への出資も行う。(2014/10/16)

ビジネスニュース 業界動向:
「セキュリティ119番」設置などを提言、サイバー攻撃から生活機器を守る
重要生活機器連携セキュリティ研究会(CCDSSG:Connected Consumer Device Security Study Group)は、2020年までに解決すべき生活機器のネット連携機能におけるセキュリティ上の課題と対応すべきポイントを提言「セキュアライフ2020」としてまとめ、発表した。(2014/6/13)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
IoTとビッグデータがもたらす社会変革とクラウドセキュリティ
今回はInternet of Things(モノのインターネット)やビッグデータの特徴をひも解きつつ、社会に与える影響とセキュリティ上の課題を提起していく。(2014/5/29)

ソフトバンクモバイル、LTE-Advancedに向けた電波干渉低減の実証実験を開始
ソフトバンクモバイルが、LTE-Advancedの電波干渉を抑える技術の実証実験を東京都で開始する。新しいシステムでは、マクロセルと極小セル間、極小セル間の電波干渉を抑えることが狙いだ。(2014/2/13)

試乗インプレッション:
車内Wi-Fiを搭載するアウディ「A3」は楽しいクルマか?
2013年秋から日本でも販売が始まったアウディA3。車内情報システムの機能を拡張し、Googleとの連携したナビゲーションや同時に8台までのデバイスを接続できるWi-Fi機能を備えている。(2014/2/10)

組み込み機器のキーデバイスを網羅する:
PR:メモリとマイコン/アナログが融合! 新生スパンションを紹介
スパンションは2013年8月に、富士通のマイコン/アナログ半導体事業を統合し、エンベデッドシステム向けデバイスの総合メーカーとして生まれ変わった。“新生スパンション”としてのスタートからわずか数カ月だが、マイコン、アナログ半導体、そしてメモリという組み込み機器に欠かせないキーデバイスを網羅する強みを生かしたエンベデッドシステムソリューションを開発している。(2013/11/18)

美人すぎる書道家、ゆるキャラも登場:
ブラザー、PRIVIO「年賀状アプリ」体験会――ザキヤマが丹下段平コスプレで“SKSN”な魅力を語る
ブラザーが都内でインクジェットプリンタ/複合機「PRIVIO」で動作する「年賀状アプリ」の体験を開催。CMで声優を務めるアンタッチャブルの山崎弘也さん、日本書道師範の涼風花さん、そしてご当地キャラクターが応援に駆け付けた。(2013/11/11)

シトリックス、クラウド基盤ソフトウェア最新版などを発表
Citrix CloudPlatformおよびCitrix CloudPortal Business Managerの最新版をシトリックスが発表した。(2013/10/3)

ソニーモバイル、銀座で「Xperia Z1」のタッチ&トライイベント開催――9月14日〜29日
ソニーモバイルは、日本でも発売予定の新型スマートフォン「Xperia Z1」のタッチ&トライイベントを銀座のソニービルで開催する。アクセサリーやソニー製品とのネットワーク連携についての展示も行う。(2013/9/4)

Research@Intel:
Intelが見せる“ちょっと未来”な新技術
米Intelの技術展示会「Research@Intel」をリポート。商品化まではもう少し時間がかかる未来の新技術が目白押しだ。(2013/7/30)

最大1300Mbps対応:
アイ・オー、802.11acルータの上位機種「WN-AC1600DGR」など2モデル
アイ・オー・データ機器が802.11ac対応ルータの上位モデルを追加。WN-AC1600DGRは最大1300Mbps通信に対応、さらにUSBデバイスサーバなどのネットワーク連携機能も備える。価格は1万5700円前後。(2013/5/22)

快適さの裏にある技術:
PR:カーナビタイム for Smartphone、どうだった? “進化するナビ”の実力とこだわり
カーナビタイム for Smartphoneのリアルタイム情報と精度の高いルート検索機能により、快適な鎌倉ドライブが楽しめたというジャーナリストの神尾寿氏とアプリソムリエの石井寛子さん。快適なドライブが実現できた秘密をナビタイムジャパンの大西啓介社長が明かす。(2013/4/22)

Windows 8ユーザー注目:
「ドライブがなくても使ってほしい」――「PowerDVD 13」製品発表会
マルチメディアプレーヤーの最新版「PowerDVD 13」は、4K映像の再生やBlu-ray/HDビデオのさらなるアップスケーリングなど60を超える新機能を搭載した。(2013/4/2)

豪華仕様なAV+地デジPC「VALUESTAR W&VALUESTAR G タイプW」ロードテスト:
第6回 PCならではの利点も──「DLNA系機能」にムフフ
豪華AV仕様のテレパソ「VALUESTAR G タイプW」をAV機器目線でチェックすると、家庭用AV機器にはないPCならではの“キラリ”と光る利点がかなりある。今回はDLNA配信を軸にしたネットワーク連携機能をチェックしてみた(2013/3/11)

IFA 2012:
高精細だから見えるもの、東芝が開発を進める「レグザエンジンCEVO 4K」
2013年に84V型の4Kテレビを投入することを明らかにした東芝。その画質のカギとなるのが、「レグザエンジンCEVO 4K」という新しい画像エンジンだ。同社の取り組みについて、IFAに合わせて開催されたプレス説明会の内容と合わせて紹介していこう。(2012/9/5)

