ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「手塚プロダクション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手塚プロダクション」に関する情報が集まったページです。

AIで作った漫画に“手塚治虫らしさ”は宿るのか? 前代未聞のプロジェクト、ピンチ救った「転移学習」
手塚治虫さんの新作漫画をAIを使って制作するプロジェクトが始動。新作漫画「ぱいどん」はどのように生まれたのか。(2020/2/27)

原作漫画が完結の『五等分の花嫁』、テレビアニメ第2期が10月から放送決定!
ティーザービジュアルと&PVも公開!(2020/2/19)

“手塚治虫らしさ”をAIが学習、新作漫画「ぱいどん」誕生 「モーニング」に掲載
手塚治虫さんの作品を学習したAIを使って制作した漫画「ぱいどん」が、2月27日発売の「モーニング」に掲載される。(2020/2/7)

手塚治虫AIついに筆を執る 2030年の東京が舞台の新作『ぱいどん』が講談社『モーニング』に掲載決定
どんな話になるのでしょうか。(2020/2/7)

「リボンの騎士」や「CCさくら」 『なかよし』1月号の付録“レジェンドポストカード”があらゆる世代に胸熱なセレクト
これは手に入れたい。(2019/11/30)

AIが手塚治虫の新作漫画を描く 2020年2月に披露
AIによって漫画家の故・手塚治虫さんの新作漫画を描くプロジェクトが発足。キオクシア(旧東芝メモリ)のフラッシュメモリやAI技術を駆使する。(2019/10/1)

ブランドカラーも一新:
東芝メモリ、新社名「キオクシア」のロゴ発表
 東芝メモリは、2019年10月1日付で社名を「キオクシア」に変更するのを前に、9月30日、東京都内で報道関係者向けの説明会を実施。新たなロゴやコーポレートカラーなどを発表した。(2019/9/30)

みんなちがって、みんないい! 錦織圭、『バキ道』『弱ペダ』『浦鉄』などの“キャラ化” 作家が書き下ろし
『バキ道』『ブラック・ジャック』『弱虫ペダル』『ハリガネサービスACE』『あっぱれ!浦安鉄筋家族』とコラボ。(2019/8/27)

劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」2019年秋公開決定 キービジュアルも初公開
富野由悠季さん「本作は楽しく観ていただきたいのです」(2019/7/23)

テレビアニメ「どろろ」、初回放送日が1月7日に決定 OPは女王蜂の新曲「火炎」
第2弾PVも公開。(2018/12/6)

『SWITCH』11月号は手塚治虫特集 「新宝島」と「アトムの最後」を掲載
手塚治虫は永遠なのです。(2018/10/18)

アトムもBJも美少女に 女性化された手塚治虫キャラが戦うゲームアプリ「絵師神の絆」始動
ほかにも火の鳥など、原作の面影を残す美少女が続々。(2018/10/16)

ロボット開発ニュース:
鉄腕アトムのコミュニケーションロボットは「好奇心旺盛でおちゃめな現代っ子」
講談社は、手塚治虫氏の漫画「鉄腕アトム」の主人公・アトムをモチーフにしたコミュニケーションロボット「ATOM」の完成版を、2018年10月1日に発売する。価格(税別)は21万2900円で、同社オンラインストアの他、全国の家電量販店、百貨店のロボット売り場、NTTドコモのショッピングサイトなどで販売する。(2018/9/11)

約50年ぶりにアニメ化される手塚治虫の名作「どろろ」 百鬼丸役に鈴木拡樹、どろろ役に鈴木梨央起用決定!
来年1月、楽しみすぎ。(2018/9/3)

ワタシハ人間デス:
「火の鳥」の「ロビタ」を、2018年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、横山光輝が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2018年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第4回は手塚治虫先生の「火の鳥」だ。(2018/8/27)

