ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「見込み客」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ワイヤレスジャパン 2022:
楽天モバイルの「5Gエリア拡大」と「スペースモバイル計画」はどうなる? 技術本部長が語る最新動向
「ワイヤレスジャパン 2022」の初日となる5月25日、楽天モバイルの執行役員兼技術本部長である内田信行氏が基調講演に登壇。米AST SpaceMobileと進めている低軌道衛星を活用した通信サービスの進捗(しんちょく)や、Beyond 5Gに向けた研究開発などについても説明した。5Gの基地局数は2022年4月時点で1万2544局に達しているとのこと。(2022/5/26)

動画バブル時代のマーケティングメソッド:
メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得する「際立った存在」になる――。そのための動画活用はどうあるべきでしょうか。(2022/5/23)

「Zoom IQ」の存在意義【前編】
「Zoom IQ」とは? 嫌われる営業トークの“あの癖”をAIが指摘
営業チーム向けツールの「Zoom IQ」は、Web会議の会話から商談内容と見込み客の反応を分析し、成約締結とプレゼンテーションスキルの向上を支援するツールだ。具体的な機能は。(2022/5/18)

機能拡充を実施:
カイロスマーケティング、「Kairos3」のSFA機能を単独提供開始
もともとマーケティングオートメーションツール「Kairos3」のオプション機能として提供していたSFA機能を単独で使えるよう、サービスメニューを変更した。(2022/5/12)

サードパーティーcookieの後継者【後編】
“脱サードパーティーcookie”を実現する「ターゲティング広告」3大手段
「Chrome」などの主要Webブラウザがサードパーティーcookieの利用を停止することを受け、企業はターゲティング広告を実現する手段を再考しなければいけなくなった。代替となる3つの手段とは何か。(2022/5/11)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/5/10)

「Cloud CIRCUS」にオンライン展示会ツール:
オンライン展示会を簡単かつ安価で開催可能に クラウドサーカスが「CrowdBooth」を提供開始
取引先を集めた合同オンライン展示会や就職イベントなどの各種イベントが月額5万+制作費で開催可能に。(2022/4/21)

仮想空間で進むハラスメント対策【前編】
「仮想空間でのハラスメント」を女性の5割が経験 ベンダーの対策は?
仮想空間での痴漢やストーカーといった迷惑行為は、企業が仮想空間で会議やイベントを実施する際の妨げになる。仮想空間におけるハラスメントの実情と、ベンダーが打ち出している対策を紹介する。(2022/4/13)

Forresterが予測する「これからのB2Bマーケティング」【前編】
B2Bマーケティングで「パーソナライズ」がいまひとつ役に立っていない理由
Forrester Researchのアナリストによると、B2Bマーケティングではパーソナライゼーションへの投資が報われていない。その理由とは何なのか。(2022/4/11)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年4月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/4/5)

SaaS導入「キホンのキ」:
なぜ今「マーケティングオートメーション」が必要なのか?
マーケティング活動を自動化して見込み客を育成する「マーケティングオートメーション」(MA)の市場が拡大している。なぜ企業はMAツールを導入すべきなのか? IT製品レビューサイト「ITreview」の解説記事を一部抜粋して紹介する。(2022/4/4)

働く人の日常には「余白」が必要:
三菱地所にいながら「瞑想施設」を立ち上げた若手社員の描いた世界
三菱地所の新事業提案制度から生まれたメディテーションスタジオ「Medicha(メディーチャ)」。三菱地所という大企業の中で、同スタジオはどのように構想され立ち上がったのか。後編ではその経緯について創業者の山脇一恵さんと長嶋彩加さんに聞いた。(2022/3/28)

優れた「フリーランスエンジニア」になるには【後編】
“稼ぐフリーランスエンジニア”が身に付けている「考え方」と「スキル」
フリーランスエンジニアがより多くの利益を得るためには、見込み客との交渉にどう臨めばよいのか。どのようなスキルが必要なのか。専門家のアドバイスを紹介する。(2022/3/18)

営業視点のカスタマーサクセス【第3回】:
売り上げに貢献するカスタマーサクセス 「エクスパンション」成功の鉄則とは?
これまで日本のカスタマーサクセスの現状や立ち上げの際にエクスパンション(アップセルやクロスセル)が重要なことに言及した。では、そのために具体的には何をしていけばよいのか。(2022/3/3)

今日のリサーチ:
「インサイドセールス」「カスタマーサクセス」 テレワーク可能な求人が3年で約4倍に――パーソルキャリア調査
COVID-19の影響もあって営業のスタイルはこの3年間で大きく変わったようです。(2022/3/2)

相手が思わず契約したくなる提案の進め方とは
多くの営業マンの営業先での提案の進め方を分析すると、重要な要素が抜けていることが多い。それは「質問」で、成約率は質問の重ね方に大きく左右される。(2022/3/2)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/3/1)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第6回】
アンダーアーマーが実践する“売ろうとせず、買いたくさせる”CX設計
直接的に購入を促すだけでなく、さまざまなメッセージでブランドの魅力を伝えることが、結果としてより強く顧客の関心を呼ぶことがある。こうしたエンゲージメントの深化に挑むアンダーアーマーから学ぶべきことは。(2022/2/17)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年2月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/2/1)

