ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PPPoE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PPPoE」に関する情報が集まったページです。

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(13):
「超軽量」VPNを試してみよう、フレッツIPv6オプションで
「フレッツ 光ネクスト」のIPv6オプションを使ったIPoEが、インターネット接続を高速にする手段として注目されている。この手法はインターネットと切り離された超軽量VPN(閉域網)の構築にも利用できる。超軽量とは技術はもちろん、通信コストが安いという意味だ。(2019/2/25)

ものになるモノ、ならないモノ(81):
固定回線でも「ギガ不足」におびえる時代が到来か、トラフィック急増により現場で起きている悲劇とは
生活で何げなく使っている定額制の「固定回線」。しかし、さまざまな動画サービスの登場により、爆発的に増えるトラフィックに対して、プロバイダーは「限界が近い」と訴える。その理由とは。(2019/2/19)

今さら聞けない「PPPoE」と「IPoE」
ビジネスを阻む通信渋滞――IPoEでどう解決するか
安価で導入しやすいという理由から中堅・中小企業で広く利用されているエントリーVPN。だが、業務の生命線である通信インフラを本当にそれだけで選んで良いものか。(2019/1/11)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(9):
「ひかり電話」を採用するとVPNの速度が低下する場合あり、対策は?
NTTグループの「フレッツ 光ネクスト」をイントラネットに使っている企業では、電話やファクシミリをISDNからひかり電話に移行する動きが始まっている。ISDNが2024年に廃止されるという理由だけでなく、基本料金を大幅に節減できるからだ。ところがフレッツ 光ネクストに、VPNとひかり電話を相乗りしにくい場合がある。相乗り自体を認めていないVPNサービスがあったり、相乗りさせるとVPNのスループットが低下したりする場合があるからだ。今回はひかり電話とVPNの相乗り問題とその対策について述べたい。(2018/10/29)

独自のチューニングでスループット改善――バッファローが「AirStation connect」発売 メッシュWi-Fiルーターに参入
20年前にWi-Fi(無線LAN)ルーターを発売したバッファローが、メッシュネットワーク型のWi-Fiルーターに参入する。独自のチューニングで高速化を図ったことが大きな特徴だ。(2018/8/3)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(5):
2024年ISDN終了問題、閉域モバイル網とクラウドPBXで上手に乗り切ろう!
2024年にサービスが終了するISDN(Integrated Service Digital network)。今も多くの店舗やオフィスで電話、ファクシミリ用の回線として役立っている。今回はISDNが担ってきた電話やFAXをデータ通信用のフレッツに統合し、コスト削減や利便性の向上を図る方法について紹介する。(2018/6/22)

半径300メートルのIT:
光なのに夜、通信が超遅い…… そんな場合の対処法
「自宅に光回線を引いているのに、夜になると極端に遅い」――。最近、そんな事態に遭遇する人が増えています。今回は、その対処法を紹介しましょう。【訂正】(2017/11/2)

PR:Synologyの市場参入で変わるルーターの常識 新世代ルーター「RT2600ac」(活用編)
前編ではSynologyの無線LANルーター、RT2600acの導入までを解説した。後編では具体的な活用方法を紹介する。(2017/9/8)

PR:Synologyの市場参入で変わるルーターの常識 新世代ルーター「RT2600ac」(導入編)
人気のNASメーカーが投入する無線LANルーターの新モデル「RT2600ac」(2017/9/4)

初期費用ゼロ、月額1万7000円:
NTTPC、第2弾のSD-WANサービスを提供へ、「将来はこれが主流」
NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)は2017年5月30日、新たなSD-WANサービス「Master’sONE CloudWAN Nプラン」を2017年6月6日に提供開始すると発表した。これは、中堅・中小企業が求める機能を安価に提供するサービス。NTTPCは、新サービスが将来の同社ビジネスにおいて主流になっていくだろうとしている。(2017/5/30)

無線LAN最強メーカー、本格上陸:
PR:「Archer C9」に見る、TP-Linkが世界一売れている5つの理由
無線LAN機器の最大手、TP-Linkがティーピーリンクジャパンを立ち上げ、日本市場に本格参入した。同社の製品が世界的に売れている理由は何か?(2016/11/25)

NTT東のフレッツ網対応DDNSを無償提供 ソフトイーサ、「2年以上の交渉」の末実現
ソフトイーサは、NTT東のフレッツ網内で利用できる、IPv6対応のダイナミックDNSサービスの無償提供を始めた。(2016/6/15)

