ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サービス業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サービス業」に関する情報が集まったページです。

電子契約や署名サービスを導入している企業は18%:
紙の契約を一番やめたいのは事業部長? ドキュサインが電子契約に関する調査結果発表
ドキュサイン・ジャパンは、ホワイトペーパー『「電子契約/電子署名サービス」国内市場の現状とニーズ』を公開した。それによると6割以上の人が従来の契約で不便さを感じており、電子契約/署名サービスを利用したいと回答した割合は7割を超えていた。(2021/10/15)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(12):
日本の製造業の現状とその打開策【後編】
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する連載。第12回は「日本の製造業の現状とその打開策」の【後編】として、部品メーカーにフォーカスした内容をお届けするとともに、“これからのモノづくりの方向性”について筆者の考えをお伝えする。(2021/10/14)

2年連続で減少:
民間の平均給与は433万円、コロナ禍で給料が上がった業種は?
国税庁が発表した「2020年分 民間給与実態統計調査結果」によると、ビジネスパーソンの平均給与額は433万円。業種別で見ると……。(2021/10/14)

確かめる質問:
就活学生が一番知りたい「社風」は、首都圏直下地震で分かる
10月1日の内定式も済み、いよいよ23卒(2023年4月入社)就活が本格化します。そんな時に突如起こった10月7日の首都圏の地震。就活と何の関係があるのでしょうか? いや、就活生が一番知りたい情報を知る機会だといえるのです。(2021/10/12)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】エネルギー価格上昇、平均時給の増加基調などインフレ懸念への警戒感が一層高まる
原油先物価格が大きく上昇、サプライチェーンの混乱や人手不足によるコスト増加が企業収益を一段と圧迫するとの思惑が広がりインフレ懸念が高まりました。サービス業の景況感を示す指標が予想を上回ったことは投資家心理の支えになりました(ISM、ミシガン)。10年債利回りは6月中旬以来の水準まで上昇。(2021/10/12)

「総務」から会社を変える:
よい属人化と悪い属人化 「優秀な総務部」を作るポイント
総務の課題である「属人化」。この属人化には悪いものもあればよいものもあると解説するのが、月刊総務編集長の豊田健一氏だ。どういうことか。(2021/10/8)

建設業の人材動向レポート(37):
「建設業は他産業よりも65歳以上の割合が高く高齢化は進む」建設HRレポート
本連載では、建設HR 編集部(旧ヒューマンタッチ総研)が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポートを発表している。今回は、総務省統計局の「労働力調査」を基礎資料に、建設業界の高齢化について考察している。(2021/10/8)

オリコン調べ:
満足度の高いWeb会議ツール、2年連続で「Zoom」が1位 理由は?
oricon MEが実施した顧客満足度調査によると、Web会議ツールで最も満足度が高いのはZoomで、ビジネスチャットツールではGoogle Chatがトップだった。(2021/10/4)

オンライン予約サービスのインフラにAWSを採用するTravelport
旅行サービス業が「AWS」採用 決め手はAmazon系ならではの“あの経験”
オンライン旅行予約サービスを手掛けるTravelportは、オンライン旅行予約システムの性能と拡張性を強化するためにAWSを採用している。AWSを採用した理由とは。(2021/10/1)

SDGsも追い風:
実は拡大が続く「リユース市場」 将来は“新品”を上回ると確信できる理由
日本の中古市場が拡大している。細分化・専門化しているのが特徴だ。今後、新品を中心に販売するタイプではなく、リユースを中心とした中古品市場が小売りの中心になるかもしれない。(2021/9/28)

東証1部上場や有名企業も:
コロナ禍で危ない300社 実名で公表する会員制報告会
経営やコンプライアンスなどに問題を抱える300社を実名で発表する会員制報告会が開かれた。東証1部上場企業や有名企業もリストに名を連ねている。(2021/9/23)

カットして使える便利な「四角いたまごシート」が発売 オムそば、錦糸卵、キャラ弁など自由自在
オムそばパンやオムライスおにぎりが簡単に作れる。(2021/9/20)

