ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シャープペン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シャープペン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

電球はどうやって光る? エジソンが求めた日本の竹
10月21日はエジソンが実用的な白熱電球を発明した日です。(2019/10/21)

待望のクラッシックペン:
プロ待望の細ペン登場 refeia先生が「Pro Pen slim」を試したよ
人気プロイラストレーターのrefeia氏がワコムの「Pro Pen slim」をレビュー。え、もう終わっちゃうんですかと冒頭から全開のお話です。(2019/5/27)

『それ町』で注がれていた視線の正体を、大童さんを見てやっと理解できた―― 『天国大魔境』石黒正数×『映像研には手を出すな!』大童澄瞳 特別対談
出自が全く異なりながらも相思相愛ともいえる、二人のマンガトークをお届けします。(2019/3/23)

安室透に励ましてもらい、自動車免許をとった話
わたしが安室さんにしてあげられることはなんだろう?(2019/2/3)

「陰キャ」と「陽キャ」生徒への対応がまったく違う中学校教師の理不尽 思い出を描いた漫画に共感の声
水玉がダメ……だと?(2019/1/24)

いろんな漫画のキャラを元絵っぽいタッチで描いた集合イラストがすごいと話題に 「描き分けがすごい」「感動した」
一度見だしたら止まらなくなります……!(2018/12/28)

「アメリカンドッグ」「ペットボトル」「ホッチキス」は和製英語って知ってた? 通じそうで通じない“英語表現”
海外での言い方、分かります?(2018/12/23)

「下手すぎて可愛い」 「今日俺」伊藤健太郎、本気の似顔絵で“画伯”の称号をゲットする
新画伯の誕生です。(2018/12/11)

【マンガ】なぜ鉛筆を使いきるのは難しいのか 筆記距離から考える「削ると短くなるから」以外の理由
ホルダーなどがあれば、短くなってもある程度使えるわけで。(2018/12/10)

なぜシャープペンに初期装備されている芯の固さは「HB」なのか?
他の硬さを使う人にはかなり不便だよね。(2018/10/27)

「XPS 15 2-in-1」は絵師の夢をかなえるか 人気イラストレーターが徹底検証
4K表示に対応した15.6型液晶を搭載し、筆圧4000段階の新世代ペンを付属する最新モバイルノートPC「XPS 15 2-in-1」を人気プロ絵師のrefeia氏がレビュー。XPS 15 2-in-1で“夢”はかなうのか?(2018/9/22)

自動で芯が出てくる:
「1本3000円」のシャープペンをヒット商品にした、“近寄りがたさ”
ぺんてるが2017年に発売した高級シャープペンシル「オレンズネロ」。1本3000円という価格でも、幅広い層に受け入れられ、ヒット商品になった。何が多くの人の心をつかんだのか。企画担当者の取り組みに迫った。(2018/8/22)

ながーいニャンコに大変身! 「めっちゃ体の長いネコの鉛筆キャップ」 登場
久しぶりに鉛筆つかおうかな。(2018/7/9)

消しゴムが誕生したのは、鉛筆の○○年後 ……不便じゃなかったのかな?
発見するのは早かったのに。(2018/6/1)

三菱鉛筆のカラーシャープ芯「消せるミントブルー」製造終了のツイートに反響 「うそだろ…」「これ無いとマンガ描けない」
後継商品が以前から発売されています。(2018/5/26)

闇の聖典が作られそう…… 全ページが真っ黒なノートやメモ帳の「ブラックシリーズ」がパイロットから登場
綺麗な羽が描けそうだ……。(2018/3/4)

心温まるTwitterの人気漫画「おじさまと猫」の単行本化が決定 みんな大好き「ふくまる」がついに本に……!
「にゃにゃにゃー」の日(2月22日)に発売です!(2017/12/24)

「ジャンプフェスタ」の『るろうに剣心』グッズ、販売中止が決定
作者の和月伸宏さんは、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で書類送検されていました。(2017/12/4)