5年間無償保証+メンテナンス品5年間無償提供:
PR:高機能でコンパクトなA4カラーLED複合機――OKI「COREFIDO2 MC362dn」モニター募集!
両面プリントと両面スキャンに対応したコンパクトボディのA4カラーLED複合機「COREFIDO2 MC362dn」を導入してみませんか? 11万8440円の複合機本体に、5年間無償保証とメンテナンス品5年間無償提供もお付けします。PC USER読者限定でのモニター募集となりますので、この機会をお見逃しなく!(2012/8/3)

もうすぐICS化も、ということで:
通話もおサイフも使える、DTCP-IP対応でツウ好みなサイズ感──「MEDIAS TAB N-06D」の買いどころをチェック
Xi、通話、おサイフ、テザリング、DLNAネットワーク再生、防水、大容量バッテリー、7型ワイドの絶妙サイズ。意外と心地よく使えるタブレットが「MEDIAS TAB N-06D」だ。改めてチェックする、本機の“おいしいところ”とは。(2012/7/25)

BDレコ×タブレットを大検証(3):
異才の全録レコーダー「DBR-M180」&「REGZA Tablet」を試す(前編)
東芝のBlu-ray Discレコーダー「DBR-M180」は、タイムシフトマシンを搭載した“全録”機。まずはおさらいの意味も含め、その使い勝手を検証していこう。(2012/6/25)

スケジュールに合わせて自動で起こしてくれる! ネット経由で操作する目覚まし時計
ネットを利用した新しいタイプの目覚まし時計「Alarm BRICK」が開発中。Cerevo DASHで支援を募集している。(2012/6/18)

“こどもーど”搭載、家族タブレット「LifeTouch L」投入:
「2012年、タブレットは本格導入フェーズに」──NECのタブレット/スマートデバイス事業戦略
NECが家族層対象の簡単タブレットを投入。A4オールインワンPCのようなスタイルで初心者/家族層向けの機器をプリインストールソフトウェア+ネット連携サービスとともに用意する。(2012/6/18)

BDレコ×タブレットを大検証(2):
大幅に機能強化した「Sony Tablet S」&「BDZ-AT950W」を試す(後編)
前回に続き、ソニーのBlu-ray Discレコーダーと「Sony Tablet S」とネットワーク連携を紹介していこう。番組管理アプリ「RECOPLA」やWebサービス「CHAN-TORU」の活用により、タブレットならではの使い勝手を実現している。(2012/6/12)

BDレコ×タブレットを大検証(2):
大幅に機能強化した「Sony Tablet S」&「BDZ-AT950W」を試す(前編)
Blu-ray Discレコーダーとタブレット端末のネットワーク連携を検証するシリーズの第2回。まずはファームウェアアップデートによって機能が追加されたソニーのBDレコーダー「BDZ-AT950W」を紹介していこう。(2012/6/6)

PCならではのテレビ連携機能とは:
テレビPCの「テレビ機能」はどれだけ便利か──3波“トリプル”チューナーの「VALUESTAR W」検証
テレビPCのテレビ機能、実はかなり多機能・高機能。PC各メーカーのテレビPCはすでに「あとは何を載せれば?」となるほど熟成しつつあるようだ。改めてPCのテレビ機能で何ができるか、NECの最上位AVデスクトップ「VALUESTAR W」で検証する。(2012/5/24)

BDレコ×タブレットを大検証(1):
パナソニック「DMR-BZT920」&お風呂テレビを試す
今回は、ソニー、パナソニック、東芝の最新BDレコーダーを紹介するとともに、DLNA/DTCP-IPによるネットワーク視聴や動画の“持ち出し”機能を試していこう。タブレットを“どこでもテレビ”にしてみたい人は要チェック!(2012/5/24)

ガートナーイベントリポート(前編)
シンクライアント技術を地域医療連携にも応用――鳥取大学病院のIT化事例
ガートナージャパンが2012年4月に開催したイベントで、医療ITを推進するキーパーソンである近藤博史氏がシンクライアント技術を活用した病院情報システム、地域医療連携ネットワークの構築事例を紹介した。(2012/5/23)

2012年PC夏モデル:
REGZA/AV連携強化、すべて第3世代Core i7搭載──東芝「dynabook」、夏の新モデル
東芝がPC夏商戦向け新モデルを発表。地デジ液晶一体型の「REGZA PC」、AVノート「Qosmio」、スタンダードノート「dynabook」の各シリーズを“Ivy Bridge”世代の新CPUに刷新した。5月25日より順次発売する。(第2弾追加)(2012/5/18)

「お部屋ジャンプリンク」対応の家族風呂タブ:
写真で解説する「ELUGA Live P-08D」
ドコモ夏モデル唯一のピュアタブレットがパナソニック モバイル製の「ELUGA Live P-08D」だ。ファミリー向けの機能・工夫を多く設け、使いやすさを重視したスタンダードなタブレットとして展開する。(2012/5/16)

2012年タブレット夏モデル:
すべてAndroid 4.0、13.3型地デジ内蔵/7.7型有機ELなどラインアップ拡充──東芝、「REGZA Tablet」新モデル
東芝が2012夏商戦向けのAndroidタブレットを発表。7.7型、10.1型、13.3型とサイズ別、機能別に4シリーズ6モデルを用意した。2012年5月下旬に発売する。(2012/5/14)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。