ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「見込み客」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

今日のリサーチ:
コロナ禍でのB2Bマーケティング 評価指標の上位5項目中4項目は営業活動関連――帝国データバンク調査
評価指標と組織体制、データ活用の実態について。(2021/4/2)

正確な名刺情報に基づく顧客情報の一元化を支援:
中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名刺情報を簡単に共有し、正確な顧客情報を社内で一元管理・活用できる。(2021/3/5)

6つの評価軸でB2Bサイトを診断:
「Webサイトのデジタルマーケティング実力評価診断」 エクスペリエンスとNexalがサービス開発
エクスペリエンスとNexalがそれぞれに長年手掛けてきたコンサルティングの知見を生かし、デジタルマーケティングの根幹となる「B2B商品サイト・ソリューションサイト」の実力を診断する。(2021/3/3)

接点がなかった客にも積極的にアプローチ
システム開発会社が“地理的に接点のない客”にもリーチできるようになった理由
「設計、開発、保守をワンストップで提供」を強みに、中小企業との直接取引増を目指したインフォニック。そのためには、これまでとは違った営業が必要だった。新たな営業手法で、従来とは違う見込み客へのリーチに成功した事例を紹介する。(2021/3/5)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス(3):
インサイドセールスは「売り込むな!」 成功のカギ、“顧客視点”の持ち方、磨き方
インサイドセールスの仕事は商談を作ることです。しかし「無理なアポイント」を設定することは社内にとっても、顧客にとってもいい結果につながりません。営業(フィールドセールス)やカスタマーサクセスと摩擦を生まず、顧客とも親身に向き合うために、インサイドセールスはどのような意識を持つべきでしょうか。(2021/2/24)

ダイレクトな人々 第5回:
ジェンダーギャップ指数153カ国中121位の日本で生まれたFemTechブランド「Nagi」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第5回は吸水ショーツをリリースしたFemTechブランド「Nagi」と販売元であるBLASTで代表取締役を務める石井リナさんを取り上げます。(2021/2/19)

受託開発営業の“学び”を得て事業拡大
SESを卒業して受託開発へ システム開発会社が踏み出した“営業の第一歩”とは
「SESから受託開発案件にシフトしたいが、どう営業すればよいのか分からない」。そんな状況から、マッチングサービスを活用することで着実に成果につなげているのがLRテックスだ。同社に成功の裏側を聞いた。(2021/2/18)

偏差値:
大学運営や受験産業に影響大 日本の「難関」大学が減る理由
日本の「難関」大学は減っていると筆者は主張する。大学運営や受験産業にも大きな影響を与える事態だ。その理由とは?(2021/1/16)

ポストcookie時代のマーケティング戦略【中編】
「ファーストパーティーデータ」はターゲティング広告に使えるか
企業は広告をパーソナライズする手段としてサードパーティーcookieを利用できなくなったら、他にどのような代替手段を持ち得るのか。主要な5つの代替策のうち、2つを紹介する。(2021/1/5)

不正な動きを察知:
“転売ヤーキラー”になるか? 怪しい購入者を検知するサービスが登場
EC事業者に向けたマーケティング支援事業を行うピアラは、Spider Labsと共同で、転売ヤーなどによる通販商品の不正な転売を防止するサービスの提供を開始したと発表した。(2020/12/18)

研修や説明会、サービス紹介セミナーに:
「ウェビナー・Web会議」のシステム選定と活用のポイント
新型コロナウイルスの影響により、研修や説明会、サービス紹介セミナーなどをオンラインで実施する機会が増えた。用途に合わせたウェビナーとWeb会議のシステム選定方法や、それに伴うメリットとデメリットを整理して解説する。(2020/12/18)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
伸び悩む工務店でデジタルシフトが必須な理由、コロナで変わった工務店選びの現状
SOUSEI Technologyは、このほどマイホームアプリ「knot」の導入ビルダー数が800社を超えたことを発表した。採用社数の拡大と売り上げが伸び悩む工務店を対象に、デジタルシフトを後押しするため、knotを展示会などでPRしている。(2020/12/10)

