ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ストリートファイターIV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ストリートファイターIV」に関する情報が集まったページです。

梅原大吾が提示する「新しい仕事」【前編】:
プロゲーマー「ウメハラ」の葛藤――eスポーツに内在する“難題”とは
プロゲーマー「ウメハラ」の知られざる過去――。そしてeスポーツが抱える“難題”をITmediaビジネスオンラインに語った。(2019/2/19)

「eスポーツで稼げることが分かれば人がついてくる」 プロゲーマー兼スクエニ社員が語る“兼業プロゲーマー”の実情
ザンギエフが嫌いすぎるゲーマー。(2018/11/4)

「子持ちのおじさんゲーマーにも夢を持ってほしい」 トッププロゲーマーを影で支え続ける“プロゲーマーの嫁”の内助の功
「西のウメハラ」とも呼ばれたトッププレイヤーの妻であり、マネジャーでもあるakikiさん。私生活やeスポーツシーンについて話を聞きました。(2018/4/1)

「プロゲーマーって引退したらどうするの?」 現役プロゲーマーにeスポーツの将来について聞いた
「プロゲーマーってモテるの?」など、いろいろな話を聞いてみました。【訂正】(2017/8/13)

なぜ「ときど優勝」で格ゲーマーは泣いたのか 東大卒プロゲーマーの情熱と“友情、努力、勝利”
劇的なときどの優勝で幕を下ろしたEVO2017、その背景を振り返る。(2017/7/22)

世界最大の格闘ゲーム大会「EVO2017」で日本人のときど選手が優勝
ときどさん素晴らしい。(2017/7/17)

「完璧にバランスが取れているゲームは触られすらしない」 格ゲ―でどういう調整をするべきなのか分析した動画が話題
「なぜ弱体化よりも強化調整をするべきなのか」(2017/2/21)

完全にガチじゃないですか! 武井壮、ストIVシリーズ覇者を招いてストVの修行合宿を行う
この人、本気だ……!(2016/5/10)

「Surface 3」の気になるトコロ(5):
Atom x7はゲームで“熱く”なる?――「Surface 3(4G LTE)」の3D描画性能と発熱をチェック
小型軽量で4G LTE対応の「Surface 3」を大画面の携帯ゲーム機として活用できないだろうか。今回はさまざまなPCゲームのベンチマークテストを行い、3D描画性能や本体の発熱について検証した。(2015/7/5)

「ストリートファイターV」でソニックブームが波動拳コマンドに変更 「タメ技じゃなくなるの!?」とネットで騒然
俺の知ってるソニックブームと違う!(2015/6/19)

ソフトバンクの「App Pass」に「逆転裁判」シリーズほかカプコンの人気ゲーム6タイトルが登場
月額370円でアプリが使い放題になるスマートフォン向けサービス「App Pass」へ、カプコンの人気ゲームアプリ「逆転裁判 蘇る逆転」ほか6タイトルが順次追加となる。(2015/6/12)

違和感仕事しろ! 「戦国BASARA4 皇」に「ストIV」コラボ衣装 家康と利休がまんまケンとリュウ
かすがが春麗に!(2015/6/5)

想像以上だったよ、「二重人格の茶人サイキッカー」は! 戦国BASARAの「千利休」がやっぱりヤバい
ダウンロードコンテンツ第3弾もヤバい(ほめてる)。(2015/4/16)

ソースネクスト、50以上の厳選アプリが使い放題になる「アプリ超ホーダイ for BIGLOBE」提供開始
ソースネクストは、BIGLOBEが提供する「BIGLOBEスマホ」や「BIGLOBE LTE・3G」向けに月額360円で50以上のアプリが使い放題になる「アプリ超ホーダイ for BIGLOBE」を提供開始した。(2014/11/10)

VAIO Fit 11Aをもっと知りたい(性能検証編):
「VAIO Fit 11A」の直販ハイエンド構成と店頭モデルを徹底比較する
ソニーが放つPC春モデルの目玉機種「VAIO Fit 11A」は、CPUに珍しい“Bay Trail-M”を採用する。その性能を確かめるため、直販モデルと店頭モデルをじっくりテストした。(2014/2/26)

注目PCレビュー:
「dynabook Qosmio T974」──フツーでは味わえない17.3型大画面、“赤”がきらめく直販限定高性能モデル
東芝「dynabook」シリーズには直販サイト限定のハイスペックモデルがある。17.3型の大型ディスプレイを採用した「dynabook Qosmio T974/94K」で体感できるハイスペックな実力はいかに。Core i7+外部GPU仕様の評価機でチェックする。(2014/1/24)

