ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「水没」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「水没」に関する情報が集まったページです。

山岳トンネル工事:
トンネル工事の水中ポンプを無人監視可能な「Newt」、異常時は警報メールで通知
西松建設は、水中ポンプの稼働状況を無人で監視するシステム「Newt」を開発した。新システムは、常時水中ポンプの消費電力量データをクラウド上にアップロードし、一定時間、データが確認されない時は水中ポンプの稼働停止と自動で判断して、坑内に設置した警報パトライトが点灯。警報メール送信で、関係者へ異常・危険も知らせるため、トンネル坑内の水没事故などが未然に防げる。(2020/8/27)

台風前に確認・準備を 「水没したときの脱出方法」「脱出用ハンマー備えて」国交省が注意喚起
1台に1つ「脱出用ハンマー」も備えておきましょう。(2020/8/19)

太陽光:
水没した太陽光発電は感電の危険あり――JPEAが注意喚起と撤去手順の留意点を公開
太陽光発電協会が日本各地で豪雨による災害の発生を受け、冠水・浸水・水没した太陽光発電設備による感電を防ぐための手順や、安全に点検・撤去を行うための留意事項などを公開。水害にあった発電設備については、専門技術者以外は近づかないよう注意を呼びかけている。(2020/7/10)

レジンの海に沈んだ廃墟がロマン 退廃的な世界観の「水没ジオラマ」が神秘的で美しい
海外ユーザーからも「美しい」「クール」の声が寄せられています。(2020/3/2)

静電容量センシングの弱点を補完:
PR:水に強く、手袋でも操作可能! 新たなタッチUIを実現する誘導型センシング「MagSense」
静電容量センシングを使用したタッチUIは、デザイン性に優れ、摩擦による劣化がないなどの利点から急速に普及している。ただ、水ぬれやノイズに弱く、手袋を着けたままでの操作に不安を残すなどの欠点から、水回りの機器や産業機器での利用が一部制限されてきた。そうした静電容量センシングの弱点を全てカバーし、タッチUIの可能性を広げる誘導型センシング技術「MagSense」が登場した——。(2019/11/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
新幹線を水没から救え――1967年7月豪雨「伝説の戦い」が伝える教訓
台風19号で被災した北陸新幹線は、多くの職員の復旧作業により全線直通運転を再開した。今回の被害は誰にも予測できなかった。しかし、過去には新幹線車両を待避させて水害から守った事例がある。「1967年鳥飼車両基地の伝説」だ。経験に学ぶことが必要ではないか。(2019/11/1)

車両総数の1/3が水没 長野「新幹線車両センター」台風19号による被害詳細を報告、新幹線だけでなく施設全体に甚大な被害
JR東日本が被害状況をまとめたレポート公開。(2019/10/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
水没した北陸新幹線 「代替不可」の理由と「車両共通化」の真実
台風19号の影響で北陸新幹線の車両が水没した。専用仕様のため、他の車両が代わりに走ることはできない。なぜJR東日本は新幹線車両を共通化していないのか。一方で、北陸・上越新幹線の車両共通化に向けた取り組みは始まっている。(2019/10/18)

豪雨で水没寸前だったサーバをクラウド移行 「獺祭」の旭酒造・桜井社長が語る「テクノロジーとの向き合い方」
日本酒「獺祭」の蔵元である旭酒造は7月から、顧客管理システムを米OracleのIaaSに段階的に移行している。2018年の西日本豪雨で被災し、BCPの重要性を実感したためという。旭酒造の桜井一宏社長に、今後のテクノロジー活用の展望を聞いた。(2019/8/8)

docomo with対象の「AQUOS sense2」が12月14日に発売 約3万円
NTTドコモは、12月14日にdocomo with対象のシャープ製スマホ「AQUOS sense2 SH-01L」を発売する。液晶テレビAQUOSで培った技術を活用した、アスペクト比18:9のフルHD+5.5型IGZOディスプレイを搭載。水濡れに強く、指紋・顔認証にも対応する。(2018/12/10)

他の企業よりも迅速に復旧できたワケ
ハリケーン直撃で水没した企業はAWSでいかにデータを保護したか
2017年、ハリケーン・ハービーがGS Marketingのオフィスビルを襲った。同社は業務の基幹機能をAWSに移行していたため、オンプレミスのデータセンターが水没したものの、被害を最小に食い止めることができた。(2018/11/28)

楽天モバイルが月額サービス「スマホ修理・新機種交換保証」を開始 少額負担で新機種への交換も
楽天モバイルが「スマホ修理・新機種交換保証」を開始する。端末とのセット契約時に申し込むことができる月額500円(税別)のオプションサービスで、メーカー保証ではカバーできない破損や水没などの際に無償で修理を受けることができる。修理期間中は代替機の無償貸与を行い、指定機種から少額負担での交換も行う。(2018/11/21)

