ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スタンフォード大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スタンフォード大学」に関する情報が集まったページです。

Twitter、Googleの前AI責任者でスタンフォード大教授のフェイ・フェイ・リー博士を取締役に
Twitterが、AIの権威として知られるスタンフォード大教授、フェイ・フェイ・リー博士を取締役に迎えた。同氏は2018年末までGoogleのAI責任者を務めていた。現在は人間中心のAI研究所HAIの共同ディレクターを務めている。(2020/5/12)

Fitbit、新型コロナ兆候検知研究でスタンフォード大医学部と協力
Fitbitが、スタンフォード大学医学部の新型コロナウイルスの兆候検出アルゴリズムの開発に協力する。このアルゴリズムは、感染症の兆候である心拍数や血中酸素飽和度の上昇を検出し、ユーザーに警告する。米国のFitbitユーザーはアプリから参加を申し込めるようになる。(2020/4/16)

ユーザー認証は「お尻の穴」──尿や便で健康状態をチェックするスマートトイレ 米研究
トイレにガジェットやセンサーを取り付けることで、用を足した人の尿や便から健康状態をチェックするシステムを開発した──米スタンフォード大学医学大学院は4月6日(現地時間)、こんな研究結果を発表した。備えたカメラの映像と機械学習で、肛門の模様などからユーザーを特定し、尿の成分や流量、便の形状から、医師と同程度の精度で健康状態をチェックできるという。(2020/4/8)

Innovative Tech:
光の当たり方から最適な撮影ポジション指定 スタンフォード大学が開発
光の魔法を代わりに計算してくれる技術が開発された。(2020/1/27)

「星空も撮れる」Pixel 4カメラのヒミツ スタンフォード大教授が「Made by Google」で語ったこと
Googleのエンジニアとしても働くスタンフォード大学のマーク・レボイ教授が語ったことから、Pixel4カメラのヒミツを読み解いていく。(2019/10/17)

共鳴軟X線散乱の検出性能を向上:
東北大ら、超伝導と共存/競合する電荷秩序を発見
東北大学とスタンフォード線形加速器国立研究所らによる国際研究チームは、超伝導と共存あるいは競合する2種類の電荷秩序が存在することを発見した。(2019/8/13)

Apple、自動運転AIの「Drive.ai」を買収
Appleは、スタンフォード大学発の自動運転AI開発企業「Drive.ai」を買収した。(2019/6/26)

言い間違いを容易に編集:
話者の動画を与えると単語を容易に修正できる手法を開発、スタンフォード大などの研究チーム
スタンフォード大学などの研究者のチームが、話者の動画を容易に編集する手法を編み出した。人物の肩から上の映像を使うだけで、口にしていない単語を埋め込み、修正できる。修正方法は文字起こししたテキストを編集するだけという手軽さだ。(2019/6/11)

スタンフォード大の学生、ジャンプもできる四足ロボット「Doggo」披露 3000ドル未満で製造可能
スタンフォード大学のロボットクラブの学生が、3000ドル未満で製造可能な四足歩行ロボット「Doggo」を発表した。複雑な地形でも歩け、ジャンプやバク転もできる。設計や部品リストをGitHubで公開中。(2019/5/21)

スタンフォード大のフェイ・フェイ・リー博士、人間中心AIラボ「HAI」立ち上げ
Google Cloud AIのチーフサイエンティストの経験も持つスタンフォード大学のフェイ・フェイ・リー教授が、人間中心のAI研究所「Human-Centered AI Institute(HAI)」を立ち上げた。AIが人間社会に与える影響と可能性を研究し全人類にとってのよりよいAIを目指す。(2019/3/19)

Appleとスタンフォード大、「Apple Watch」ユーザー40万人参加の医療アプリ調査結果報告
Appleとスタンフォード大学は、2017年11月に米国で公開した「Apple Watch」向け医療アプリ「Apple Heart Study」による研究調査結果を発表した。心房細動検出に成果があったとしている。(2019/3/18)

汎用AIへの道:
人間のように学習して物体を特定、UCLAが視覚システムを開発
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)サミュエリ工学部とスタンフォード大学の研究者のチームが、視覚システムを開発した。見たものが実際には何なのか、人間が学習するのと同じ方法で学ぶという特徴がある。(2019/1/8)

