ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ピーター・チョウ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ピーター・チョウ」に関する情報が集まったページです。

HTC、CEO交代 ピーター・チョウ氏は研究開発に専念
中国Xiaomiなどにシェアを奪われつつある台湾HTCが、共同創業者のシェール・ワン会長をCEOに任命した。長くCEOを務めたピーター・チョウ氏は新製品開発に専念する。(2015/3/23)

Mobile World Congress 2015:
Qualcommが「Snapdragon 820」発表、“学習型”の認識技術や3D指紋認証でモバイルをもっとスマートに
Qualcommが最新プロセッサの「Snapdragon 820」を発表。コンピュータビジョンを活用できる認識(コグニティブ)プラットフォームの「Zeroth」や高精度の指紋認証が可能な「Sense ID」なども披露した。(2015/3/3)

HTC、新フラッグシップ「HTC One M9」やフィットネス端末を発表
HTCがAndroidスマートフォンのハイエンドモデル「HTC One M9」を発表した。ディスプレイは5型で、アルミユニボディのシルバーモデルはゴールドの縁取りの2トーンだ。(2015/3/2)

PR:ガジェットブロガーも思わずうなった 「HTC J butterfly HTL23」が評価される理由
HTC NIPPONが開催した「HTC Conference Tokyo 2014」で、HTC Jシリーズの最新モデル「HTC J butterfly HTL23」が披露された。デジタルガジェット好きなブロガーたちは、新端末をどのように評価したのだろうか。(2014/9/1)

石野純也のMobile Eye(8月18日〜29日):
au「HTC J butterfly」「MeMO Pad 8」とソフトバンク「AQUOS CRYSTAL」で見えた、端末戦略の違い
例年、8月は夏の商戦期が一段落するタイミングだが、2014年はKDDIとソフトバンクモバイルから、戦略的なスマートフォンやタブレットが複数発売された。今回は、両社の端末に対する取り組みを解説していく。(2014/8/30)

新モデル登場に1年かかった理由は?:
大人になって帰ってきました――「HTC J butterfly HTL23」で注目すべき4つのポイント
「全く新しいHTC J butterfly」として8月29日に発売される「HTC J butterfly HTL23」。そのお披露目となる「HTC Conference Tokyo 2014」にはHTC CEOのピーター・チョウ氏やKDDI田中社長らが登壇し、多くの海外メディアも集まった。(2014/8/19)

PR:ブロガーも“こんなの、はじめて”――Meet the HTC Nightで体験した「HTC J One」の新しさ
5月20日に開催されたHTC J Oneの発表記念イベント「Meet the HTC Night」には、多くの記者やブロガーが参加した。今回は、ブロガーが作成したエントリーをもとに、HTC J Oneの魅力をあらためてひもといていきたい。(2013/6/7)

PR:13人のプロフェッショナルに聞いた――「HTC J One」の魅力と新しさ
HTCの最新スマートフォン「HTC J One」は、さまざまな“新しさ”を持つが、実際の使い勝手はどうか。スマートフォン、カメラ、オーディオに造詣の深い13人に感想を聞いた。(2013/5/27)

海外の辛口コラムニストも絶賛?:
まったく新しい初めての経験を――「HTC J One」が提供する4つの価値
「世界中からポジティブレビューを受けている」という「HTC One」を日本仕様にした「HTC J One」。HTC NIPPONは、同端末のプレス・ブロガー向けイベントを5月20日に開催し、スペシャルゲストにKDDI代表取締役社長の田中孝司氏も駆け付けた。(2013/5/21)

「HTC J One」の開発思想を聞く(1):
PR:HTCの新しいDNAを注入して完成した“フルメタルボディ”と“HTC BlinkFeed™”
海外で発売された「HTC One」のデザインや機能の特徴はそのままに、日本向けのカスタマイズを施した「HTC J One」。本機はこれまでのスマートフォンとは何が違うのか。商品企画部門の伊藤泰氏に話を聞きながら、開発思想をひもといていく。今回はデザインとUIに焦点を当てた。(2013/5/20)

「Facebook Home」は“人が中心”のホーム画面 搭載端末「HTC First」も
FacebookがAndroid端末向けホームスクリーン「Facebook Home」とこれをプリインストールしたスマートフォン「HTC First」(AT&Tが99.99ドルで12日に発売)を発表した。Homeは4月12日にGoogle Playからダウンロードできるようになる。(2013/4/5)

石野純也のMobile Eye(11月19日〜11月30日):
嫉妬される「HTC J butterfly」の魅力/“使い勝手”を訴求する富士通/auとSB版iPad miniの料金を検証
この2週間は冬モデルの話題が相次いだ。冬モデルの中でも一際高い注目を集めているHTCの「HTC J butterfly」は、KDDIとの協業で生まれた第2弾モデル。このほか、ARROWS Vをはじめとする富士通の新機種と、11月30日に発売されたiPad mini/iPad RetinaディスプレイモデルのWi-Fi+Cellularモデルについても取り上げる。(2012/12/3)