エイプリルフールで話題になった「手塚おさ松さん」コラボが始動! 手塚タッチの6つ子がオシャレでカッコイイ
カラ松がブラック・ジャックって。(2018/4/7)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
ロボット共生を実現する7つのチカラ――さがみロボット産業特区(神奈川県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第8回。生活支援ロボットの「実用化」に徹底して取り組み、「さがみ発」ロボットの商品化で実績を上げている「さがみロボット産業特区」を紹介する。(2018/1/10)

初音ミクや鉄腕アトムが日本画に 新宿高島屋で展示会
新宿高島屋で作品展「ぼくらが日本を継いでいく-琳派・若冲・アニメ-」が開催される。(2018/1/9)

漫画「鉄腕アトム」から生まれたロボット「ATOM」に秘められた、もうひとつの話
このデザインを見て、気付く人は気付くだろう。その技術に迫った。(2017/2/23)

雑誌にパーツが付属、全70号:
AIで話すロボット作れる「週刊鉄腕アトム」発売
講談社が、「鉄腕アトム」をモデルとした対話型ロボット「ATOM」のパーツが付属するパートワーク雑誌(全70号)を創刊。「ATOM」は、AIの顔認識技術と自然対話技術を活用し、ユーザーとの高度な対話ができるという。(2017/2/22)

5社共同で鉄腕アトムを開発する「ATOMプロジェクト」始動 第1弾はパートワークとして発売
アトム開発のアベンジャーズが集結。(2017/2/22)

漫画家・福元一義さん、今年9月に亡くなっていた 手塚治虫の元チーフアシスタント
手塚プロダクションなどへの取材で分かった。(2016/11/23)

月額980円で読み放題 日本版「Kindle Unlimited」提供スタート 
Amazon.co.jpが、電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」を日本国内で提供スタート。月額980円(税込)で小説や雑誌、コミックなどが読み放題になる。(2016/8/3)

神奈川県と手塚プロがロボットと共生する社会を描いたアニメを公開
アトムも出演。(2016/4/13)

田中圭一はもともとパロディを描くつもりはなかった? 手塚るみ子とのトークイベントで明らかに
いつもの熱いかけあいも展開されました。(2016/3/1)

「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」、16日から 1000点以上の原稿を展示 トークショーやコンサートも
漫画家・浦沢直樹さんの個展「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」が世田谷文学館で16日に始まる。(2016/1/8)

「手塚治虫文化祭」特別対談 上條淳士×手塚るみ子が語る“漫画”と“吉祥寺”と“手塚治虫”
漫画の神様の娘と神様に影響を受けた漫画家、二人から見た手塚治虫。(2015/12/22)

田中圭一先生、おそ松さん×ブラックジャックのエンドカードを描く 手塚るみ子さん「元祖無断パロディ作家の意地を見せたな」
アニメ「ヤング・ブラックジャック」第11話で。(2015/12/11)

戦後70周年、「終戦の日」に読みたいWebコミック4選
無料のWebコミック作品の中から、お勧めをテーマに沿ってご紹介。(2015/8/15)

アニメ「ヤング ブラック・ジャック」 10月1日から放送開始決定 間黒男役は梅原裕一郎さん
監督は「リストランテ・パラディーゾ」や「最終兵器彼女」の加瀬充子さん。(2015/8/8)

大分県立美術館、マンガ家の作画技術に迫る企画展「『描く!』マンガ展」を開催
巨匠たちのデビュー前後の作品や、島本和彦さん、平野耕太さんなどマンガ家8名による独自の描線や画面構成を原画・拡大パネルを使って紹介していく。(2015/8/1)

戦後70周年企画:
手塚治虫の体験した戦争とは 漫画や肉声を通して伝えるWebサイト「手塚治虫と戦争」が公開
楽天Kobo電子書籍ストア、eBookJapanでは関連書籍の30%オフキャンペーンを実施している。(2015/7/15)

