ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「貧乏」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「貧乏」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

“いま”が分かるビジネス塾:
アベノミクス総括 経済成長しても生活は豊かにならなかった真の理由
菅内閣が誕生、筆者はアベノミクスを総括。経済成長したものの生活への好影響感じられず。真因にマクロ経済から迫る。(2020/9/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
伊藤忠のファミマTOB成立、王者セブンに勝つ術はあるか
伊藤忠のファミマTOBが成立。コンビニと商社の一体化がますます加速。別路線を取る王者セブンに勝つ術はあるか。(2020/9/1)

売上1億円超えのオタクホスト「阿散井恋次」さんとオタク話をしたら完全にガチ勢だった回
オタク対談初のゲスト。思いっきり意気投合しました。(2020/8/23)

“いま”が分かるビジネス塾:
持ち家がもはや「冗談抜きで困難な夢」になったこれだけの理由
いまだに根強いとされる日本人の持ち家志向。しかし筆者は「冗談抜きで困難」になったと指摘。印象論でなくデータから導き出される実態とは?(2020/8/18)

“いま”が分かるビジネス塾:
KDDI「ジョブ型移行」が暗示――“企業社会で居場所消滅するサラリーマン激増”の未来
KDDIが「ジョブ型雇用」導入を表明。筆者はこれが日本型雇用の崩壊につながると指摘。企業社会で居場所が消滅するのはどんな人か。(2020/8/4)

金出すから早く付き合ってくれ! “イチャイチャするとお金が湧く2人”の漫画にニヤニヤが止まらない
んんんんじれったい! そして甘ぁぁい!(2020/8/4)

PR:丸亀製麺、最大920円お得な「打ち立てセット」爆誕 家族や仲間と選べる天ぷらのチョイスも楽しいぞ
好きなうどん+好きな天ぷら2個+いなりで1人当たり500円、最大920円分おトクに。(2020/7/30)

“いま”が分かるビジネス塾:
「何でもスクショ」な若者と「いつでも電話」中高年の意外な共通点――日本特有の“使えない人材”とは
「何でもスクショを飛ばして済ます」若者が話題に。ただ根底の問題は「いつでも電話」してしまう中高年と一緒と筆者は指摘。日本企業の人材、ひいてはマーケティングに横たわる課題とは?(2020/7/21)

“いま”が分かるビジネス塾:
コロワイドの提案退けた大戸屋、再建になおも立ちふさがる“究極のジレンマ”
大株主コロワイドと対立する大戸屋。株主提案は否決されたが経営再建は茨の道。店内調理の是非、そしてもっと奥に潜む対立も。(2020/7/7)

「メシがうまそうな映画」で夏バテを吹っ飛ばせ! 刑務所メシからヤバイ肉まで印象的な食事シーン5選
そうめんに飽きたあなたへ。(2020/7/3)

“いま”が分かるビジネス塾:
コロナ禍直撃のビール業界、特にアサヒに苦境が待ち受ける真の理由
新型コロナで苦境のビール業界。特にアサヒにその影響が直撃。同社本来の「強み」が仇になったと筆者は分析。(2020/6/23)

意味がわかると怖い話:「独り暮らし」
出かけたとき、鍵を閉め忘れた気がする。(2020/6/21)

ネット激震の「邪悪」な主人公はこうして生まれた 『連ちゃんパパ』作者・ありま猛インタビュー
『連ちゃんパパ』のモデルはあの人だった……!(2020/6/14)

“いま”が分かるビジネス塾:
印鑑業務を止めるだけで日本人が休暇を1週間増やせる深い訳
東北大が押印廃止で事務をオンライン化。こうした生産性向上で筆者は「1週間分の休み」が増えると試算。欧米で取れる長期休暇が日本で取れない真因をそこに見る。(2020/6/10)

