ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「共和党」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「共和党」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【中編】
バイデン政権はトランプ政権よりも「GAFA」に“攻撃的”か?
バイデン政権への移行で、巨大IT企業に対する連邦当局の取り締まりはさらに厳しいものになるのか。反トラスト政策と米政治家の思惑を探る。(2021/1/27)

トランプ大統領のFacebookページとInstagramアカウントも停止に
Twitterに続き、FacebookとInstagramのトランプ大統領のアカウントも停止された。ザッカーバーグCEOは「大統領によるわれわれのサービス使用を許可するリスクは大きすぎる」と語った。(2021/1/8)

ジョージア州上院選挙前、有権者のFacebookの政治報道は選挙広告に押しやられた──The Markup調査
米連邦議会上院の主導権の行方が決まるジョージア州の上院議員選挙までの約1カ月、同州有権者のFacebookは政治広告の表示が急増し、メディアによる関連情報が押しやられていたと、非営利メディアThe Markupが調査結果を発表した。(2021/1/6)

Googleを米38州が検索サービスでの独禁法違反で提訴 大型訴訟は10月から3件目
超党派の米38州がGoogleを検索サービスでの独禁法違反で提訴した。10月の司法省による提訴、前日の共和党10州による提訴に続く3件目。Googleはこの訴訟は消費者から有益な情報を奪い、企業が顧客と直接つながる手段を損なう方法で検索を再設計しようとしていると主張した。(2020/12/18)

Googleをテキサス州など10州が独禁法違反の疑いで提訴 Facebookと共謀したと主張
テキサス州のパクストン司法長官が、Googleを反競争的行為を理由に提訴したと発表した。同氏は「このインターネットの巨人は、その力を利用して市場を操作し、競争を破壊し、消費者である皆さんに危害を加えた」とツイートした。(2020/12/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
宙に浮いた「TikTok」の運命は? まとまらない買収交渉の顛末
人気アプリ「TikTok」の米事業売却が合意に至らず、中途半端な状態だ。安全保障リスクを理由に、トランプ政権が使用禁止や米企業による買収に向けて動いていた。このままだと新政権が判断することになる。日本でも禁止にはならないだろうが、リスクの可能性は知っておくべきだ。(2020/12/10)

KAMIYAMA Reports:
アフター・コロナの中国はいま
中国は、コロナ禍の影響から経済が大幅に落ち込んだものの、感染拡大の初期段階で行動制限等の措置を素早くとったことにより、現状、生産など経済活動は他国に先駆けて正常化しつつある。(2020/12/7)

ネット中立性廃止を決定したFCCのアジット・パイ委員長、来年1月に退任の意向を発表
トランプ大統領が任命した米連邦通信委員会(FCC)のアジット・パイ委員長が、来年1月20日にFCCを去る意向を発表した。次期大統領はまだ正式に決まっていないが、このまま行けば1月20日にジョー・バイデン氏が新大統領に就任する見込みだ。(2020/12/1)

新政権で米宇宙政策はどうなる? NASA「アルテミス計画」 次期長官の動向にも注目集まる
米大統領選挙で当選を確実にした民主党候補のバイデン氏。共和党から民主党への政権交代は米国の宇宙計画にどんな影響があるのか。現在の計画の行方から次期NASA長官人事に至るまで、今後の動きを海外の反応を中心に予想する。(2020/11/26)

TwitterとFacebookのCEO、大統領選をめぐる公聴会で「投稿ルールの見直しは必要」
米上院司法委員会が17日に開催した米大統領選中の投稿に関する公聴会で、Twitterのジャック・ドーシーCEOとFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOがリモートで証言した。(2020/11/18)

ツイート規制のTwitterからのエクソダスを受け入れるParlerのユーザー急増
米大統領選後、“言論規制された”としてTwitterから多数の著名人が流入しているSNSサービス「Parler」。米国ではユーザーが急増中だ。言論の自由を約束し、中立な立場だと謳うが、WSJによると保守系投資家マーサー家が出資している。(2020/11/16)