“履歴スニッフィング”攻撃の最新版:
米セキュリティ研究者、Webブラウザの履歴を不正に収集する手法を発見
カリフォルニア大学サンディエゴ校とスタンフォード大学のセキュリティ研究者が、Webブラウザの履歴を収集する不正な手法を4つ発見した。ユーザーがあるWebサイトを訪問したかどうかを高速に判定することで、結果的に履歴が漏れてしまう。(2018/11/6)

「Google Cloud AI」責任者にカーネギーメロン大学のアンドリュー・ムーア博士就任へ
Google Cloud AIの責任者、フェイ・フェイ・リー博士が年内にスタンフォード大学に戻り、カーネギーメロン大学コンピュータ科学学部長のアンドリュー・ムーア博士が後任になる。リー氏はアドバイザーという立場になる。(2018/9/11)

Alphabet、エリック・シュミット会長の後任にスタンフォード大学の前学長
Alphabetのエリック・シュミット会長の後任に、Googleの2人の創業者の母校であるスタンフォード大学の前学長、ジョン・ヘネシー博士が就任した。(2018/2/2)

「Apple Watch」で心臓異常に対処するアプリ「Apple Heart Study」、スタンフォード大との提携で公開
Appleが、「Apple Watch」のセンサーで心臓のリズム異常を検出するとプッシュ通知し、専門家との動画相談を提供するアプリ「Apple Heart Study」を米国で公開した。スタンフォード大医学部との共同開発だ。(2017/12/1)

省エネ機器:
電気不要の冷却システムを開発、ビル空調などの電力削減へ
米スタンフォード大学は、特殊な光学面を持つことで放射冷却を利用する冷却システムを開発、試験している。このシステムは、冷却機構に電力を使用せず、既存の空調や冷凍機に接続することができる。この装置の導入により一般的な商業ビルでは、消費電力を約2割削減が可能になるという。(2017/10/20)

製造マネジメントニュース:
日本の製造業はシリコンバレーを活用できるか、能率協会がスタンフォード大と協業
日本能率協会(JMA)は、スタートアップを中心とする米国のシリコンバレー企業と、製造業を中心とする日本企業との間でのオープンイノベーションを促進する事業を開始する。具体的な活動の第1弾として、米国スタンフォード大学などと連携し、2017年11月に「シリコンバレー・ニュージャパン・サミット 2017」を開催する予定だ。(2017/9/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
一流の研究機関で行われたモチベーションに関する実験結果
私たちを動かしている「モチベーション」とは一体なにか? スタンフォード大学やハーバード大学をはじめとする、各研究機関で解明された「人の心理と行動」のパターンを紹介する。(2017/7/27)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
シリコンバレー見聞録 デザイン思考の発信地を訪ねて
IT起業の聖地といわれるシリコンバレーで見聞きした興味深い体験から、注目のポイントを紹介。第6回は、“イノベーション魂”を揺さぶられるスタンフォード大学のデザインスクール「d.school」です。(2017/1/28)

寝てるだけじゃだめ:
サボることは「生存戦略」カヤックが“正しいサボり方”研修
「サボることは現代の企業における生存戦略。でも、ただ寝てるだけじゃだめ」。米スタンフォード大学の西多昌規氏を講師として、カヤックで「正しいサボり方研修」が行われた。(2016/3/3)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第70回:
ハリウッドにおける男女格差の議論がフィギュアの世界に飛び火? ある玩具メーカーが仕掛けた動画が話題に
スタンフォード大学卒の女性エンジニアが起業した注目の玩具メーカーが、自社のキャラクターを使って映画の名場面を再現する動画を制作した。その真意とは?(2015/11/17)

タイムスリップはできないけどドリフトできる! スタンフォード大学が「デロリアン」を電動自動運転車「MARTY」に改造
デロリアンで“安心できる未来”を切り開く。(2015/10/22)

