ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「セダン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セダン」に関する情報が集まったページです。

そういうクルマじゃねぇから! ロシアの旅行会社、BMWの高級セダンを軍用トラックと合体させる暴挙 森林ツアーで人気に
ロシアらしい、豪快さのあるオフロードカーではあります。(2019/11/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
SUVが売れる理由、セダンが売れない理由
セダンが売れない。一部の新興国を除いてすでに世界的な潮流になっているが、最初にセダンの没落が始まったのは多分日本だ。そしてセダンに代わったミニバンのマーケットを、現在侵食しているのはSUVだ。(2019/10/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
カローラ・セダン/ワゴンが意味するもの
最量販車種の座をプリウスに奪われ、ファミリーカーの本流の座はノア/ボクシーに奪われた。気がつくとカローラは「年寄り向けの地味なクルマ」でしかなくなっていた。さらに世界各国で販売されるカローラは、地域によって求められるキャラクターが異なる。「スポーツ」「高級」「取り回し」の3つを同時にかなえるクルマを目指さなければいけない宿命を持ったカローラ。TNGAでハード的には対応を進めたが、問題は「自分のものにしたい」と思わせるキャラクターが立っているかどうかだ。(2019/9/24)

車載情報機器:
トヨタがSDL対応のディスプレイオーディオを標準装備に、ナビアプリはLINE
トヨタ自動車は2019年9月17日、東京都内で会見を開き、「カローラ」のセダンタイプとワゴンタイプを全面改良して、販売を開始したと発表した。セダンタイプは「カローラ」、ワゴンタイプは「カローラツーリング」に車名が変わる。(2019/9/18)

電気自動車:
BYDとトヨタが中国向けEVを共同開発、2020年代前半に発売
比亜迪(BYD)とトヨタ自動車は2019年7月19日、電気自動車(EV)の共同開発契約を締結したと発表した。2020年代前半にトヨタブランドで中国市場に導入することを目指し、セダンタイプと低床SUVタイプのEVを開発する。その車両に搭載する駆動用バッテリーの開発も進める。(2019/7/22)

新ターボエンジン搭載:
日産、新型「スカイライン」 人とクルマの“対話”重視、安心感打ち出す
日産自動車は9月、新型「スカイライン」を発売する。先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載し、ドライバーとシステムの“対話”を追求。歴史あるスポーツセダンで、新たな技術を打ち出す。(2019/7/16)

実はセダンに乗りたい人が多い? 75%が「購入検討」 日産、セダンのラインアップを充実へ
新型スカイラインも近く登場します。(2019/6/19)

BMW、新型「3シリーズ ツーリング」発表 ワゴンもフルモデルチェンジ、374馬力の高性能版「M340i」も
セダンに続きワゴンもフルモデルチェンジ。(2019/6/18)

保護主義懸念も:
自動車メーカーが北米で苦戦、安売り後遺症
北米の自動車市場で、日本メーカーの苦戦が目立っている。米国でスポーツ用多目的車(SUV)人気が続いていることも、セダンに強みのある日本勢にとっては逆風になっている。トランプ大統領の保護主義的な政策も不安要素となり……。(2019/6/18)

うぉぉついに登場! うっとり華麗デザインの新世代車「MAZDA3」発売 “かなり安い”218万1000円から
色気のあるハッチバック、オトナ雰囲気のセダン。(2019/5/24)

おぉ! よりスポ−ティーなツラ構えに MTオンリーのスポーツセダン「WRX STI」に2019年改良モデル
「WRX S4」も改良。(2019/5/16)

中国専用!?!? ベンツ・Aクラスセダンの爆速AMG版に“60ミリ”長い謎モデル「AMG A35 L」登場 これは何?
中国市場専用(?)ベンツ。(2019/4/17)

IHS Future Mobility Insight(12):
ピークアウトする北米自動車市場、主戦場はセダンからSUVへ
2018年がピークとなった米国経済と合わせて、2019年以降の米国の自動車市場も減衰に転じる。その米国自動車市場では、セダンからSUVへの移行が急激に進んでおり、自動車メーカー各社の生産戦略にも影響を与えている。(2019/4/17)

お、おぉ!? かなりカッコイイぞ! ロー&流線型デザイン、日産がミドルセダン新型「シルフィ」発表
Cd値は「GT-R」と同じだそうです。(2019/4/16)

BMW、怪物セダン「M5 Competition」を発売 625馬力の最強仕様
大人な顔して超速いぞぉぉこれ。【写真27枚】(2019/1/28)