バイデン氏「大きな政府」は浮かれ過ぎか 鳴り潜める「小さな政府」主義がいつ復活するかもしれない
 「大きな政府」になるのをいとわない米民主党のバイデン米政権の成立が確実な情勢になってきた。何しろ、バイデン氏は再生エネルギーや公共インフラには4年で2兆ドルという米史上、未曽有の巨額投資を公約済みだ。社会保障給付の大盤振る舞いなどを含めると、歳出増は10年で10兆ドル規模との試算もある。(2020/11/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
現地で見た、米大統領選“熱狂”の裏で二極化するビジネス コロナ再拡大の深刻な実態
米国では大統領選の裏で新型コロナの感染者が再び増加し、経済活動に影を落としている。レストラン業界では体力のない小規模店を中心に閉店が相次ぎ、雇用を維持できなくなっている。ホテルも壊滅的だ。当選したバイデンの船出はかなり厳しいものになるだろう。(2020/11/12)

米大統領選の開票プロセスは不正だと扇動するFacebookグループ、削除前に35万フォロワー獲得
接戦となっている米大統領選で、ドナルド・トランプ氏を当選させるために「何でもする」というFacebookグループが公開され、暴力を推奨する投稿があるとして削除されるまでに約35万人のフォロワーを獲得した。(2020/11/6)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
2020年の米大統領選はまれにみる大接戦に
米大統領選は11月3日に投開票が行われましたが、大方の予想に反し、まれにみる大接戦となりました。まだ勝者は確定していません。(2020/11/5)

トランプ大統領のツイート、非表示相次ぐ 「魔法のように得票差が消えた」──開票作業の不正を示唆?
米大統領選挙に共和党候補として立候補中の現職のドナルド・トランプ大統領が、開票作業の不正を示唆するツイートを投稿し、相次いで非表示になっている。(2020/11/5)

米大統領選挙の不安除去に那須どうぶつ王国のカピバラ? 米The New York Timesの記事が注目集める
米The New York Timesの記事が大統領選挙の不安を取り除く方法5つを紹介。方法の1つとして、カピバラの入浴動画の視聴を提唱しているが、記事で紹介されたのが那須どうぶつ王国のカピバラだったことがTwitterで話題となっている。(2020/11/4)

IT基礎英語:
ハエの飛躍に注目、討論会で話題をさらった“fly”
ハエ男といえばジェフ・ゴールドブラムですが、ハエ頭といえば、マイク・ペンス副大統領。そんなfllyのお話。(2020/10/30)

Google、Facebook、TwitterのCEO召喚の「セクション230」公聴会開催
GoogleのピチャイCEO、FacebookのザッカーバーグCEO、TwitterのドーシーCEOが上院の公聴会に出席した。ドーシー氏に対しては、共和党員からトランプ大統領のツイート規制についての批判が集中した。(2020/10/29)

米FCCのパイ委員長、SNS保護の「セクション230」の定義を明文化するとツイート
米連邦通信委員会のパイ委員長が、SNS企業に対する法的保護について定める米通信品位法第230条(セクション230)の定義を明確にする意向を示した。この条文についてはトランプ大統領が保護を撤廃すべきと主張している。(2020/10/16)

偽造チップへの懸念は残るも:
コロナは長期投資の機会、半導体は要に
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、世界各国の経済のストレスレベルは、これまでの歴史全体の中でほんの一握りしか見られなかったような状態にまで高まっている。今から約90年前に起こった、世界大恐慌以来のことになるだろう。(2020/10/16)

KAMIYAMA Reports:
投資からみた米中関係:現状維持予想
米中の対立は、今後おおむね現状で推移するだろう。一言でいえば、今後、中国と米国の貿易・安全保障における対立が(舌戦などではなく幅広い輸出入制限となって)ますます激化し、両国経済が苦境に陥る可能性は非常に低いとみている。米中の相互依存が緩やかに低下することは、日本やその他の国の企業のチャンスを増やすかもしれない。(2020/10/10)

Microsoft 米大統領選挙介入を狙うサイバー攻撃を検出 ロシア、中国、イランの組織が関与
同様の攻撃は米国に限らず世界各国で発生していると、Microsoftは警鐘を鳴らしている。(2020/9/11)

米大統領選にロシア、中国、イランから多数の攻撃ありとMicrosoftが警告
米大統領選に関連する組織へのロシア、中国、イランからの攻撃が続いているとMicrosoftが報告した。2016年の選挙結果に影響を与えたとするStrontiumは攻撃力を強化したとしている。(2020/9/11)