自動運転技術:
トヨタ自動車が人工知能研究で米国2大学と連携、DARPAのプラット氏もスカウト
トヨタ自動車は、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学と人工知能に関する研究で連携していくことで合意。今後5年間で、両大学に対して合計約5000万米ドルを投資し連携研究センターを設立する。DARPAの災害救助ロボットコンテスト「ロボティクスチャンレジ」の担当者を務めたギル・プラット氏を招いたことも明らかにした。(2015/9/7)

トヨタ、MITとスタンフォード大との連携で人工知能(AI)ラボを立ち上げ 自動運転の先へ
トヨタが米大学と連携し、5000万ドルを投じて人工知能(AI)研究センターを設立する。責任者にDARPAロボットコンテストで知られるギル・プラット博士を迎え、自動運転車だけでなく、ロボットや情報サービスの開発を進める。(2015/9/5)

次世代教育:
デジタルファブリケーション時代における“教育の在り方”を考える2日間
慶応義塾大学ソーシャル・ファブリケーション・ラボは、Fab Foundation、米スタンフォード大学、国際STEM学習協会とともに、アジア初となるFab教育に関する国際会議「FAB LEARN ASIA 2015」を開催すると発表した。(2015/9/2)

エネルギー技術 電池:
1秒間で再充電、フレキシブルなアルミニウム電池
米スタンフォード大学が、1秒間で再充電できる、フレキシブルなアルミニウム電池を試作した。正極(アノード)にアルミニウム箔、負極(カソード)にグラファイトフォーム(黒鉛泡)、電解液に液体塩を用いている。7500回充放電しても電池容量が著しく低下することはないという。(2015/4/17)

スマートフォンの充電が1分で完了!? 米・スタンフォード大学の研究チームがアルミニウムを使用したバッテリーを開発
実用化はよう!(2015/4/10)

AppleのResearchKit採用の医療研究サポートアプリ、公開1時間で1万本以上ダウンロード
スタンフォード大学が心臓疾患の研究のために公開したResearchKit採用アプリ「MyHeart Counts」のダウンロード数が、公開1時間で1万本を超えた。(2015/3/13)

材料技術:
グラフェン+半導体ポリマーの“ハイブリッド素材”、高性能な有機トランジスタ実現の鍵に
スウェーデンの大学とスタンフォード大学が、単層グラフェン上に半導体ポリマーが形成された“ハイブリッド素材”を開発。シリコンに匹敵する性能を持つ有機トランジスタの実現にまた一歩近づいた可能性がある。(2015/3/4)

人工知能で予定の合間にTo-Doを組み込んでくれるスケジュール管理アプリ「Timeful」
研究の結果、人がいかに時間を無駄に使っているかを思い知ったスタンフォード大学の教授らが、AIのアルゴリズムでユーザーのスケジュールを管理するアプリ「Timeful」をリリースした。(2014/8/1)

グーグルとスタンフォード大、WSCの消費電力削減技術を開発
グーグルがスタンフォード大学と共同でペタバイト級のデータに瞬時にアクセスしながら、電力消費量を削減する技術に関する論文を発表した。(2014/6/9)

父と娘の週末トーク:
娘と父のマジトーク(その9)「スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式辞を見て、生きる意味を考えた」
中学生の娘と本気で話し合うシリーズ、今回のテーマは「人間の生きる意味」。娘のリクエストでこのテーマにしたのですが、わが娘ながら、素直にすごいとほめてあげたい考えを持っていたのでした。(2014/1/17)

HuluでNHKの番組配信 「プロジェクトX」「サラリーマンNEO」など
HuluでNHKの番組配信がスタート。「プロジェクトX」「サラリーマンNEO」「スタンフォード白熱教室」などを順次配信する。(2013/12/25)

電話番号から個人を特定するのは非常に簡単──スタンフォード大学
MetaPhoneプロジェクトで無作為に選んだ5000人のデータで調査したところ、GoogleやFacebookでの検索だけで約3割の個人を特定できた。(2013/12/25)

日本人がスタンフォードのMBAで教わった“何よりも大切なこと”
M&A弁護士として活動するも休職し名門・スタンフォード大学経営大学院へ入学という変わった経歴を持つ水島淳さん。今回は水島さんの著書『スタンフォードの教え「ビー・ユアセルフ」』を紹介します。(2013/12/5)