特集:2020年、AI活用の成否を分かつ技術とは(1):
もはやPoCばかりやっている場合ではない――企業が抱くAIへの誤解と課題
Deep Learningがブレークスルーとなった昨今の「第3次AIブーム」。2020年は、企業の「AI」活用において、ブームのままPoC(概念実証)で終わるのか、本番で稼働するシステムやサービスに適用できるのかの分水嶺(れい)となるだろう。その成否を分かつものは何なのだろうか。本特集では、現在の機械学習・Deep Learningにおけるさまざまな課題の中でも技術的なものを中心に整理し、その解決策としてAutoML(機械学習自動化)、MLOps(機械学習基盤)といった技術を解説。加えて、それらを活用している企業の事例を紹介する。初回は、日本ディープラーニング協会の理事に、2020年現在のAI活用における課題について聞いた。(2020/5/29)

集中連載 新型コロナで経済死しないための方法 :
ひとりで悩んでは出口が見つからない
「もうダメだ。死んでしまおう」と思う零細経営者の気持ちは、身を持って分かるし、役に立ちたい。そう思うと、しがない物書きの筆者にできるのは、切羽詰まった人が、生きるために役立つ情報の提供しかない。(2020/5/27)

おしえて、キラキラお兄さん:
エンジニアに学歴は必要ですか?
僕は「自由」なわけじゃない、「自分勝手」なだけだ――HAL9000に憧れてIBMに入社し、同社初の“ドクター未満”で研究所所員となった米持幸寿さんは、自身のキャリアを振り返って、こう評す。人に恵まれ、運に恵まれ、何より努力を重ね、やりたいことを実現してきた米持さんの挫折と、過去の自分への恨みを晴らした出来事とは。(2020/5/18)

「ボーイズラブ小説の先駆者」「三島由紀夫も大絶賛」 黒柳徹子が語る森茉莉エピソードが歴史的証言感にあふれると話題に
登場人物全員大物!(2020/5/12)

付き合ってデートやキスをしたいのはいけない事ですか? 「かぐや様は告らせたい?」2話 かぐや脳内法廷は大騒ぎ
かぐや様、がんばりましたね。(2020/4/19)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
PoCで停滞してしまうのはなぜ? DX最新動向調査から見えた課題と対策
従業員1000人以上の企業を対象にしたDX調査によると、44%の企業がPoCの段階にある一方、64%がそのまま停滞に陥る「PoC貧乏」の状態にあるという。これを回避し、DXを進捗させている企業はどんな施策を行っているのか、具体的に解説する。(2020/4/17)

夏休みを終えた男女は……何の進展もなく……2期スタート「かぐや様は告らせたい?」1話
生徒会内の恋愛は今日も平和です。(2020/4/12)

IT革命 2.0〜DX動向調査からインサイトを探る:
DX実現まで2.5年、スピードが命のDXで自社は「ベニザケ型」か「ヒメマス型」か
DXにまい進する企業と、途中で停滞してしまう企業があります。その違いはどこから生まれるのでしょうか? ベニザケとヒメマスの生態と、DXに取り組む企業行動は酷似しています。今回は、その類似性に由来する閑話です。(2020/3/27)

IT革命 2.0〜DX動向調査からインサイトを探る:
「ディスラプター」を見たことがありますか? DX物語
今回は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を語る上でたびたび登場する「ディスラプター」(破壊的イノベーター)の由来についての閑話です。というのも、GAFAやTech系の秀才たちは「子どものころにSFの名著『スターキング』を読んでいた方が多いのでは」と思えるからです。(2020/3/26)

DX推進で成果が出る組織だけが持つ特徴は:
PR:DXが全然進まない「PoC貧乏」はなぜ生まれる? 「抵抗勢力」を味方につける、冴えたアプローチ
「私たちはPoC貧乏」――。DXの推進状況を調査したら、何年もPoCばかりを続けるPoC停滞企業が大量にあぶり出された。PoCの“沼”を脱出するにはどうしたらよいか。DX実践企業を支援する人物に聞く、PoC貧乏突破の冴えた手法とは。(2020/3/23)