買い換えにも買い増しにもこれがいい:
グッと進化した802.11ac対応の最新ルータ「AtermWG1200HP」
無線LANルータのAtermシリーズに「WG1200HP」が加わった。クラス最小のボディに快適な無線LAN環境を実現する多彩な新機能を用意。その使い勝手を検証した。(2015/3/6)

ネットワーク管理の基本Tips:
ネットワークデバイスを設定/状態確認するには? ifconfigコマンド
Linuxでは、通信に利用するインターフェースは「デバイス」としてシステムに認識されています。設定されているIPアドレスを調べたいとき、IPアドレスを手動設定したいときには、「ifconfig」コマンドを利用すると効率的に作業できます。(2015/1/20)

SOHO/中小企業に効く「無線LANアクセスポイント」の選び方(後編):
仕事に即戦力の「無線LANアクセスポイント」を選んでみた――利用規模別のおすすめは?
オフィスのオール無線化から来客への提供に至るまで、法人へ導入されるケースも多い無線LAN(Wi-Fi)。法人用無線LANアクセスポイントの選び方を紹介する本連載の後編は、利用規模別のおすすめ製品例を紹介しよう。(2014/7/3)

ビジネスタブレットのお供に:
悪いことは言わん、泊まりなら持ってけ――タブレット出張族のお供に「小型Wi-Fiルータ」
出張先のホテルが有線LANのみで、タブレットやノートPCが使えない! こんな危機を救ってくれるのが「小型Wi-Fiルータ」だ。今回は出張用小型ルータ4種をピックアップし、機能の違いと選び方のポイントをご紹介する。(2013/10/11)

ドスパラ、手のひらサイズのコンパクトな無線LANルーターを発売
持ち運びに便利なコンパクトサイズの無線LANルーターが登場。各種Wi-Fi対応機器で利用可能なほか、NAS機能も搭載している。(2013/9/2)

不正ログインの原因となった脆弱性をチェック:
Telecom-ISAC Japan、OCN以外のISPでもルータのリモート調査実施へ
Telecom-ISAC Japanは2013年8月30日、ロジテック製ブロードバンドルータの脆弱性の有無を検査するセキュリティ調査を、NTTコミュニケーションズの「OCN」以外の会員ISPに対しても実施することを明らかにした。(2013/8/30)

リモートから機器調査を実施、個別に対応を依頼へ:
OCNでの不正ログイン、パスワード流出の原因はロジテック製ルータの脆弱性
NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2013年8月20日、6月に発生した不正ログインの原因が、特定の無線LANブロードバンドルータの脆弱性にあった可能性が高いことを公表。OCNユーザーを対象にしたセキュリティ調査を10月31日までの間実施する。(2013/8/20)

広田稔のMacでいこうず(18):
気分よくMacを使うために覚えたい「システム環境設定」10のポイント(後編)
Macを買ったらまずチェックしておきたいのが「システム環境設定」。後編ではネットワークの設定やユーザー管理、バックアップの項目を見ていこう。(2013/5/13)

フォールバック問題解決の一助に?:
NTT Com、「フレッツ 光ネクスト」でIPv6 PPPoE接続を標準提供
NTTコミュニケーションズは4月26日から、OCNの「フレッツ 光ネクスト」対応プランにおいて、IPv6インターネット接続サービスを標準で提供することを発表した。(2013/4/25)

ISDN回線からの移行も視野に:
ヤマハがVPNセンタールータの新機種、最大3000拠点とのVPN接続をサポート
ヤマハは4月24日、ギガビットイーサネットに対応したVPNセンタールータの新製品「RTX5000」と「RTX3500」を発表した。(2013/4/24)

ついに正式発表、最大1.3Gbps:
802.11ac国内解禁──NEC、「802.11ac」対応のギガビット無線LANルータ「AtermWG1800HP」を発表
無線LANの新規格IEEE802.11ac(Draft)対応の高速無線LANルータがついに登場。新規格とともにNEC独自の先端技術を採用し「802.11acの中でも、より小型・高速・安定」を訴求する。最上位モデルは最大1.3Gbpsで通信可能、さらに無線LAN電波を中継する「Wi-Fi高速中継機能」も搭載した。(2013/3/27)