製造業がサービス業となる日:
コロナ禍に苦しんだパナソニック松岡氏、「Yohana」でウェルビーイングの実現へ
パナソニックは、主にワーキングマザーを対象に家族を含めた私生活のウェルネスの充実を支援するパーソナルアシスタントサービス「Yohana Membership」の提供を開始した。サービス料金は月額149米ドル。まずは米国シアトルでサービスの体験利用の案内を始めている。(2021/9/13)

Q&A 総務・人事の相談所:
「本人は優秀だが部下が辞めてしまう」プレイングマネジャーが増加、人事はどうしたらいい?
プレイングマネジャーのマネジメント力がバラバラで、部下が多く辞めてしまうような部署もある──こんなとき、人事はどうしたらいいのだろうか? 人事コンサルタントが解説する。(2021/9/13)

「Go Toの準備ができている」事業者は約3割:
Go To再開希望者、8割に いつごろ再開してほしい?
Go ToトラベルやGo Toイートなどの各種施策の再開を希望するか尋ねたところ、「希望する」「どちらかというと希望する」と答えた人は80.5%もいたことが調査から分かった。いつごろ再開するのがいいのか? 事業者は準備できているのか? などGo Toに関する気になる点を調査した。(2021/9/8)

カードローン満足度ランキング 3位「プロミス」、2位「アコム」、1位は?
サービス利用者983人を対象に、人気のカードローン20サービスの満足度を調査した。その結果、総合1位はアイフルキャッシングローンで、融資スピードが特に高評価を得ていた。(2021/9/6)

過去最多ペース:
企業本社の「脱・首都圏」半年で186社! 転出先の都道府県で最も多いのは?
帝国データバンクは本社移転に関する分析を発表した。首都圏からの地方への転出が過去最多ペースだという。最も多い転出先の都道府県は?(2021/9/6)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(7):
工業が縮小する工業立国である日本、歪な「日本型グローバリズム」とは
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。第7回目は日本企業特有のグローバル化の姿である「日本型グローバリズム」についてのファクトを共有していきます。(2021/9/6)

東京商工リサーチ調べ:
新型コロナ関連の経営破綻、2000件を超える 「小規模事業者を中心に今後も推移」
東京商工リサーチの調査によると、新型コロナウイルスの影響による企業破綻は9月2日時点で累計2027件となった。(2021/9/3)

建設業の人材動向レポート(35):
建設業の労働生産性を考える「全産業平均を下回り製造業との差が拡大」
本連載では、建設HR 編集部(旧ヒューマンタッチ総研)が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポートを発表している。今回は、内閣府の「国民経済計算」を基礎資料に、建設業の労働生産性について考察している。(2021/9/3)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
シンクライアントで運用管理工数を約7割減、通信/IT企業に学ぶ基盤刷新のコツ
企業の規模にかかわらず、ITインフラの運用管理をどう効率化するかは重要なミッションとなる。攻めのITの土台ともなるだけに、業界内の他社の取り組みも気になるところだろう。そこで、通信/情報サービス業から成功事例を紹介する。(2021/9/10)

導入前後での弊害は?:
今後導入したいと考えている「ITツール」1位は? 業種別でも調査
アスクルは「職場でのITツール導入」に関する調査を実施した。今後導入したいと考えているITツール1位は? 業種別の意見も調査した。(2021/9/1)

海外の動向は?:
キャッシュレス化のカギはクレカ! お店を悩ます「加盟店手数料が高い問題」を考える
日本はキャッシュレス化が遅れている。カギとなるのはクレジットカードだ。ネックとなる“加盟店手数料が高い問題”とは?(2021/8/31)

Omdia「Global Semiconductor Day」リポート:
半導体サプライチェーン 〜日本政府の戦略と見えてきた課題
英調査会社Omdiaは2021年8月3日、半導体サプライチェーンの現状と今後を分析するオンラインセミナー「Global Semiconductor Day 〜今後のカギを握るグローバル半導体サプライチェーンの在り方〜」を開催した。本稿では、いくつか行われた講演の中から、特に印象に残ったものの内容を紹介する。(2021/8/31)

