ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Swift」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Swift」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ASUS、DisplayHDR 1400/144Hz駆動対応の32型4Kゲーミング液晶
ASUS JAPANは、高リフレッシュレート表示をサポートした32型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「ROG Swift PG32UQX」を発表した。(2021/10/15)

高精度な位置情報を低価格で――KDDIとSwift Navigationが業務提携 「PPP-RTK方式」の高精度測位サービスを提供
高精度測位をより低コストで実現すべく、KDDIとSwift Navigationが業務提携を締結した。KDDIはSwiftの高精度測位サービス「SKYLARK(スカイラーク)」に対応する電子基準点を全国に設置する一方で、KDDIとSwiftは共同で高精度測位を活用したビジネスの提案活動などを推進する。【訂正】(2021/7/19)

エイサー、第11世代Core i5を採用した14型エントリーノートPC
日本エイサーは、14型モバイルノートPC「Swift 3」シリーズに第11世代Core i5搭載の新構成モデルを追加した。(2021/5/25)

エイサー、薄型軽量の14型ノート「Swift 5」に新モデル “ミストグリーン”筐体を採用
日本エイサーは、スリム14型ノートPC「Swift 5」シリーズの新モデルを発表した。(2021/3/30)

Apple製OS用プログラミング言語比較【後編】
「Objective-C」「Swift」はどちらを選ぶべきか? 2大Apple言語の比較ポイント
Apple製OS用アプリケーションの開発で使われるプログラミング言語は、従来中心だった「Objective-C」と、近年台頭している「Swift」の主に2つだ。どちらを選べばよいのか。長所・短所、選定時のポイントをまとめた。(2021/1/29)

Apple製OS用プログラミング言語比較【中編】
いまさら聞けない「Swift」の基礎 Windowsアプリも作れるApple製オープン言語
Apple製OS用アプリケーションを開発可能なプログラミング言語として2014年に登場した「Swift」は、それまで主流だった「Objective-C」と何が違うのか。Swiftの特徴を整理する。(2021/1/22)

NVIDIA Reflex Latency Analyzer内蔵:
ASUSの360Hz液晶ディスプレイ「ROG Swift 360Hz PG259QNR」でシステム遅延を可視化してみた
NVIDIAが発表した新機能「NVIDIA Reflex」。そのうち、PCゲームにおけるシステムの遅延を測定する「NVIDIA Reflex Latency Analyzer」を備えたASUS JAPANの24.5型液晶ディスプレイ「ROG Swift 360Hz PG259QNR」を使い、実際のゲームでいろいろ試してみた。(2020/12/8)

ASUS、360Hz駆動対応の24.5型ゲーミング液晶ディスプレイなど3製品
ASUS JAPANは、高リフレッシュレート表示に対応した24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「ROG Swift 360Hz PG259QN」を発売する。(2020/12/4)

SwiftでWindowsアプリ開発可能に クロスプラットフォーム化も
プログラミング言語「Swift」の開発チームが、Swiftを使ってWindowsアプリの開発をできるようにしたと発表した。(2020/9/23)

エイサー、17時間駆動を実現したCeleron搭載エントリー14型ノート
日本エイサーは、同社製エントリー14型ノートPC「Swift 1」の新モデルを発表した。(2020/8/19)

新PCは「グーチョキパー」 Acerが気になる新モデルを一挙に発表
Acerがオンライン発表会で複数の新型PCを発表した。外部GPUを搭載しながらも1kgを切るSwift 5の他、新しいタフネスブランド「ENDURO(エンデュロ)」などが投入される。(2020/6/24)

Swift言語がAWS Lambdaで利用可能に Swift開発チームが「Swift AWS Lambda Runtime」公開
Swift開発チームが、AWS LambdaでSwift言語を利用可能にする「Swift AWS Lambda Runtime」を公開。Swift言語はiOSやmacOSなどのApple社製デバイスに対応したアプリケーション開発のための言語として登場し、オープンソースで開発が進められている。AWS Lambdaへの対応は、Swiftのサーバサイドでの利用に新たな展開をもたらすものといえる。(2020/6/2)

