ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「音楽館」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「音楽館」に関する情報が集まったページです。

Windows10のアップグレード画面、バスターミナルの発車案内に発生してしまう 詳細隠れてピンチに
「Windows10へのアップグレードをお勧めしています」じゃなくて、便名とか行き先が見たい……! (2016/6/12)

ニコニコ超会議2016:
前回よりも約2倍の広さになった超鉄道ブース 大井川鐵道さんが加わりテツ分さらに濃く
2倍2倍でご新規さんもいるよ!(2016/4/29)

今年もやってきました「超鉄道」ブース――おいしいお弁当もあります
「ニコニコ超会議」には今年も「向谷実Produce!超鉄道」ブースがお目見え。JR九州に加えて東京から関西の私鉄が参加。目玉は初参戦のNREによるお弁当「ミノルまっしぐら!」だ。(2015/4/26)

杉山淳一の時事日想:
世論は否定的? それでも「第2青函トンネル」が必要な理由
青森県議会議長が国土交通省に対して、非公式としつつも「第2青函トンネル」の建設を要望した。これに対して世論は否定的だが、日本全体の物流政策を考える上で、青函トンネルを新幹線と在来線の共用するには問題がある。関門トンネルと同様に、別のトンネルを作るべきではないか。(2014/9/19)

杉山淳一の時事日想:
なぜ甘い? 映画やドラマの鉄道考証──蒸気機関車C62形「129号機」のナゾ
映画やドラマの「鉄道考証」は、なぜズサンなのだろうか。制作側にも諸事情ありそうだし、駅や列車の場面は重要ではないかもしれないが、鉄道ファンには気になる。でも見方を変えると、そのズサンなところに資料的な価値が見つかったりもする。やっぱり映画は面白い。(2014/9/5)

ニコニコ超会議3:
この3人は誰も止められない――「超鉄道縁日」の向谷・野月・南田トークショーが濃すぎて困る
会場のみんなはついてきました。(2014/4/26)

ニコニコ超会議2:
超鉄道ブースで「公開解体買い付けショー」 最後は目玉品のオークションで46万円なり
昨年に引き続き、ニコニコ超会議2の「超鉄道ブース」では、向谷実さんの司会による「公開解体買い付けショー」を開催。今回は新幹線がお題であるが、最後になんとサプライズが!!(2013/4/28)

鉄っちゃんも超会議2に集合! ニコニコ超会議2の超鉄道エリアに新発表
「ニコニコ超会議2」の鉄道企画「超鉄道エリア」の新内容が発表された。(2013/2/14)

ニコニコ超会議:
すいません、わたしは“ユル鉄”でした――「ブルトレ超会議号」のカオスぶりをお伝えしようじゃないか
4月28日、29日に開催された「ニコニコ超会議」に合わせて、特別仕立ての寝台特急「ニコニコ超会議号」が運行された。テツな筆者は、それは楽しみにこの日を迎えたのだが、あまりのカオスぶりにたじろぐばかりであった……。(2012/5/2)

「電車でGO!特別編」シークレット車両パスワード順次公開
山手線命名100周年を記念してJR山手線と明治製菓がコラボした“ミルチトレイン”ほか、懐かしの車両が楽しめる。(2010/8/6)

杉山淳一の+R Style:
第35鉄 真夏日の鉄分補給は涼しいミニ博物館で
太陽ギラギラ夏本番、こう暑いと外に出るのも嫌だ……そんな人にぴったりなのが鉄道系のミニ博物館。今回は、東急電車とバスの博物館と、横浜市電保存館をハシゴしてみた。あ、旨い肉も食べてます。(2010/7/23)

「電車でGO!」とマックのコラボが実現――マクドナルド限定特別車両の配信が決定
(2010/7/12)

近距離交通特集:
向谷実氏が考える鉄道と音楽(後編)――発車メロディというビジネス
九州新幹線、京阪電鉄に続き、阪神電鉄の発車メロディも手がけた向谷実氏。1日に何百回と“演奏”される発車メロディは、著作権の扱いや契約方法も一般の楽曲とは変わってくる。向谷氏はアーティストとして、どのように発車メロディというビジネスをとらえているのだろうか。(2009/2/7)