0〜100キロ加速「3.3秒」:
BMW、超高性能セダンの強化版「M5 Competition」国内発売 個性的かつ俊足に
BMWが「M5 Competition」を発売。希望小売価格(税別)は1823万円。個性的なデザインを施しつつ、エンジンをチューニングし、よりパワフルな仕様にした。(2019/1/25)

日産、謎のクローラー推し セダン「アルティマ」をクローラー仕様に魔改造したマシン「Altima-te」公開
ジュークに続いてアルティマまで……謎のクローラー推し?(2019/1/21)

BMW、新「7シリーズ」世界初披露 かなり大型化したキドニーグリルで存在感もビッグに
BMWの最上級セダン「7シリーズ」を改良した新モデルが登場。【写真38枚】(2019/1/17)

トヨタ「マークX」に最強「GRMN」登場 V6&MT&専用装備でFRスポーツ追求
トヨタのFRセダン「マークX」にトップモデル「GRMN」が登場。【写真17枚】(2019/1/11)

ハイブリッド専用車が復活:
ホンダ、新型「インサイト」発売 ミドルセダンの新モデルへ進化
ホンダは12月14日、新型ハイブリッドセダン「INSIGHT(インサイト)」を発売する。(2018/12/13)

セダン? クーペ? アウディの次世代EV「e-tron GT」が美しすぎる
コンセプトカーですが2020年末には量産モデルが登場予定。(2018/11/30)

えっ、これ市販車なの!? トヨタが大人セダンをガツンとチューン「カムリTRD」爆誕
ちょっとワルそう、でも超速そう。(2018/11/29)

「魂動デザイン」が深化:
マツダ、新型「アクセラ」世界初公開 デザイン一新、「SKYACTIV-X」搭載
マツダが新型「Mazda3」を世界初公開。セダンとハッチバックの2種類で、2019年初頭から北米で順次発売予定。圧縮着火の実用化に成功したガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載している。(2018/11/28)

「つながる」機能も:
トヨタ、新型「カローラ セダン」世界初披露 19年発売、ワゴンも
トヨタが新型「カローラ」のセダンモデルを中国・広州国際モーターショーで世界初披露した。(2018/11/16)

「ドアミラーがない(?)クルマ」登場 レクサスが上級セダン「ES」を発売、デジタルドアミラーを初採用
ちょっと未来きた。2018年10月24日発売。(2018/10/25)

事前受注は2200台:
レクサス、新型「ES」日本初投入 先端技術と快適性でセダンの潜在需要開拓へ
トヨタ自動車はレクサスの新型「ES」を発売。日本初投入となるが、すでに2200台を受注。世界初搭載の先進技術や快適性向上を目指した装備によって、日本市場の需要を取り込む。(2018/10/24)

世界初のデジタルサイドミラー採用:
新型「レクサスES」発売 ミドルセダンの基幹車が日本初上陸
トヨタが高級車ブランド「レクサス」のミドルクラスセダン「ES」の新型を発売した。(2018/10/24)

モビリティサービス:
吉利とボルボが仕掛ける新ブランド、クルマを「買わずに」「安く」使う
吉利汽車とVolvo Cars(ボルボ)が共同出資で立ち上げたブランド「Lynk & Co(リンクアンドコー)」は2018年10月19日、富士スピードウェイ(静岡県小山町)でセダンの新型車「03」を発表した。(2018/10/22)

ホンダ、新型「インサイト」を発表 上級セダンに変わった3代目
2018年冬に発売予定。【写真40枚】(2018/10/5)

スポーティーな新デザイン:
BMW、スポーツセダン「3シリーズ」新型を正式発表 7年ぶりフルモデルチェンジ
BMWが7年ぶりにフルモデルチェンジした新型「3シリーズ」を正式発表。(2018/10/3)

レクサス、新型セダンでサイドミラーを廃止 カメラに置き換え 量産車で世界初
レクサスの新型セダン「ES」は、カメラで撮影した左右後方の映像をディスプレイに表示する世界初のデジタルミラーを搭載する。(2018/9/12)

カメラ映像をモニターで確認:
新型「レクサスES」は量産車初・ドアミラーをデジタル化
高級車ブランド「レクサス」から10月下旬に発売されるセダン「ES」新型は、量産車初の「デジタルアウターミラー」を採用する。(2018/9/12)

秋に世界初披露か:
BMW、新型「3シリーズ」の一部情報を公開
独BMWが新型「3シリーズ」セダンの一部情報を公開した。フルモデルチェンジは7年ぶり。(2018/8/17)