DACと日本IBM、通信・メディア業界のDX推進で協業 デジタル資産を一元管理
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)と日本IBMは通信・メディア業界のDX推進で協業し、デジタル資産管理ソリューション「Arc XP」の国内展開を開始。コンサルティングからシステム開発、運用サポートまで、両社共同でワンストップ提供する。(2021/8/24)

正社員の平均初年度年収は455.2万円 最も年収が高かった業種は?
マイナビは、「2021年7月度 正社員の平均初年度年収推移レポート」を発表した。全国平均初年度年収は455.2万円だった。業種別の平均初年度年収や求人割合はどうだったのか。(2021/8/24)

ボーナスは:
2021年春に「賃上げ」した中小企業は69.2%、大企業は?
東京商工リサーチは2021年度「賃上げに関するアンケート」調査を実施した。賃上げを実施した企業は2020年度から12.9ポイント上昇。定期昇給を見送り、賞与や一時金で社員の実質収入をカバーする企業が増えた。(2021/8/18)

破産会社の「社長破産率」調査 会社とともに破産する社長の割合は?
全国的な破産会社と社長の破産を追跡した調査は初。(2021/8/17)

コロナ「第5波」でもテレワーク拡大せず 五輪の影響も限定的
コロナ「第5波」による緊急事態宣言が東京都に発令されたが、テレワーク推進への効果は極めて限定的だった、という調査結果をパーソル総合研究所が発表した。(2021/8/17)

「九州経済はV字回復見込める」三菱UFJ九州・沖縄本部長の笠晶氏
三菱UFJ銀行の笠晶(りゅうあきら)九州・沖縄本部長(52)が産経新聞のインタビューに応じた。新型コロナウイルスで打撃を受けた九州経済について「コロナが落ち着けばV字回復が見込める」と語り、今後はスタートアップ企業の育成や事業承継支援に力を入れていく考えを示した。詳細は次の通り。(2021/8/13)

産業動向:
コロナ禍でも“建設技術者”は人手不足、建設HRが市場分析
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年7月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、建設業での人手不足感について独自に分析している。(2021/8/12)

東京商工リサーチが調査:
「社長」の平均年齢、都道府県別ランキング 6年連続で最も高かったのは?
東京商工リサーチが社長の年齢に関する調査結果を発表した。都道府県別ランキングで1位だったのは?(2021/8/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
売れる人がやっているたった四つの繁盛の法則とは?
売上とはあなたの誠実さを証明し、利益とは知恵の深さを測るもの。一生懸命に頑張っているのに、成果として表れないのは、ただ、誠実さと知恵深さを発揮する角度が違うのかもしれない。(2021/8/5)

上場企業の平均給与ランキング 三菱商事や伊藤忠を抑えて1位になったのは?
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、上場企業の平均給与は減少傾向に。(2021/7/27)

2020年度の実態調査:
社長・CEOの報酬水準、日米格差が13倍に 役員報酬が減った業種は?
デロイト トーマツ グループは、計5カ国の企業を対象に実施した「2020年度 社長・CEO報酬の実態調査」の結果を発表。報酬水準の日米格差は2019年度の12倍から13倍へと広がっていることが分かった。(2021/7/25)

「スマレジ・タイムカード」登録事業者数、10万突破
販売データプラットフォーム運営事業を展開するスマレジは7月20日、クラウド勤怠管理システム「スマレジ・タイムカード」の登録事業者数が10万事業所を突破したと発表した。(2021/7/21)

Weekly Memo:
基幹業務システムは「作る」から「選ぶ」へ――変わるERP、導入を成功させる3カ条は
ERPを新たに導入するとき、どのような考え方や姿勢で取り組めばよいか。SAPジャパンの幹部による自社イベントでの説明が、他社のERPにも当てはまる興味深い話だったので取り上げてみたい。(2021/7/19)

賃金引き上げ、コロナ禍では失業増加の副作用も
中央最低賃金審議会の小委員会が14日、令和3年度の地域別最低賃金(最賃)を大幅に引き上げる目安を示した。しかし……。(2021/7/14)

