ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社会問題」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「社会問題」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

世界を読み解くニュース・サロン:
追い詰められるファーウェイ Googleの対中措置から見える背景
中国の通信機器大手、ファーウェイに対して、米国が「最後通告」ともとれる措置を実施。企業も対応を検討しており、ファーウェイ機器でGoogleのアプリやサービスなどが利用できなくなる可能性がある。騒動の背景と、今後のファーウェイの動きとは……(2019/5/21)

専門家のイロメガネ:
トヨタ社長が「終身雇用は難しい」と言っても、やっぱり「終身雇用」が必要な理由
トヨタ自動車豊田章男社長の「終身雇用は難しい」発言が大きな波紋を呼んでいる。企業側の厳しい環境はわかるが、終身雇用の維持は日本企業の責任ではないのか? そう考える4つの理由をまとめる。(2019/5/21)

大富豪が学生の借金を全額肩代わり 大学卒業式のビッグなサプライズが話題に
総額44億円にも上るとのこと。(2019/5/20)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
SDGsカード・シミュレーションで社会的課題の認識と解決を体験
SDGsは、2030年に向けた持続可能な開発目標で、近年多くの企業や教育機関がSDGsに取り組んでいる。(2019/5/20)

「やっと対策してくれた…」 声優・東山奈央、Twitterでの迷惑行為に警告でファン安堵 1人で数千件のリプライを送るユーザーも
ファンからは安堵の声。(2019/5/18)

「あなたも加害者になる可能性がある」 なぜ人は「あおり運転」をしてしまうのか?
岡山トヨペット制作の啓蒙動画が秀逸。気持ちを落ち着けるアンガーマネジメントもぜひやりましょう。(2019/5/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
「日本発アメコミ」の挑戦 アジア系ヒーローは世界で勝負できるか
映画『アベンジャーズ』の大ヒットで、これまで以上にアメコミが注目されている。その独特のスタイルになじみがない人も多いかもしれないが、いま日本で新たな挑戦が動き出している。それが「日本発のアメコミ」だ。(2019/5/16)

小さいけど壮大 黒部ダムのジオラマがカプセルトイになって発売
雷鳥セットやカレーもあります。(2019/5/15)

マネーの達人:
ネットワークビジネスに勧誘されやすい人とは? 断るために知っておきたい「勧誘手口の4ステップ」
ネットワークビジネスに勧誘されやすい人には4つの特徴があります。間一髪で勧誘から逃げ切った筆者の経験から、勧誘方法の4ステップと断り方を解説します。(2019/5/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
何分後に雨が降る? 「ハイパー天気予報」が災害大国・日本を救うかもしれない
令和時代も自然災害への警戒が不可欠だ。そんな中、米企業のクライマセルが天気予報の概念を変える可能性があるテクノロジーを開発し、注目されている。従来よりも正確に予測できるという「ハイパー天気予報」とはどんなものなのか。(2019/5/9)

なぜ米国には学習塾が少ないのか? 詰め込み型の勉強は役に立たない、アメリカの入試制度
総合的に学生の能力を見極めるシステム。(2019/5/8)

ファミマ、恵方巻など季節商材を完全予約制に 「廃棄ゼロ」目指す 加盟店支援策を発表 
加盟店支援にファミマが本腰。(2019/4/25)

日本郵便専務が明かす:
“東証を変えた男”が語る、金融業界の伝説「arrowhead」誕生の舞台裏――“決して落としてはならないシステム”ができるまで
2005年11月から2006年にかけて、システム障害を起こし、取引が全面停止するという事態に陥った東京証券取引所。世間の大バッシングの中、そのシステム刷新をやってのけたのが、現在、日本郵便で専務を務める鈴木義伯氏だ。当時、どのような覚悟を持って、“落としてはならないシステム”を作り上げたのか。(2019/4/25)

