ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Smart TV Box」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Smart TV Box」に関する情報が集まったページです。

半径300メートルのIT:
そのまとめ記事の神アプリ、セキュリティは大丈夫?
世の中には便利なアプリやツールがあふれており、検索すればそんなアプリがたくさんヒットし、すぐ使うことができます。でも、ちょっと待って。気をつけないと、そこには落とし穴も……。(2016/6/7)

KDDIのSmart TV Boxに「パワーアップユニット」が登場――4K動画やAndroid TVに対応
KDDIのセットトップボックス「Smart TV Box」に、4K動画やAndroid TVを楽しめる「パワーアップユニット」が登場する。(2015/11/30)

PR:新作も見放題も楽しめる動画配信サービス「ビデオパス」の魅力とは?――5つのポイントから迫る
新しい動画配信サービスが次々登場して注目を集めているが、auユーザーが利用できる動画配信サービスに「ビデオパス」がある。ビデオパスはほかの動画サービスと比べ、どんな魅力があるのだろうか。5つの特徴から迫った。(2015/9/24)

オンライン動画サービス特集:
お笑い好きなauユーザーへ 毎月1本の新作レンタルチケットが付く「ビデオパス」
各キャリアが定額制動画配信サービスを提供しているが、auの「ビデオパス」もその1つ。その特徴を見ていこう。(2015/8/19)

音楽7社横並び:
料金、楽曲数、独自機能も丸わかり! 音楽配信サービス7社徹底比較 
定額制音楽配信サービスは、月額500〜1000円ほどで話題の曲が聴き放題になる注目のサービス。自分に合ったサービスを選んで、音楽ライフを充実させよう!(2015/8/5)

CEATEC JAPAN 2014:
見たい番組はまるっとお見通し――来年あたりに登場するかもしれないRoviの最新レコメンド技術
イメージを伝えるだけで、お目当てのコンテンツに辿り着ける。米Roviの開発した「パーソナル・レコメンデーション」技術は、膨大な情報とその組み合わせでユーザーの利便性を上げる最新のレコメンド技術だ。(2014/10/11)

じぶん銀行の「プレミアムバンク for au」で円定期預金の金利優遇がスタート
auユーザーを対象としたじぶん銀行の特典プログラム「プレミアムバンク for au」で、円定期預金の金利優遇がスタート。新規口座開設者はよりお得に。(2014/10/9)

キャリアタブレット徹底解剖:
タブレットで使える便利なキャリアサービスは?――au、ソフトバンク編
“キャリアフリー化”したコンテンツサービスは、スマホだけでなくタブレットでも利用可能だ。今回はauとソフトバンクのタブレットで利用できるサービスを紹介しよう。(2014/9/22)

KDDI、ジブリ最新作公開記念キャンペーンを開催
スタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」公開を記念して「au lovesジブリ」キャンペーンと、WALLETポイントが通常の10倍貯まる「TOHOシネマズ au WALLETキャンペーン」を開催。(2014/7/7)

シェア50%の新生J:COM、スマートテレビやスマホ/タブレット連携など強化
JCNと経営統合し、CATV市場シェア50%となった新生J:COM。地域密着情報の発信、スマホ/タブレットとの連携を強化していく。(2014/5/26)

KDDI、過去最高益に 「マルチデバイス」で今期も2けた成長目指す
「約束通り、2けたの利益成長を達成できた」――KDDIの14年3月期は、営業収益が初めて4兆円を超え、営業利益、純利益も過去最高を更新した。今期はマルチデバイスを訴求し、さらなる成長を見込む。(2014/4/30)

KDDI、Smart TV Boxで遊べるクラウド型ゲームサービス「GameNow」を3月1日から提供
KDDIが、「Smart TV Box」で遊べるクラウド型ゲームサービス「GameNow」を3月1日から提供する。月額料金の480円で15タイトルを遊べる。個別課金のゲームも提供する。(2014/2/27)

タブレット10万台を無料提供:
「番組を探すことが楽しみになる」――J:COM独自開発の「Smart J:COM Box」登場
ジュピターテレコムは、独自開発のセットトップボックス「Smart J:COM Box」を2月1日から提供する。Android 4.0搭載の「Smart TV Box」とは異なり、テレビを存分に楽しめるSTBだという。(2014/1/20)