スピン経済の歩き方:
真面目に運営していても、「飲食店」だけが叩かれるシンプルな理由
4度目の緊急事態宣言が発出され、飲食店がまた攻撃されている。西村康稔経済再生相からは、まるで「反社」扱いされたわけだが、なぜ飲食店はここまで叩かれるのか。背景にあるのは……。(2021/7/13)

キャリアニュース:
ジョブ型人事制度を「導入済み」と18%が回答、導入検討も約4割
パーソル総合研究所が、「ジョブ型人事制度の実態に関する調査」の結果を発表した。同制度が「すでに導入されている」と18.0%が回答し、企業規模が大きくなるほど導入済み、検討予定の割合が高かった。(2021/7/8)

GRANDIT、「商社・卸売業」と「サービス業」向けに国産クラウドERPを提供 2021年10月にサービス開始
GRANDITは、各種基幹業務に対応する中小企業向けクラウドERP「GRANDIT miraimil」の提供を開始する。10種類の基幹業務機能から必要なものを組み合わせて利用できる。サービス開始時は「商社・卸売業」と「サービス業」に特化したプランを提供する。(2021/7/7)

フリーのITエンジニアやWebデザイナーも国の労災保険へ加入可能に 9月から
厚生労働省は9月1日に省令を改正し、フリーランスのITエンジニアやWebデザイナーも労災保険に加入できるようになる。厚労省の諮問機関がITフリーランス支援機構からヒアリング。保険料は個人負担、加入手続きは団体を通じて行う。(2021/7/6)

産業動向:
建設業の給与動向「コロナの影響は前年度比0.7%の微減、給与額の上昇率は“飛びぬけて高い”」
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年6月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、厚生労働省の「毎月勤労統計調査」のデータから、2020年度の建設業での給与動向を分析している。(2021/7/2)

高さ50メートル:
観覧車に牢屋型ゴンドラ、富士急ハイランドが新設 吹きさらしでスリル演出
富士急ハイランドは、大観覧車に牢屋型のゴンドラを新設する。「吹きさらしの檻の中で、隙間からはるか下の地面が見える」という。(2021/6/29)

中小企業の今夏賞与の支給相場を予想する
新型コロナウイルスが猛威をふるうようになって3度目の賞与がやってきました。この影響が、賞与にどう表われるのか占ってみました。(2021/6/29)

マーケティングの視点から分析:
「ドラレコ」の売れ筋価格が急上昇 “高付加価値化”が止まらない根本的な理由
ドライブレコーダーが急速に普及している。なぜ、カー用品の大ヒット商品に育ったのか。筆者の分析によると……。(2021/6/28)

ビルメンの情報共有を変革する新たなSaaS:
ビルメンで役立つ1ID月額300円の情報共有SaaS、活用方法をKMW・染谷代表が解説
ナレッジ・マーチャントワークスは、ビルメンテナンス業や清掃業といったサービス産業の生産性を向上するために、業務支援SaaS「はたLuck」を開発し、2019年6月にローンチした。(2021/6/29)

「緊縮財政」路線からの転換点:
「格差の是正」へ舵 経産省の“画期的”提言が「コロナ禍で生まれた希望」といえるワケ
長引くコロナ禍によって多くの人が疲弊するなか、一筋の希望の光ともいえるような変化があったことを共有したい。経済産業省が「経済産業政策の新機軸」という資料を発表した。これまでは経産省といえば、グローバル化や構造改革を推進してきた印象を持つが、今回の提唱内容は今までの戦略とは一線を画す内容となっている。(2021/6/25)

2021年夏季賞与:
大阪の中小企業、夏のボーナスはいくら?
大阪に拠点を置く中小企業は、夏のボーナスをどのくらい支給するのだろうか。「支給する」と答えた企業は……。(2021/6/23)

製造業がサービス業となる日:
リコーが「ハードからデータビジネスへ」、独自AIで事業転換を狙う
リコーは2021年6月17日、独自の自然言語処理AIなどを活用して業務支援を図る新サービス「仕事のAI」シリーズをリリースして、データビジネス事業を本格始動すると発表した。同シリーズの第1弾として、問い合わせ窓口に寄せられたVOCを分析する「RICOH 品質分析サービス Standard for 食品業」を同年7月15日から発売する。(2021/6/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。