シャープ復活の「IFA 2017」 強いリーダーシップが市場を牽引する
今年も業界の将来を占う「IFA 2017」がメッセベルリンで9月に開催された。IFAリポートの前編はIFAの変容と麻倉氏が「特筆に値する」というシャープの8K戦略について詳しく聞いた。(2017/10/10)

きっと世界初、ねこ標準搭載のロボットクリーナー
猫好きなら誰もがあこがれる“ルンバ猫”。それを忠実に再現したロボット掃除機が登場します。(2017/9/7)

iPad Pro 10.5とSurface Proを比較 人気プロ絵師によるお絵描きレビュー
旬なデバイスのお絵描き性能をrefeia先生が確かめる。描き味の簡単なインプレッションをお願いしたらなぜかガチレビューに。(2017/7/7)

ねとらぼレビュー:
気が付けば、裸 人智を超えた不器用男子高生の生活を描く「高倉くんには難しい」が笑いと勇気を与えてくれた
「不器用で……加減が分からなくて……(泣きながら一本背負い)」(2017/5/17)

ロングセラー商品:
ぺんてるのサインペン “書きやすさ”の理由
昔から変わらず使われ続けているサインペン。世界で初めて開発したのが、文具メーカーの「ぺんてる」だ。シンプルでありながら、ロングセラー商品に育てることができた理由はなんだろうか。(2017/4/24)

ワコムの新型は天使? それとも鬼子?:
人気プロ絵師による「Cintiq Pro 16」発売直前ガチレビュー
液タブ歴9年のイラストレーター、refeia先生がワコムの新型4K液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 16」を仕事で使ってみた結果。(2017/4/18)

家電が付録だと……! 「ちゃお」4月号で自動走行する卓上掃除機が付録に 「編集部が全身全霊こめて開発」
創刊以来初となる家電付録を、通常通りのお値段で。(2017/3/3)

芯が折れない「オレンズ」も搭載:
自動で芯が出続けるシャープペンシル ぺんてるが発売
ぺんてるがシャープペンシルの新製品「オレンズネロ」を発表。(2017/2/15)

30年たっても魅力的なデザイン! ファミコンモチーフのノートやファイル、12月に発売!
ノートはファミコンに合わせた特注サイズです。(2016/11/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
無駄じゃない? 小さな製品のパッケージが巨大になる理由
本体が小型化し、マニュアルの簡略化やドライバCDの省略も進んだが、店頭で目にするPC周辺製品のパッケージは相変わらず巨大だ。パッケージの小型化が進まない理由について、メーカー側と販売店側それぞれの事情を探ってみよう。(2016/10/1)

オンリーワン技術×MONOist転職(3):
地震大国の地盤調査技術は、宇宙をも目指す――日東精工
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第3回。今回は、ねじや自動組立機、計測・検査装置を展開する日東精工の地盤調査機を紹介する。(2016/8/31)

「嫌な人のことを考え続けるといとおしくなる」――芥川賞作家・村田沙耶香と気鋭の漫画家・米代恭が意気投合
熱い視線が注がれている2人の女性作家。先日対談が行われました。(2016/7/31)

俺の知ってるラジオ体操どこいった! 超チャラいNHK公式「NHKムズムズ体操 第18」がウェイウェイすぎる
撮影現場に潜入してきました。(2016/7/30)

小学6年生が作った「文房具図鑑」とゼブラのコラボシャープペン発売! 手書きのイラストと解説付き
ついにコラボ商品が。(2016/7/25)

なんて顔してんだよ…… ねり消しで作ったアザラシの表情が怖すぎる……
宮野真守さんの湯のみ星人にそっくりとの声も。(2016/7/10)