連絡橋の分断、線路の水没から2週間 台風21号で分断された関空線が復旧、18日始発から再開
予定より3日早く再開へ。(2018/9/18)

大雨災害で水没した思い出の写真を守るには 富士フイルム提供の対処法に注目
富士フイルムは同社製のカメラやデジタルフォトフレームなどについて、被災者からの修理依頼を半額で受け付ける措置も発表しています。(2018/7/10)

トッパン・フォームズ 検知機能付きICラベル:
アンテナの断線で開封や水ぬれを検知するICラベルが“物流現場のIoT化”に貢献
トッパン・フォームズは、バッテリー不要で簡易センサーとして利用できる検知機能付きICラベル「開封検知ICラベル」と「水濡れ検知ICラベル」を新規開発した。使用するシステムや読み取り用リーダーなどを含め、2020年度までに30億円の売り上げを目指すという。(2018/3/28)

豪雨で水没したハイキングコース エメラルドグリーンに輝く幻想的な水中散歩を撮影
幻想的……。(2018/3/6)

太陽光:
太陽光発電を池に沈める、水害時の対処指針を策定へ
NEDO、JPEA、奥地建産が太陽光発電設備の水没実験を実施。感電などの危険がある水害に遭った発電設備の点検や撤去手法の指針策定に役立てる。(2017/12/6)

Mobile Weekly Top10:
iPhoneに「水没反応」 どうする?/「Galaxy Note8」登場
iPhoneが水没してしまった場合には、メーカー保証の対象外となります。水没してしまったかどうか分からない時は、「ある場所」を確認しましょう。(2017/8/29)

iPhone Tips:
iPhoneが水没したときに確認すべきこと
今回のテーマは「iPhoneが水ぬれで故障したかどうかのチェック方法」です。iPhoneが水没した恐れがある場合、チェックすべき箇所があります。機種ごとに紹介します。(2017/8/27)

冠水した道路への進入は禁物! JAFが360度動画で水没車両からの脱出法を指導
窓を割る道具の重要さがひしひしと伝わります。(2017/8/18)

FUJITSU AI ソリューション Zinraiディープラーニング システム:
あえてのサーバ水没でAIを加速、データ機密が重要な製造拠点にも
製造業においてもディープラーニングは注目されているが、機密性の高い製造データを扱う際にはオンプレミスでの実装が要求される。富士通のZinraiディープラーニング システムはこうした要望に応えるもので、オプションで「液浸」も用意されている。(2017/5/24)

防水スマホはお風呂で使える? 水没したらどうすればいい?
(2017/3/23)

国立情報学研究所、水中で2年以上安定動作する「水没コンピュータ」実現へ マザーボードを水槽や海に沈めて直接水冷
同研究チームはこれまでにも、最長で40日間海中でマザーボードを動作させることに成功している。(2017/2/27)

滋賀県民の鉄板ネタ「琵琶湖の水止めたろか!」を実行すると滋賀県が水没し自滅することが判明
京都「うちらの勝ちどすえ」(2016/10/19)

防水対応の「Apple Watch Series 2」を水没させてみた
プールで泳いでも大丈夫。そう、「Apple Watch Series 2」ならね。(2016/9/16)

本当に大丈夫? 「iPhone 7」を水没させてみた
iPhoneの防水/防塵性能を動画でチェック。(2016/9/16)

ついに防水iPhoneが?:
スマホの水没事故がなくなる未来はやってくるのか
悲しい事故をなくしたい。(2016/7/16)

魚を釣ってたらGoProが釣れた! → 中身を見たら、水没するまでの一部始終とカニが写っていた
残されたデータには、水中にうごめくカニの姿が。(2016/7/13)

iPhoneが故障したら――水没、画面割れ、修理時の対処法まとめ
不注意でiPhoneの画面を割ってしまったり、ケーブルが切れてしまったり、何かと修理した経験がある人も多いのでは?(2016/7/9)

海外旅行中はスマホの扱いにご用心 auが破損・紛失・水没が起きやすい国をランク付け
特にイギリス・シンガポール・インドでは慎重に。(2016/7/6)

R25スマホ情報局:
水没、画面割れ…「モバイル保険」元取る故障頻度は?
さくら少額短期保険の「モバイル保険」はどのようなサービスか。(2016/6/17)

SIM通:
SIMフリーにも使える、月700円で3台まで補償「モバイル保険」
さくら少額短期保険株式会社は、スマートフォンなどのモバイル機器の修理費用を月々700円で最大3台分補償する「モバイル保険」の提供を開始した。盗難や水没で修理できない場合の損害も含め、年間10万円まで補償する。(2016/6/1)

VAIO Phone Bizの破損・水ぬれを最大2年間保証するサポートを提供開始
VAIOは、VAIOストアで販売した「VAIO Phone Biz」へ、メーカー保証に加えて破損・水ぬれなどの一部・全損を保証する「VAIOストア スマートフォンあんしんサポート」を提供開始した。(2016/4/13)