デジタルマーケティング製品をセールスフォースが強化 新たな2ツールを国内で提供開始
セールスフォース・ドットコムは、新たなマーケティングツール「Customer 360 Audiences」「Interaction Studio」の国内提供を開始した。顧客情報の一元管理/活用や、リアルタイムかつパーソナルな顧客体験の提供、エンゲージメント獲得などを支援する。(2020/12/9)

顧客行動の予測モデルをアジャイル開発 「説明可能なAI」を利用したサービスとは
電通デジタルとナレッジコミュニケーションは、企業の営業活動における顧客行動の予測モデル構築を「説明可能なAI」を用いたアジャイル型開発で支援するコンサルティングサービスを開始した。見込み客からの受注率や営業活動のアプローチ成功率を大幅に改善できるという。(2020/12/7)

リレーションシップバンキング推進SaaSで日本の金融機関の顧客体験は変わるか
金融機関のデジタル変革を支援する「クラウドバンキングプラットフォーム」が日本法人の活動を本格化させる。リレーションシップバンキング推進に向け、既に複数の金融機関と導入に向けた議論が進む状況だという。(2020/12/7)

ヴィジュアル系が語る!会社を強くするインサイドセールス:
インサイドセールスが必要なのはどんな企業? 立ち上げの心得と確認事項
日々インサイドセールスの業務に努める傍ら「ヴィジュアル系インサイドセールス」として情報発信を行う堤貴弘さんが、インサイドセールスについて愛をこめてお届けする新連載。第1回は、インサイドセールスとは何か、インサイドセールスが求められるのはどのような企業か、そしてインサイドセールス部を立ち上げるために必要なことは何かをお話しします。(2020/12/11)

夢を諦め、30代で営業マンに:
異色の元ビジュアル系社員が、たった1人でインサイドセールスを立ち上げるまで 〜メール配信での大失敗、社内のすれ違いを乗り越えて〜
高校卒業後13年間ビジュアル系バンドのギタリストとして活動し、30代を過ぎてから営業マンに転身した堤さん。現在はホットリンク(東京都千代田区)でのインサイドセールス部の立ち上げ経験をもとに、イベント登壇やSNSの発信を行うインサイドセールスのカリスマだ。異色のキャリアの持ち主は、いったいどのような経緯でインサイドセールス部を立ち上げることになったのだろうか。そして、失敗も成功も経験している堤さんが今だからこそ考える、インサイドセールス立ち上げのポイントとは何か。(2020/11/27)

ダイレクトな人々 第3回:
養豚業界に旋風を巻き起こす“豚野郎”が作った至高のブランド豚「三右衛門」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第3回は山西牧場代表取締役で養豚家の倉持信宏さんが展開する農場直送ブランド「三右衛門」を取り上げます。(2020/11/20)

複雑化する業務、深刻化する人手不足:
PR:新人が「即戦力」に? 人手不足とオペレーターの不安を解消する、ニューノーマル時代のコンタクトセンター向けAIソリューションとは
デジタルシフトによる業務の複雑化とともに、人手不足にも悩むコンタクトセンター。最近ではリモート化の機運も高まっており、対応すべき課題が山積している。そんな中で活用したい、業務効率化とともに新人教育にも効果を発揮する、AIを駆使したソリューションとは?(2020/11/18)

Shirofune菊池満長氏×Mtame金井章浩氏:
99.7%が中小企業の日本でDXを成功させる鍵は「現場」にあり
中小企業が多くを占める日本でデジタルトランスフォーメーション(DX)はどうあるべきか。マーケティングDX推進パートナーの立場から若きリーダーたちが語った。(2020/11/4)

コロナ禍をCIO/CTOはどう受け止めたか:
PR:コロナ禍対応、IT施策の陣頭指揮を執った各社トップが見る組織の未来予想図
技術志向で知られる米国のITベンダーが日本のCIO/CTOらとパネルディスカッションを行った。OSS開発で培った知識や経験の共有、公平な議論の場を日本企業のトップが体験すると、どんな議論が巻き起こるのだろうか。イベントの模様を紹介する。(2020/10/29)

B2BもB2Cも網羅:
「Oracle Unity」を軸に広がるOracleのCXソリューション 差別化のポイントは?
Oracleは2020年9月にCDP「Oracle Unity」の機能強化を発表。これを軸にB2BとB2Cそれぞれのマーケティングプロセスはどのように刷新するのか。(2020/10/13)