新旧比較:
Haswell搭載NUC見参!! USB 3.0とGbEで「可能性」が大幅アップ!
インテルが超小型PC「NUC」を発売して約1年、そのNUCに待望のHaswell搭載モデルが追加された。IvyBridgeを搭載した前製品と、Haswellを搭載する今回の製品、パフォーマンスの違いを見てみよう。(2013/12/6)

VAIO Tap 11をもっと知りたい(性能検証編):
「VAIO Tap 11」の直販ハイエンド構成と店頭モデルを徹底比較する
ソニー初のWindowsタブレット「VAIO Tap 11」は、第4世代Core搭載で極限の薄さと軽さを実現している。その性能、スタミナ、騒音、発熱はどうなっているのか、ハイエンド構成の直販モデルと店頭モデルをじっくりテストした。(2013/11/21)

2種類の「LaVie Z」をまとめてチェック:
700グラム台+IGZOか、タッチ+長時間動作……どちらがいい?──新「LaVie Z」即レビュー(後編)
高解像度で795グラムの超軽量モデルか、900グラム台+長時間動作のモデルか。新「LaVie Z」の注目2モデルのパフォーマンスをまとめてチェックしよう。(2013/10/21)

クアッドコアCPU+ハイブリッドGPU+ハイブリッドHDD:
ハイスペ大画面ノート「dynabook Satellite T873」を試す――スマホ&タブレットの“母艦”にもぴったり!?
東芝の直販サイトでは、店頭販売モデル以外にもユーザーの多様なニーズに応えるさまざまなバリエーションモデルを展開している。今回はその中から17.3型ワイドの大画面を搭載したハイスペックノートPCを取り上げよう。(2013/10/7)

Core i7+256GバイトSSD、そして18時間動作:
性能もバッテリーも妥協なし! 軽すぎる大画面ノート「Let'snote LX3」を試す(後編)
軽さを極めた大画面モバイル「Let'snote LX3」のレビュー後編は、ベンチマークテストで実力をチェックする。Let'snoteシリーズのウリであるバッテリー動作時間も確かめよう。(2013/9/24)

宇宙から再び:
デルの新型ノートは化け物か!? “宇宙最強”ノートPC「ALIENWARE 17/18」の実力
「宇宙最強」はどこまで強くなるのか。ALIENWAREの18型と17型ビッグノートがともに最新のクアッドコア“Haswell”を搭載し再襲来した。(2013/9/5)

最新PC速攻レビュー:
「ThinkPad X240s」――スリム軽量ボディ+Haswell世代に進化した“頼れる”ビジネスモバイルPC
“ビジネス”モバイルPC「ThinkPad X200」シリーズが、Haswell化+デザインチェンジで一新された。フルHDモデルの後日投入予定もさることながら、まずは先行販売したスタンダードモデルをチェックしよう。(2013/9/4)

「Surface Pro」の“ここ”が気になる:
第5回 Surface Proで「艦これ」がはかどるぞ
「Surface Pro」の特徴や気になるポイントを追っていく本連載。今回はSurface Proでとにかく遊んでみた。「艦これ」やオンラインRPGを満足にプレイできるか。(2013/8/22)

4万9980円から:
“コスパ抜群”のキーボード付きWindows 8タブレット――「Lesance TB」はSurface Proキラーか?
内蔵スタンドで立てかけて、カバーに搭載したキーボードでタイピング、もちろんWindows 8のフル機能を利用可能――そんなSurface Proを思わせるタブレットが“低価格”でユニットコムから登場。気になる実力をチェックした。(2013/8/20)

カッコイイ!:
14型ボディにGTX 765Mを搭載――“宇宙最強”ゲーミングモバイル「ALIENWARE 14」
ゲーミングPCブランド「ALIENWARE」の14型モデルを試す。2年半ぶりに地球襲来だー。(2013/8/15)

Surface Pro、Iconia W3と比較:
「dynabook V713」実力診断(後編)――省電力Coreプロセッサー「Y」シリーズの実力に迫る
レビュー後編では、各種ベンチマークテストで「dynabook V713」が採用する超低電圧CPU、「Y」シリーズの実力を調べていく。他のCPUに比べて、パフォーマンスやバッテリー動作時間はどう変わるのか。(2013/8/15)

13.3型ボディにGeForce GTX 765Mを搭載:
G-Tune入魂の小型ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i410」の実力
13.3型フルHD液晶を搭載するNEXTGEAR-NOTE i410は、コンパクトなボディにGeForce GTX 765Mを詰め込んだゲーミングモデルだ。(2013/8/8)

