ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Q

「Q&Aサイト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

パンデミックで変わるコミュニケーションツール市場
新型コロナでZoomなどの「Web会議」の成長と“脱PSTN”が加速する?
新型コロナウイルス感染症のパンデミックを機に、コミュニケーションツールを見直す動きが広がっている。「Zoom」などのWeb会議ツール好調の裏で、何が起こっているのか。市場の動きをまとめた。(2020/7/7)

約6万5000人の開発者が回答:
最も愛される言語は「Rust」――Stack Overflowが開発者調査結果を公開
開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」が、2020年の年次開発者調査の結果を発表した。(2020/6/12)

「最も愛されている言語」ランキングで5年連続首位の背景とは:
「Rust」はなぜ人気があるのか、Stack Overflowがユーザーのコメントを紹介
開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」は、先ごろ発表した年次開発者調査の結果を受け、プログラミング言語「Rust」が人気を集めているさまざまな理由について、ユーザーの生のコメントを紹介した。速度を犠牲にせずにメモリ安全性を確保できる点が魅力的だが、それだけではない。(2020/6/11)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
“繋がりすぎる”ネット時代の誹謗中傷問題、解決策はあるのか
リアリティーショー番組でのSNS中傷を発端として、インターネット上の悪質な投稿に関する議論が盛り上がっている。その内容を整理してみた。(2020/6/11)

モバイルdeワークスタイル変革:
テレワークをもっと快適に! タブレットやスマホでPCのディスプレイを拡張しよう
テレワークを快適にするツールの1つが、PC用の外付けディスプレイ。しかし、すぐに用意できるとは限らない。であれば、手持ちのタブレットやスマートフォンを使ってみるのはいかがだろうか?(2020/5/8)

働き方の「今」を知る:
テレワーク中にサボっていないか、日本企業が従業員を熱心に監視してしまう理由
テレワークで従業員がサボらず仕事しているかを“監視”するシステムが話題になった。テレワークは本来「成果」を出すためなら「働く場所」を問わない制度のはず。それなのに、なぜこうなってしまうのか。ブラック企業アナリストの新田龍氏は、海外のケースを引きながら、「サボり」に対する国内外の温度感の違いを指摘する。(2020/5/6)

外出せずにどこまでできる? 大手キャリアのオンライン手続きで「できること」「できないこと」
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で、大手キャリアは自社ブランドのショップを休業、あるいは営業時間を短縮する動きを見せている。オンライン手続きを促進する動きもあるが、オンラインでは完結できない手続きもある。簡単にまとめた。(2020/4/14)

創業103年の老舗メーカー、社内向けFAQサイトを「Oracle Cloud」で構築 問い合わせ対応を効率化
日本オラクルが、創業103年の老舗メーカー・岡部に「Oracle CX Service」を提供。岡部は構造機材、土木製品、バッテリー端子など多様な製品を取り扱っており、社員からの技術的な問い合わせが多かった。クラウド活用によって業務効率化を図る。(2020/3/4)

Autodesk University Japan 2019:
「CIM導入には社内の“パラダイムシフト”が必須」、独自の資格制度など八千代エンジが説く
「Autodesk University Japan 2019」の中から、総合建設コンサルタント・八千代エンジニヤリングのセッションをレポートする。同社は、2015年から全社を挙げて、BIM/CIM推進に取り組んできた。講演では、CIM推進室 室長 藤澤泰雄氏がこれまでの歩みを振り返るとともに、CIMの導入に舵を切った5つの理由を示し、目標とすべき技術者像について説いた。(2020/2/20)

イスラエルに学ぶビジネス:
優秀なベンチャー企業育成に成功するイスラエル 政府が果たした役割とは?
1970年代の「超LSI技術研究組合」は大成功し、日本の半導体産業は名実ともに世界のトップとなった。しかしそれに続く「第五世代コンピュータプロジェクト」や「情報大航海プロジェクト」の失敗は記憶に新しい。一方で、イスラエルでは政府が起業家・挑戦者を支援するような枠組みによって、大成功を収めている。この違いはどこにあるのだろうか?(2020/1/17)

後払いサービス「Paidy」悪用した詐欺、メルカリなどで発生か ネットで報告相次ぐ
「メルカリで商品を購入し、代金を支払ったのに、後日『Paidy』からも請求が来た」──後払いサービス「Paidy」を悪用した、そんな詐欺に遭ったという報告がネットで相次いでいる。(2020/1/14)

LINE公式の無料Q&Aサービス「LINE弁護士相談」開設 1000人以上の弁護士が悩みに答える
2020年には弁護士と直接やりとりできるプランを実装予定。(2019/11/28)