PR:あなたのWebサービスは本当に安全? 手軽に使える脆弱性診断ツール「VAddy」でWebの健康診断
(2020/9/23)

金融業務に「手軽」にAIを導入 富士通がパッケージサービスを新たに提供
富士通は、営業マーケティングやローン審査、不正請求、詐欺の検知などの金融業務を支援する「FUJITSU Finplex AIスコアリングプラットフォームサービス EnsemBiz」(Finplex EnsemBiz)を提供する。(2020/9/17)

A-Styleフォーラム 2020:
withコロナに“地方工務店”はどう向き合ったか?旧態とITのハイブリッド式で乗り切れ
コロナ禍は、漠然と考えられていたIT化を一気に進める契機となり得る。茨城県下妻市に本社を置き、木材店から出発し、良質な木の家づくりにこだわる柴木材店は、対面での活動が制限されるなか、ITを使って業務をどうこなし、業績を確保したのかを講演で説いた。(2020/8/14)

マーケターはDXのリーダーであれ:
「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケト)」メンバーが、MAとSFAの連携をテーマに語り合った。(2020/8/5)

今日のリサーチ:
「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロナ禍におけるB2Bマーケティング&営業活動の現状です。(2020/8/4)

A-Styleフォーラム 2020:
小規模設計事務所がコロナ禍を乗り切る術、インスタライブの住宅内覧会など
工務店の仕事は、人と接する場面が多い。しかし、コロナ禍においてもITツールやクラウドサービスを利用することで、安全かつ効率的に業務をこなすことはできる。あすなろ建築工房では、iPadやクラウドサービスを駆使して、リモートワークを実現させ、新たなビジネスチャンスも模索している。(2020/7/8)

世界のモバイルアプリトレンドを読む:
「Whova」「CrowdCompass」――withコロナでオンライン展示会・バーチャルイベントアプリの人気が急上昇
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大で、大規模イベントの開催を断念せざるを得なくなった企業が急速にバーチャルイベントへのシフトを進めています。そうした流れの中で注目のアプリとは。(2020/6/26)

PR:「足で稼ぐ」はもう古い! オンライン商談で変わる営業の今
(2020/6/24)

PR:強い人事の作り方 企業の採用力と育成力を高める「Web会議」活用
(2020/6/22)

シリコンバレー発AIスタートアップ:
日本中小企業のAI導入加速を狙う、ジルファルコン
IoT(モノのインターネット)市場の拡大などによってエッジAI(人工知能)へのニーズが急速に高まる中、独自の用途特化型アーキテクチャ(Domain Specific Archtechrure:DSA)を武器としたスタートアップ企業が勢いを増している――。今回、AIアクセラレーターを手掛ける米国シリコンバレー発スタートアップGyrfalcon Technology(以下、Gyrfalcon)の日本法人代表に、同社の技術や日本市場での狙いなどを聞いた。(2020/6/15)

データの民主化を一歩先に:
デーサイエンティストの仕事を自動化 データビークルが新製品「dataDiver TriA」を発表
統計家の西内啓氏と伝説のIT営業パーソン油野達也氏のデータビークルが、データの民主化を促進する新製品を発表。ニューノーマル時代のデータ分析はどうなるのか。(2020/6/10)

SATORIとマツリカの実践例:
テレワークでも生産性を落とさない営業プロセスの在り方とは?
コロナショックでテレワークの導入が急速に進むが、営業プロセスにさまざまな制約ができるのは否めない。生産性を低下させないためにはどうすればいいのか。「withコロナを生き抜く営業組織構築」をテーマにしたウェビナーのハイライトを紹介する。(2020/6/4)

無料のウェビナーも実施:
TECHNO-FRONTIER、9月にオンライン開催が決定
一般社団法人日本能率協会は2020年6月2日、メカトロニクス、エレクトロニクスに焦点を当てた専門技術展「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)」を、オンラインで開催すると発表した。会期は2020年9月8〜18日。同年6月18日と7月9日には「TECHNO-FRONTIER ウェビナー」の開催も予定している。(2020/6/2)