一部改良も:
トヨタ「カムリ」に新グレード スポーティーな専用装備
トヨタはセダン「カムリ」にスポーティーな新グレード「WS」を設定。(2018/8/1)

運転支援機能も充実:
メルセデス・ベンツ、新型「Cクラス」国内発表 デザイン刷新
メルセデス・ベンツ日本が、セダン/ワゴン/クーペ/カブリオレの新型「Cクラス」を発表。デザインを刷新したほか、運転支援機能やテレマティクスサービスを充実させた。(2018/7/25)

ホンダ、プラグインハイブリッド仕様の上級セダン「クラリティPHEV」を投入 プリウスPHVと何が違う?
価格は約590万円から。EVモードで114キロ走行可能に。【写真50枚】(2018/7/20)

電気自動車:
ホンダの電動化戦略が本格始動、5人乗りセダンへのこだわりはどう生きるか
ホンダは、5人乗りセダンタイプの新型プラグインハイブリッド車(PHEV)「クラリティ PHEV」を発売する。クラリティ PHEVは、2016年3月に発売した燃料電池車(FCV)「クラリティ フューエルセル」と共通のプラットフォームを採用したクラリティシリーズの1つ。(2018/7/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
え!? これクラウンだよな?
トヨタのクラウンが劇的な進化を遂げた。今まで「国産車は走りの面でレベルが低い」とBMWを買っていた人にとっては、コストパフォーマンスがはるかに高いスポーツセダンの選択肢になる可能性が十分にあるのだ。(2018/6/25)

マツダ、上級セダン「アテンザ」を刷新 高級感を高めた内装がステキ
新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」もいい色!(写真50枚)(2018/5/25)

セダンを選ぶクルマ好きに:
「セダンを大切にしている」 マツダの「アテンザ」大幅改良
マツダは、主力モデル「アテンザ」(セダン・ワゴン)を大幅改良。スポーツタイプ多目的車(SUV)の需要が拡大する中、フラッグシップセダンの新型アテンザを投入し、顧客層の再拡大を狙う。(2018/5/24)

「大きな欠点」:
米有力誌、テスラ「モデル3」推奨せず 制動距離など問題指摘
影響力のある米消費者情報誌コンシューマー・リポーツは、Tesla(テスラ)の新型セダン「モデル3」を推奨しない方針を明らかにした。(2018/5/22)

おぉぉ! これはカッコいい!! アルファ ロメオ、初のSUV「ステルヴィオ」を投入 日本でも発売へ
アルファ ロメオもハイクラスSUV市場に参入。SUVの特徴に、スポーツセダンと同等の操縦性能を兼ね備えた「ハンドリングSUV」をうたいます。(写真24枚)(2018/5/14)

625馬力のモンスターセダン「BMW・M5 Competition」 これ、多分、超絶に速い
そもそも高性能な「M」モデルをベースにさらにパワーアップ。(2018/5/11)

際立つ新色「イエロー」:
レクサス、スポーツセダン「GS F」一部改良
トヨタは高級車ブランド「レクサス」のスポーツセダン「GS F」を一部改良し、発売した。(2018/5/10)

うっとりするカッコよさ レクサスが上質セダン「ES」を国内初投入 2018年秋発売へ
フラッグシップ「LS」に次ぐ上級セダン、「運転する高揚感」なども演出。(写真57枚)(2018/5/1)

マスタングなどに絞り込み:
フォード、北米でセダン販売から撤退 一層の経費圧縮へ
フォードは経費削減と利益率向上の一環として、北米市場で人気の低いセダンの販売から撤退する方針だ。(2018/4/26)

北京モーターショー2018:
レクサス「ES」が2018年秋に日本導入、「カムリ」と同じTNGAプラットフォーム
トヨタ自動車は「北京モーターショー 2018」において、レクサスブランドのセダン「ES」の新モデルを世界初公開した。(2018/4/26)

トヨタ、新型「LEXUS ES」初披露 日本で18年秋ごろ発売
トヨタ自動車が、高級車ブランド「LEXUS」のセダン「ES」新型モデルを、2018年北京モーターショーで世界初披露した。日本では18年秋ごろに発売を予定している。(2018/4/25)

ミドルクラスセダンを一新:
新型「レクサスES」世界初公開 日本は18年秋発売
トヨタは、高級車ブランド「レクサス」のセダン「ES」をフルモデルチェンジした新型を世界初披露した。(2018/4/25)

北京モーターショー:
「レクサスES」世界初公開へ 「上質な快適性」進化
トヨタは、高級車ブランド「レクサス」のセダン「ES」の新型を中国・北京モーターショーで世界初公開する。(2018/4/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。