安くてちっちゃい、でもHaswell版Xeon+Quadro搭載:
「Precision T1700 SFF」はクリエイター候補生の“鉄板”マシンか?
「Precision T1700 SFF」は、デルが個人にも販売しているクリエイター向けのエントリーワークステーション。家庭用デスクトップPCとは一味違う性能と小型ボディ、メンテナンス性の高さに注目だ。(2013/7/31)

店頭/直販モデルをガッツリ比較:
「FMV LIFEBOOK UH90/L(WU1/L)」を斬る――14型“3200×1800”IGZO液晶の新鋭Ultrabook
MacBook Pro Retinaを超える高精細表示が可能な「FMV LIFEBOOK UH90/L(WU1/L)」。高画素密度IGZO液晶と上質なスリムボディを備えたUltrabookの注目モデルに迫る。(2013/7/24)

OS XとWindowsでテスト:
Haswell世代の新型「MacBook Air」はどれくらい速くなったのか
11インチ/13インチMacBook Airを旧モデルや「VAIO Pro」と比較。(2013/7/24)

これぞモバイルPCの最先端:
「VAIO Duo 13」徹底検証(後編)――cTDPによる格上のパフォーマンス、驚異的なスタミナ、発熱、騒音をじっくりテストする
ソニーの13.3型コンバーチブルPC「VAIO Duo 13」は、cTDPを生かした高性能と、Ultrabookで最長駆動をうたうスタミナも大きな魅力だ。今回はさまざまなテストで、モバイルPCとしての実力を明らかにする。(2013/7/23)

これがコンバーチブルノートの新しいカタチ?:
うねうね動く“変態”ディスプレイに驚きと興奮――「Aspire R7-571-N58G」を試す
日本エイサーが発売した大画面ノートPC「Aspire R7-571-N58G」は、2つのヒンジを搭載し、ディスプレイを自在に動かせる珍しいギミックを備える。うねうねと動く“変態”ディスプレイは本当に使いやすいのか?(2013/7/22)

「Surface Pro」の“ここ”が気になる:
第3回 性能はUltrabook並だがスタミナに不安あり?――「Surface Pro」
「Surface Pro」の国内発売に合わせて、日本向けモデルの特徴や気になるポイントを追っていく。今回は本機のパフォーマンスや、弱点と言われるバッテリー動作時間をチェックする。(2013/7/12)

これがデュアルOSマシンの実力だ:
AndroidタブレットからのWindows遠隔操作は使い物になる?――「TransAiO P1801」を試す(後編)
タブレットとデスクトップを融合した新機軸のデスクトップPC「TransAiO P1801」のレビュー後編は、ベンチマークテストで性能を検証しつつ、第3のスタイル「リモートデスクトップモード」の使い勝手をチェックする。(2013/6/21)

真の実力が明らかに:
「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」徹底検証(後編)――“世界最軽量”タッチ対応Ultrabookは1Gバイト/秒の“爆速”PCIe SSDも魅力
ソニーの超軽量Ultrabook「VAIO Pro 11」と「VAIO Pro 13」は、スペック面にもこだわっている。特にVAIO Pro 13は、先進のPCIe SSDで性能を大幅に強化可能だ。今回はさまざまなテストで総合的な実力をあぶり出していく。(2013/6/20)

第4世代Core+11acの実力は?──「LaVie L(LL850/MS)」パフォーマンスチェック
NECの新LaVie Lは、話題の第4世代Core iシリーズに、新規格の802.11ac対応無線LAN、タッチパネル搭載のフルHD IPS液晶ディスプレイと、トレンド機能満載のA4ノートPCに一新された。その実力はどうか、早速検証していこう。(2013/6/3)

Radeon HD 7970M×2、Core i7-3940XM、SSD+HDD、17.3型フルHD液晶:
“怪物級”ゲーミングノートPC――「Note GALLERIA GM7970M」の圧倒的性能に迫る
ドスパラのゲーミングノートPC「Note GALLERIA GM7970M」は、グラフィックスパフォーマンスを徹底追求したモンスターマシンだ。その驚くべき性能を追っていこう。(2013/5/28)

Core i7+Wストレージ+IPSフルHD:
ノートPCとタブレットを1台で済ませたい人は「TransBook TX300CA」なら満足できるか?
切り離せばタブレット、合体すればノートPC。こうした着脱型マシンは、今となってはそう珍しくはない……が、何だかサクサクで快適だし、画面も見やすくないか?(2013/5/24)

