ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スーパーマリオ ラン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スーパーマリオ ラン」に関する情報が集まったページです。

スマホ版「マリオカート」サービス開始 左右スワイプでハンドル操作
任天堂がスマートフォンゲーム「マリオカートツアー」をリリース。「スーパーマリオラン」と同様、スマホの片手操作を意識している点が特徴だ。(2019/9/25)

減収減益のDeNA、“ポケモンとの協業”でゲーム事業の巻き返し図る
ディー・エヌ・エーの2019年3月期の連結決算は減収減益で、主力のゲーム事業などで苦戦した。今期は新たにポケモン社と協業。世界的に人気のあるIPとのコラボレーションでゲーム事業の収益増を狙う。(2019/5/10)

DeNA、「ポケモン」のスマホゲームを今期配信へ ポケモン社との協業で
決算発表の中で明らかに。(2019/5/10)

任天堂とLINEが協業 「ドクターマリオ」スマホ版、初夏にリリース
任天堂とLINEがスマホゲーム事業で協業。スマホゲーム「Dr. Mario World」を共同開発し、日米などで2019年初夏にリリースする。(2019/2/1)

任天堂、スマホ版「マリオカート」リリース延期
(2019/1/31)

半径300メートルのIT:
スマホの「偽アプリ」にだまされ続ける人に、もう一度だけ確認してほしいこと
気軽にVTuberになれると話題のアプリ「カスタムキャスト」に偽アプリが登場して話題になりました。過去にもPokemon GOなどで同様の事件が起きていますが、こうした攻撃は一向に減る様子がありません。現実世界で話題になっていることは、そのままサイバー世界でも格好のフィッシングネタとして活用されるのです。(2018/10/16)

CEDEC 2018:
スマホゲームは「やりたくなかった」のに「スーパーマリオラン」が生まれた理由 任天堂・宮本茂氏
(2018/8/23)

「マリオラン」なぜ1200円?:
任天堂・宮本茂氏が語った「スマホ対応への苦悩」
任天堂の宮本茂 代表取締役フェローが「CEDEC 2018」の基調講演に10年ぶりに登壇。10年で最大の変化は「スマホ」だったと明かし、「スーパーマリオラン」の開発などで苦労した過去を語った。(2018/8/22)

AppleのApp Storeが10周年 主要開発者の賛辞やいくつかの数字を披露
AppleのiOSアプリストア「App Store」が7月10日で10周年を迎える。これを祝してAppleがApp Storeの歴史を振り返った。任天堂の宮本茂氏やNianticのジョン・ハンケ氏などからの賛辞や開発者の累計収益などの数字を紹介している。(2018/7/6)

「スーパーマリオラン」の累計収益は66億円超、約8割はiOS版──SensorTower調べ
任天堂のスマートフォンゲーム「スーパーマリオラン」の累計収益が6000万ドルを超えたと米SensorTowerが発表した。その77%はiOS版からだった。国別では米国が最も多く、43%を占めた。(2018/7/5)

任天堂とCygamesが業務提携 スマホゲーム「ドラガリアロスト」今夏リリース
任天堂とCygamesがスマートデバイス向けゲームアプリ事業で業務提携する。18年夏に新作RPG「ドラガリアロスト」を日本、台湾などで公開する。(2018/4/27)

増収増益のDeNA、ゲーム事業はやや落ち込み 期待の「新規協業タイトル」も
ディー・エヌ・エーが2017年度第3四半期(17年10〜12月)の連結業績を発表。前年同期比では増収増益だったが、主力のゲーム事業は「年末商戦が期待に届かなかった」と営業利益がやや落ち込んだ。しかし好調な任天堂との協業タイトルに新たな動きも。(2018/2/8)

「Mario Kart Tour(マリオカート ツアー)」:
任天堂、スマホに「マリオカート」投入 19年3月までに配信
任天堂がスマホアプリ「Mario Kart Tour(マリオカート ツアー)」の開発を発表。19年3月までに配信する予定。(2018/2/1)

「マリオカート」スマホゲームに 任天堂「マリオカート ツアー」開発中
任天堂は2月1日、スマートフォン向けアプリ「マリオカート ツアー」を開発中だと発表した。来年3月までの配信開始を予定しているという。(2018/2/1)

任天堂、「Nintendo Switch」好調で売上高1兆円超へ 「スーパーマリオ オデッセイ」は全世界900万本突破
大幅な予想の上方修正が行われました。(2018/2/1)