3社合同でソリューションを提供:
データ統合自動化SaaS「trocco」を軸にしたMAとSFAツールの連携ソリューション メリットは?
データ統合自動化サービス「trocco」を軸にMAツール「Adobe Marketo Engage」とCRM/SFAツール「e-セールスマネージャー」を連携するソリューション。どんないいことがあるのか。(2022/1/20)

Marketing Dive:
いっそ「Amazonシフト」もあり? 広告主を直撃する“サプライチェーン危機”をうまく切り抜ける方法
需要の急増や労働力の減少、ロジスティクスの諸問題の中で、広告主は幾つかの打ち手を模索する必要がある。(2022/1/7)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/1/4)

年末のまとめ:
「旧態依然とした営業組織」を刷新する5つのキーワード 2021年の営業関連おすすめ記事10選
ITmedia ビジネスオンラインが2021年に掲載した、旧態依然の営業組織を刷新するために役立つ記事を、5つのキーワードに分けてご紹介します。(2021/12/28)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第1回】
一流ブランドが実践する「マルチチャネルマーケティング」の鉄則
効果的なマルチチャネルマーケティングを実践している企業は、ブランドリーチとメッセージング、一貫性、エンゲージメント、体験を重視している。重要なのはそれを顧客が好む手段で提供することだ。その具体策とは。(2021/12/24)

見込み客へのアプローチ精度向上へ:
無料でも使えるMAツール「BowNow」が企業データベースの「Beegleデータ」とAPI連携
基本的な企業情報に加え、企業の活動内容まで分析できるようになった。「BowNow」無料プランでも利用可能。(2021/12/22)

ニューノーマル:
「飛び込み営業」や「テレアポ」がダメなら、どうする? 新規開拓で使える「2つの方法」
コロナ禍で、営業活動のなかでも特に、顧客の立場からすると「不要不急」である新規顧客開拓の営業活動が大きく影響を受けています。ニューノーマル時代に求められる営業の新規開拓術とは、どんなものでしょうか。(2021/12/22)

PR:“デジタル人材に頼り切り”からの卒業――全社員がデータサイエンティストになれるノーコードAI構築の可能性とは?
発展目覚ましいデータサイエンス分野において、広く企業へ導入が進んでいるのがAI(人工知能)である。人材マネジメントやOCRなど多様なツールに導入されているAIだが、実は「自分で作り、業務に活用できる」ことを知っているだろうか? AI・機械学習の第一人者であり、ヒューマノーム研究所でAI構築ツールを開発する瀬々潤氏に話を聞いた。(2021/12/8)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年12月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2021/12/7)

住宅ビジネスフェア 2021:
住宅・不動産の営業活動を自動化するSaasツール、見込み客と営業のアクションを時系列で管理
スマートフォンが普及した今、住宅関連の営業活動にもスピードが求められている。高額な不動産の営業であっても、営業担当者が顧客に会ってから関係構築をしていくスピード感では、成果が得にくくなってきている。コンベックスのWebベースの営業支援サービス「Digima」は、見込み客が自社のWebサイト上でどのような関心を寄せているかをウォッチし、その傾向をもとに、不動産会社は見込み客に会う前に、営業の体制を整えられる。(2021/12/6)

住宅ビジネスフェア 2021:
不動産物件を3DCGで仕上がりイメージを提案、プロカメラマンが起業した「バーチャルステージング」サービス
BoxBrownie.comの不動産に特化したビジュアルマーケティングサービスは、空室の物件写真に家具を配置したり、壁紙や床などを変更したりして、見込み客に対して使用時のイメージを強く喚起させる。コロナ禍で対面での打ち合わせが制約を受ける現状では、不動産物件の仕上がりイメージを3DCGで作り上げる「バーチャルステージング」は、有効な不動産提案の手法になり得ると期待されている。(2021/12/3)

CTOに聞く:
Criteoが考えるサードパーティーCookie廃止後のデジタル広告
サードパーティーCookie廃止は広告プラットフォーム事業者にとって大きな転換点となる。デジタル広告の近未来を占う上で、パフォーマンス広告の雄であるCriteoの次の一手は気になるところ。CTOに話を聞いた。(2021/12/3)

顧客の声(VoC)を活用する7つのベストプラクティス【後編】
クリック数稼ぎは無意味 「オムニチャネル」時代のVoC(顧客の声)活用術
顧客の声(VoC)プログラムを軌道に乗せるため、どのような手順で進めればよいのか。前編に引き続き、7つのベストプラクティスのうち残り5つについて紹介する。(2021/12/2)

エバンジェリストに聞く:
アドビが考えるこれからのB2Bデジタルマーケティングとは?
日本国内で新たにリリースした「Adobe Real-Time CDP B2B Edition」やアトリビューション分析ツール「Bizible」の特徴とこれからのB2Bデジタルマーケティングについて、アドビの安西敬介氏に聞いた。(2021/11/30)