Apple、バーチャル「WWDC20」を6月22日から無料で開催 「Swift Student Challenge」も
Appleが初のオンライン年次開発者会議「WWDC20」を6月22日から1週間開催すると発表した。公式サイトとApple Developerアプリから誰でも無料で参加できる。学生開発者のためのプログラミングコンテスト「Swift Student Challenge」も開催する。(2020/5/6)

Apple、iPadアプリ「Swift Playground」をMacに移植 Project Catalystを利用し配布開始
簡単にプログラミングを学べる教材アプリがMacにもやってきた。(2020/2/12)

エイサー、14型スリムノート「Swift 3」「Swift 5」に第10世代Core搭載の新モデル
日本エイサーは、スリム筐体採用14型ノートPC「Swift 3」「Swift 5」の新モデル計3製品を発表した。(2019/11/19)

エイサー、重量約850gのCore i7搭載スリム14型ノート「Swift 7」
日本エイサーは、薄型軽量筐体を採用した14型ノートPC「Swift 7」を発表した。(2019/9/4)

分散ストレージソフト「Ceph」の利点【前編】
分散ストレージソフト「Ceph」とは? 「Swift」「GlusterFS」との違いは
オープンソースの分散ストレージソフトウェア「Ceph」が自社に適しているかどうかを判断するには、何を知っておく必要があるだろうか。他の類似のソフトウェアとCephを比較し、その特徴を明確にする。(2019/7/11)

WWDC 2019:
Apple、SwiftUIなどを説明 Sign in with AppleはWindows版も
WWDC基調講演を補完する恒例イベント「2019 Platforms State of the Union」動画が公開された。ここから読み取れることは多い。(2019/6/5)

ABIが安定化、新機能を多数提供:
AppleのOS向け開発言語「Swift 5」が登場
Appleの「iOS」や「macOS」「tvOS」「watchOS」で動作するアプリケーションの開発に向くオープンソースのプログラミング言語の最新版「Swift 5」が登場した。(2019/3/29)

エイサー、15.6型で1kgを切るスリムノートPC「Swift 5」など3製品を発表
日本エイサーは、世界最軽量をうたったスリムノートPC「Swift 5」など計3製品を発表した。(2019/3/5)

音声操作も視野に
Salesforce.comとAppleのパートナーシップの強化でCRMはどう変わる?
新しいSalesforceのモバイルSDKを利用すれば、開発者はAppleのプログラミング言語「Swift」を使って、iOSデバイス向けのネイティブSalesforceアプリを簡単に作成できる。(2019/3/4)

IT担当者なら要チェック
モバイルアプリの3大トレンド「PWA」「Androidプレビューアプリ」「Swift」とは?
モバイルアプリ開発の3つの新たな戦略が今後のアプリ開発方法を変える可能性がある。この3つの中から自社に適した手法を考えてはどうだろう。(2018/9/14)

AIの未来を開く
「Swift」はモバイルアプリ開発に機械学習を取り入れる
AppleのiOS向け開発言語「Swift」には、モバイルアプリへの機械学習の実装を容易にする可能性がある。SwiftでAIモデルを作成するための新しいツールや、そのユースケースを見てみよう。(2018/7/10)

コードの共有を促進
Swift開発者が「iOS」アプリをモジュール化する、これだけのメリット
アプリケーションをモジュール化するメリットは、多くの開発者が認識している。かつてはハードルが高かったモジュール化作業も、Appleの新しい取り組みにより、活用機会を広げている。(2018/7/9)

14型クアッドコアでアンダー1kg! 新時代のモバイルノート「Swift 5」レビュー
(2018/5/29)

ASUS、DisplayHDR 1000認証済みの144Hz駆動対応27型4Kゲーミング液晶「ROG Swift PG27UQ」
ASUS JAPANは、DisplayHDR 1000認定を取得した27型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「ROG Swift PG27UQ」を発表した。(2018/5/25)

Apple、プログラミング学習の「Everyone Can Code」を障害者でも利用可能に
Appleが、「Global Accessibility Awareness Day」である5月17日に、「Swift」でのプログラミングを学ぶ「Everyone Can Code」を視覚や聴覚などに障害があっても学べるようにする取り組みを発表した。(2018/5/18)