大きな試練に:
withコロナの時代、B2Bマーケティングはどうなるか
これからビジネス界は本当に大きな試練に挑むことになる。それは、我々マーケティングに携わる者においても例外ではなく、クライアント(ブランド)側、パートナー(施策実施)側にしろ、これからの「withコロナの時代」、どのように、商品サービスのマーケティングを考え、実施していけばいいのか。(2020/5/30)

AIとRPAの今後【前編】
新型コロナで「RPA」導入が加速する理由 逆境の旅行業界の“救世主”に
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、企業は従業員の解雇やオフィスの一時閉鎖を余儀なくされている。一方で存在感を高めているのが「RPA」をはじめとする業務自動化技術だ。それはなぜか。(2020/5/28)

専門家のイロメガネ:
あなたの会社がZoomではなくTeamsを使っている理由
「Zoom飲み」といった言葉をSNSでも度々見かけるほど、ごく普通に使われる、ビデオ会議ツールのスタンダードになってきたZoom。ところがついに自社にもWeb会議ツールが導入されると思ったら、ZoomではなくSkypeやTeamsだった――。その理由には、マイクロソフトのビジネスモデル戦略があった。(2020/5/14)

「Adobe Summit 2020」レポート:
制約下のB2Bマーケティング Adobeが提唱する3つの戦略
Adobeのグローバルオンラインイベントから、「B2Bにおける顧客体験の新時代」と題したプレゼンテーションの内容を紹介する。(2020/4/15)

2年ぶりの新製品群:
HubSpotが「CMS Hub」をリリース Webサイトを最適化してリードを取りやすく
「CMS Hub」を使うことでマーケティング担当者はエンジニアやIT部門の手を借りることなく必要なコンテンツを迅速に更新でき、トラフィックの向上と見込み客(リード)創出に最適化したWebサイトの構築、運用ができる。(2020/4/13)

Gartner Insights Pickup(152):
Gartnerの「2020年以降に向けた重要な戦略的展望」に見る「人、テクノロジー、ビジネス」の今後
AIから仮想通貨、オンラインショッピングまで、技術はわれわれの生活やビジネスの在り方、そして人間とその能力に対する捉え方を変えつつある。CIO(最高情報責任者)やITリーダーは、この変化する世界への自社の対応をサポートする必要がある。(2020/4/3)

4年間の軌跡を振り返り:
ブイキューブのコンテンツマーケティング 受注獲得の仕組み作りのためにやったこと
Web会議・テレビ会議システムを提供するブイキューブが順調に業績を伸ばしている。昨今の「リモートワーク」の潮流はもちろん追い風だが、それを生かし受注につなげられるのも、確固とした「売れる仕組み」があればこそだ。(2020/3/24)

今日のリサーチ:
2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。(2020/2/26)

MAツール活用最前線:
マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞いた。(2020/2/25)

マーケターの育成について語る:
庭山一郎氏×油野達也氏 B2Bにおける「マーケティングの貧困」を抜け出すために
今、マーケティングを学ぶ機会を創出する意義とは何か。B2Bマーケティングおよびセールスの重鎮が熱く語った。(2020/2/12)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(3):
製造業がサブスクリプションに踏み出す上で理解すべき3つのポイント
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第3回は、サブスクリプションや従量制に代表される新しいビジネスモデルに移行する上で理解しておくべき3つのポイントを紹介する。(2019/12/25)

今日のリサーチ:
インサイドセールスの成約率は訪問営業と大差なし HubSpot Japanが日本の法人営業の実態を調査
HubSpot Japanが日本の法人営業に関する意識・実態調査を実施。ついでに、HubSpot自身の営業スタイルも明かされました。(2019/12/3)

初めてのセールスイネーブルメント:
日本で取り組むセールスイネーブルメントと今後の展望
セールスイネーブルメントの概念や代表的なツールについて2回にわたって紹介してきました。最終回となる今回は、日本で取り組むセールスイネーブルメントと今後の展望について述べます。(2019/11/21)

SalesforceとMicrosoftが提携強化 Marketing Cloudの基盤にAzure採用
米Microsoftと米Salesforce.comがパートナーシップを拡大。「Salesforce Marketing Cloud」の基盤として「Microsoft Azure」を採用する。CRMと「Microsoft Teams」の連携も視野に入れる。(2019/11/15)

テクノロジーと人間の関係:
過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる人々が知るべきポイントを紹介する。(2019/11/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。