スマートテレビの認知率は5割以上、ただし利用者は2.6%――マイボイスコム調査
マイボイスコムは「スマートテレビに関するアンケート調査」を実施した。認知率は52.5%で、利用者は2.6%。利用したいサービスでは「動画サイト」が最も多かった。(2013/11/28)

J:COMがスマートテレビサービスを展開、来年早々に次世代STBを投入
ジュピターテレコムはKDDIのAndroid搭載セットトップボックスを利用したスマートテレビサービスを11月から提供する。また来年早々に独自開発の次世代STBを投入。(2013/10/28)

KDDI、Wi-Fi経由で「Smart TV Box」を遠隔操作できるiOSアプリをリリース
KDDIは、iOS端末から「Smart TV Box」の遠隔操作ができるアプリの配信を開始した。すでに提供しているAndroid向けアプリと同等の機能を持つ。(2013/10/28)

IEEE 802.11acも利用可能に:
「HTC J One HTL22」でAndroidが“4.2”にアップデート
KDDIは、9月10日に「HTC J One HTL22」のOSバージョンアップを開始した。OSがAndroid 4.2になったほか、Zoeモードでは撮影画像の保存方式が変更した。(2013/9/10)

KDDIの「Smart TV Box」がJ:COMのIP-VoD「milplus」に対応
KDDIがケーブルテレビ事業者向けに提供予定の次世代セットトップボックス「Smart TV Box」に、IP-VoDサービス「milplus」が導入される。(2013/7/29)

KDDI、2013年秋より「Smart TV Box」にビデオオンデマンドサービス「milplus」を導入
KDDIが7月29日、2013年秋に「Smart TV Box」にビデオオンデマンドサービス「milplus (みるプラス)」を導入すると発表した。milplusは、映画、ドラマ、アニメなどのコンテンツを、PCやスマートフォンなどで視聴できる、ケーブルテレビ加入者向けのサービス。(2013/7/29)

今すぐ使えるスマホレシピ:
第25回 スマホで使える定額制音楽配信サービスまとめ
スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法を取り上げる本コーナー。第25回では最近話題のスマホ向け定額制音楽配信サービスを紹介しよう。(2013/7/3)

KDDI、「Smart TV Box」に映画や音楽などコンテンツサービスを追加
KDDIは、Smart TV Box向け「ビデオパス」「うたパス」「LISMO Player」アプリを追加した。(2013/5/23)

Smart TV Boxで「サミットネットスーパー」アプリが利用可能に
KDDIが、「Smart TV Box」向けアプリを拡充。インターネット専用スーパーを利用できる「サミットネットスーパー」のSmart TV Box向けアプリを提供し、1000円のクーポンもプレゼントする。(2013/4/16)

テレビ×スマホの新しい提案――KDDI、「Smart TV Stick」と「Remote TV」を発売
KDDIが、スマホのコンテンツをテレビで楽しめる「Smart TV Stick」と、テレビのコンテンツをスマホで楽しめる「Remote TV」を2月23日に発売する。これらの2モデルは、どのような狙いで開発されたのだろうか。(2013/2/19)

auスマートパスにも対応:
KDDI、Android搭載のスティック型STBを2月中旬に提供
KDDIは、Android 4.0を搭載したスティック型のセットトップボックスを2月中旬以降に提供すると発表した。Wi-Fiを通じてネットに接続し、auスマホと同じようなアプリやサービスを利用できる。(2013/1/15)

本田雅一のTV Style:
2012年のテレビ(3) “スマートテレビ”はテレビでいいの?
最後はやはり“スマートテレビ”について触れざるを得ない。昨年からスマートテレビが話題だが、筆者は“スマート”とは何か? について、商品性も必要な機能も将来像も、なんら確信を持てずにいる。(2012/12/27)

KDDIのAndroid搭載STB「Smart TV Box」が商用化 JCNが新サービス
KDDIが開発したAndroid 4.0搭載STB「Smart TV Box」がJCNで商用化。(2012/11/28)

アンドロイドマツケンがお勧めする「未来のCATV」 Android 4.0搭載STBで「JCNスマートテレビ」提供開始
KDDIとジャパンケーブルネット(JCN)は、Android 4.0搭載STB「Smart TV Box」を利用した「JCNスマートテレビ」の提供を開始した。CMキャラクターは“アンドロイドマツケン”こと松平健さんを起用する。(2012/11/28)