父と娘の週末トーク:
娘と父のマジトーク(その4)「人と違うと不安になる」女子中学生のリアル
スタンフォード大学で人気だというオンライン講座「Positive Intelligence」を娘と受講し、その結果を交換して話し合ってみました。そこで見えてきた娘の本心とは……?(2013/11/22)

これからの働き方、新時代のリーダー:
失敗することにびびってないか?――メガネECベンチャー創業者がスタンフォードで学んだこと
メガネ専門のECサイト「Oh My Glasses」を立ち上げた若き起業家、清川忠康さん。大手証券会社などで企業再生ビジネスを手掛けていた同氏が留学先で受けた衝撃とは?(2013/11/5)

Facebookユーザーは投稿を見た人の数を少なく見積もるとの調査結果
Facebookがスタンフォード大学と共同で発表した調査報告書によると、ユーザーは自分の投稿を見た人の数を実際よりかなり少なく見積もる傾向があるという。(2013/7/17)

セキュリティ研究者、動画を使った「NuCaptcha」破りに成功
米スタンフォード大学の研究者が、動画を使ったスパム防止技術「NuCaptcha」を90%の確率で破れる攻撃方法を確立したと発表。(2012/2/22)

「科学で日本を元気にしよう!」――若者がトップ科学者と語り合う「FIRSTサイエンスフォーラム」をライブ配信
高校生などの参加者と世界トップクラスの日本の科学者が語り合う「FIRSTサイエンスフォーラム〜トップ科学者と若者で切り拓く未来〜」(宮城県仙台市)をライブ配信する。「科学の未来と日本」をテーマにディスカッションする。登壇者は東北大学マイクロシステム融合研究開発センターの江刺正喜センター長、東京女子医科大学先端生命医科学研究所の岡野光夫所長、スタンフォード大学の山本喜久教授。科学技術振興機構(JST)主催。配信は2月5日14時0分〜。(2012/2/1)

NECとIBM、OpenFlowの導入事例を発表
米スタンフォード大学やデータサービスのTervela、Selerityで採用されたという。(2012/1/25)

Google、ストリートビューで早稲田大学などのキャンパス内を表示
Googleマップのストリートビューで、早稲田大学やスタンフォード大学のキャンパス内を仮想散歩できるようになった。(2012/1/12)

透明で皮膚のように伸びる圧力センサー、米大学が開発
透明で伸縮性があり、タッチを検知できる人工“スーパースキン”を米スタンフォード大学が開発した。ロボットやタッチスクリーンで活用されるかもしれない。(2011/10/25)

Apple、ジョブズ氏の追悼式を16日と19日に開催
スタンフォード大学での追悼式には、Appleと世界で係争中のSamsungの社長も招待された。(2011/10/17)

多数のWebサイトが個人情報を無断で漏出――米研究者が調査結果を発表
Wall Street JournalやPhotobucketなど、調査対象サイトの6割以上が、何らかのユーザーデータをサードパーティーに提供していることが、スタンフォード大学法科大学院の調査で明らかになった。(2011/10/12)

cookie削除後も行動追跡を続ける「supercookie」に研究者が警鐘
スタンフォード大学の研究者は、Microsoftが運営する「live.com」サイトでsupercookieの手法を使って削除したはずのcookieが再生されているのが見つかったと報告した。(2011/8/22)

“シースルーiPhone”に一歩近づく? 米大学が透明なバッテリー開発
米スタンフォード大学の研究者が、透明に見えるバッテリーを開発した。「スティーブ・ジョブズ氏にこのことを話したい。透明なiPhoneが欲しい!」とコメントしている。(2011/7/28)

「20歳のときに知っておきたかったこと」電子版が発売
阪急コミュニケーションズと図書印刷は昨年発売された「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学 集中講義」の電子版を配信開始した。(2011/3/4)

Google、スタンフォード大学で1Gbpsのブロードバンド実験開始へ
Googleは、“Web高速化”実験プロジェクト「Google Fiber」の初のβテストを、本社近くのスタンフォード大学で実施する。(2010/10/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。