IT革命 2.0〜DX動向調査からインサイトを探る:
約30年の蔵書から発掘する「デジタル」と「トランスフォーメーション」の本質
常に新しいテクノロジーを追いかけているIT業界にも「昔の事をたずね求めて、そこから新しい知識・見解を導くこと」、すなわち温故知新が当てはまりそうです。デジタルトランスフォーメーション(DX)のキーワードは、古くて新しいものかもしれません。(2020/3/17)

なにこれ楽しそう サンコーからブランコ型フットレスト「足プラーンコ」登場
足を置いてプラプラするだけでストレス解消に。(2020/3/15)

IT革命 2.0〜DX動向調査からインサイトを探る:
「DXで競争優位を実現する企業」はわずか13.2% 日本企業の現在地点
1000人以上の従業員を抱える日本企業への調査から、デジタルトランスフォーメーション(DX)では投資対効果の評価に苦慮する企業が多いことが判明しました。併せてDXで財務的な貢献、競争優位を実現している企業はどの段階にいるのかも明らかになりました。(2020/3/16)

IT革命 2.0〜DX動向調査からインサイトを探る:
あの時どうすればよかったのか? 今こそ振り返る20年前の「IT革命」
「IT革命」というコトバを同時代として知っている方は、ほろ苦い記憶があるではないでしょうか? しかし、もう一度振り返ることで、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みに変化が出るかもしれません。連載名「IT革命2.0」のタイトルに込めた思いをお伝えします。(2020/3/12)

IT革命 2.0〜DX動向調査からインサイトを探る:
「PoC貧乏」の実態が調査で明らかに 5年前にDXをスタートした企業の65%が「まだPoC未満」
デジタルトランスフォーメーション(DX)に早期に着手した企業に、時間の経過と共に困難が降りかかる状況が明らかになりました。PoCの認識も企業間で異なっており、もしかしたらDXをスタートする前から明暗が分かれ始めていたのかもしれません。(2020/3/11)

原作漫画が完結の『五等分の花嫁』、テレビアニメ第2期が10月から放送決定!
ティーザービジュアルと&PVも公開!(2020/2/19)

「アインシュタイン」河井、グッズの売り上げを日本児童養護施設財団へ全額寄付 自身はプレハブで暮らした過去
2019年11月に寄付することを伝えていました。(2020/1/26)

医者「安心してください」→「風邪 治し方」でググり出す おちおち風邪も引けないOL漫画「耐え子の日常」ー怒涛のスルー編ー
「平気平気!」よ永遠(とわ)に……。(2020/1/14)

今日書きたいことはこれくらい:
『エリア88』アフリカ傭兵編はなぜ途方もなく面白い「異世界転生漫画」なのか
『エリア88』は異世界転生漫画だった……?(2020/1/12)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
AIブームは熱狂から平静へ? 19年のAI業界から未来を占う
AI業界の事情に詳しいマスクド・アナライズさんが、2019年のAI業界を振り返る。(2020/1/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2019年デビューの良かったクルマ(前編)
さて、恒例の新年企画は、1日と2日の連続で2019年に乗って良かったクルマについて書いてみよう。基本的にデビュー順だ。(2020/1/1)

月刊乗り鉄話題(2019年12月特別編):
女子鉄アナウンサー久野知美さんと振り返る「2019年の乗り鉄話題ベスト10」
ムフフ〜今回はいつもよりウッキウキ。皆さん、2019年はどんな乗り鉄を楽しみましたかー?(2019/12/30)

マシーナリーともコラム:
50万円の仕事でヤクザに殺されかける愛ちゃんが不憫…… なかよし連載、エクストリーム小学生漫画『秘密のチャイハロ』を読みました
雪江さんのキャラが濃い。(2019/12/28)

にゃるら×カエルDX:
オタクが最近の「お嬢様ブーム」について話しました
オタクたちによる新連載がスタート! 月1で更新予定です(編)。(2019/12/25)