KDDI、11月28日から「Smart TV Box」を提供――「JCNスマートテレビ」を開始
KDDIが、Android 4.0搭載のセットトップボックス「Smart TV Box」を11月28日から提供する。JCNと提携し、「JCNスマートテレビ」を開始する。利用料金は月額9450円から。(2012/11/28)

KDDIの上期決算は減収減益、今は「成長が確かになりつつある潮目の時」――田中社長
KDDIの中間決算は減収減益となったが、「進捗は計画通り」と田中社長。auモメンタムは完全回復したという認識で、3M戦略の基盤構築がほぼ完了した今期を「成長の起点の年」と位置付けた。(2012/10/24)

KDDIの「au ID」登録者数が1000万人を突破
KDDIユーザーの共通ID、「au ID」の登録ユーザー数が1000万を超えた。(2012/10/22)

CEATEC JAPAN 2012:
KDDI、手軽に持ち運べる「Stick型 Smart TV」を参考出展――2013年に登場?
セットトップボックスは自宅で利用するものだが、KDDIが開発している「Stick型 Smart TV」は、外出先での利用も想定している。auスマートパスやビデオパスなどのサービスも提供する。(2012/10/3)

CEATEC JAPAN 2012:
テレビとスマホの良さが融合、対応アプリも続々登場――KDDIが「Smart TV Box」の詳細を説明
7月の発表から約3カ月。CEATEC JAPAN 2012にて、Android 4.0搭載のセットトップボックス「Smart TV Box」の詳細があらためて発表された。KDDIのブースではSmart TV Boxのインタフェースや映像コンテンツを試せるデモも実施している。(2012/10/2)

京セラ、KDDIと開発した「補聴機能強化ケータイ」をCEATECに参考出展
京セラがIT・エレクトロニクスの展示会「CEATEC JAPAN 2012」に出展。最新スマートフォンやスマホの小型・薄型化に貢献する同社の部品などを紹介する。(2012/9/26)

KDDI、CEATEC JAPAN 2012に出展――Smart TV Boxや4G LTEなどを紹介
10月2日から6日までに開催される「CEATEC JAPAN 2012」にKDDIが出展し、新製品、ネットワークへの取り組み、最新技術などを紹介する。(2012/9/26)

Mobile Weekly Top10:
4.6インチと3.7インチ サイズで選ぶXi対応「Xperia」――(7月16日〜7月22日)
今回のWeekly Top10は、7月16日から7月22日までに読まれた記事をランキング。1位は、ドコモ「Xperia GX/SX」の比較記事だった。おサイフ&Xiに対応し、ディスプレイサイズが異なる2機種。それ以外の違いとは?(2012/7/23)

ケーブルテレビコンベンション2012:
CATVはタブレットがお好き?
CATVでもスマートフォン/タブレット連携は欠かせない要素になりつつある。パナソニックが自社製STBとAndroid/iOSを連携させるAPIを提供したことも手伝い、さまざまな新サービスやアプリが提案されている。(2012/7/20)

石野純也のMobile Eye(7月9日〜7月20日):
先端技術が光る「らくらくスマホ」/3M戦略を体現する「Smart TV Box」/「KDDI∞Labo」がもたらす知見
7月9日から20日には大きなニュースは比較的少なかった。そんな中で注目したのが、シニア向けのスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」、KDDIが正式発表したセットトップボックス「Smart TV Box」、そして9日に発表された「KDDI∞Labo」第2期生優秀アプリだ。(2012/7/20)

8月にトライアル、秋に発売予定:
KDDI、Android 4.0搭載のケーブルテレビ向けSTB「Smart TV Box」を発表
KDDIが、地デジ、BS、ケーブルテレビを視聴できるAndroid 4.0搭載のセットトップボックス「Smart TV Box」を発表。CATV事業者が2012年秋をめどに発売する予定。(2012/7/18)

本田雅一のTV Style:
受動的なネット利用がカギ? KDDI「Smart TV Box」の戦略(2)
前回のNTT西日本「光ボックス+」に続き、KDDIが今夏にトライアルを開始するという「Smart TV Box」を読み解いていこう。(2012/5/31)

KDDI、Android 4.0搭載STB「Smart TV Box」発表 今夏トライアル
KDDIは、Android 4.0を搭載したSTBのトライアルを今夏に開始する計画だ。(2012/5/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。