ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「Pixar」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Pixar」に関する情報が集まったページです。

ディズニーシーにピクサーグッズ&フードが充実! 「ピクサー・プレイタイム」開催中
SNS映えするフードとグッズがいっぱいです。(2020/1/10)

ディズニーストアのピンクでフォトジェニックなバレンタイン トイ・ストーリー「ハム」のチョコレートに注目
ワントーンで統一されたデザインがすてき。(2020/1/16)

ダッフィー組の新メンバーもさっそうと登場:
東京ディズニーリゾートの冬が熱い! ミニーとピクサー、どっちがお好み?
シーは「クッキー・アン」が登場、ランドはミニー祭。(2020/1/9)

2019年の生活を変えたモノ:国内外で“データ使い放題プラン”を契約してストレスフリーに
KDDIは5Gサービス開始を前にして、データ使い放題の「データMAXプラン」を投入した。実際に契約すると、本当にデータ容量に対するストレスから解放された。あまりにauデータMAXプランが快適なので、主に海外で利用しているGoogleのMVNOサービス「Google Fi」の契約も使い放題プランに切り替えてしまった。(2019/12/27)

ミッキーマウスが幸せを呼ぶだるまに変身! ディズニーストアの「Eto Disney」シリーズで新年をお祝いしよう
デスクに飾りやすいミニサイズのアイテムも。(2019/11/28)

ドコモが「ギガホ」「ギガライト」と「Disney DELUXE」のセット割を提供 月額700円引き×12カ月間
ウォルト・ディズニー・ジャパンとNTTドコモが共同提供している「Disney DELUXE」にセット割が登場。ドコモの「ギガホ」または「ギガライト」を契約した上で条件を満たすと、12カ月間の月額料金が700円引きとなる。(2019/11/25)

用途に合わせて、どのような分野でも活用可能:
PR:エンタープライズでも「GPUは有効」――画像処理に特化したプロセッサという“誤解”を払拭するNVIDIA
エンタープライズ領域でのGPUの活用はVDIにとどまっており、シミュレーションやデータサイエンス、AR/VRでの活用はあまり認知されていない――そうしたエンタープライズでのGPU活用に関する“誤解”を払拭すべく、NVIDIAが力説する「GPUの有効性」とはどのようなものなのだろうか。NVIDIAの担当者に話を伺った。(2019/12/17)

BSチャンネル「Dlife」が2020年3月31日で放送終了へ ネットでは「嘘だと言って」「ショックです…」の声
ディズニーが約8年前に放送開始した無料BSチャンネルでした。(2019/11/14)

tsumug.edge:
エストニアに住む日本人が見たEduTechの実態と課題──親と学校の対立はITで解消できるか
「電子国家」として世界の注目を集めている北欧のエストニア。その実態について、エストニアに移住した筆者が見た電子国家のリアルをお届けする。(2019/11/27)

Disneyの定額動画配信サービス「Disney+」、Verizonの一部ユーザーは1年無料に
米通信大手Verizonの定額無制限プランユーザーは、Walt Disney Companyが11月に米国で開始する定額動画配信サービス「Disney+」を1年間無料で利用できる。Disney+の年間サブスクリプション料は69.99ドルだ。(2019/10/23)

トム・ホランドとクリス・プラット、ピクサー最新作「2分の1の魔法」の予告を前に兄弟愛を見せつける
予告を見てキャッキャとはしゃぐ様子が尊い。(2019/10/11)

こだわりと愛がすごい! ディズニーハロウィーンの仮装ゲストを全力レポート
ディズニー作品の仮装OKなハロウィーン期間のディズニーリゾート。こだわりでいっぱいです!(2019/10/6)

DisneyのアイガーCEO、Appleの取締役を辞任 競合する「Disney+」と「Apple TV+」のスタート前に
Appleの取締役を2011年から務めてきたWalt Disneyのボブ・アイガーCEOが、Appleの取締役を辞任した。Appleは9月10日、Disneyが11月12日に月額6.99ドルで提供開始する「Disney+」と競合する「Apple TV+」を11月1日に月額5ドルで提供すると発表した。(2019/9/15)

「物語の命の火を消さないでいたい」ージョン・ファヴロー監督、「ライオン・キング」に吹き込んだ新たな“魂”
監督が「ライオン・キング」を語り直す理由。(2019/8/9)