「ラスカル×キティ」夢のコラボレーションが実現! ぬいぐるみなど25点、7月21日発売!
ラスカルの着ぐるみを着たキティさんと、キティさんの着ぐるみを着たラスカル。(2016/7/8)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
知っているようで知らないダニの生態――本当に効果的な対策とは?
「ジメジメとした梅雨時は布団にダニが繁殖する」など、ダニ対策についての記事や情報番組などを多く目にするこの時期。しかし、われわれはダニについて意外と知らない。今回は長年ダニを研究している環境アレルゲン info and care代表の白井秀治さんにお話を伺った。(2016/7/1)

イヌのハンコ「いぬずかん」に秋田犬やお尻を向けたコーギーが参入、全60種類に!
仲間が増えたワン。(2016/5/21)

「マルセイバターサンド」六花亭のマスキングテープがかわいすぎる! 花柄包装紙をデザイン
元道民として、コレはポチるしかない……!(2016/4/25)

研磨作業で体感:
製造業の未来を担う高校生が「生産性」の大切さを学ぶ
スリーエム ジャパンは2016年3月24日に、宮城県仙台市の仙台市立仙台工業高等学校で「3M 研磨体験授業」を開催した。機会科に所属する2年生65人を対象に、同社の研磨材製品を活用した授業で、モノづくりの「生産性向上」についてレクチャーすることが目的だ。(2016/4/13)

水と油は交わるか:
鴻海からの“心遣い”を、シャープはどう受けとめたのか
台湾の鴻海によるシャープ買収決定後に開かれた共同会見において、鴻海・郭会長兼CEOはシャープのイノベーターとしての歴史をべた褒め。ところが、両社の経営に対する基本姿勢はまるで異なるものなのである。(2016/4/11)

便利だニャ! 好きな猫のイラストを選べるハンコ「ねこずかん」にペンタイプ登場!
連打できるニャ。(2016/2/22)

毛並みまで再現! イケメンゴリラをシャープペン1本で描き上げる動画がすごすぎる
イラストレーターの正体は後日公開されます。(2016/2/11)

好きな文具を手描きで100ページ紹介 小6が自由研究で作った「文房具図鑑」、内容すごすぎて書籍化される
イラストと文章で文房具を1点1点紹介……商品として成立するのも納得の図鑑!(2016/1/12)

アジアや欧州で普及中!:
PR:世界を席巻しつつある電池/ディスプレイ搭載型次世代スマートカードのために開発された高さ0.315mmの電源IC
ディスプレイで残額が確認できる電子マネーカードなど次世代型のスマートカードが海外を中心に普及が始まった。そうした中で、電源ICなどの半導体部品の低背化が急務になっている。これまでは、ベアチップ実装が主流だったが、より特性が保証され、扱いやすいパッケージ封止型電源ICとして、わずか0.315mmという“薄さ”を誇る製品が開発された。(2015/12/25)

0.3ミリなのに「力込めても折れない」シャープペン ゼブラ「デルガード0.3」
「力を込めても芯が折れない」シャープペンシル「デルガード」の0.3ミリ用をゼブラが発売する。価格は450円(税別)。(2015/10/2)

落書きし放題のカフェバー再び ぺんてるの「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」オープン
今年のテーマは美術館。(2015/9/6)

EE Times Japan Weekly Top10:
ARMをうならせた中国の無名企業
EE Times Japanで2015年8月29〜9月4日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/9/5)

次世代ICカード向け:
シャープペンの芯より薄い30V耐圧レギュレータ
トレックス・セミコンダクターは、薄さ0.315mmの30V耐圧レギュレータを製品化した。(2015/9/2)

教えて! 絵師さん:
温かく優しい物語のある部屋 井田千秋さん
ミリペンで細かく描き込まれた、童話のような世界。生活感ある部屋から物語が広がります。(2015/8/3)

大人も使えるオシャレなポケモングッズ「Pocket Monsters Sepia graffiti」がシックでかわいい
マサラタウンに帰りたくなってきました。(2015/8/2)

日本で唯一のプロ鉛筆彫刻家ってなに? 鉛筆の芯を削って文字や模様を作るアートがすごすぎる
プロの仕事。(2015/7/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。