EVで「電欠」したらどうなるの? 日産「リーフ」はこうなる
ガス欠でも焦るのに「電欠」はもっと怖い……? どうなるか、どうするかを確認。(2019/11/22)

週末エンプラこぼれ話:
翻訳機「ポケトーク」大ヒットの裏で、ユーザーから“カジュアル過ぎる質問”が殺到――そのときメーカーが見つけた解決策とは
「Wi-Fiって何ですか?」――ソフトウェアをこれまで手掛けてきたソースネクストは、大ヒット商品をきっかけに、全く新しい層のユーザーから、大量の「カジュアル過ぎる質問」を受け、企業としての対応に困ったという。かといって、彼らを見放すわけにはいかない。そんな同社が採ったという解決策とは。(2019/11/22)

「OCN モバイル ONE」が月額980円〜の新料金プラン発表 “業界トップ返り咲き”を狙う
NTTコミュニケーションズが、「OCN モバイル ONE」向けの新料金プランを発表。光回線とのセットによる割引きにより、音声対応SIMで月額980円から利用できる。200kbpsの低速でも快適に利用できるよう、ネットワークの品質改善も行う。(2019/11/20)

3つの理由とは:
「Python 3」への移行に時間がかかっているのはなぜか――Stack Overflow
データサイエンスと機械学習のコンサルタントであるビッキー・ボイキス氏は「Python 3」への移行に時間がかかっている理由を開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」で解説した。(2019/11/18)

初めてのセールスイネーブルメント:
なぜ今、セールスイネーブルメントが必要なのか
進化するSalesTechの中でも特に注目されている「セールスイネーブルメント」について解説します。(2019/11/7)

成果物をAWSに保存:
「Rust」言語を採用したAWS、Rustプロジェクト支援を開始
AWSは、オープンソースのシステムプログラミング言語「Rust」の採用に続いて、開発プロジェクトをスポンサーとして支援することを発表した。(2019/10/17)

既存契約も対象:
NifMoが音声契約の解約金を撤廃 10月1日から
ニフティのMVNOサービス「NifMo」において、音声SIMの新規契約から6カ月以内に解約した場合の「契約解除料」を撤廃。既存契約についても適用する。(2019/9/13)

Amazon、Alexaが答えられなかった質問をユーザーがサポートする「Answers」開始
AmazonのAIアシスタント「Alexa」が答えられなかった質問の回答をユーザーコミュニティに投稿してもらう「Alexa Answers」が米国で一般公開された。(2019/9/13)

顧客起点のマーケティングに向けて:
花王×パナソニックのキーパーソンが本音で議論 マス向け商材メーカーはCRMに向かないか
あらゆる企業が顧客中心のマーケティングを叫ぶが、現実的にはマス向け商材を扱う大手メーカーは必ずしもCRMと相性が良いとは言えないようだ。マーケターの本音に耳を傾けてみよう。(2019/8/29)

分かりにくい質問は“聞き返し”で回答精度向上――池田泉州銀行、Web問い合わせにオウケイウェイヴのAIチャットbotを導入
池田泉州銀行は、Webサイトのチャット形式での問い合わせサービスに、オウケイウェイヴのAIチャットbotサービス「OKBIZ. for AI Chatbot」を導入。質問が分かりにくければ“聞き返す”ことで追加情報の入力を促し、回答を絞り込み、利用者に必要な情報を素早く提供する。(2019/8/27)

“データ活用の障壁”はこうすれば乗り越えられる:
PR:リアルタイムに「答え」が得られるデータ分析の統合基盤を構築せよ――“DX時代のデータドリブン環境”の作り方
テクノロジーを活用して新たな価値を生み出すデジタルトランスフォーメーション(DX)。その推進は、ビジネスの核となる「データ」をどう扱い、どう活用するかがカギになる。だが、データの重要性を認識していながら、うまく活用できていない企業はいまだに多い。ではなぜデータ活用が進まないのか、何が阻害要因となっているのか――DX時代に求められるデータ活用の在り方と課題解消法を、アナリティクスにおけるデータマネジメント・ソリューション分野のリーディングカンパニーである米テラデータ・コーポレーション(以後テラデータ)のテクニカルプロダクトマネージャ、渡利洋子氏に聞いた。(2019/9/4)

短歌の5文字を入力→残りの「7・5・7・7」自動生成 5000首学んだ「恋するAI歌人」現る
短歌の最初の5文字を入力すると、残りの26文字をAIが自動生成するサービス「恋するAI歌人」が登場。NTTレゾナントのAI対話エンジン「gooのAI」を活用している。(2019/8/8)