近距離交通特集:
向谷実氏が考える鉄道と音楽(前編)――発車メロディ3つのオキテ
「カシオペア」のキーボーディストにして、リアルな鉄道ゲームソフトの開発者でもある向谷実氏が、ここ数年作曲家として取り組んでいるのが駅の「発車メロディ」だ。「ただベルがメロディに変わっただけではない」という向谷氏が考える“あるべき発車メロディ”の姿とは?(2008/12/23)

東京ゲームショウ2008:
ゲームは娯楽だけじゃない 電車の運転訓練やリハビリも
運転士の訓練にも使われているというリアルな電車の運転シミュレーターや、リハビリ用のヘビ退治ゲームを「東京ゲームショウ2008」で体験できる。(2008/10/9)

豊岡真澄さんは“ママ鉄”に――「鉄道ゼミナール」発売イベントを開催
タイトーからニンテンドーDSソフト「鉄道ゼミナール -JR編-」が本日発売されたのを記念してイベントを開催。3月30日で引退してしまう豊岡真澄さんと、本作の音楽や問題を担当した向谷実さんが登場した。(2008/3/27)

未公開タイトルを含め40タイトルのPS3ソフトをプレイアブル出展――SCE
(2007/9/4)

海を渡った新幹線を完全再現――「Railfan 台湾高鉄」
音楽館の「Railfan」シリーズに、台湾の新幹線「台湾高鉄」が登場。台北から高雄(左営)までの345キロ全線を往復収録している。(2007/9/3)

PLAYSTATION PREMIERE 2007(パート2):
PSPは第二次成長期という認識で、PS3は再びローンチする意気込みで――「PLAYSTATION PREMIERE 2007」後編
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、7月17日に開催した「PLAYSTATION PREMIERE 2007」において、各ソフトメーカーが今後発売する予定のPS3タイトルなどを紹介。「真・三國無双5」など新情報も飛び出した。(2007/7/18)

タイトー、3キャリア向けに「電車でGO!シカゴ編」を配信
(2006/12/8)

雨の降り方にPS3の秘密が隠されている――「第13回鉄道フェスティバル」で見た「Railfan」
恒例の「第13回鉄道フェスティバル」が東京・日比谷公園で10月7日と10月8日に開催されている。タイトーと音楽館は今年も出展。PS3「Railfan」をプレイしようと、子どもから大人までたくさんの人が行列を作っていた。(2006/10/7)

恒例の「鉄道フェスティバル」にタイトーと音楽館が出展――PS3「Railfan」の試遊も
(2006/10/3)

「第12回鉄道フェスティバル」でGO!
10月14日の「鉄道の日」を記念して開催されている「鉄道フェスティバル」。第12回となる今年はタイトー&音楽館で出展。ブースの目玉は、実物運転台による「Train Simulator+電車でGO!東京急行編」試遊だ。(2005/10/9)

タイトーと音楽館、「鉄道フェスティバル」に出展
(2005/10/3)

「プレイステーション 3」国内向けソフトウェア102タイトル発表――メーカー71社参加表明
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)は、現在開発中の次世代ゲーム機「プレイステーション 3」に参加を表明しているメーカー71社と、そのソフトウェア102タイトルを発表した。(2005/9/20)

タイトー、TGS2005でのステージイベントを公開
(2005/9/9)

台風上陸直前! 「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」発売イベント
音楽館から本日発売されたプレイステーション 2用ソフト「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」の発売を記念して、雨の降りしきる中、プロデューサーの向谷実氏が実演。(2005/8/25)

音楽館「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」発売イベント開催
(2005/8/18)

「Mobile Train Simulator+電車でGO!東京急行編」でPSPを手に入れるチャンスが!
(2005/2/10)

PSP「Mobile Train Simulator+電車でGO!東京急行編」2月17日発売決定
延期になっていた音楽館「Mobile Train Simulator+電車でGO!東京急行編」の発売日が、2月17日(木)に決定した。(2005/2/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。