サラリーマン、プリキュアを語る:
平成のプリキュアは、いかに“2度の危機”から復活したのか マクロ視点から振り返る
平成最後のプリキュア記事、気合入れて書いたら1万字を越えちゃいました。(2019/4/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
海外でも議論噴出 なぜ「高齢ドライバー」の運転を止められないのか
東京・池袋で発生した高齢ドライバーによる死亡事故。ドライバーは運転能力低下を認識していたのに、なぜ運転を続けてしまったのか。私たち自身が責任を持って、高齢ドライバーへの向き合い方を考える必要がある。(2019/4/25)

ミニストップ、加盟店と本部の利益分配を見直し 24時間営業問題など「変化への対応不十分」と反省
「加盟店と本部の共存共栄」を目指すとのこと。(2019/4/23)

スピン経済の歩き方:
なぜ「プリウス」はボコボコに叩かれるのか 「暴走老人」のアイコンになる日
またしても、「暴走老人」による犠牲者が出てしまった。二度とこのような悲劇が起きないことを願うばかりだが、筆者の窪田氏は違うことに注目している。「プリウスバッシング」だ。どういう意味かというと……。(2019/4/23)

割り勘、お布施、災害義援金の支払いまで:
「キャッシュレス大国」中国の実相――“信用経済”の深い影
「買う」「食べる」「移動する」「遊ぶ」――。全てモバイル決済で済ませる「キャッシュレス大国」中国の驚くべき実態に迫る。(2019/4/22)

ソーラーシェアリング入門(13):
日本との国際協力に期待も、韓国のソーラーシェアリング事情
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は2019年3月に韓国で開催された「日韓営農型太陽光発電政策・技術交流会」に筆者が参加した内容を踏まえ、韓国のソーラーシェアリング事情について解説します。(2019/4/18)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
希望した客はいつもタダ! 奈良のトンカツ「無料食堂」が繁盛する深い訳
奈良に「希望者はいつでも代金無料」というトンカツ店がある。純粋な社会貢献で取り組む同店が繁盛する秘密とは?(2019/4/19)

AIを使うには“疑う力”が欠かせない データサイエンティストがNHK「AIに聞いてみた」に望むこと
日本が直面する社会問題について、AI(人工知能)はどのような提言をしたのか――NHK総合の番組「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」について、データサイエンティストの松本健太郎氏が気になる点を解説する。(2019/4/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
タイガー・ウッズ復活劇、勝利の裏で名を上げた“あの企業”
米プロゴルファー、タイガー・ウッズの復活劇が注目を浴びている。その裏には、暗黒時代にもスポンサーとして支え続けた企業の存在があった。その筆頭が、スポーツ用品大手のナイキだ。また、その中には日本企業も名を連ねている。(2019/4/18)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ビジネスモデルはどうするの? 実用化の段階に入った5G
先を争うように、米国と韓国での5G(第5世代移動通信)サービスが始まりましたが……。(2019/4/15)

不適切動画をAIでフィルタリング、映像・音声の分割で精度向上――Hmcommとイー・ガーディアンが共同開発
投稿監視やソーシャルリスニングなどを手掛けるイー・ガーディアンと、AIによる音声処理技術を用いたサービスを提供するHmcommは、AIによる動画監視フィルタを共同開発する。動画内の映像と音声を別々に切り出して精査し、不適切なコンテンツを高精度に検出する。(2019/4/12)

「『不正指令電磁的記録の罪』積極的な取り締まりを」警察庁の2月の通達、奈良県警が全文開示
奈良県警がエンジニアのSUGAIさんの情報公開請求に応じ、「不正指令電磁的記録に関する罪」(いわゆるウイルス罪)についての警察庁からの通達を公開。(2019/4/11)

廃棄ゼロの推進:
ファミマが一部季節商品を「完全予約制」に 気になる恵方巻は?
ファミマが2019年度から発売する一部季節商品を完全予約制に切り替える。廃棄ロス削減が目的。対象となる商品は?(2019/4/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
「サイバー脅威を分かってない」弱点だらけの日本企業に寄せられる、大きな期待
「脅威インテリジェンス」というサイバーセキュリティ対策が注目されている。サイバー大国・イスラエルの脅威インテリジェンス企業によると、「日本企業は本当の脅威を分かっていない」。同社が見る、日本企業の弱点と期待とは?(2019/4/11)