“新顔”任天堂、「FGO」大ヒットのSONYも:
2017年のアプリパブリッシャー、トップ3は中韓が独占 日本企業の上位は?
App Annieが2017年のスマホアプリパブリッシャーランキングを発表。トップ3は中韓が独占。日本企業も大型IPを武器に健闘した。あの老舗企業も“新顔”としてランクインした。(2018/1/30)

スマホ版「どうぶつの森」、課金の9割は日本 1DL当たりの額も突出
「どうぶつの森 ポケットキャンプ」公開から9日間の総課金収益のうち、86%を日本が占めていることが明らかに。1ダウンロード当たりの課金額も、日本のユーザーが突出している。(2017/12/2)

操作性はマル。その一方で……:
「どうぶつの森 ポケットキャンプ」 ファンが感じる「物足りなさ」
任天堂の人気シリーズ最新作「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が配信スタート。ライトファンの筆者はゆるく楽しんでいる。一方、シリーズファンは「物足りなさ」も感じているようだ。「あと一歩」のポイントを聞いた。(2017/11/23)

減収減益のDeNA、ゲーム事業「以外」の柱を作れるのか
DeNAの2017年4〜9月期の連結業績は減収減益。ゲームタイトルの広告宣伝費などがかさんだ。2025年に向け、ゲーム以外の「新たな柱」作りを目指す。(2017/11/9)

平均観客動員数は過去最高を更新:
19年ぶり日本シリーズ進出ベイスターズ DeNAへの貢献は?
19年ぶりに日本シリーズに進出した横浜DeNAベイスターズ。球団の好調はDeNAにどのような影響があったのだろうか。(2017/11/9)

「どう森」「マリオ」新作にも期待集まる:
好決算の任天堂、原動力の“両輪”順調
任天堂の“両輪”戦略が順調だ。「スーパーマリオ ラン」は全世界2億ダウンロードを突破、Switchの販売台数も引き上げた。(2017/10/31)

スマホ版「どうぶつの森」、11月下旬に配信開始
スマートフォンアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が11月下旬に公開。任天堂が動画番組「スマートフォン版 どうぶつの森 Direct」で発表した。(2017/10/25)

「Super Mario Run」や「ポケモンGO」も スマホゲーアプリがドミノになった動画が登場、原作へのリスペクトが止まらない
その数、なんと2万枚。(2017/10/15)

「マリオラン」が9月29日に大型アップデート 新ワールドやプレイキャラ「デイジー」実装など
半額セールも実施。(2017/9/24)

「どうぶつの森」配信日決定というデマが拡散される 正しくは「2017年度中リリース予定」
配信日は現時点では未定です。(2017/9/4)

ダウンロードやスマホも成長:
任天堂、Switch好調も 通期予想は据え置き
任天堂が2017年4〜6月期の連結決算を発表。売上高は前年同期比約2.5倍の1540億円と大幅に拡大。新型ゲーム機「Nintendo Switch」がけん引した。(2017/7/26)

Switchがけん引、任天堂4〜6月期は黒字転換
任天堂の4〜6月期の連結決算は、Nintendo Switchの好調がけん引し、純利益が212億円の黒字に転換(前年同期は245億円の損失)した。(2017/7/26)

任天堂、アプリの“課金”今後どうする? 君島社長がコメント
スマートフォンゲームの課金モデルについて、任天堂の君島達己社長が株主総会で言及。スマホ版「どうぶつの森」の課金モデルはどうなる?(2017/7/3)

過去のiOS 10.2で発生か
「iTunes」と「App Store」に見つかった2つのiOS脆弱性とは? 悪用の手口を解説
Appleの通知機能と「iTunes」の脆弱(ぜいじゃく)性を悪用すると、アプリケーション側に有害なスクリプトを挿入する攻撃が可能になることが分かった。専門家のマイケル・コッブ氏がその仕組みを解説する。(2017/6/21)

スマホ版「ゼルダの伝説」開発か 任天堂に聞く
スマートフォン向けゲーム「ゼルダの伝説」が「どうぶつの森」に続いてリリースされると、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。(2017/5/15)

「新たな柱を築く」:
DeNA、まとめサイトは「再開難しい」
「WELQ」などを運営するキュレーションメディア事業が問題になったディー・エヌ・エー(DeNA)。サイトの閉鎖はどのような影響があったのか、今後のDeNAはどのような体制になるのか――決算会見で守安功社長と南場智子会長が語った。(2017/5/11)