AWS基盤のオムニコンタクトが変える未来:
PR:高負担・低効率の電話営業から脱却! 「アウトバウンド型コールセンター」の新常識とは
顧客接点を担う重要な部署ながら、さまざまな課題が山積し、高負担・低効率が課題のコールセンター。昨今では、CRMとの連携も必要となってきており、低コストでこうした課題を実現するのはなかなか困難だ。そんな中、ぜひ活用したいツールが、アセンドが提供する「Omni Contact(オムニコンタクト)」だ。(2021/11/30)

顧客の声(VoC)を活用する7つのベストプラクティス【前編】
勝てる組織がやっている「顧客の声」(VoC)の活用法
顧客の声(VoC)プログラムは、うまくやりさえすれば組織にとって非常に有意義なものとなる可能性がある。どのように進めればよいのか。具体策を紹介する。(2021/11/25)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(11):
インサイドセールスは「テクニックより習慣が大事」 “7つの習慣”を解説
インサイドセールスの業務を行う中で、「インサイドセールスは小手先のテクニックよりも日々の習慣が大事だ」と思うことが多々あります。そこで、筆者が大事にしている7つの習慣を、それぞれ解説してみようと思います。(2021/11/15)

Supply Chain Dive:
倉庫DXで“20年前の技術”が大活躍 DHLや物流、小売りが続々導入する理由
コロナ禍で打撃を受けた倉庫作業の現場で、センサー技術と自動化技術が急速に普及しつつある。初めて市場に登場した90年代には広まらなかった技術に何が起こったのか。また、市場関係者が期待するという、単なる効率化を超えた導入効果とは何なのか。(2021/11/12)

ZoomのAPAC市場戦略【前編】
「Zoom」を“ただのWeb会議ツール”だと思い込んでいないか?
「Zoom」はWeb会議ツールとしての用途だけでなく、さまざまな業界で顧客接点を作り出すためのツールとして変化しつつある。Zoom Video Communicationsが自社イベントで示した「Zoomのクリエイティブな使い方」とは。(2021/11/11)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年11月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2021/11/2)

AIに記者の仕事は奪えるか? ニュース記事を代筆してもらった
近年、自然な日本語を生成できるAIが続々登場している。今回記者は、AIにニュース記事を代筆してもらう実験を行った。いい結果を導き出すには“対AI用コミュニケーションスキル”が重要になる。(2021/10/29)

広告を掲載するWebページのコンテンツに連動して最適な広告を配信:
Criteo、Cookieレスで広告のパーソナライズを実現する「Criteoコンテクスチュアル広告」を提供開始
Cookieレス環境下での広告のパーソナライズを可能にする新しい手法。(2021/10/29)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(10):
需要増加中! インサイドセールス職の給与、瞬間価値と生涯価値
コロナ禍の後押しもあり、需要が増加しているインサイドセールス職。その給与は、フィールドセールスよりも低く設定されていることも少なくない。しかし、瞬間価値と生涯価値の両側面から考えると、新しい景色が見えてくる──。(2021/10/13)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2021/10/5)

レベニューオペレーションとは? RevOpsでバックオフィス業務の設計はどう変わるか
これからはCXが重要だと顧客情報の統合を進めたとしても、社内手続きが旧来通りの縦割り構造では、顧客体験も刷新できず「残念なまま」になりかねない。この状況を打開しようと、欧米を中心にレベニューオペレーション組織を設置する企業が増えているという。(2021/10/1)

変わる自動車のコアコンピタンス:
IoV(車のインターネット)実現への道はシリコンで敷き詰められている
自動車メーカーのコアコンピテンスはエンジンやシャーシの機械的設計から、ソフトウェアとシリコンに移行しつつあります。IoVへの道はシリコンで敷き詰められているのです。(2021/9/16)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年9月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの国内顧客ドメイン数ランキングを紹介します。(2021/9/7)

脱サイロ化の鍵:
HubSpotが考える「オペレーション」 顧客体験と営業・マーケティング部門の生産性向上を同時に実現するには?
情報や組織、戦略の分断は競争力向上を妨げる。これを回避するために重要なのが「オペレーション」だ。(2021/8/26)

製造マネジメント インタビュー:
「営業ゼロ」でも顧客接点を創る、航空宇宙業界に進出した町工場のWeb戦略
企業活動において、いまやWebは必要不可欠な存在である。Webの可能性に早くから注目していた企業の1つが由紀精密だ。現在は航空宇宙関連機器などの金属精密加工事業などを展開してJAXAなどとも取引するが、元は“経営危機”に陥ったこともある町工場だった。変革の裏側には同社の「Web戦略」の存在がある。(2021/8/25)

今日のリサーチ:
「インサイドセールス」「カスタマーサクセス」職の求人が2年半で約7.4倍に増加――パーソルキャリア調査
営業の分業体制によって生まれ、これからの時代に需要が高まると予想される“新しい時代に求められる営業職”に関する調査です。(2021/8/23)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。(2021/8/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。