「アボカドの種と豆乳でヨーグルト」に批判集まる 本当に危険なのか見解を聞いた
劣化(腐敗)の可能性が高く、やめたほうがいいそうです。(2019/8/7)

PR:IBMが「Notes」売却、わが社のグループウェアは大丈夫か?
レガシーシステムが新規ビジネスの足かせになって発生する経済的損失「2025年の崖」が話題となるなか、IBMは「Notes/Domino」の売却を発表した。古いグループウェアの使用を続けてきた企業にとって、システム移行のラストチャンスが来ようとしている。(2019/7/25)

今日のリサーチ:
消費増税で子育て世代は駆け込み需要よりも「スマートでお得」重視?――オウケイウェイヴ調査
2019年10月に予定されている消費税増税を前に、最近の消費者の行動や意識について「OKWAVE」の投稿やその属性データなどから特徴を分析しました。(2019/7/4)

提案にコストがかかるRPA:
中堅中小企業へのRPA導入、IT企業が提案の知見を蓄積するにはどのような案件が適しているのか、ノークリサーチが分析
ノークリサーチの分析によると、中堅中小企業のRPA導入金額を最大化させるには、高度な判断を伴うRPAの活用方法を提案することが必要だという。(2019/4/16)

Microsoftのカーネルエンジニアが回答:
Windows 10のソースコードは何で書かれている?
実名制Q&Aサイト「Quora」で、「Windows 10の開発にどのようなプログラミング言語が使われたのか」という質問に対し、Microsoftのカーネルエンジニアが2019年3月、最新の回答を投稿した。(2019/4/16)

9万人の開発者が回答:
世界の開発者の実態は? Stack Overflowが2019年版の調査結果を公開
開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」は、開発者に対する「世界で最も大規模かつ包括的な」年次調査結果を発表した。最も愛されている言語はRust、次いでPythonとTypeScript。最も高給取りだったのはサイト信頼性エンジニアとDevOpsの専門家だった。開発職に希望を感じている国は西欧諸国ではなく、中国や東欧諸国だった。(2019/4/11)

モバイルdeワークスタイル変革:
移動に費やす時間を短縮! 社会人なら知っておきたい交通関連モバイルサービス3種
「仕事の効率化」とは「時間短縮」だと思っている人も多いだろう。とりわけ重要なのは「事務作業」や「移動時間」の短縮だ。今回は、移動時間の短縮に資するサービスを3つ紹介する。(2019/4/5)

Gartner Insights Pickup(94):
ITリーダーはデータとアナリティクスにどのように投資すべきか――アナリストの見解
データとアナリティクスは、もはや事後的なものではない。デジタルビジネストランスフォーメーションに不可欠であり、ビジネス価値の創出に一段と大きな役割を果たすようになっている。(2019/2/1)

Amazon、スマスピの回答をクラウドソースする「Alexa Answers」開始
Amazonが、Alexaが答えられなかった質問の答えを顧客に入力してもらう「Alexa Answers」を招待制で開始した。Answersからの答えを言うときは、Alexaは「あるAmazon顧客によると」と言うようになる。(2018/12/7)

Quora、約1億人に影響のサイバー攻撃 該当者にはメールで通知済み
実名制Q&AサイトQuoraが、サイバー攻撃を受けて約1億人の個人情報が影響を受けたと発表した。該当者にはメールで通知し、念のためにログアウトした。攻撃者はまだ特定できていないが、原因はほぼ特定できており、対策を講じたとしている。(2018/12/4)

メルカリで「売上金が失効するかも」と不安の声 運営元は対応方針明かさず
フリマアプリ「メルカリ」で利用制限されたまま振込申請期限を迎え、売上金が失効するかもしれない――そんな不安の声がネット上に広がっている。(2018/11/2)

「Yahoo!知恵袋」の不快な投稿、見えないところへ わずか1日で6億件を処理 ヤフー社内で何が起きたのか
Q&Aサービス「Yahoo!知恵袋」は長い間、不快な内容だが規約違反ではなく削除できない「グレーな投稿」に悩まされてきた。解決するための処理には約9カ月かかると思われていたが、わずか1日強で完了したという。何が起きたのか。(2018/11/2)

Teradata Analytics Universe 2018:
答えの出ないデータ分析は、もう終わりにしよう――「結果にコミット」を打ち出すTeradataの新戦略
Teradataは、データ分析に特化した年次イベント「Teradata Analytics Universe 2018」で新戦略を打ち出した。膨大なデータから知見を得るのは“宝探し”的な側面がある中、同社はコンサルタントやSaaSベンダーを巻き込み、「結果にコミット」する姿勢を見せる。(2018/10/17)