Core i7+GT 740M+SSDで快適動作:
10万円切りでサクサク動くノートPCなら「LB-T520X-SH」に注目!!
マウスコンピューターの15.6型ワイドノートPC「LuvBook T」シリーズは、最新モバイル向けGPUを標準搭載しながら、最小構成で7万円を切るコスパモデルだ。スペックをバランスよくまとめた上位モデル「LB-T520X-SH」を紹介しよう。(2013/5/23)

15.5型/14型の液晶と性能をじっくり比較:
ソニーの美しき薄型ホームノートPCは中身もスマートか?――「VAIO Fit」実力診断(後編)
「VAIO Fit」は、スタイリッシュな薄型ボディにどれほどの性能を備えているのか? 2台のVAIO Fitを用意し、液晶の表示品質、パフォーマンス、スタミナ、発熱、騒音を検証する。(2013/5/10)

キミは知っていたか? NECのPCも快速カスタマイズできるのだ:
想像以上の実力!──快速・最強構成「LaVie G タイプL フルHDモデル」のギャップに驚く
NECのAV高性能ノートPC“LaVie L”は、Web直販モデルで「フルHD液晶」「クアッドコアCPU」「16Gバイトメモリ」といった魅力たっぷりの高性能仕様でオーダーできるのはご存じだろうか。今回はこのほぼ最強構成マシンで、据え置き型ノートPCの底力と魅力はどんなものか改めてチェックしよう。(2013/5/8)

店頭モデルは本日発売:
東芝“本気”の超高解像度Ultrabook、その実力は?――「dynabook KIRA V832」徹底検証(後編)
ディスプレイが高品質なことは分かった、では性能はどうか。レビュー後編では、各種ベンチマークテストで「dynabook KIRA V832」の実力を調べていく。果たして“買い”の1台なのか。(2013/4/24)

低予算で選ぶならこんなPC?:
7万円台でタッチもGPUも諦めない――デカ薄ノート「HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15」実力診断
HPが注力する大画面な薄型ノートPCに、15.6型のタッチ対応モデルが登場。価格は5万円台から、外部GPUを搭載しても7万円台で収まる。タッチ対応で低価格なPCが欲しいなら、チェックしてみては?(2013/4/11)

宇宙人と戦える?:
中世騎士のようなゲーミングPC「Erazer X700」の実力を試す
レノボが新たに立ち上げたゲーミングPCブランド「Erazer」シリーズの第一弾として、タワー型の「Erazer X700」が登場した。カッコイイぜ。(2013/3/22)

今が狙い目:
決算セールでさらにお得!! 新生活向けPCを選ぶなら「MDV ADVANCE」がオススメ
マウスコンピューターの「MDV ADVANCE」シリーズは、拡張性の高いミドルタワー型デスクトップPCだ。年度末の決算セールを利用してハイスペックPCをお買い得価格で手に入れよう。(2013/3/13)

VAIO Duo 11ロードテスト(3):
「VAIO Duo 11」を静かな場所で快適に使うテクニック
タブレットとモバイルノートの魅力をスライドボディにギュッと凝縮した「VAIO Duo 11」。薄型の本体に高性能を詰め込んだため、高負荷時はファンの回転音もそれなりに大きくなるが、静かな場所でスマートに使うための設定も用意されている。(2013/3/12)

13.3型フルHDのIPS液晶+マルチタッチ:
定番Ultrabookが“タッチ”でもっと快適に――「ZENBOOK Touch UX31A」実力診断
ASUSのUltrabook「ZENBOOK」にタッチ対応モデルが登場。薄型軽量ボディはそのままにタッチパネルを搭載し、スペックも強化。さらに隙がなくなった。これがWindows 8時代のZENBOOKだ。(2013/3/8)

最強の27型オールインワンか:
10点タッチ対応の液晶一体型PCなのに“ぶっ飛び”性能――「NEXTGEAR-ONE」をチェック
ゲーミングPCブランド「G-Tune」にラインアップされた「NEXTGEAR-ONE」は、静電容量式タッチパネルを備えた27型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、外部GPUにGeForce GTX 670MXを採用した“ゲーマー向け一体型PC”だ。なんだそれー。(2013/2/25)

チューナー付けても10万円切り:
多機能+リーズナブルな液晶一体型が10点タッチ対応でさらに進化――「Inspiron 2330」で新生活に備える
デルの「Inspiron 2330」は、普段使い、テレビ、サブディスプレイとさまざま用途に対応する液晶一体型PC。8万円台からと手ごろな価格で購入できるところも魅力だ。(2013/2/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。