ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「職業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「職業」に関する情報が集まったページです。

「コロコロ」が門外不出の“ビッグデータ”公開 子どもたちが興味のある職業「野球選手」は「サラリーマン」以下
令和の子どもたち。(2019/5/17)

「もし新卒に戻れたら、どんな職業を選ぶ?」調査、かなり大変そうな仕事が1位に
ほんと大変だと思いますけど。(2019/5/16)

Gartner Insights Pickup(107):
組織文化の変革に向けてCIOが2019年度に目指すべき個人目標
新年度の始まりは、CIOが新しい目標を立てる良い機会だ。職業人として目指す方向を再設定しよう。本記事では何に取り組むべきかについて、10の例をお届けする。(2019/5/10)

転職バーのハルカさん(13):
PR:遥か彼方に想いを寄せて――オンリーユーじゃダメなとき
僕はただの引きこもりじゃないぞ。ちゃんと働いているんだ!――新卒で入社した会社のスパルタ教育に耐えかねて家から1歩も出なくなったカナタ君の、超インドアな職業とは?(2019/4/1)

トヨタの販売子会社に不正アクセス 最大310万件の顧客情報が流出の恐れ
トヨタの販売子会社が不正アクセスを受け、顧客情報最大310万件が流出した可能性。流出した可能性があるのは、氏名、住所、生年月日、職業など。(2019/3/29)

AIが転職サポート、経歴と価値観で分析 スマホアプリ「VIEW」
経歴と価値観を登録すると、AIが自分に合った職業を提示する――若手人材の転職をサポートするスマートフォンアプリ「VIEW」が登場。(2019/2/27)

新時代ジョブ「ライバー」も掲載 さまざまな職業をRPG風に解説する「日本の給料&職業図鑑」シリーズの集大成版が発売
気になる職業の仕事内容や平均月給などが掲載されています。(2019/2/11)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
転職やチャレンジの年齢的制限がなくなりつつある
職業選択の自由、あははん♪(2019/2/7)

いま職業ライターをしている私が、子どものころ読書感想文が苦手だった理由
得意な人、苦手な人、はっきり分かれるもよう。(2019/2/7)

Appleのリテール責任者、アンジェラ・アーレンツ氏が4月に退社へ
BurberryのCEOからAppleのリテール担当上級副社長に転身したアンジェラ・アーレンツ氏が、Appleでの5年間後、4月に退社する。「個人的および職業的な新たな追求のため」。(2019/2/6)

中古マンション購入アプリでみる:
タワマンに飛びつくのは「IT業界人」、その理由は? 独自調査で分析
何かと話題のタワーマンション。買いたがる人はどんな職業、年収か。中古マンション売買アプリが分析した。(2019/1/22)

子どもは入場禁止!? 「大人のキッザニア」が甲子園で開催、大人たちが本気の職業体験楽しむ
東京での開催も決定しました。(2018/12/13)

AIが理想の相手をマッチング 内面の相関性も重視――婚活サイト「Pairs」と東大山崎研究室、新アルゴリズムの共同開発へ
恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」を運営するエウレカは、東京大学 大学院情報理工学系研究科 山崎研究室と共同で、マッチングアルゴリズムの研究開発を開始した。学歴、職業、年収などに加え、趣味や価値観、ライフスタイルなどの内面でも相関性を導き出し、より相性の良い相手をマッチングする。(2018/12/11)

体験したい技術は「リニア」:
50〜70代に聞く「生まれ変わったら就きたい職業」、2位は公務員 1位は……
55〜74歳の男女に「生まれ変わったら就きたい職業」を聞いたところ、2位は「公務員」(13.0%)、3位は「医師」(12.6%)だった。1位は……?(2018/11/21)

全体的にはわずかに改善:
1カ月の残業時間、教育関連の仕事で長い傾向に 年代別では50代が最長
エンジニアのキャリア支援などを手掛けるメイテックはこのほど、約1万人の社会人を対象に実施した残業に関する調査結果を発表。教育関連の職業に就いている人の残業時間が長い傾向にあることが分かった。(2018/11/14)

偶然を計画的に設計:
朝ドラ『半分、青い。』の主人公には、5つの習慣があった
9月末で終了したNHKの朝ドラ『半分、青い。』。いろいろな意味で賛否両論ありましたが、ヒロイン鈴愛の職業の変化を見ると、これはキャリアドラフトではないかと思いました。 どういうことかというと……。(2018/10/26)