ジョー・バイデン候補、大統領選キャンペーンで「あつ森」活用
米民主党の大統領候補であるジョー・バイデン氏が、選挙キャンペーンで「あつまれ どうぶつの森」ユーザーに特別デザインの看板を提供する。(2020/9/2)

GoogleやFacebookなどのIT企業、大統領選を守るため団結して政府とも協力
Facebook、Google、Twitter、Reddit、Microsoft、Verizon Media、Pinterest、LinkedIn、Wikimediaが11月の米大統領選を守るために米政府機関と定期的に会合を持つ。FacebookやGoogleが声明文をツイートした。(2020/8/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
禁止か買収か TikTokがトランプの目の敵にされる「4つの理由」
人気アプリ「TikTok」を巡って、米中の混乱がさらに深まっている。なぜ米政府はTikTokの禁止や買収に言及しているのか。トランプ大統領がこのアプリを禁止したい理由は4つある。TikTokに逃げ道は残されておらず、こういった締め付けは今後も続く可能性が高い。(2020/8/6)

GAFAの4CEO、Cisco Webexでの公聴会を概ね無難に乗り切る
Google、Apple、Facebook、Amazon.comのCEOが初めてそろった米下院の公聴会はCiscoのWebexによるWeb会議で行われた。3時間にわたる公聴会で4人は世界規模でみれば市場独占には程遠いと主張した。(2020/7/30)

KAMIYAMA Reports:
米大統領選と経済と株価
共和党のトランプ氏(現大統領)と民主党のバイデン氏のどちらが大統領になっても、米国経済の成長率予想の差はほとんどないとみている。そもそもコロナ・ショックからの脱却において、政府や中央銀行のとるべき(とることが出来る)政策に大きな違いはない。また長期的に政策の差はあるが、経済成長全体に与える影響は小さい。(2020/7/13)

CHIPS for America Actに続き:
米議員、半導体強化に向けた2つ目の法案を提出
2020年6月25日(米国時間)、米国の上院議員から成るグループが、国内の半導体産業を復興させるための法案をさらにもう一つ提出した。(2020/7/2)

課題は生産コスト:
TSMC、米アリゾナ州での工場建設への意欲を強調
TSMCは現在、米国アリゾナ州への半導体工場の建設に向けて、トランプ政権と交渉を進めている。TSMCのチェアマンを務めるMark Liu氏は、同州に半導体工場を建設する意義について語った。(2020/6/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
社長、間違ってます! 米国で広がる「従業員アクティビズム」で会社は変わるか
日本では会社で主義主張を叫ぶことは歓迎されないが、今、米国を中心に「従業員アクティビズム」が広がりつつある。Facebookやニューヨーク・タイムズなどで、社会問題に絡む経営陣の判断に従業員が抗議。従業員自ら会社の存在意義を考え、変えることもできるのだ。(2020/6/11)

Google、2020年米大統領選のキャンペーンチームに中国とイランの攻撃があったと警告
Googleのセキュリティ担当者が、ジョー・バイデン氏の選挙キャンペーンチームに中国が、ドナルド・トランプ氏のチームにはイランが、それぞれサイバー攻撃を仕掛けたとツイートした。侵入された形跡はないとしている。(2020/6/5)

トランプ大統領、自分のツイートにラベルを付けたTwitterを「閉鎖してやる」とツイート
ドナルド・トランプ米大統領が、自分のツイートにTwitterが初めて内容に問題があるというラベルを付けたことを受け、「保守派を沈黙させようとするソーシャルプラットフォームを規制するか閉鎖する」とツイートした。(2020/5/28)

ビル・ゲイツ氏標的の“新型コロナ陰謀説” 米国人の3割が「信じる」 世論調査
ゲイツ氏をやり玉に挙げる根拠のない陰謀説を「正しい」と思う人は28%。与党共和党やトランプ大統領支持者では44%に上った。(2020/5/26)

政治的介入の懸念:
TSMCのアリゾナ工場設立、米議員が差し止めを要求
米上院少数党院内総務のChuck Schumer氏と、その他2人の民主党議員が、TSMCが米国アリゾナ州に建設を予定している半導体工場のプロジェクトについて、差し止めを要求した。(2020/5/25)