アイ・オー、省電力設計の11n対応無線LANルータ「WN-G300GR」など2製品
アイ・オー・データ機器は、IEEE802.11b/g/n対応の無線LANルータ「WN-G300GR」など2製品を発表した。(2013/3/22)

Windowsネットワーク管理者のためのiPhone/iPod touch入門:
第13回 iPhone/iPod touch(iOS 6)の無線LAN設定
iPhone/iPod touch/iPadの無線LAN設定を徹底解説。基本的な接続手順から公衆無線LANとの接続方法まで、無線LAN(Wi-Fi)活用ノウハウの解説記事を最新のiOS6向けに更新。auのiPhoneで利用可能になったテザリングについても解説(2012/11/21)

無線LANルーター1台では厳しい家に――プラネックスコミュニケーションズ、コンセント埋め込み型Wi-Fiルーター「MZK-KR150N」を販売開始
無線LANの電波が飛びにくい家屋の増設用としてありがたい、壁内コンセントとWi-Fiルーターをセットにした製品が販売を開始した。(2012/11/20)

nasne使うなら一緒に導入せよっ:
最大600Mbps、国内最速スペックの無線LANルータ「WZR-D1100H」をチェック
802.11acの“技術の一部”を取り入れたという、現時点国内最速スペックの無線LAN機器が「WZR-D1100H/E」だ。どんな利用シーンに向くか──ずばり、リビングルームにあるAV機器の無線化である。(2012/11/7)

ほほう、これは楽しい:
新しいiPadとの相性はどう? 地デジ内蔵無線LANルータ「Wi-Fi TV」検証
iPadなどを手軽に地デジ化できる、実売1万円台の地デジチューナー内蔵無線LANルータが登場。無線接続で家中どこでも、お風呂テレビ・寝ながらテレビも自由自在な「Wi-Fi TV」の使い勝手をチェックした。(2012/4/19)

富士通、ギガビット対応小型ルータを発売
VPNスループットで440Mbpsを実現している「Si-R G100」を発売する。(2011/9/28)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第3回 最新ルータで実現する、カンタン解決「リモートアクセス」入門(前編)
外出先で自宅のPCの、あのファイルにアクセスしたい。それならば「リモートアクセス支援」機能を持つ最新ブロードバンドルータを導入して手軽に実践できる。まずは、リモートアクセスとは何かを解説する。(2011/9/13)

PCハードウェア強化ラボ:
第5回 イーサネットを高速化するジャンボ・フレーム技術
イーサネットのフレームを拡張して、数Kbytesのデータを1回で送信できるようにするジャンボフレーム。その仕組みや注意点について解説。(2011/8/11)

ロジテック、ホームネットワーク向きのギガビット対応8ポート有線LANルータ
ロジテックは、計8ポートを利用可能なギガビット対応有線LANルータ「LAN-BR/G8」を発売する。(2011/7/21)

リモートアクセス機能を標準搭載:
スマホ+テレビともバッチリ連携──NEC、高機能ルータの新モデル「AtermWR8600N」
NECアクセステクニカは、2.4G/5GHz帯同時利用に対応する無線LANルータ「AtermWR8600N」を7月下旬に発売。スマートフォンアプリ+Webカメラと連携して「留守カメラ」を容易に構築できる機能も備えた。(2011/7/13)

節電状況を見える化――NTTドコモが省エネ支援の試験サービス
NTTドコモが、家庭内の消費電力を“見える化”する省エネ支援サービスを開始。自社開発のエネルギー管理クラウド型システムを利用して、8月から試験サービスを開始する。(2011/6/30)

NEC、IPv6対応無線LANルータ「AtermWR8371N」を製品化──ISP提供機器で展開
NECは、IPv6対応の無線LANルータを製品化。回線事業者やISP向け製品とし、各事業者より一般ユーザーに提供される予定。(2011/6/7)

アイ・オー、ギガビット対応の有線LANルータ2製品
アイ・オー・データ機器は、ギガビット接続対応モデルとなる有線LANルータ計2製品「ETG2-R」「ETG2-DR」を発売する。(2011/3/30)

運用:
正しい公衆無線LANサービスの使い方
ハンバーガー・ショップなどで利用できる公衆無線LANサービスの利用方法を解説。サービスの概要と利用手順、注意点についてまとめる。(2011/2/10)