R25スマホ情報局:
ネットの噂「iPhone SEは防水仕様」の真偽
Appleの新製品iPhone SEは公式仕様としては非防水なものの、水没にはある程度耐えられるという実験結果が。(2016/4/8)

上海問屋、水没も防いてぐれる防水スマホケース
ドスパラは、IPX8準拠の防水機能を備えた汎用ケース「DN-13590」の取り扱いを開始した。(2016/3/3)

gooスマホ部:
水没スマホからPCへの写真データ取り込みについて
スマホを水に落としまいました。3日程度乾燥させましたが、電源は入るも画面は映りません。PCに接続して認識してくれましたが、写真データがありませんと……。(2016/2/19)

スマホのトラブルを予報する「ニッポンのスマホ災難予報」、KDDIが期間限定で公開
KDDIは、紛失・破損・水没といった「スマホ災難」に遭う可能性の指数を割り出し、注意喚起を行う「ニッポンのスマホ災難予報」を期間限定で配信する。(2015/11/19)

4色カラバリ!:
水没にも耐える基板コーティングを採用――エレコムからスポーツ用Bluetoothイヤフォン
防水保護等級IPX5に準拠した高い防水性能を誇るBluetooth対応カナル型イヤフォン「LBT-HPC11WP」シリーズがエレコムから登場。水没にも耐えるという撥水基板コーティングを採用した。(2015/11/10)

gooスマホ部:
MNP時に水没した機種のSIMカードは必要ですか?
iPhoneを水没させてしまい、おそらくSIMカードも壊れているかと思います。MNPで機種変更を検討中ですが、水没したSIMカードは無くても手続きできるのでしょうか。(2015/10/8)

iPhone 6sのAppleCare+が値上げ それでも加入するべき?
iPhone 6sとiPhone 6s Plus向けの延長保証「AppleCare+」は、iPhone 6やiPhone 6 Plusの頃と比べてだいぶ値段が上がっています。全損や水没のリスクをどう評価するかで、加入すべきかどうかが変わりそうです。(2015/9/19)

電気自動車:
水没したクルマは発火や感電の恐れあり、エンジンをかけずに対策を
記録的な豪雨により関東周辺の複数の地域で水害が発生した。国土交通省などは発火や感電のおそれがあるとして、浸水・冠水被害を受けた自動車の取り扱いについてユーザーに対して注意を促している。(2015/9/17)

太陽光:
水没した太陽光設備は専門家以外さわってはいけない
太陽光発電協会は2015年9月11日、豪雨被害で水没した太陽光発電設備が多く生まれたことに対し、初期対処法について発表を行った。感電の危険があるため基本的には電気工事士および電気主任技術者などの専門家に任せるべきとした内容だ。(2015/9/14)

豪雨の浜松市、各地で「水没」報告相次ぐ 駅地下通路がまるでプールに
今後も台風18号の接近にともない、水害にはくれぐれもご注意ください。(2015/9/8)

急な雨やレジャーもこれで安心:
防水・防じん・防雪・耐衝撃! iPhone 6に降りかかるリスクを軽減するスマホケース「LIFEPROOF」
水ぬれ、ほこり、本体の落下――スマホに襲いかかるあらゆるリスクを軽減するスマホケースが「LIFEPROOF」だ。今回は「iPhone 6」に対応した3種類のケースをご紹介する。(2015/8/19)

7つの安心サービスをまとめたY!mobileユーザー向け「故障安心パックプラス」提供開始
Y!mobileユーザー向けに、オプションサービス「故障安心パックプラス」が登場。故障や水濡れなど、各種トラブルに対する7つの安心サービスをまとめて提供する。(2015/7/14)

プリンストン、水没にも耐えるIPX8対応のiPad Air用防水ケース
プリンストンは、IPX8に対応したiPad Air用防水ケース「PSA-WBC」シリーズを発売する。(2015/6/19)

理系のみなさんダメ。ゼッタイ。 水没したスマホを真空乾燥させる准教授が話題に
この手があったか!……いや、やめておこう。(2015/6/2)

「キケン! 水濡れ充電」 携帯各社、充電時の事故防止をロゴで啓発
「キケン! 水濡れ充電」――スマートフォンなどの充電時の事故防止の啓発を図るためのロゴとキャッチフレーズを新設。大手3キャリアが採用する。(2015/5/27)

水没したスマホが復活する「魔法の液体」誕生うおぉおおおお!
復活率は90%。(2015/4/30)

ルネサス RX113グループ:
手袋、水ぬれなど利用シーンを試せるタッチキー検出マイコン開発キット
ルネサス エレクトロニクスは、タッチキー検出マイコン「RX113グループ」用の開発キットを2015年5月に発売する。静電容量式タッチキー開発で時間を要したタッチ感度と相反するノイズ耐性の最適化を、自動調整するツールなどが同梱される。(2015/4/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。