気になるニュース&ネット記事:
Swift For TensorFlowのオープンソース化など、GW前後の機械学習関連ニュースまとめ
GWを挟んでここ2週間ほどの、ちょっと気になるお薦めのニュースや記事を集めてみた。(2018/5/7)

Mobile World Congress 2018:
Google、iOS/Androidアプリ開発向けオープンソースSDK「Flutter」をβ公開
Googleが、iOSおよびAndroidアプリを同時に開発できるオープンソースのSDK「Flutter」のベータ版を公開した。Android Studioだけでなく、Visual Studio Code、Swift、IntelliJ IDEAをサポート。高速に、高品質なモバイルアプリを開発できるとしている。(2018/2/28)

CES 2018:
Always Connected PC対応のCore i7スリムノート「Acer Swift 7」
Microsoftが推奨する「Always Connected PC」対応のスリムノートPCがAcerから登場。LTEを内蔵し、Microsoft StoreからWindows 10標準のLTEデータプランを契約して利用できる。Intelのプロセッサとモデムチップを採用する。(2018/1/9)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
SwiftやObjective-Cから開発者が離れつつある? Xamarinのトレンドは本物か
Appleのアプリエコシステムを支える開発環境において、SwiftやObjective-Cといったプログラミング言語は重要だが、とあるランキングデータから、こうした状況に異変が起きつつあるのではないか、との指摘が出ている。(2017/11/29)

エイサー、Celeron搭載13.3型ノート「Swift 1」に“サクラピンク”色のカラバリモデル
日本エイサーは、同社製13.3型ノートPC「Swift 1」に“サクラピンク”カラー採用のカラーバリエーションモデルを追加した。(2017/10/24)

IFA 2017:
この軽さを待っていた! エイサーの“妥協しない”0.97kgノートPC「Swift 5」 新製品群を写真でチェック
台湾AcerはIFA 2017に先駆け、同会場でノートPCなど新製品を発表した。中でも「Swift 5」は1kgを切る軽量ながら、金属ボディーに第8世代Core i5/i7を搭載した。(2017/9/1)

Apple「Swift」のクリス・ラトナー氏、Teslaを経てGoogle Brain入り
Appleで「Swift」を開発し、Teslaで自動運転部門トップを数カ月務めたクリス・ラトナー氏が、Googleの人工知能部門「Google Brain」に参加する。(2017/8/15)

求人情報約250万件から平均値を集計:
2017年プログラミング言語別平均年収ランキング、1位は「Scala」 平均626万円
ビズリーチは、「プログラミング言語別 平均年収ランキング2017」を発表した。第1位はScalaで平均年収は626万円、第2位はPythonで601万円、第3位はKotlinで577万円だった。SwiftやRuby、Javaなどもランクインした。(2017/8/14)

ドローン:
垂直離着陸型で規制の壁を破る、日米2社がドローンで協業
エアロセンスと米国Swift Engineeringは、垂直離着陸型のドローンにおいて協業し、日本市場における規制緩和や市場開拓に取り組む。(2017/7/13)

Apple、「Swift Playgrounds」でドローンやロボットの操作を可能に
Appleが、WWDC開幕日の6月5日にプログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」をアップデートし、ParrotのドローンやLEGOやSpheroのロボットを操作できるようにすると発表した。(2017/6/2)

Appleのビジネス市場拡大に影響か
Swift開発者が「仕事用iPhoneアプリ」を作りたくなるApple×SAPの秘策とは?
AppleとSAPの提携によって生まれた「iOS」向けのSDKは、Apple製品が企業でより広く活用されるきっかけとなるのだろうか。(2017/4/12)