手塚治虫と石ノ森章太郎 二人の映像作品に迫る企画展が神奈川で
テレビ放送された作品を中心に、直筆原稿などの貴重な資料を展示。作品の上映も行われる。(2015/7/9)

歴代の名作と現在の連載作品が集結 「なかよし」60周年感謝祭 in東京ドームシティ アトラクションズ開催
あの頃のときめきをもう一度。(2015/7/8)

『なかよし』連載時の『リボンの騎士』全4巻で初復刻
手塚治虫が手を加える前の貴重な雑誌版を収録している。(2015/6/25)

Kindle「まとめ買い」が7000タイトル超に拡充
4万8000冊以上がまとめ買いの対象となった。(2015/6/16)

講談社、デジタル版「手塚治虫文庫全集」全200巻を配信開始
毎月約20冊、10カ月をかけて配信する。(2015/5/29)

eBookJapan、創業15年で累計販売5000万冊を達成
450タイトル以上の全巻セットが半額となるキャンペーンなども開催。また、4月27日付けでマグネットの子会社化も発表した。(2015/4/27)

「鉄腕アトム」の海外のリメイク版「ASTROBOY Reboot」ティーザー映像公開
アトムが空を飛び回る姿を見ることができます。(2015/3/23)

まさかの殿下モチーフアイテムも ANNA SUIが「パタリロ」や「リボンの騎士」などマンガとコラボ
スタイリッシュ!(2015/3/23)

メンテのトンネルを抜けるとモダンであった――eBookJapanがサイトリニューアル
全体的に利便性を高めたほか、マンガ家やマンガ雑誌編集長によるスペシャルレビューコーナーを設けるといった、さまざまな改善が行われている。(2015/3/10)

ブックパスの春フェスは悶絶必至のお得すぎるキャンペーンだった
1700円分のポイント付与と最大80%のポイント還元を回転させると、どれだけ買えるか、ご存じですか?(2015/3/6)

図書館を地域活動の拠点に――来館者に電子書籍サービスを提供する中野区立中央図書館
館内2カ所に設置してあるiPadや、持参したスマートフォン/タブレットなどを使い、名作文学や絵本、コミックなどを閲覧できる。(2015/2/26)

『鉄腕アトム』から『進撃の巨人』まで、TVアニメの50年を振り返る『日本TVアニメーション大全』発売
1963年から2013年までの50年間に放送されたTVアニメ約3500作品の内容や業界の評価、舞台裏などを作品のカットとともに紹介。(2014/12/17)

日本のテレビアニメの歴史50年を3500作品で振り返る史上初の本「日本TVアニメーション大全」発売
松本零士さん、広井王子さんなどアニメ業界関係者へのインタビューも収録(2014/12/17)

『なかよし』創刊60周年記念、CCさくらなど人気作が描かれたティザーイラストが公開
名作を復刻する「なかよし60周年 名作総選挙」も開催中。(2014/12/1)

「なかよし」創刊60周年! CCさくらやセーラームーンが集合の豪華イラスト公開
60周年の記念ふろく第1弾に、人気漫画のオリジナルネイルがついてきます。(2014/12/1)

11月3日は手塚治虫の誕生日、ブックリスタが秘蔵原画を収録した電子書籍を無料配信
『虹のプレリュード』ミュージカルに出演した生田絵梨花(乃木坂46)への稽古場潜入取材や、ORANGE RANGEのNAOTO による作品紹介なども掲載している。(2014/10/31)

「日本のマンガには世界戦略などまったくない」――文化庁委託のマンガ流通調査の報告書が言い切っている
けっこう辛口。マンガの神様・手塚治虫さんの作品の海外出版事情が分かります。(2014/9/12)

東京国際ブックフェアリポート:
第21回 東京国際ブックフェアを練り歩いた
7月2日から始まった「第18回 国際電子出版EXPO」と「第21回 東京国際ブックフェア」。ここでは、書籍や雑誌などを割引価格で購入できる後者の模様をお届けしよう。(2014/7/3)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。