ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「押井守」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「押井守」に関する情報が集まったページです。

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
『千年女優』の今 敏監督作品が世界で「千年生き続ける」理由――没後10年に捧ぐ
『千年女優』『東京ゴッドファザーズ』などを手掛けた今 敏監督。没後10年、今なお特に海外のファン・評論家から愛され惜しまれる。その作品が世界で「千年生き続ける」理由にビジネス・作品論から迫る。(2020/8/24)

「攻殻機動隊 SAC_2045」の「7つ」の魅力 これは史上もっとも親しみやすく、エンタメにシフトした「攻殻機動隊」だ!
全12話を見終えた感想(ネタバレなし)。(2020/4/23)

「攻殻機動隊 SAC_2045」とは何なのか 神山×荒牧両監督へのインタビューから浮かび上がった“攻殻機動隊”
保守派のハードファンである記者が数々の疑問を聞いたスペシャルインタビューです。(2020/4/23)

編集者は漫画家を助ける“壁”――『恋は雨上がりのように』作者が最新作『九龍ジェネリックロマンス』を作るまで
東洋の魔窟・九龍城砦の日常を丁寧に描いた作品です。(2020/2/19)

マシリトが行く!【後編】:
『ドラゴンボール』を手掛けた『ジャンプ』伝説の編集長が明かす「ゲームプロデュースの神髄」
マンガをアニメやゲームなどへメディアミックスする際には何が大切なのか。鳥山明氏の国民的マンガ『ドラゴンボール』の担当編集者であり、『週刊少年ジャンプ』伝説の編集長「Dr.マシリト」こと現白泉社会長の鳥嶋和彦、バンダイナムコエンターテインメント取締役の内山大輔、バンダイナムコホールディングスIP戦略本部アドバイザーの鵜之澤伸、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」の平信一編集長に聞いた。(2019/12/6)

みんなかわいぃぃぃ! オスカー美女が恒例の晴れ着撮影会 小芝風花や藤田ニコルらが集結
今回は尾崎真花さん、井頭愛海さんが新たに参加。(2019/12/4)

今 敏監督がアニー賞生涯功労賞(ウィンザー・マッケイ賞)を受賞
日本人としては押井守監督以来3年ぶり。(2019/12/3)

押井守総監督の最新作「ぶらどらぶ」発表 西村純二監督とタッグ
期待。【訂正】(2019/6/26)

やっぱりかぁぁぁ! 「攻殻機動隊 SAC_2045」、キャラデザはイリヤ・クブシノブ
攻殻愛にあふれるイリヤ。(2019/6/12)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「笑い男」事件は実現可能か 「攻殻機動隊 S.A.C.」好きの官僚が解説
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第6回のテーマは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」です。(2019/5/24)

「攻殻機動隊」押井守監督の新作アニメーションが制作決定! “構想10年”の意欲作が2020年に放送予定
放送すぐじゃん。(2019/5/15)

“安易ではないスピンオフ”はどう作られるのか 『1日外出録ハンチョウ』×『闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん』担当に聞いた
より面白いマンガが世に出てくることを切に……切に願うばかりである……!(2019/4/21)

架空世界で「認証」を知る:
押井守監督作品で考える「VRオンラインゲームの個人認証」
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第13回のテーマは「オンラインVRゲームにおける認証」について。(2019/4/16)

架空世界で「認証」を知る:
「新世紀エヴァンゲリオン」の使徒がネルフ本部に仕掛けた“ハッキングの手口”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第5回のテーマは「パスワードハッキング」。(2018/12/7)

実写版「人狼」 押井脚本からの唯一にして最大の改変とは
硝煙に揺れるブレードランナー。(2018/10/27)

「パトレイバー」の新作が本格始動! 8月10日の“パトレイバーの日”には公式サイト&SNSがオープン
公開日などの情報は未定。公式サイトやSNSを通して発表していくとのこと。(2018/8/9)

押井守監督のメルマガ、廃刊 担当編集者が「心身ともに不調な状態」に
5年間ありがとう……。(2018/6/29)

押井守が夢枕獏原作『キマイラ』をアニメ映画化決定! さらに押井監督による「学園ファンタジー」実写映画も進行中?
意外……!(2018/3/14)

ぴあから新アニメ誌「Shin-Q(シン・キュー)」誕生! 新作と懐かしアニメの2つを軸に
どんな雑誌になるのか楽しみ。(2017/8/14)

押井守、後藤隆幸、黄瀬和哉がI.Gストア渋谷オープン1周年記念のサイン会 xxxHOLiC侑子と攻殻新劇場版素子のコラボ色紙も 
なんて豪華な顔ぶれなんだ……!(2017/6/24)

ニュースサイト「BUZZAP!」、押井守作品の違法アップロード動画を記事で紹介 「大胆なことされますね」と押井メルマガが指摘
YouTubeに違法アップロードされていたOVA作品「天使のたまご」を記事に埋め込んでいた。(2017/6/4)

ジブリ美術館の「ジブリ飯」企画展がいよいよ開始 内覧会の様子をお腹いっぱいリポート
行ってきました!(2017/5/26)

押井守のメルマガがまさかの理由で配信延期に 押井監督「Fallout4に夢中で……」
だから遅すぎたと……。(2017/5/1)

魂が入ったアニメーション――押井守が語った実写「攻殻機動隊」の不思議な感覚と素子に残る“引っ掛かり”
実際のところ、押井守は何か新しいテーマや表現を持って再び「攻殻機動隊」を手掛けたいと思っているのだろうか?(2017/4/18)

素顔のバトーは攻殻マニア! 「ゴースト・イン・ザ・シェル」バトー役、ピルー・アスベックに聞く
「できれば、(実写)『イノセンス』もやりたい」(ピルー)。しょうがないなぁ、バトー君は。(2017/4/4)

