ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Optimus G」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Optimus G」に関する情報が集まったページです。

「Optimus G LGL21」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「Optimus G L-01E」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

「Optimus G Pro L-04E」一言レビューまとめ
(2014/7/1)

ドコモ、「Optimus G Pro」のソフト更新を開始――正常に再起動しない問題を改善
ドコモは、LGエレクトロニクス製「Optimus G Pro L-04E」のソフト更新を開始した。アプリを更新した後に正常に再起動しない不具合を解消する。(2013/12/24)

ドコモ、「Xperia SX/GX」ほかスマホ1機種で不具合改善のアップデート
ドコモは、「Xperia SX/GX」と「Optimus G L-01E」で不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。いずれも、OSをAndroid 4.1にバージョンアップしておく必要がある。(2013/9/18)

ドコモ、「Optimus G L-01E」でWi-Fi接続の不具合を改善するアップデート
ドコモが7月22日、LG製スマートフォン「Optimus G L-01E」でWi-Fi接続時にまれに端末本体が再起動する不具合を改善するソフト更新を開始した。(2013/7/22)

ドコモ、「Optimus G Pro L-04E」などスマホ3機種のソフト更新を開始
ドコモは、Androidスマートフォン3機種、「Optimus G Pro L-04E」「MEDIAS W N-05E」「ELUGA X P-02E」のソフトウェア更新を開始した。(2013/6/25)

「Optimus G LGL21」の電話帳不具合を改善するアップデート開始
KDDIは、スマートフォン「Optimus G LGL21」の電話帳データ操作で発生する不具合を改善するアップデートを、4月18日から開始した。(2013/4/18)

石野純也のMobile Eye(3月26日〜4月5日):
“隠れた本命”Optimus G pro発売/DeNAの音楽サービス「Groovy」開始/日本通信とKDDI、SBMの相互接続は実現する?
春モデルの中でも一際高いスペックを持つLGの「Optimus G pro L-04E」が発売された。LGがアピールする同機種の魅力とは。ほかにDeNAがスタートした音楽サービス「Groovy」と、日本通信がKDDIとソフトバンクモバイルに対して相互接続の申し入れを行ったことも取り上げる。(2013/4/5)

ドコモ、「Optimus G Pro L-04E」を4月4日に発売
大容量3000mAhバッテリーを内蔵した5インチフルHD液晶のフラッグシップモデル。1.7GHzクアッドコアで、ポップアップウィンドウを使ったマルチタスク機能も快適に動作する。(2013/4/1)

グローバル版よりディスプレイが小さい理由とは――「Optimus G Pro」製品説明会
LGエレクトロニクスがドコモ向け「Optimus G Pro」の製品説明会を開催。日本市場を重視したフラッグシップモデルを開発し、その後グローバルモデルへと展開する同社の戦略を説明した。(2013/3/27)

ドコモ、Optimus G L-01Eとタブレット2機種でソフトウェア更新
ドコモが3月26日、「Optimus G L-01E」「ARROWS Tab LTE F-01D」「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」の不具合を修正するソフトウェア更新を開始した。(2013/3/26)

ドコモ、「Optimus G pro L-04E」の事前予約を3月28日に開始
3000mAhバッテリーを搭載するドコモのスマートフォン「Optimus G pro L-04E」の事前予約が、3月28日に開始される。発売は4月4日の予定。(2013/3/26)

ドコモ、「Optimus G L-01E」のアップデートを開始
NTTドコモが「Optimus G L-01E」のソフトウェアアップデートを開始。動画ストリーミング再生中に音声が遅れる現象を改善するほか、「Playブックス」アプリを追加する。(2013/2/14)

バッテリー容量3000mAh:
写真で解説する「Optimus G Pro L-04E」
5インチフルHDの次世代タッチパネルディスプレイを搭載し、1.7GHz駆動のクアッドコアCPUを採用したハイスペックな「Optimus G Pro L-04E」。しかし何よりの武器は、容量3000mAhという巨大バッテリーを備えていることだ。(2013/2/6)

NEXTシリーズ:
3000mAhの大容量バッテリーを搭載した5インチフルHDスマホ――「Optimus G Pro L-04E」
ドコモの2012年秋モデルとして登場した「Optimus G」が、ディスプレイとバッテリーを強化して“Pro”仕様に進化。プロセッサーもさらに高速化され、「ながら操作」機能がさらに便利になった。(2013/1/22)

2013 International CES:
「Optimus G」「Optimus Vu II」の独自機能、「Nexus 4」を紹介――LGブース
LGブースでは、「Optimus G」や「Optimus Vu II」などスマートフォンのハイエンドモデルを展示し、新機能や操作性を中心としたデモを行っていた。(2013/1/12)