月曜午前は原則休み OKWave、働き方改革で
Q&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴは10月から、月曜日の午前中を原則休みにする「営業休」を導入する。(2018/10/4)

商品や飲食店のレビュー投稿でコイン付与 LINEが独自ブロックチェーンで5つの新サービス
LINEが、独自開発のブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」上で展開する分散型サービス5つを順次提供すると発表した。ユーザーはレビューサービスやQ&Aサービスに投稿することで「LINK Point」というコインを入手できる。(2018/9/27)

FAQを学習したAIエージェントが問い合わせに即回答――オウケイウェイヴ、「OKBIZ. for AI Agent」を発売
オウケイウェイヴは、独自のAI技術とQ&Aサイト「OKWAVE」のQ&Aデータを組み合わせたサポート向けAIエージェントサービス「OKBIZ. for AI Agent」を発売した。導入企業独自のFAQデータを追加学習させることで、利用シーンに応じた最適化も可能だという。(2018/8/28)

求人数ではRuby、C、Python:
年収が高いプログラミング言語は「Go」――「Scala」と「Python」が続く
ビズリーチは「プログラミング言語別年収ランキング2018」を発表した。1位は年収の中央値が600万円の「Go」、2位は「Scala」、3位は「Python」。スクリプト言語が多く、求人数ではRuby、Python、Cが際立っている。(2018/8/8)

企業のチャットbot導入を手助け 応答内容のテンプレート、空色が提供
チャットbotシステムを導入しやすくする新サービスを、ITベンチャーの空色が提供。利用シーンごとの自動応答シナリオのテンプレートを用意するなどして、導入の負担を減らす。(2018/8/1)

Javaコード作成に役立つ:
米ライス大学の研究者、ディープラーニングを用いたコーディング支援システム「Bayou」を開発
米ライス大学の科学者が、ディープラーニングを利用したコーディング支援システム「Bayou」を開発した。BayouはプログラマーがAPIを使いこなす際に特に役立つ。(2018/8/1)

日本でも本格展開:
Quora共同創業者兼CEOに聞く、知識共有コミュニティーのビジネスモデルに必要なたった1つのこと
日本国内でも本格的にサービスを展開し始めた「Quora」。知識共有コミュティーの未来とそこで展開されるビジネス像について、Quora共同創業者兼CEOのアダム・ディアンジェロ氏に聞いた。(2018/6/19)

実名制Q&Aサイト「Quora」に質問受付機能 野口聡一さんに宇宙の質問可能に
実名制Q&Aサイト「Quora」(クォーラ)の日本語版に「質問受付機能」が追加された。宇宙飛行士やエジプト考古学者などに質問が行える。(2018/6/6)

OpenBlocks IoT VX2:
「OpenBlocks IoT VX2」に新ファームウェア、Azure管理機能など追加
ぷらっとホームがIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」の最新ファームウェアを公開した。(2018/6/6)

組み込み開発ニュース:
エッジIoTゲートウェイ製品向けソフトの最新版を提供開始
ぷらっとホームは、同社のインテリジェントエッジIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks IoT VX2」用ソフトウェアの最新版「FW3.1」の提供を開始した。今後、拡大するインテリジェントなIoTの需要に対応する。(2018/5/25)

「泣いて許してもらおうと思っているのか」の言葉が辛い…… 学校や仕事場でよく泣いてしまう悩みについての漫画に反響
泣いてしまい余計に怒られ泣くのループがさらに辛い。(2018/4/27)

AIがFAQ作成を80%効率化 問い合わせデータからFAQを自動生成――オウケイウェイヴが「OKBIZ. for AI FAQ Maker」を発売
オウケイウェイヴは、独自開発のAIを活用して、問い合わせデータやメール対応履歴などを分析し、FAQとカテゴリー案を自動作成する「OKBIZ. for AI FAQ Maker」の販売を開始した。Q&Aサイト「OKWAVE」のQ&Aデータを言語データとして学習し、多様な言い回しを解析しているため、業種を問わず、活用できるという。(2018/4/17)

専門家に質問でき、質問者もお金稼げるQ&Aアプリ「Sophia」 学生ベンチャーから登場
専門家に質問でき、質問者もお金を稼ぐことができるQ&Aアプリ「Sophia」(ソフィア)を、東大生が代表を務めるベンチャー企業が公開した。「ネットには正確な情報が少ない」と感じ、質の高い質問・回答が集まるプラットフォームを目指して開発したという。(2018/3/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。