Windowsネットワーク管理者のためのiPhone/iPod touch入門:
第4回 iPhone/iPod touch(iOS 5)の無線LAN設定
iPhone/iPod touchのカレンダーの活用方法を解説する。OutlookやGoogleカレンダーと同期すれば、外出先でのスケジュール確認も可能に(2011/11/24)

無償入手可能なミニWindows OS「Windows PE」実践活用術:
改訂 管理者必携! 最強のデータ・サルベージ・ツールWindows PE 3.0(前編)
起動しなくなったPCからファイルを救い出したい! そんなときに役立つWindows PE 3.0のリカバリ用起動メディアを作る手順を解説する。(2010/7/28)

ドコモ網+WiFiで使えるっ:
何ができる? SIMロックは?──バッファロー「ポータブルWi-Fi」、機能を速攻チェック(前編)
FOMAネットワークを利用できるポータブル無線LANルータが今、熱い。そのうちの1つ、バッファローの「ポータブルWi-Fi」で何ができるか、早速試した。(2010/5/25)

iPhoneユーザーや高機能志向の人も満足:
“現在最強”!?、ほぼ全部入り無線LANルータ「Aterm WR8700N」の実力検証(後編)
NECアクセステクニカの「AtermWR8700N」は、IEEE802.11n対応無線LANルータの“決定版”なのか。後編は、肝心の「速度はどう? 電波は飛ぶ?」に迫ろう。(2010/5/12)

これで買い換えられるっ:
“現在最強”!?、ほぼ全部入り無線LANルータ「AtermWR8700N」の実力検証(前編)
最大300MbpsのIEEE802.11nを、2.4G/5GHzの2つの周波数で同時利用できる無線LANルータがついに登場。これは“もはや決定版”か、「AtermWR8700N」の実力を検証する。(2010/4/15)

ドコモのフェムトセルサービス、スタート:
写真で解説する「マイエリア」
家の中でも安定した高速通信を可能にするのが、ドコモのフェムトセルサービス「マイエリア」。サービスの概要を写真で見ていこう。(2009/11/11)

孫社長「Wi-Fiが答えだ」 山田社長「Wi-Fiより3G」 ソフトバンクモバイルとドコモが新サービス
ソフトバンクモバイルとドコモの新サービスは、両社の考え方の違いを浮き彫りに。ソフトバンクは「ケータイWi-Fi」で3Gより高速なWi-Fiをプッシュする一方、ドコモはフェムトセルによる自宅専用エリア構築サービスで3Gの快適さを向上させる。(2009/11/10)

2009年内に発売予定、事前モニター500人募集:
SIMスロット+6時間バッテリー搭載の「ポータブル無線LAN」機器、NTTBPが開発
NTTBPは、SIMスロット+バッテリー内蔵の小型無線LANルータ「Personal Wireless Router」を開発。屋内では有線/無線LAN、外では無線LANスポットやHSDPA通信をシームレスに切り替えながら使用できる。(2009/7/15)

「N-06A」の“ここ”が知りたい:
第1回 無線LANにかかる料金はいくら?――「N-06A」
スマートフォンを除くとドコモの2009年夏モデルで唯一無線LANを搭載するのが「N-06A」。それだけに、無線LANに関する質問が圧倒的に多かった。(2009/7/3)

安くて速いお手軽無線LAN:
“新生活者”にぴったりの無線LANルータ――NECアクセステクニカ「AtermWR4500N」
NECアクセステクニカの「AtermWR4500N」は、IEEE802.11b/g対応無線LANルータでありながら、「11nテクノロジー」の採用により、理論値で最大150Mbpsという高速通信と、実売で1万円を大幅に切る価格を実現した製品だ。(2009/3/26)

仕事耕具:
ロジテック、手のひらサイズの無線LANルータ
ロジテックは、手のひらサイズの無線LANルータ「LAN-PWG/R」を発売する。設置場所を問わないスリムさで、ポケットに入れて携帯できるという。(2009/3/26)

Apple、AirMac ExtremeとTime Capsuleのファームウェアアップデートを公開
AirMacとTime Capsuleの予期せぬシャットダウンやDoS攻撃などを引き起こす複数の脆弱性に対処するアップデートが公開された。(2009/3/7)

性能と防御力で:
日本のための開発とサポートを推進、Sonicwallが事業説明
米Sonicwallは、国内ユーザーに特化した機能開発やサポート体制の推進で市場拡大を狙うという。(2009/2/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。