ピクサー最新作「Onward」の邦題が「2分の1の魔法」へ MCUコンビの兄弟役に期待の声も
2020年3月13日公開。(2019/8/8)

Disney、「Disney+」+「Hulu」+「ESPN+」の月額12.99ドルサービスを発表
Disneyが、11月に米国でスタートする定額動画サービス「Disney+」と、100%支配権を持つHulu、スポーツ動画サービス「ESPN+」をバンドルし、月額12.99ドルで提供すると発表した。米NetflixのStandardプランと同額だ。(2019/8/7)

ひろゆきの仕事哲学【前編】:
【独占】ひろゆきが語る「“天才”と“狂気”を分けるもの」
平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。前編のテーマは「“天才”と“狂気”を分けるもの」――。(2019/7/18)

「絶対に日本語で歌うべきだと思っている」 ダイアモンド☆ユカイ、「トイ・ストーリー」主題歌が持つ“日本語の力”を語る
「トイ・ストーリー4」では約23年ぶりに「君はともだち」を新録。(2019/7/17)

俳優が声優を務める難しさ――唐沢寿明&竜星涼、「トイ・ストーリー4」のキャラクターに“命”を吹き込む思いを語る
唐沢さんは約23年間ウッディとして、竜星さんは長年続く作品の新キャラクターとして日本語吹き替えを担当。(2019/7/12)

「これでシリーズが終わってもハッピーだと思っている」 「トイ・ストーリー4」の監督が公開前に語ったウッディの成長の“完結”
今回は非常にエモーショナルな結末を用意しています(クーリー監督)。(2019/7/5)

「トイ・ストーリー4」監督、新作への“プレッシャー”に言及 唐沢寿明&所ジョージはウッディ&バズに似ている?
ジョシュ・クーリー監督と、プロデューサーのマーク・ニールセンが来日。(2019/6/27)

ディズニーランド&シー「トイ・ストーリー」グッズのオススメは? ポップでカラフル「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」
「トイ・ストーリー4」新キャラのグッズも早速。(2019/6/19)

ウッディやバズ・ライトイヤーからボー・ピープまで! ディズニーストアの『トイ・ストーリー4』の新グッズにわくわくが止まらない
「トイ・ストーリー」ファンにはたまらない!(2019/6/21)

ディズニーで「トイ・ストーリー」の世界を味わう! 「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」のオススメフード&ドリンク
7月12日公開「トイ・ストーリー4」にちなんだプログラムとフードが登場!(2019/6/17)

東京ディズニーランドホテルの「アナ雪目隠しダイニング」でレリゴーを考えた
この記事には「レリゴー」が61回出てきます。(2019/6/17)

「本当に嬉Tですね!」 チョコプラ、「トイ・ストーリー4」新キャラ、ダッキー&バニーの声優に決定!
チョコプラ「嬉T」。(2019/6/5)

ここでは、あなたのストーリーが主人公:
まごうことなきあの世界 ディズニーランドにオープンした「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」を体験してきた
写真で見るだけでは分かりにくいそのスゴさを、一足先に“銀河の辺境”へ足を踏み入れてレポートしましょう。(2019/6/3)

ジーユーのディズニー&ピクサーコラボTシャツのラインアップがどれにするか悩むかわいさ 大人はアウトドアなミッキーフレンズ、キッズは「トイ・ストーリー」
ヴィンテージな感じなので大人が着ていても自然なディズニーアイテム。(2019/5/27)

「宣戦布告してる」 映画「チャイルド・プレイ」の米ポスター、トイ・ストーリーを敵視したデザインが暴走しまくり
敵はディズニーだぞ……!(2019/5/23)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
ディズニー、Hulu…… 動画配信の覇権争いは日本アニメをどう変えるか
覇権争いを激化させる映像配信プラットフォームの巨人たち。日本アニメにどんな影響を与えるか。アニメ・映像ビジネス報道の第一人者が斬る。(2019/5/9)

バズ、マイク、ニモに命を宿すには?:
ピクサーの極意を科学で斬る「PIXARのひみつ展」を見てきた
ピクサーがアニメーションを作る工程を実際に体験しながら学べます。(2019/4/13)

ディズニーの動画サービスは米国で11月開始 月額6.99ドル 2年以内に世界の主要地域で展開
早く日本にも来てほしい。(2019/4/12)