「『攻殻機動隊』が『ゴースト・イン・ザ・シェル』になった」 Production I.G石川光久が明かす、ハリウッド版攻殻に宿る“魂”
「僕自身はアニメで勝負したいなとあらためて思った」(石川)(2017/3/24)

実写化の不安乗り越え完成したスカヨハ攻殻をたけし称賛「漫画の実写で最初に成功した例に」
たけし「ゴースト・イン・ザ・シェル唯一の失敗は荒巻じゃないかという説も(笑)」(2017/3/16)

実写版攻殻「ゴースト・イン・ザ・シェル」、少佐の日本語吹き替えは田中敦子に! 大塚明夫、山寺宏一も同役で
アニメ版のキャストを充てるだなんて……最高じゃないか!!(2017/3/10)

新海誠「好きです」、樋口真嗣「本当に凄い」 SF映画「メッセージ」を日本映画監督らが絶賛
巨大飛行体がばかうけにしか見えないなんて言ってすまない。(2017/3/9)

“超絶絵師”坂本サク一人5役の怪異アニメ「アラーニェの虫籠」が製作開始へ
「分業化しないことから生まれる直感的な絵作りは計り知れない可能性を秘めている」(2017/2/24)

タイムアウト東京のオススメ:
今年も映画漬けになる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/1/17)

NHKで日本アニメ100周年企画「ニッポンアニメ100」始動 作品とアニソンベスト100をWeb投票で決めるぞ
アニソンのベスト100は、番組でライブとして発表!(2016/12/13)

NHK、「ベストアニソン」投票受け付け 来年2月の番組で発表
「ベストアニソン」をWeb投票で選び、来年2月の番組で発表する企画をNHKが始めた。日本のアニメ100周年を記念した企画だ。(2016/12/13)

押井守監督がアニー賞生涯功労賞を受賞! 宮崎駿監督や高畑勲監督などに続き日本人6人目
(2016/11/29)

バトーさんも初お目見え:
ハリウッド版「GHOST IN THE SHELL」の東京発イベントで2分30秒トレーラー初公開
日本の士郎正宗作品「攻殻機動隊」のハリウッド版実写映画「GHOST IN THE SHELL」のイベントが東京で開催され、監督が配役などについて語った。2分30秒のトレーラーも公開された(記事に転載)。(2016/11/14)

ハリウッド版「攻殻機動隊」の最新映像が公開 少佐の光学迷彩スーツ姿も
スカーレット・ヨハンソン扮する少佐。慣れてきた?(2016/11/8)

「スーパーゲームボーイ」「犬っぽい」「押井守監督に見える」 新ハード「NINTENDO SWITCH」反応まとめ
コントローラーから耳生えてる。(2016/10/21)

ガメラ、六本木に襲来!? 全展示撮影可能な「大都市に迫る 空想脅威展取材」先行取材レポ
ゴジラの姿も確認できました!(2016/9/23)

ハリウッド実写版「攻殻機動隊」トレーラー公開 北野武の姿はアウトレイジを彷彿?
10秒ほどの短いものが5本公開されました。(2016/9/22)

神山健治監督「押井さんと久しぶりにすれ違ったのだが、別人だったか?」 まさかの押井守監督そっくり猫が発見される
押井監督似のバセットハウンド情報もお待ちしています。※追記あり(2016/8/24)

「これは僕の廃墟願望を満たすゲーム」 押井守、『ドラゴンクエストビルダーズ』に妄想の塔を建築す 後編
押井守は『ドラゴンクエストビルダーズ』でいったいどんな世界を作り上げたのか? 異色のゲーム中心インタビュー(後編)。(2016/7/21)

「これは僕の廃墟願望を満たすゲーム」 押井守、『ドラゴンクエストビルダーズ』に妄想の塔を建築す 前編
押井守は『ドラゴンクエストビルダーズ』でいったいどんな世界を作り上げたのか? 異色のゲーム中心インタビュー(前編)。(2016/7/20)

押井守監督の短編が2017年公開決定
国内でも放送してほしい……!※追記・訂正あり(2016/7/5)

「攻殻機動隊」ハリウッド実写版、草薙素子の画像が初公開 主な配役も発表
ハリウッド版「攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)」の撮影が始まったとして、Paramount PicturesとDreamWorks Picturesがスカーレット・ヨハンソン扮する草薙素子の画像を公開した。荒巻課長(北野武)以外の主な配役も発表された。(2016/4/15)

海外オタク見聞録:
「ウィザードリィ」とアニメの意外な関係 作者ロバート・ウッドヘッド氏インタビュー
「ウィザードリィ」の作者として知られるロバート・ウッドヘッド氏。実は日本のアニメを翻訳する事業も手がけています。(2016/3/30)

押井守監督の悲願 1999年に凍結された幻の「G.R.M.」解禁!
前売り券特典DVDについてくる! 冒頭1分をYouTubeでも公開。(2016/3/24)

スタジオジブリ・鈴木敏夫さんをプロデューサーに起用 押井守監督最新作「ガルム・ウォーズ」日本語版が公開決定
アニメーションと実写の境界線を越える新たな映像への挑戦。(2016/1/28)

Weekly Access Top10:
地下鉄の車窓から
東京の地下には、まだまだ謎が眠っているようです。(2015/11/9)

アニメ放送から34年! Twitterでハッシュタグ「うる星やつらの日」が盛り上がる
あんまりソワソワしないで。(2015/10/14)

人間国宝が和紙をすきました! 粋すぎる攻殻機動隊の「浮世絵」第1弾が予約開始
しょく〜〜ん! 少佐が浮世絵になるよ〜〜!(2015/9/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。