南アのケンタでプロポーズしたカップルに世界中から祝福の声 マクドナルド「新婚旅行プレゼントしたい」など大手企業からも続々申し出
祝い金だけでなく指輪や食料品などの提供を申し出る企業の姿も。(2019/11/19)

月刊乗り鉄話題(2019年10月版):
日本一貧乏な観光列車「ながまれ海峡号」の1回しか出ないメシで満腹になってやったぜ
はるばる来たヨ函館ェ〜 おいおいおいおい……! 1回だけれど「4時間食べ続ける」旨すぎる列車でした。【写真40枚】(2019/10/18)

ディルバート(624):
職場の音ハラ対策
仕事中の鼻歌やら独り言で“ヤバい人認定”を受けるのは、普通、音の発信者ですが、ディルバートの職場では何やら勝手が違うようで……。(2019/10/10)

黒木華「凪のお暇」凪の勝利を信じたゴン(中村倫也)、凪の敗北を見抜いていた慎二(高橋一生) ゴンの苛立ちにグッときた
かつて好きだったストレートヘアの凪を見て「負け」を確信した慎二。(2019/9/13)

堀江貴文の『捨て本』【前編】:
ホリエモンが「東大卒ブランド」を捨てた理由――私はこうして起業家人生をスタートさせた
本当にそれは必要ですか? 経営者としての「ホリエモン流」人生哲学。ビジネスにまつわる「捨てる」ことの意義を、3回に分けて紹介していく。前編は東大を中退し起業家人生をいかにスタートさせたのかをお届けする。(2019/10/26)

ジャニーズは努力が9割【中編】:
滝沢秀明がジャニー喜多川の「後継者」となった理由
日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を3回に分けてお届けする中編。なぜ滝沢秀明はジャニー喜多川の「後継者」となれたのか? その理由に迫る。(2019/8/17)

PR:初心者でもわかる『アベンジャーズ/エンドゲーム』の魅力を全力でプレゼンする
これさえ読めば君もアベンジャーズだ。(2019/8/14)

「粒子加速器」を自作した猛者現る 「リビングの片隅で組み立てた」──工学素人の“理論屋”が一から試行錯誤
電子や陽子などの荷電粒子を加速する「加速器」を自作した高梨さんに話を聞いた。工学系の出身ではないため、さまざまな試行錯誤を繰り返しながら加速器を作ったという。(2019/8/9)

黒木華「凪のお暇」キャスティングを不安視していてごめんなさい 開始15分で引き込まれた“リアルな重さ”
サイコパス化した高橋一生は原作よりも怖い。(2019/7/26)

「DX推進指標」を7月31日から提供開始:
経済産業省に聞く「DXレポート」の真意
2018年に発表されて以降、多くの企業の高い関心を集めている経済産業省「DXレポート」。レガシーを刷新しなければ企業は多大なインパクトを受けることになるとした「2025年の崖」問題に危機感を抱く経営層も多いが、メッセージに対する“誤解”も少なくないようだ。では「DXレポート」に込められた真意とは何か? 企業と国、それぞれが今考えるべきこととは何か? 経済産業省 商務情報政策局 情報産業課に話を聞いた。(2019/7/31)

ITはみ出しコラム:
Facebookが始める暗号通貨「Libra」 SNSに財務データは結び付けられたりしない?
Facebookをはじめ、28社が参画する新しい暗号通貨「Libra」。個人情報の取り扱いでさまざまな問題を起こしてきたFacebookですが、Libraを通じた財務情報の取り扱いは信用していいのでしょうか。(2019/7/7)

落ち目の鮨屋を世界に名だたる名店に変えた男:
「鮨屋はもう斜陽」――四代目はなぜ、ジリ貧の店を継ぐと決めたのか
鮨屋としての事業環境が厳しくなっていく中、次男には、明治から続く老舗という看板を背負う義務はない。大学に進学して普通のサラリーマンになってほしい――。そんな父の願いを知りながらも、なぜ四代目は「店を継ぐ」と決意したのか。(2019/6/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。