ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東武鉄道」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東武鉄道」に関する情報が集まったページです。

オウチーノ調べ:
首都圏の人気駅ランキング 20〜35歳は東京以外に人気が集中 1位の駅は?
オウチーノが21年7〜12月における年代別の首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)人気駅ランキングを発表した。(2022/1/15)

毎日1杯無料 北千住駅と新越谷駅の「駅ナカドトール」でコーヒーのサブスク開始 月3500円、1月14日から
東武線の定期券ユーザー+トブポ登録者は大幅割引ありです。(2022/1/13)

東京・北千住駅と埼玉・新越谷駅にて:
東武鉄道、駅構内でコーヒーのサブスクを開始 ドトールと連携
東武鉄道と東武食品サービスは、コーヒーのサブスクサービスを開始すると発表した。東武スカイツリーライン 北千住駅と新越谷駅で実施する。駅ナカ施設の魅力向上を狙う。期間は1月14日〜3月15日。(2022/1/12)

そこまでやるか! 松江の老舗駅弁店が「米」にこだわる理由 松江駅弁・一文字家
全国の駅弁店巡りで特に楽しいのは「お米」の話を伺うとき。今回は松江の老舗駅弁店一文字家にお米へのこだわりを聞きました。(2022/1/10)

松江の名物駅弁に「もぐり寿し」が生まれた理由とは 松江駅弁・一文字家に聞く
宍道湖のしじみに価値を見出した、松江・一文字家の駅弁が「大和しじみのもぐり寿し」。二度と繰り返さない「くにびき国体の過ち」とは……。(2022/1/9)

松江「赤貝めし弁当」(980円):
皇族の方も召し上がった、松江の「おふくろの味」が詰まった駅弁とは? 〜松江駅弁・一文字家
山陰・松江周辺のある程度上の世代の方にとって、「赤貝」は冬になると食べたくなるおふくろの味。いまもふるさと・島根の味に強くこだわって個性豊かな駅弁を販売する一文字家さんに話を聞きました。(2022/1/8)

松江「山陰名物 かに寿し」(1320円):
創業120周年の老舗駅弁店、そのルーツとは? 松江駅弁・一文字家
創業120年! 松江の老舗駅弁店・一文字家の歴史、名物駅弁の誕生秘話を伺いました。(2022/1/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2022年、鉄道はどうなる? 5年半ぶりの「新幹線開業イヤー」
鉄道需要は回復傾向にある。緊急事態宣言終了後の鉄道の混雑は、筆者も体感しているが、変異型オミクロン株は予断を許さない状況だ。それでも鉄道業界の決定事項として、「西九州新幹線開業」「JR只見線全線再開」「新型車両導入」「減便ダイヤ改正」がある。これらの行方と、鉄道の国内需要について考えてみたい。(2022/1/2)

小渕沢「信州おとなの牛めし」(1180円):
小淵沢の新作炭火焼肉駅弁、「おとな」のポイントとは?
特急「あずさ」号が走る中央本線随一の駅弁店が新たに発売した駅弁は「おとな」がキーワード。一体どんな「おとなの駅弁」なのでしょうか?(2022/1/1)

プリンスホテルの“ホテルガチャ”、参加は抽選に 28日に3時間のみ受付
プリンスホテルは、当初2022年元旦に発売するとしていた「お年玉初夢ガチャ2022」を事前の抽選方式に変更した。公式サイトで28日の午前10時から受け付ける。(2021/12/27)

米原「元ホテルシェフがつくる本格派ビーフカレー」(850円):
米原の新名物! 老舗駅弁屋さんが本気でつくる「カレー」とは?
米原駅の井筒屋は、東海道本線開業以来の老舗駅弁店。この老舗が新たに本気でつくった「カレー」はどんな味なのでしょう……!(2021/12/26)

古川「宮城おおさき弁当」(1250円):
鳴子峡の紅葉のお供に! 東北新幹線・古川駅の新作駅弁
駅弁は車窓を眺めながら食べるのがおいしい。きょうは美しい「鳴子峡」を見ながらいただきたい古川駅の新作駅弁です。(2021/12/25)