米司法長官、銃乱射事件解決に協力しなかったとAppleを批判
ウィリアム・バー米司法長官が、昨年12月に海軍基地で発生した銃撃事件の犯人のiPhoneのロック解除をAppleに拒否されたが、FBIがついに成功したと発表。「公共の安全より金儲けを重視する大企業に国家安全を委ねるわけにはいかない」と語った。(2020/5/19)

インスタを投稿しただけなのに世界を揺らしたテイラー・スウィフト Netflixドキュメンタリー「ミス・アメリカーナ」がすごい
2018年、アメリカの音楽界で起こった“事件”。(2020/3/21)

KAMIYAMA Reports:
「世界の工場」中国への依存度
世界経済の観点からみると、中国の消費は世界経済にとってそれほど重要ではない。むしろ、中国は世界の工場として、いわゆるサプライチェーンの生産拠点として重要な意味を持っている。(2020/2/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2020年の中国自動車マーケット(後編)
今回の米中摩擦は一時的な問題ではなさそうだ。おそらくは中国の統治体制に何らか異変があるまで、この経済戦争は終わらないだろう。世界の自動車メーカーはどうなるのだろうか? やはり中国依存度が高いところが危ない。筆頭は欧州だ。これは自動車産業のみならず金融なども含めて中国と蜜月を深めすぎている。(2020/1/7)

「ダークアド」と私たちの個人情報の行方
私たちの個人情報は、ネット上でどのように扱われているのか。Facebookの例などを基に考える。(2020/1/7)

2020年、日本の株式市場は波乱の幕開け 今年の株式相場は上がる? 下がる?
子年は「繁盛」?(2020/1/6)

KAMIYAMA Report:
先進各国の財政・金融政策への期待
政府は、大型の経済対策(事業規模26兆円程度、財政支出13.2兆円程度)を閣議決定した。景気の下振れリスクに先手を打ち、成長分野への投資や自然災害への対応などを柱とし、関連費用は19年度補正予算と20年度当初予算に分けて計上されるという。予算案が実現する可能性は高そうだ。(2019/12/18)

AppleやFacebookが法執行機関向けバックドアを作らないなら暗号化を法律で規制する――米上院議員
AppleとFacebookのセキュリティ責任者を召喚した公聴会で米上院議員が、エンドツーエンドで暗号化したサービスに法執行機関向けバックドアを設けないのであれば、法律で規制すると警告した。(2019/12/11)

ITはみ出しコラム:
TwitterとFacebook、政治的広告の扱いで対立する
Twitterは政治的な広告を世界で全て禁止すると発表しました。一方、Facebookは政治広告の掲載はやめないと表明しています。(2019/11/3)

香港デモ支援アプリ削除のAppleのクックCEOに対し、米議員らが「中国の圧力に抵抗せよ」
米連邦議会の7人の超党派議員が、AppleとBlizzardによる香港デモに関する最近の行動を非難し、両社の各CEOに基本的権利のために戦う人々を支持するよう強く求める書簡を送った。(2019/10/20)

Google、中国での検索サービスプロジェクト「Dragonfly」を打ち切ったと明言
Googleの幹部が上院司法委員会の公聴会で、中国向け検索サービスプロジェクト「Dragonfly」は打ち切ったと証言した。これまでは「検討中だが提供の予定はない」などとしていた。(2019/7/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
高度化する“監視”の目 「顔認証」が叩かれるワケ
どんどん進歩する「顔認証」技術。犯罪捜査などで役立っている一方、人権侵害や乱用の懸念も広がっている。今、世界でどんな議論が起きているのか。そして、私たちは顔認証技術の拡散をどう捉えていくべきか。(2019/7/11)

岐路に立つ日本社会:
“移民”解禁で仕事を奪われる「プアー・ジャパニーズ」は出現するか
4月から外国人労働力の受け入れが拡大。事実上の“移民解禁”とも言える流れに。将来、日本人の仕事が奪われることになる?(2019/5/29)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「笑い男」事件は実現可能か 「攻殻機動隊 S.A.C.」好きの官僚が解説
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第6回のテーマは「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」です。(2019/5/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。