KDDI、キッザニア運営元を買収 5G・IoTで「未来の職業」体験を提供へ
KDDIが「キッザニア」を運営するKCJ GROUPを買収した。キッザニアのパビリオンに、5GやIoT関連の技術を活用したサービスを導入する。(2018/10/10)

建設技術者の有効求人倍率が医師らを抜き最も高い倍率に、人材不足の深刻化強まる
ヒューマンタッチ総研は国内の建設業の人材市場動向をまとめた9月分のマンスリーレポートをリリースした。「建築・土木・測量技術者」の有効求人倍率は、「医師、歯科医師、獣医師、薬剤師」を抜き、専門的・技術的職業の中で最も高い倍率となった。(2018/9/28)

再開発:
福岡市の青果市場跡地に、九州初の「キッザニア」や「ららぽーと」を計画
福岡市は、2016年に移転した青果市場跡地の再開発で、三井不動産を代表とするグループを事業者に決めた。計画では九州初となる職業体験型テーマパーク「キッザニア」やショッピングモール「ららぽーと」が整備される計画だ(2018/7/25)

3D&バーチャルリアリティ展:
ベンツで導入された実践的なAR溶接訓練システム
旭エレクトロニクスは、溶接機材とARを使った溶接訓練システムの本格的な販売を開始する。近々、職業訓練校での導入が予定されており、このシステムを使えばゲーム感覚でその道30年の技術が習得できるという。(2018/6/22)

「結婚したくない」も約1割:
就活生の理想の働き方は「私生活優先」が8割 「ブラック企業」報道の影響受け
理想の働き方は仕事よりも「私生活優先」。就職情報大手ディスコが2019年春入社予定の学生に向けて実施した「就活生の職業観とライフスタイル調査」で、こんな職業観が明らかになった。(2018/5/30)

JAL・ANAも人気:
就活生の「就きたい職業」、トップは国家公務員 あの企業の順位は……?
2019年卒の大学生が就きたい職業は?――リスクモンスター調べ。(2018/3/29)

「YouTuber」は小学生男子に人気:
小中学生「将来の職業」人気ランキング 男女の1位は
小中学生の将来就きたい仕事は?――人材サービスのアデコが「2018年版小中学生の将来就きたい仕事」に関する調査結果を発表した。(2018/3/26)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
日本にCIOという職業を確立させる、それが私のミッション――フジテックCIO友岡賢二氏
「セカエレ」(世界のエレベータ・エスカレータ)を標榜し、日本から世界にビジネスを展開するフジテック 常務執行役員 情報システム部長 友岡賢二氏が語る、これからの日本企業に求められるCIOの役割や情シスの価値とは?(2018/3/23)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(51):
日本国憲法第22条、知らないんすか? 「職業選択の自由」っすよ――エンジニアに「退職の自由」はあるのか?
主要エンジニアが退職したからゲームのリリース日が大幅に遅れた。訴えてやる!――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回取り上げるのは、社員の退職で被った損害を会社が賠償請求をした裁判だ。(2018/1/29)

相性がいい職業キャラに変身、履歴書も発行 証明写真機型「未来変身ボックス」登場
ミクシィ・リクルートメントが「未来変身ボックス」を東京・新宿に設置。自分に合った職業を診断してくれる他、アニメキャラへの“変身シーン”が流れ、オリジナル履歴書がもらえる。(2018/1/16)

安定志向とは正反対:
カレーの“激辛好き”が多い職業は「公務員」 調査で判明
職業別に好きなカレーの辛さを聞いたところ、意外な事実が分かった――プラネット調べ。(2018/1/12)

男子がなりたい職業1位は「学者・博士」 第一生命調査
第一生命の調査によれば、男子が大人になったらなりたい職業の1位は「学者・博士」。(2018/1/5)

キャリアニュース:
2018年はバイリンガル人材と最先端技術関連の求人が大幅増
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが、2018年の国内転職市場で求人増が予測される「5つの職業」を発表。バイリンガル人材やマーケター、AIやロボット工学分野の技術者のニーズが大幅に増加すると予想している。(2017/12/21)

サラリーマン、プリキュアを語る:
娘を、プリキュアにするために就くべき職業5選
サラリーマンにも希望はあります。(2017/12/14)

ドラマ「監獄のお姫様」に登場する職業「刑務官」のハードな1日
刑務所の運営は、やっぱり大変。(2017/11/9)

Google、“すべての人に機会を提供する”10億ドルの教育・訓練イニシアチブ
Googleが、「新技術で生まれた機会をすべての人々に届ける」ためにIT教育・職業訓練を無償で提供するイニシアチブを立ち上げ、向う5年間で10億ドルを投資すると発表した。(2017/10/13)

