ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「六本木」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「六本木」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
マツダが六本木に新拠点、異業種との共創や採用活動に注力
マツダは東京都港区六本木に新たな価値創造に取り組む仲間づくりの場「マツダイノベーションスペース東京」を開設した。(2024/2/19)

「おもしろ広告」大解剖:
きつね、月見、天ぷら……? 六本木駅に「関西人は歌える広告」が出現、ヒガシマル?油の狙い
2023年の年の瀬、東京・六本木駅に出現した「関西人は歌える」広告が話題となった。掲出したヒガシマル?油は、どのような広告戦略を練ったのか。(2024/1/27)

吉瀬美智子、“お忍び六本木”超ごきげんショットに心配の声 バラエティーで爪痕残しすぎた結果「酔ってる!?」「飲み過ぎたらアカンでぇ」
酔っぱらい姿が話題の吉瀬さん。(2023/10/19)

「社長の住む街」ランキング 3位「六本木」、2位「西新宿」、1位は?
東京商工リサーチが、約400万社の企業データベースから社長(個人企業を含む)の居住地を抽出し、ランキング化。その結果を発表した。(2023/10/12)

あべのハルカスを抜き日本一の超高層ビルが誕生:
「麻布台ヒルズ」の全貌を徹底解剖 高さ日本一330mの“森JPタワー”を含む、延べ86.1万m2の街が11月開業
日本一の超高層ビル「森JPタワー」を含む「麻布台ヒルズ」が、2023年11月24日にグランドオープンする。街全体の総延べ床面積は約86.1万平方メートルを誇り、オフィス総貸室面積は約21.4万平方メートルで数約2万人が働き、居住者数も約3500人と、いずれも六本木ヒルズの規模に匹敵し、これまでに森ビルが手掛けてきた都市再生事業の中でも最大のプロジェクトとなる。(2023/8/17)

一風堂、全国14店舗で「フライング値上げ」発覚 3時間早く価格変更…… 「心よりお詫び」返金対応実施
六本木店、銀座店、池袋店などで。(2023/7/4)

元ジャニーズのマリウス葉、日本に帰国 六本木での全身ショットに「何頭身?! スタイル良すぎ」
2022年12月に芸能界を引退し海外で過ごす様子をシェアしていました。(2023/6/10)

東京・六本木:
最短3年で”取り壊される”カフェ 解体が楽しみになる「内装」が話題
2022年5月に東京・六本木で営業を開始したカフェ「Common」――話題になっているのはその「内装」だ。近隣エリアの再開発に伴い、最短3年で建て替え・取り壊しの予定だという。どのような内装に仕上げたのかというと……(2023/3/10)

2028年度竣工予定:
六本木ヒルズ隣接、西麻布の再開発 地上54階・地下4階建の複合施設が誕生
野村不動産とケン・コーポレーションは2月15日、「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」について権利変換計画の認可を受けたと発表した。(2023/2/20)

「より良い作品を届けられるよう」平手友梨奈、BTS所属の韓国事務所「HYBE」へ移籍 ファンコミュニティもオープン予定
「六本木クラス」「ドラゴン桜」など俳優としても活躍。(2022/12/21)

長屋家の家族団らん! 香川照之&早乙女太一&鈴鹿央士、「六本木クラス」親子3ショットで笑顔咲かせる
こんな未来も見たかった。(2022/9/30)

「日本いたの!?」「遭遇したかった!」 梨泰院クラスのアン・ボヒョン、六本木にふらっと現る
新ドラマの記者会見で来日していたもよう。(2022/9/18)

はじめしゃちょー、退去する“家賃120万円超”の自宅を大公開 “最高級の景色”を堪能できる六本木タワマンに「まぁ妥当かな」
所属事務所が目と鼻の先。(2022/8/23)

タイムアウト東京のオススメ:
妖怪たちが大集合、「水木しげるの妖怪 百鬼夜行展」六本木で開催中
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/8/2)

大展覧会「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」レポ 秘蔵資料と描き下ろし作品にあのころのドキドキを思い出す
六本木で開催。(2022/7/2)

「六本木クラス」平手友梨奈&中尾明慶バースデーを竹内涼真らが祝福 「2代目みやべ」初のフルメンバー5ショット
初回スペシャルで7月7日に放送開始する「六本木クラス」。(2022/6/29)

スマートビル:
ビットキー、東京建物/鹿島の六本木複合型ビルを丸ごとDX
ビットキーは、東京建物と鹿島建設が共同で所有する六本木和幸ビルで、入退室管理、シェアオフィスの運営・管理支援、会員間のコミュニケーション促進などを目的にビットキー製品が採用されたことを発表した。(2022/6/24)

二児の母・加藤ローサ、37歳の最新ショット 六本木でシャンパンも「精神年齢は23歳くらいで止まってる」
なお、母親からは「あら私は18のままよ」とマウントを取られたもよう。(2022/6/23)

リノベ:
鹿島建設が六本木でワークプレースをオープン、多様な働き方に対応
鹿島建設は、東京建物とともに、東京都港区で共同で保有する六本木和幸ビルを改修し、ワークプレース「Kant.」としてオープンした。(2022/6/14)