スピン経済の歩き方:
人手不足は本当に「悪」なのか 騙され続ける日本人
人手不足が原因で倒産する企業が増えているようだ。東京商工リサーチのデータをみると、前年度から28.6%も増えて、過去最高を更新している。数字をみると、「人手不足=悪」のように感じるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2019/4/9)

迷走する日本のデジタル改革:
デジタルトランスフォーメーションの本質と必要性「DXをデジタル技術でなく歴史観から捉えよ」
デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、一般に「ITを活用して社会や生活をより良いものにするもの」という意味である。しかし、今の日本企業が進めようとするDXはこの定義から懸け離れているようにも思える。グローバルで考えられているDXとどこが違うのか。(2019/4/10)

最も必要な条件:
来月から新元号「令和」 経済成長最優先で若者に希望を
来月から「令和」時代に入る。漢和辞典によれば、「令」の原義は神々しいお告げのことで、清らかで美しいという意味にもなるという。万葉集以来の日本の伝統とも言える「和」の精神にふさわしいが、経済ではグローバリゼーションのもとタフで無慈悲な競争を強いられる。にもかかわらず、清らかで和やかな社会を築くために最も必要な条件は経済の成長である。(2019/4/5)

スマートエネルギーWeek2019:
迫る太陽光パネルの廃棄問題、各社が再利用ソリューションを続々と披露
太陽光発電設備のリユース、リサイクルへの関心が高まっている。世界最大級の再生可能エネルギー展示会「スマートエネルギーWeek2019」でも、今年新たに「資源リサイクルEXPO」が開催され、注目を集めた。(2019/4/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
Amazonベゾス不倫騒動と、サウジ記者殺害をつなげる「デジタル監視」の実態
米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの不倫疑惑が国際問題に発展しそうな気配が漂っている。個人的な情報が流出したことについて、ベゾス氏の捜査では「ある国」が関与した可能性を指摘。その背景には、サウジアラビア人記者殺害事件があって……。(2019/4/4)

多重予約に苦しむ:
ドタキャンが日本の10倍! 韓国の高級レストランがとった対策とは
飲食店の無断キャンセルが日本で社会問題化している。韓国のある高級レストランではドタキャンに苦しんでいた。どのような対策をしたのだろうか。(2019/3/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
「隠すことは何もない」? ネットの“のぞき見”、鈍感さに潜む危険
タクシーの配車アプリなど、ネット上のプライバシー問題が注目されている。この問題について「隠すことは何もないから気にしない」という主張が根強くあるが、本当にそれでいいのか。自分の情報を“見られる”ことの本当の問題とは?(2019/3/28)

「動物をモノのように扱って捨てる国に住んでるけどどない思てる〜?」 沖縄の海で“せやろがいおじさん”が叫ぶ動画がいろいろ考えさせられる
ユーチューバーのせやろがいおじさんが注目を集めています。(2019/3/27)

サラリーマン、プリキュアを語る:
プリキュアも場合によっては“侵略者”となる 価値観の衝突を描いた「スター☆トゥインクルプリキュア」第8話がアツイ
「スター☆トゥインクルプリキュア」宇宙進出、本格始動です!(2019/3/28)

「母乳は赤ちゃんに最良の栄養です」 液体ミルク表示義務で物議の文言、罪悪感覚える母らに医師「傷つかないで」
「あなたは立派にやっていると、お母さんに伝えたい」。(2019/3/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
スーツ姿のビジネスマンが「時代遅れ」になる日
米金融大手ゴールドマン・サックスが社内のドレスコードを緩めると発表した。米国企業では、職場の服装がカジュアル化しつつある。ビジネススーツが「過去の産物」となる日も遠くないかもしれない。(2019/3/14)