未来の働き方:
AI時代の職業選びの難しさ
AIによる代替が進むこれからの時代、人手不足だからといって安泰な職業はごく少ない。よほど先を見て選ばないといけないと分かっていても現実的には難しい。いっそ特定の「職業」ではなく、将来求められる能力を開発できるか否かといった側面に視点を置いたほうがよいのかもしれない。(2017/9/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
“ニセ戦場カメラマン”が世界のメディアをだますことができた理由
大手メディアに写真を掲載する「戦場フォトグラファー」のエドゥアルド・マルティンス。実は名前から職業まで全て捏造だったのである。この事件は、世界中のプロのフォトグラフィー業界が現在抱えている問題を浮き彫りにしたといえる。(2017/9/14)

「ドラクエX」が実写ドラマ化! “職業選択”に迷う青年を本郷奏多が熱演
オンゲーにはドラマが眠っている。(2017/9/9)

マリオの職業は配管工じゃなかった!? 公式サイトの説明にネット上で衝撃が走る
!?(2017/9/4)

組み込み開発ニュース:
30分間で小学生にどう教える? コミュニケーションロボットのプログラミング
子ども向けの職業体験施設「キッザニア東京」(江東区豊洲)では、コミュニケーションロボットのプログラミング体験がスタートする。ロボットが携帯電話機の販売店で接客する場面を想定。プログラミングツールはNTTドコモが独自に開発したもので、タブレット端末上で50種類のブロックの中から必要なものを組み合わせるだけで完了する。(2017/7/6)

キャリアニュース:
新入社員の「働くことの意識」調査――「楽しい生活をしたい」が過去最高
日本生産性本部の「職業のあり方研究会」と日本経済青年協議会が、新入社員の「働くことの意識」調査の結果を発表した。働き方は「人並みで十分」が高水準を維持し、「楽しい生活をしたい」「好んで苦労することはない」が過去最高を記録した。(2017/6/30)

キッザニアのドコモ職業体験「ケータイショップ」→「ロボット研究所」に
キッザニアでNTTドコモが提供しているパビリオン「携帯電話ショップ」が「ロボット研究開発センター」に。「携帯電話が身近な存在になったため」という。(2017/6/13)

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(前編)
日本一「中二病」と触れ合うことが多い職業、現役中学教師に突撃取材。(2017/5/13)

中高生のなりたい職業、男子はITエンジニア・女子は芸能人が人気 「YouTuber」は年齢による違いも
YouTuberは男子中学生では3位、男子高校生では10位との結果が興味深い。(2017/5/2)

男子中高生がなりたい職業、1位に「ITエンジニア」
ソニー生命がネットで調査した。(2017/5/1)

キャリアニュース:
新入社員のタイプ、平成29年度は「キャラクター捕獲ゲーム型」
 日本生産性本部の「職業のあり方研究会」が「平成29(2017)年度の新入社員の特徴」を発表した。新入社員のタイプを、数多いキャラクター(就職先)を比較的容易に捕獲(内定獲得)できた「キャラクター捕獲ゲーム型」と表現している。(2017/3/28)

医療関係の職業が上位に:
子どもに就いてほしい職業は?
子どもに就いてほしい職業は?――ソニー生命保険調べ。(2017/3/17)

「YouTuberの平均給料は747万円」 女性の職業をソシャゲ的なイラストで紹介する本にびっくり表記
まじかよ今すぐYouTuberになるしかねぇ。(2017/3/15)

人工知能学会、倫理指針を策定 「人類への貢献」「安全性」など全9条で研究者の職業倫理をあらためて表明
「当たり前のことをきちんと表明することこそが重要」とのコメントも。(2017/3/8)

野球選手は5位:
小中学生が将来就きたい職業 1位は現実的な……
小中学生が将来就きたい職業は?――アデコ調べ。(2017/3/2)

「配管工の前のマリオの職業は?」 GoogleのAIが豆知識を披露
(2017/2/26)

YouTuberをプロ用機材で体験 子ども向け職業体験テーマパーク「カンドゥー」の新ブースが今風
体験で制作した動画はYouTubeで公開可能。公開範囲を身内に絞る設定もできます。(2017/2/22)

あこがれのYouTuberになれる!? 職業体験「カンドゥー」に日本初「YouTuber体験施設」
職業体験テーマパーク「カンドゥー」に、YouTuberの仕事を体験できる「カンドゥースタジオ」がオープン。(2017/2/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。