海外から嫉妬の嵐?:
スペックだけじゃない――“ひと目惚れ”スマホ「HTC J butterfly」で目指すもの
「米国や欧州でも発売してほしい」――そんな声が聞こえるほど注目を集めているHTCの新型スマートフォン「HTC J butterfly」。5インチフルHD液晶やクアッドコアCPUなどスペックの高さが注目されやすいが、HTCが訴求したいのはスペックだけではないという。(2012/11/21)

AppleとHTCが和解 10年のクロスライセンス契約を締結
AppleがAndroid端末メーカーとの訴訟で和解するのはこれが初めてだ。(2012/11/12)

神尾寿のMobile+Views:
秘めたるは“日本の魂” 「HTC J ISW13HT」の魅力とインパクトとは?
台湾HTCとKDDIが協力して生み出した日本市場向けのAndroidスマートフォン「HTC J」は、グローバルモデル「HTC One S」をベースに、日本に合わせたカスタマイズを施したモデルだ。実機に触れてみると、日本のケータイが作り上げてきた文化やノウハウがその中で存分に生かされていることが分かる。(2012/5/14)

石野純也のMobile Eye(4月9日〜4月20日):
HTCが日本特化スマホを開発した理由/絵文字統一で変わること/MMS対応でau版iPhone 4Sが優位に?
この2週間は後半に大きなニュースが集中した。特に注目は、発表されたばかりのauスマートフォン「HTC J ISW13HT」だ。事業者間の絵文字統一に向けた取り組みや、au版iPhone 4SのMMS、ビジュアルボイスメール対応などもピックアップした。(2012/4/20)

KDDI×HTC:
技術オリエンテッドなHTCが“カワイイ”に目覚めた日――国内向け「HTC J」を生んだ新戦略
ハイスペックを武器に“グロスマ”の市場地図を塗り替えてきたHTC。そのHTCが日本専用スマホを開発した陰には、チョウCEOに「カワイイとはこういうことだ!」とレクチャーする存在があった。そう、KDDIの田中社長である。(2012/4/20)

Mobile World Congress 2012:
実はこんなにあった! MWC2012に出展されていたWindows Phone
3月1日に閉幕した、通信業界最大の展示会「Mobile World Congress 2012」。今年展示された端末の多くはAndroidスマートフォンだったが、Windows Phoneへの注目も高まっている。「ななふぉ」でWindows Phone関連情報を発信している山口健太氏が状況をまとめた。(2012/3/19)

石野純也のMobile Eye(2月20日〜3月9日):
新型iPadの魅力と注意点/イーモバLTEサービスの行方/MWCで注目を集める日本市場
今回はMobile World Congress 2012が開催されていた関係で、3週間分のトピックをお届けする。国内のトピックで選んだのが新型iPadの発表と、イー・アクセスが3月15日に開始するLTEサービス。日本市場の存在感が増していると感じたMWCにも触れる。(2012/3/9)

Mobile World Congress 2012:
HTC Sense 4.0で何が変わった?――「HTC One」の新UIを試す
MWCで発表された「HTC One」シリーズは、Android 4.0への対応に伴い、UIもHTC Sense 4.0にバージョンアップしている。何が変わったのか。ホーム画面、カメラ、音楽機能を中心にチェックした。(2012/3/1)

HTC、日本市場向けにカスタマイズしたスマートフォンをKDDI向けに開発
HTCとKDDIが、日本市場向けにカスタマイズしたスマートフォンの開発に合意した。端末の詳細や投入時期などは未定。(2012/2/29)

Mobile World Congress 2012:
カメラと音楽機能を強化――HTCがスマートフォンの新シリーズ「HTC One」を発表
HTCがMobile World Congress 2012の開催に先立ち、スマートフォンの新シリーズ「HTC One」に属する3機種を発表した。いずれもAndroid 4.0を搭載し、カメラと音楽を中心に機能や操作性が向上している。(2012/2/28)

GoogleのMotorola買収にSamsungやHTCが歓迎の意を表明
GoogleによるMotorola Mobilityの買収発表に対し、SamsungやHTCなどのAndroid端末メーカーが歓迎の意を表したほか、Nokiaも「Windows Phoneエコシステムの促進につながる」と語った。(2011/8/16)

HTC、ドクター・ドレーのヘッドフォンメーカー、Beats Electronicsに出資
スマートフォンメーカーのHTCが、高機能ヘッドフォンメーカーのBeatsの株式51%を取得する。この秋に両社の技術を統合した製品を発売する。(2011/8/11)

Mobile World Congress 2011:
Facebookフォンから軽量タブレットまで――HTCがスマートフォン6機種を披露
HTCはAndroid OSを搭載したスマートフォンの新シリーズ3機種と、FacebookとコラボレートしたFacebookフォン、そして待望のタブレット端末を発表した。(2011/2/16)