ゲームの「敵」キャラで分かる「人工知能」の作り方(2):
SwiftのGameplayKitでAIに追いかける、避ける、逃げる処理を追加するには
iPhone向け鬼ごっこアプリを作りながら人工知能(AI)について学んでいく連載。今回は、SwiftのGameplayKitでAIの敵キャラに、追いかける、避ける、逃げる処理を追加する方法を解説する。(2017/4/3)

iPadでプログラミング学べる「Swift Playgrounds」、日本語に対応
iPadでプログラミング言語「Swift」の基本を学べるアプリ「Swift Playgrounds」の対応言語に、日本語などが追加された。(2017/3/21)

太田智美がなんかやる:
80歳を超えたオババが「Swift」でiOSアプリを開発 その裏で起こっていたミラクルストーリー
「今のゲームは若い人が作っている。だから、若い人が勝ってしまう。デイサービスなんかでも、真面目にやったら介護士さんが勝っちゃうんですよ。年寄りにはつまらない。だから年寄りが勝てるゲームを作るんです。そうですね〜このあとは、このゲームに音を付けたいですね」(マーちゃん)。(2017/2/24)

太田智美がなんかやる:
「若い人が作るアプリは、年寄りにはつまらない」――Excelアートを極めるスーパークリエイター若宮正子さんが今度は「Swift」始める
およそ半年でリリース目指す。(2017/1/23)

Tesla、AppleのSwift責任者を引き抜き、自動運転ソフト担当幹部に指名
完全自動運転を目指すTeslaが、Appleのプログラミング言語「Swift」を開発したクリス・ラトナー氏を自動運転ソフト担当副社長に迎える。(2017/1/11)

Appleの「Swift」開発者でプロジェクトリーダーのクリス・ラトナー氏が退社
Appleのオープンソースプログラミング言語「Swift」を開発し、プロジェクトのトップを務めてきたクリス・ラトナー氏がAppleを退社する。【UPDATE】同氏はTeslaの自動運転ソフト責任者に就任する。(2017/1/11)

Apple、子どものための無料プログラミング教室「Hour of Code」をApple Storeで開催へ
Appleが、12月5〜11日に日本の店舗を含む世界のApple Storeで、「Swift Playgrounds」を使った子供向け無料プログラミングワークショップを開催する。予約受付中だ。(2016/11/18)

「Bluemix Runtime for Swift」が正式リリース
Appleの開発言語「Swift」にBluemixが対応、iOSアプリ開発に変化は?
IBM技術を使う開発者は、Appleのオープンソースプログラミング言語「Swift」を使ってネイティブなiOSアプリケーションを作成できるようになった。(2016/10/6)

FeliCa対応はどう? Siriの「関ジャニ∞発音問題」はどうなった?:
「iOS 10」の新機能/APIに関する開発者向けTips 100本、クラスメソッドのエンジニアが公開
クラスメソッドが、「iOS 10」に関する100本の技術情報を自社サイト「Developers.IO」で公開。FeliCaに対応した「Apple Pay」、プログラミング言語「Swift 3」、開発ツール「Xcode 8」に関する技術情報を集約している。(2016/9/15)

iOS SDKとSwiftで始めるゲーム作成入門(終):
2Dゲームを例にSwift 2からSwift 3への変更点と移行のポイントを見る
iPhoneゲームをSwift言語で作成してみたいという初心者向けにiOSのゲームフレームワークを使った作り方を一から解説する入門連載。今回は、これまでに作成したアプリのコードをSwift 3.0に対応することで、対応する際のポイントや3.0での変更点を解説します。併せて、Xcode 8のSwift 3.0自動変換ツールの使い方なども紹介します。(2016/9/8)

アップルPickUp!:
67歳のコード女子爆誕! 女性限定プログラミング講座「Sweet Swift」参加レポ
Apple Store表参道で行われた女性向けプログラミング講座に参加してみた。(2016/8/3)

iOS SDKとSwiftで始めるゲーム作成入門(7):
iOS 9のReplayKitでゲームプレー動画を撮影&シェア
iPhoneゲームをSwift言語で作成してみたいという初心者向けにiOSのゲームフレームワークを使った作り方を一から解説する入門連載。今回は、ステージを1から3に増やし、出てくる敵の種類もステージに応じて変わるようにします。さらに「ReplayKit」というフレームワークも使ってプレー動画の撮影・共有機能を実装します。(2016/7/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。