KDDI、「VEGA PTL21」「Optimus G LGL21」のソフト更新を開始
KDDIは「VEGA PTL21」と「Optimus G LGL21」のソフト更新を開始した。2機種とも、メール関連の不具合などを改善する。(2012/12/20)

ドコモ/au版「Optimus G」を比較する(後編)――通信速度やバッテリーの持ちはどう?
LGエレクトロニクスが日本市場に投入した「Optimus G L-01E」と「Optimus G LGL21」の違いに迫る特集。後編では、電話やメール機能、通信速度、バッテリーの持ちなどを調べた。(2012/11/22)

ドコモ/au版「Optimus G」を比較する(前編)――パッケージ、外観の違いは?
LGのフラグシップスマートフォン「Optimus G」がNTTドコモとKDDIから発売されたが、どのような違いがあるのか。前編では、パッケージ・外観と、端末の初期設定・プリインストールアプリについて調べた。(2012/11/6)

パーツも日本仕様:
クアッドコアでUIも進化 さらに“小技”を効かせた「Optimus G」の開発背景
ドコモから発売された「Optimus G L-01E」は、ハイスペックなグローバルモデルとしてだけでなく、ワンセグ&NOTTV、赤外線、FeliCaと国内サービスにもフル対応しているLGの意欲作。その開発背景を担当者に聞いた。(2012/10/29)

“ホワイト”もあります:
写真で解説する「Optimus G LGL21」
クアッドコアを搭載するLGのフラグシップスマートフォン「Optimus G」がauにも登場する。ドコモ版には無かったNFC機能を搭載し、ホワイトのボディカラーも用意した。(2012/10/22)

「Optimus G L-01E」発売、一括価格は7万円台前半
クアッドコアCPUと2GバイトRAM搭載のXiスマートフォン「Optimus G L-01E」が発売された。一括価格は7万円台前半、月々サポートを引いた価格は1万円代半ば。(2012/10/22)

4G LTE対応:
クアッドコアCPU搭載、LTE対応で動作キビキビ通信サクサク――「Optimus G LGL21」
クアッドコアプロセッサー搭載、LTE対応で、動作はキビキビ通信はサクサク――。LG自慢のフラッグシップスマートフォンが、auブランドで登場。高性能CPUを生かした多彩な機能も魅力だ。(2012/10/17)

ドコモ、クアッドコアCPU搭載のXiスマホ「Optimus G L-01E」を10月19日に発売
LGエレクトロニクス製のハイスペックなスマートフォン「Optimus G L-01E」が、10月19日に発売される。(2012/10/15)

秋モデル:
ドコモ、「Optimus G L-01E」の事前予約を10月12日に開始
NTTドコモは、秋モデル唯一のNEXTシリーズスマートフォン「Optimus G L-01E」の事前予約を10月12日に開始する。Qualcommの最新クアッドコアCPUを世界で始めた採用した、ハイスペックモデル。(2012/10/9)

ナントカ5には負けない:
スペック勝負の“直球ど真ん中”スマホ――「Optimus G」に見るLGの本気度
LGエレクトロニクスがドコモの秋モデル「Optimus G L-01E」についての製品説明会を開催。Snapdragon S4 Proを搭載した世界初の端末であると同時に、防水やおサイフ、ワンセグ、NOTTVなど国内向け機能にも対応する。(2012/9/18)

写真で解説する「Optimus G L-01E」
28日に発表されたドコモ秋モデルで唯一のNEXTシリーズ端末が、LG製の「Optimus G L-01E」だ。クアッドコアCPUにHD表示のIPS液晶、そして大容量メモリを搭載した。Xiのほか、NOTTVやおサイフや赤外線にも対応している。(2012/8/29)

ドコモ、「Optimus G」「AQUOS PHONE si」や「GALAXY Tab 7.7 Plus」など5機種6モデルを発表
NTTドコモが、2012年度秋モデルとして、Androidスマートフォン3機種4モデルとAndroidタブレット2機種を発表した。スマートフォンはNEXTシリーズが1機種、withシリーズが2機種3モデル。タブレットは7インチのモデルを2機種そろえた。(2012/8/28)

NEXTシリーズ:
クアッドコアのハイパフォーマンススマホ――「Optimus G L-01E」
CPUはクアッドコア、ROM16Gバイト/RAM2Gバイト、バッテリーは2210mAh――。大容量のメモリとバッテリーを搭載したハイパフォーマンススマホがドコモの「Optimus G L-01E」だ。(2012/8/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。