ディズニーの定額動画サービス「Disney+」は月額6.99ドルで11月に米国で開始
Disneyが11月に米国で開始する定額動画サービス「Disney+」の詳細を発表した。サブスク料金は月額6.99ドルとNetflixの最低プランよりさらに2ドル安く、「スター・ウォーズ」や人気アニメなどの既存映画をオフラインでも視聴できる。様々なオリジナルコンテンツも提供していく。(2019/4/12)

アントマン役ポール・ラッドも登場:
香港に行けば君もアベンジャーズだ 「アントマン&ワスプ:ナノバトル!」香港ディズニーランドにオープン
香港ディズニーランドに待望の新アトラクション「アントマン&ワスプ:ナノバトル!」がオープン。セレモニーには監督のペイトン・リード、主演のポール・ラッドも登場し、最新鋭の技術を使ったライドのオープンを祝いました。(2019/4/2)

「もはや面影なし!」 バービー、イモト、やしろ優ら女性芸人の“加工ありなし”写真が衝撃のビフォーアフター
加工アプリ怖い。(2019/3/29)

「ボー何があったん?」 「トイ・ストーリー4」最新映像が公開、たくましく生きるボーの姿に興味津々の声
私の知っているボーじゃなかった。(2019/3/20)

「Disney DELUXE」提供で「Disney+」日本上陸はどうなる?
日本でディズニーの動画見放題サービスが3月から始まる。米Walt Disney Companyも19年後半に動画配信サービスを始めると発表しているが、日本でのサービス展開はどうなるのか。(2019/3/7)

「Disney DELUXE」体験してみた 4つのアプリ、何ができる?
ウォルト・ディズニー・ジャパンとNTTドコモが3月26日から新サービス「Disney DELUXE」を始める。同サービス向けのアプリは4種類。それぞれ何ができるか試してみた(2019/3/7)

ディズニー見放題「Disney DELUXE」、月700円で ドコモと組み3月26日から
ディズニーの定額制動画配信はドコモと手を組んでスタートする。(2019/3/7)

ディズニー傘下の動画やコンテンツが見放題、使い放題――「Disney DELUXE」始動 月額700円で3月26日スタート
ディズニー傘下の「ディズニー(Disney)」「ピクサー(Pixar)」「マーベル(Marvel)」「スターウォーズ(STAR WARS)」ブランドの動画やコンテンツが見放題、使い放題となる定額サービスが3月26日にスタート。認証や決済、販売促進面でNTTドコモがサポートする。【更新】(2019/3/7)

ディズニーとドコモ、共同で見放題サービス提供開始へ ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル作品が見放題に
これまで他の定額動画配信サービスに登場していなかった「アナと雪の女王」なども見放題に。(2019/3/7)

「ツムツム」に続くスマホゲーム、LINEとディズニーが今春配信
LINEがスマホゲーム「LINE:ディズニー トイカンパニー」を今春に公開。ディズニーと共同開発するゲームアプリは「ツムツム」に続く2作目。(2019/3/4)

小さな野良猫とあまり幸せではない飼い犬 2匹の友情を描いた短編アニメをピクサーが無料公開
ハンカチを用意したほうがいいかもしれません。(2019/2/21)

Apple、音声アプリ開発企業「Pullstring」を買収
元Pixar幹部らが立ち上げた音声ベンチャーをAppleが手に入れた。(2019/2/17)

あの「ピクサーのロゴムービー」を高校生が再現 「こんな青春、絶対楽しい」と大絶賛
X役のポーズも、見れば見るほどじわじわくる。(2019/2/2)

日本の学生が作ったコマ撮りアニメが国内外でアニメアワードを受賞 「マイリトルゴート」作者に聞く制作の裏側
暖かさとダークな世界観の融合に目を奪われる作品です。(2019/1/31)

帰ってきたボー・ピープ! 「トイ・ストーリー4」で再登場 19年ぶりのビジュアルに注目集まる
アンディの家からいなくなってから何があった。(2019/1/30)

ディズニーシーのピクサーフード&グッズがかわいすぎる! ド派手なモンスターズインク「クッキーサンド」「サリまん」に注目
フォトジェニックなブッフェも!(2019/1/16)

東京ディズニーシーで開催中「ピクサー・プレイタイム」 大人も子どもも楽しいショー&プログラムを全力レポート
子どもが満喫できる体験プログラム&ゲームブースも。(2019/1/16)

「トイ・ストーリー4」に濃すぎる新キャラ“ダッキー”と“バニー” ウッディ&バズとの絡みも
クセがすごい。(2019/1/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。