Android版「スーパーマリオラン」、20代の約4割が有料版を購入 iOS版より高い比率
テスティーは、同社運営のスマホ向けアンケートアプリ「TesTee」でAndroid版ゲームアプリ「スーパーマリオラン」に関する調査を実施。10〜20代のダウンロード率は23%で、20代の約4割は有料のステージ開放を行っている。(2017/4/11)

任天堂がAndroid版「Super Mario Run」をリリース iOS版もバージョンアップ
2016年末の予告から3カ月弱。ついに「Super Mario Run(スーパーマリオ ラン)」のAndroid版が登場した。iOS版もバージョンアップを果たし、Android版に盛り込まれた新要素を楽しめるようになった。(2017/3/23)

「マリオラン」Android版配信スタート 無料エリア拡大 iOS版もアップデート
「1−4」まで無料で遊べる。(2017/3/23)

「スーパーマリオラン」Android版は3月23日配信開始! iOS版も同日バージョンアップ決定
事前登録も受付中です。(2017/3/18)

任天堂「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が配信初日で約3億円稼いだと調査会社が推定 配信日の勢いは「クラッシュ・ロワイヤル」以上
アメリカでも好調なようです。(2017/2/5)

スマホゲーム「ファイアーエムブレム ヒーローズ」公開
スマホゲーム「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が公開。ストーリーは完全新作で、歴代シリーズのキャラクターを召喚して戦う。(2017/2/2)

”手強いシミュレーション”がついにスマホで 「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が配信開始でエムブレマー歓喜
聖戦のキャラクターも出して!(2017/2/2)

「スーパーマリオラン」7800万ダウンロード 課金率「ゆっくり上昇している」
「スーパーマリオラン」は世界で7800万ダウンロードされたという。(2017/2/2)

スマホ版「どうぶつの森」延期 営業利益予想の下方修正も重なり任天堂株価急落
当初の「3月予定」から「2017年度中」へ。(2017/2/1)

「スーパーマリオラン」に新機能「かんたんモード」 タイムとシャボンが無限に
難しいコースを時間をかけて攻略できます。(2017/1/31)

スーパーマリオランに「かんたんモード」追加
「新しいイベントに対応」にも期待。(2017/1/31)

3月までに配信予定だったが:
任天堂、スマホ版「どうぶつの森」リリース延期
スマホ版「どうぶつの森」は「2017年度中」に延期。(2017/1/31)

「金になるから増えている」「企業運営のサイトもかなりある」 元管理人が明かす「まとめサイト乱立」の背景
「進撃の巨人まとめ」「スーパーマリオラン速報」といったサイトはどのようにして作られているのか。「小規模まとめサイト」の運営実態について、元まとめサイト運営者に聞きました。(2017/1/30)

「ソシャゲに意地でも課金しない人」と「秒速で課金する人」の違い
(2017/1/21)

Android版「スーパーマリオラン」は3月配信開始
「スーパーマリオラン」Android版はiOSに3カ月遅れの3月から配信へ。(2017/1/19)

任天堂、スマホ向け「ファイアーエムブレム」発表 「ヒーローズ」2月配信開始 アイテム課金制
任天堂は、シリーズ初のスマホゲーム「ファイアーエムブレム ヒーローズ」を2月2日にリリースすると発表した。(2017/1/19)

Mobile Weekly Top10:
スマホの画面割れを防ごう/スマホは「カメラ」が命?
最近、画面の割れたスマートフォンを使っている人が多いですよね。画面が割れてしまう前にできる対策は、いろいろあるのです。(2017/1/11)

2016年最多DLは「ポケモンGO」:
App Store、2017年元日の売り上げが2億4000万ドルの新記録
米Appleは、2017年1月1日のApp Store売上高が過去最高となる2億4000万ドルを記録したと発表。最も売り上げが多かったのは2016年12月の30億ドル超で、クリスマスと元日に全世界で最もダウンロードされたアプリは「スーパーマリオラン」となった。(2017/1/6)

Apple、2017年元日のApp Store売上高が記録更新の2億4000万ドルに
Appleが年頭恒例のアプリストア実績を発表。2017年1月1日の売上高が2億4000万ドルで1日の売上高として過去最高を更新した。2016年に最もダウンロードされたのは「Pokemon GO」だった。(2017/1/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。