“六本木クラス”30秒ティーザーで香川照之が早くも土下座要求 「キャスティング大正解」「楽しみになってきた」
香川さんといえば土下座。(2022/6/10)

製造業IoT:
ノキアがローカル5Gラボを開設、試験やPoCなどを推進する「LaaS」の拠点に
ノキアソリューションズ&ネットワークスは、東京・六本木ヒルズの本社内にある先端技術センター(ATC)においてローカル5G実験試験局免許を取得し、ローカル5Gラボとしてリニューアルすることを発表。顧客やパートナーとともに実機を用いたローカル5Gの試験やPoC、ソリューション開発を推進するLaaS(Lab as a Service)の拠点となる。(2022/5/13)

竹内涼真&新木優子、「六本木クラス」で制服姿 高校卒業から約10年たつも「違和感ない」「高校生に見えてすごい」
29歳の竹内さんと、28歳の新木さん。(2022/5/12)

「六本木クラス」主演の竹内涼真、パク・セロイ“いがぐりヘア”は「いろいろ相談しました」 大ヒット「梨泰院クラス」の日本版
韓国ドラマではパク・ソジュンが主演を務めました。(2022/4/25)

年収3000万超えプレイヤーの結果も公開:
年収1000万円超えプレイヤーが選んだ「東京23区の住みたい街ランキング」 1位は?
GA technologiesは、2021年の1年間に年収1000万円以上の人が成約した物件をエリアごとに集計して発表した。年収1000万円超えプレイヤーが選んだ「住みたい街ランキング」の3位は「六本木」、2位は「三田」が選ばれた。(2022/3/25)

オフィス探訪:
感染対策に1.7億円! コロプラが目指した『出社したくなるオフィス』の全貌
コロプラは2月、東京・六本木のミッドタウン・イーストにオフィスを移転した。感染症対策に特化しつつ円滑にコミュニケーションがとれる空間を目指した。新オフィスの仕掛けとは?(2022/3/14)

ティーに特化した店舗は4店舗目:
スタバ、ティーに特化した店舗を富山にオープン
スタバックスはティーに特化した店舗を富山にオープンすると発表した。ティーを主役に置いた製品で売り上げ拡大を狙うという。六本木、吉祥寺、大阪に続き4店舗目の出店。(2022/2/18)

プロジェクト:
野村不動産らが東京・六本木で商業施設を開業、店舗情報の伝達にNFCを活用
野村不動産と野村不動産コマースは、東京都港区六本木で、商業施設「GEMS 六本木」を2021年11月10日にオープンした。GEMS 六本木は、来館者への店舗情報の伝達手段として「NFC(近距離無線配信)非接触ICチップ」を活用し、エントランスのプロジェクションマッピングでは街との一体感を醸成している。(2022/1/21)

西日本初出店:
スターバックス、ティービバレッジに特化した店舗を大阪・梅田にオープン
スターバックス コーヒー ジャパンは2月25日、大阪・梅田に「スターバックス コーヒー LUCUA 2階店」をオープンする。ティービバレッジに特化した店舗で、六本木、吉祥寺に続く3店舗目。(2022/1/13)

港区住民の7人に1人が社長:
「社長の住む街」ランキング 3位「六本木」、2位「西新宿」、1位は?
東京商工リサーチが2021年版「社長の住む街」をランキング化。コロナ禍でトップになったのは……?(2021/12/25)

実証実験:
六本木のギョーザ屋、「お手伝いで0円食べ飲み放題プラン」開始 人手不足を解消
六本木のギョーザ屋は、人手不足の解消を目的としてお客に営業を手伝ってもらうプランを発表した。手伝うことで2時間飲食が無料になるというものだ。緊急事態宣言解除に伴い、飲食店に人が戻りつつある一方、スタッフの不足が深刻化していることが背景にあるという。(2021/11/5)

プロジェクト:
六本木に入居者の創造性を刺激するオフィスビルが竣工、オーダーメイドのフレグランスを活用
リアルゲイトは、東京都港区で入居者の創造性を5つの機能で刺激するオフィスビル「THE MODULE roppongi」を開発した。現在、同社は、THE MODULE roppongiの入居者を募集しており、2022年3月に満床になる見込みだ。(2021/10/25)

「NewsPicks」運営のユーザベース、2022年4月に本社移転へ 六本木→丸の内に
「NewsPicks」などを運営するユーザベースは、2022年4月に本社を港区六本木から千代田区丸の内に移転すると発表した。同社は本社移転を契機に「新たな知の融合・新たな事業創出の契機を増やすことを目指す」としている。(2021/10/19)

日本らしさは求めていない?:
在留外国人が住みたい街 「六本木」や「恵比寿」を抑え1位となったのは?
「都心へのアクセスの良さ」と「住環境のバランス」が良い街の人気が高い傾向が見られた。(2021/7/26)

タイムアウト東京のオススメ:
村上隆らのドラえもんが街を彩る、六本木アートナイトが開催
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/7/20)