キーワードは「環境」「安全」「情報」:
PR:東芝に聞く、次世代の車載半導体技術動向と開発方針
自動車の「電子化」「電動化」に大きく寄与している車載半導体デバイスは今後、どのような進化を遂げていくのでしょうか。そこで、自動車の「電子化」「電動化」に向けた半導体デバイスを数多く手掛ける東芝デバイス&ストレージに、次世代の車載半導体技術動向と製品開発方針について聞きました。(2019/3/15)

これからのAIの話をしよう(データ編):
“数字に弱いニッポン”、統計不正で露わに 「データの歪み」なぜ放置? 国会議員×元日銀マンが斬る
続々と問題になる、政府による統計不正。厚生労働省の「毎月勤労統計」の報道を皮切りに、データをめぐる諸問題について、エコノミストの鈴木卓実さんと立憲民主党の初鹿明博衆議院議員が議論した。(2019/3/13)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「Amazon Go」は正解なのか、リテールの革新は道半ば
確かにすごいらしいんですが、めっちゃお高いらしい。(2019/3/12)

「ダウンロード違法化」に全国同人誌即売会連絡会が反対 海賊版対策として「実質的な意味に欠ける」
ダウンロード違法化の対象範囲を拡大する政府方針に、コミックマーケット準備会やCOMITIA実行委員会などが参加する団体からも反対声明が。(2019/3/11)

企業・アルバイトたたきの欺瞞:
「バイトテロ」が繰り返される真の理由 大戸屋一斉休業で問う
3月12日に大戸屋が一斉休業するなど社会問題化する「バイトテロ」。そのメカニズムと真の対応策について専門家に聞いた。(2019/3/11)

週末珍ゲー紀行:
江戸の町民に大人気! ふんどし一丁で大空を舞うジェットパック消火アクションゲーム「Otokomizu〜漢水〜」
アイアンマン(ふんどし)。(2019/3/10)

高齢者の一人暮らしをスマート照明で見守るサービス、ソニーが提供 不動産会社も注目
ソニーネットワークコミュニケーションズは3月8日、センサーや通信機能を搭載したシーリングライト「マルチファンクションライト」を活用し、賃貸不動産向けの高齢者見守りサービスを6月から提供すると発表した。(2019/3/8)

「もの好きだな、お前」:
「週刊少年サンデー」の5代目編集長が語る 「バッシングとブーム」
今や日本の漫画やアニメは世界に冠たるコンテンツ、カルチャーとなったが、草創期の社会の評価は、まったく違う。出版社内での編集部の地位は高いとはいえず、漫画編集者の希望者も少なかった。(2019/3/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
罰金を科された「TikTok」は、第2のファーウェイになるのか
世界的に人気の動画共有アプリ「TikTok」の運営企業が米政府から罰金を科された。ファーウェイに続き、また中国企業が米国の目の敵にされている、と不穏な見方が浮上している。なぜTikTokに対する警戒感が広がりつつあるのか。この騒動はどこへ向かうのか。(2019/3/7)

DMS2019:
中小製造業の事業承継問題解決に取り組む由紀ホールディングスの挑戦
由紀ホールディングスは、「第23回 機械要素技術展」に、グループ4社で出展。事業承継などを受けて、再成長に取り組んできたグループ企業の技術を紹介するとともに、それぞれの連携による価値を訴えた。(2019/3/4)

園長に聞く:
展示と“幸せ”は両立するか V字回復した動物園が向き合い続ける「矛盾」
閉園危機から復活し、注目されている大牟田市動物園。動物の生活の質を高める取り組みを強化し、動物を取り巻く社会問題について広く発信している。一方で、そこに潜む“矛盾”とも向き合い続ける。動物園の在り方について、園長にインタビューした。(2019/3/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
ファーウェイの「スパイ工作の証拠」を米国が示さない理由
中国の通信機器大手、ファーウェイを巡る情報が飛び交っている。排除を進める米国に対して「スパイ工作の証拠はない」と主張。トランプ大統領がファーウェイ排除の「見直し」を検討しているという話もある。今、ファーウェイ問題はどうなっているのか。(2019/2/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。