アジア各国やフランスからキャリア幹部も参加:
HTC、盛大なパーティーで新端末やクラウドサービスお披露目
9月15日に英国で華々しいデビューを飾ったHTCの最新スマートフォン「HTC Desire HD」と「HTC Desire Z」のローンチ・パーティーが、改めて10月7日にHTCの本拠地、台湾で開催された。会場は台湾、香港、マレーシア、フランスなどでHTCの端末を提供するキャリアらがはせ参じた。(2010/10/10)

HTCってどんな会社なの?:
【台北発】SBMからHTC Desire後継の新Android端末登場か?
HTCのアジア・パシフィックプレス向けツアーに参加した@ITの西村記者が、HTC本社の様子やHTCの最新の取り組みをリポートする。(2010/10/7)

日本市場でも「年内に発売したい」:
“Android新時代”の旗手――ロンドンで見たHTC「Desire HD」と「Desire Z」の実力
HTCが英国ロンドンで発表した「Desire HD」と「Desire Z」は、最新のスペックと高い質感を合わせ持つ、Androidスマートフォンの旗手だ。その存在は日本市場のスマートフォン移行を促す存在にもなり得る。(2010/9/16)

HTC、Appleからの特許侵害訴訟を「全力で戦う」と宣言
HTCのピーター・チョウCEOが「Appleの訴訟では全力で防御する」とする声明文を発表した。(2010/3/19)

Mobile World Congress 2010:
BREW MP、MediaFLO、蝶の羽から発想したディスプレイ技術を披露――Qualcommブース
QualcommはMWCの同社ブースで、DC-HSPA/LTEなどの無線技術やBrew Mobile Platform、MediaFLOなどの技術に加え、蝶の羽から発想したというディスプレイ技術の「Mirasol」を披露した。(2010/2/19)

「日本の携帯市場はまだ飽和などしていない」──イー・モバイル 千本会長
イー・モバイルの千本倖生会長は、音声サービスを開始するに当たって「日本が世界一の携帯国家になるためにどうすればいいか考えた」という。同氏は日本の携帯電話市場はまだまだ大きな成長の余地があると話した。(2008/2/26)

イー・モバイルが音声サービス開始――“基本料金0円/月、パケット定額1000円/月”からの「ケータイプラン」
イー・モバイルが、3月28日から提供する音声サービスの概要を明らかにした。通話の基本料金が無料でパケット定額が1000円/月からの「ケータイプラン」を提供し、月額980円の「定額パック24」を追加すれば、イー・モバイル間の音声通話を24時間定額で利用できる。(2008/2/25)

HTC創業10周年・新社屋落成記念式典:
次の10年も革新的なWindows Mobile端末を開発していく──HTCが表明
台湾HTCは9月6日、同社の創業10周年と新社屋の落成を記念して式典を催した。式典には地元台湾だけでなく米国、欧州、日本など世界各地から携帯電話業界の要人が駆けつけた。(2007/9/7)

「HTC創業以来のパートナーシップをより強固に」──HTCとQUALCOMMのCEOが会見
台湾のHTCと米QUALCOMMは9月5日(現地時間)、最新チップセットMSM7000シリーズを搭載した端末を、HTCが世界に先駆けてリリースしたこと、年内に同チップセット搭載機を10機種ラインアップすることなどを明らかにした。(2007/9/6)

「TouchFLO」は高性能でも簡単──HTCが考える未来のUIとは
台湾HTCのCEO、ピーター・チョウ氏と最高マーケティング責任者のジョン・ワン氏は8月31日、同社の新しいユーザーインタフェース「TouchFLO」技術と、それを採用した「HTC Touch」「HT1100」を改めて紹介した。(2007/9/1)

指タッチはマウスに匹敵するインパクト、HTCのモバイルUI技術
スマートフォンメーカーHTCのピーターチョウCEOらが来日し、最新のスマートフォン/PDA向けUI技術「TouchFLO」などについて説明を行った。(2007/8/31)

写真で解説する「HT1100」
HTC製の「HT1100」は、画面を指でなぞって操作でる「TouchFLO」を採用したWindows Mobile 6搭載機。FOMAハイスピードのほかGSM国際ローミングにも対応し、多彩なマルチメディア機能を備える。(2007/8/31)

直感操作とグローバル対応のHTCスマートフォン「HT1100」
HTCのドコモ向け製品の第2弾となるHT1100は、指による直感操作とHSDPA/GSMネットワークに対応した新モデルとなる。(2007/8/31)

1100シリーズは携帯電話と同じ感覚で使えるWindows Mobile端末──ドコモ永田氏
ドコモが発表した1100シリーズのWindows Mobile端末は、「携帯の形をしたWindows Mobile端末」だとドコモの永田清人氏。新端末で、ハイエンドコンシューマーユーザーもターゲットにして市場拡大を狙う。(2007/8/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。