東京メトロ、公式アプリに地下鉄構内のナビ機能 銀座駅など全23駅に対応
東京メトロが、スマートフォンアプリ「東京メトロ my!アプリ」に、構内を案内するナビ機能を追加。銀座駅や六本木駅など全23駅に対応する。(2021/3/24)

Go To Eatできない:
新型コロナで悲鳴あげる都心の飲食店 存続の道を探る六本木の老舗ジャズクラブ
新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、8月の外食全体の売り上げは前年比84%と7月よりも低下し、回復傾向は頭打ちに――。中でもパブ・ビアホールと居酒屋は、東京都などの自治体が飲酒を伴う業態に営業時間短縮を要請したことで、4月以降壊滅的な状況が続いている。(2020/10/2)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
嗚呼、ドライブデート!
ドライブデートでよかったのは、東京タワーの根元でライトアップを見た後に六本木・けやき坂のイルミネーションを見て、深夜営業のスターバックスでお茶するというコースです。(2020/9/2)

これ、ガチのやつだ 六本木に本格フライトシミュレーターを体験できる「六本木フライトシミュレーターサロン」オープン
気分はホンモノのパイロット。(2020/8/14)

六本木に本格フライトシミュレーターサロン登場 娯楽目的もOK、ゲーマー記者もハッスル
ソフトバンク傘下のベンチャー企業らが、六本木でフライトシミュレーターを使って航空機の訓練プログラムの提供をスタート。パイロットに興味がある人に、航空機の操縦を体験できる機会を提供する。(2020/8/14)

飲まなくても酔える「完全ノンアルコールバー」が六本木に登場 全席コンセント、Wi-Fi完備
元俳優の小橋賢児氏が代表を務めるThe Human Miracle(東京都港区)は、酒を一切出さず、ノンアルコールドリンクのみを提供するバー「0%」を7月16日、東京・六本木にオープンする。(2020/7/7)

日本初の“完全ノーアルコールバー”が六本木に爆誕! 本格ノンアルメニュー20種類以上楽しめる
リッチなバーカウンターでノンアルコールドリンクが楽しめる……!(2020/7/7)

「豚組しゃぶ庵」コロナ禍で閉店 “Twitter集客”で愛された店、13年の歴史に幕
東京・六本木のしゃぶしゃぶ店「豚組しゃぶ庵」が10月末に閉店。Web業界人に愛された店だったが、コロナ禍を乗り越えられないと判断した。(2020/6/29)

ティー商品専門のスタバが六本木にオープン 限定の「ストロベリー&パッション ティー」やフラペチーノなどが登場
カラフルでおいしそう!(2020/6/26)

7月1日、六本木にオープン:
スタバが「お茶」のカフェを出店 フルーツと組み合わせた新商品を展開
スターバックスコーヒージャパンは7月1日、「お茶」をメインとする新店舗を六本木ヒルズ内にオープンする。紅茶や日本茶などを使った新商品を展開する。(2020/6/26)

リモート接客で話題のガールズバー、ボトルキープ代の先払いに対応 新型コロナの苦境に立ち向かう
ビデオ会議システムを使ったリモート接客を始めて話題を呼んでいる六本木のガールズバーが、ボトルキープの先払いサービスを始めた。客は公式サイトでボトルを事前に購入すると、新型コロナが収束した後で店にお酒を飲みに行ける。収益を早めに確保することで、資金繰りを改善する狙い。(2020/4/7)

ドコモショップ六本木店と九州支社のスタッフが新型コロナウイルスに感染
NTTドコモは4月4日、販売代理店のスタッフと社員が新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表した。感染者の出たのは、ドコモショップ六本木店とドコモ九州支社。当該スタッフの最終出社日は3月31日。(2020/4/6)

六本木のガールズバー、リモート接客を開始 新型コロナの影響をアイデアで打破 自粛ムードの「気分転換に」
六本木のガールズバー「RUTILE」(ルチル)がリモート接客を開始。カウンター席に置いた端末を介して、客とバーテンダーの女性がおしゃべりを楽しめる。客の良い気分転換になっているという。(2020/4/3)

気象データから成形する「サイバー和菓子」が登場 六本木ヒルズのレストランで期間限定メニューに
成形シーンがかっこいい。(2020/2/24)

AI活用の街路灯、NECが六本木に設置 通行人の性別・年代など推定
NECが、AIを活用した「スマート街路灯」を3〜6月に六本木に設置する。街路灯に搭載したカメラ映像を基に、通行人の人数や移動方向、性別、年代などを推定。防犯や六本木商店街への集客に役立てる。(2020/2/21)

「信者ビジネス」との批判に反論:
堀江貴文が“炎上上等”で「ホリエモン万博」開催に奮闘する理由――知られざる「六本木の衰退」に一石
ホリエモンこと堀江貴文がさまざまなイベントを同時多発的に開催する「ホリエモン万博」を2月1日、2日に東京・六本木で開催する。「赤字続き」だという万博の開催を続ける目的を堀江に問うと、経営者の高齢化などにより古き良き飲食店がなくなりつつあり、一部で衰退の兆しが見える六本木を、大人が楽しめる街として盛り上げることにあるという。堀江自身がその思いを語った。(2020/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。