「ホテルガチャ」に900人の大行列、整理券配布を前倒し 東武は「好評だったので次回以降も検討する」
東武鉄道が12月16日に発売した「ホテルガチャ」を求め、東京スカイツリーの商業施設「東京ソラマチ」に早朝から長い行列ができた。(2021/12/16)

東京メトロ、大みそかの終夜運転を一部実施 対応が割れた首都圏の鉄道会社
東京メトロは15日、大みそかの夜に銀座線と丸の内線の一部区間で終夜運転と終電の繰り下げを行うと発表した。JR東日本や京王電鉄も一部で実施するが、小田急や京急は見送る。(2021/12/15)

東武「ホテルガチャ」で整理券配布 1人1回に
東武鉄道は16日から「東京ソラマチ」で販売する「ホテルガチャ」について、当日の午前9時から整理券を配布すると発表した。1人1枚限定に。(2021/12/14)

新型特急やお得切符…鉄道各社のトンネル脱出策
新型コロナウイルス禍の人流抑制で打撃を受けていた鉄道各社が、誘客促進に動き出している。緊急事態宣言が解除され、新型観光特急の導入や、乗り放題切符などのキャンペーンが各社から相次いで発表された。鉄道業界は昨年から厳しい業績が続き、経費削減や資産売却で糊口をしのいできた。足元ではコロナの新たな変異株「オミクロン株」の脅威が出ているものの、ようやく「稼ぐ」方向でも力を入れられるようになったことで、長いトンネルに光が差してきている。(2021/12/13)

新型特急やお得切符……鉄道各社のトンネル脱出策
新型コロナウイルス禍の人流抑制で打撃を受けていた鉄道各社が、誘客促進に動き出している。(2021/12/13)

群馬「上州もち豚すき焼き重」(1300円):
創業136年の老舗駅弁屋さんがこだわった「究極の豚すき」とは?
「峠の釜めし」でおなじみの荻野屋から登場した上州もち豚すきやきの新作。彩りよし、香りよしで食欲をそそられます。(2021/12/12)

東京「深川めし」(950円):
東京駅の名物ご当地駅弁が、醤油味から味噌味にリニューアルされた理由
東京駅を代表するご当地駅弁「深川めし」。日本食堂時代から30年以上の歴史があるロングセラーですが、2021年9月にリニューアルされました。その背景には……?(2021/12/11)

月刊乗り鉄話題(2021年12月版):
乗り鉄のイケナイ「夜遊び」 なぜか流行し出した「線内夜行列車」の魅力を探る
夜通し乗っても遠くへイケナイ「伊豆急行スターナイトエクスプレス21」に乗ってきました。夜行列車の旅は「星空」と「夜明け」がいいんですよ〜。(2021/12/10)

電子決済のみ対応:
東武鉄道、日本初の「ホテルガチャ」販売 1回5555円、当たりはスイートの宿泊券
東武鉄道は東武ホテルグループの宿泊券やレストラン食事券が当たる日本初の「ホテルガチャ」を、12月16日から東京ソラマチで販売する。販売価格は1回5555円。同社は販売の狙いについて「沿線を中心に国内観光需要の喚起を図るため」としている。(2021/12/8)

東京ソラマチに1回5555円の「ホテルガチャ」登場! 「行き先は運まかせ」各地のホテル宿泊券やレストラン食事券が当たる
こ、これはぁぁぁ!! 12月16日から。東京、日光、仙台、札幌、各地のホテルが入っています。(2021/12/8)

「ホテルガチャ」東武が発売、1回5555円 当たりはスイート
東武鉄道は東武ホテルグループの宿泊券やレストランの食事券が入ったカプセル自販機「ホテルガチャ」を東京ソラマチに設置すると発表した。1回5555円(税込)。(2021/12/7)

水戸「常陸牛といばらき笠間の栗めし」(1250円):
栗の生産量は全国1位! 自分で歩いて探そう、茨城の魅力
東日本エリアの駅弁人気投票イベント「駅弁味の陣2021」参加駅弁を食べ歩き! 名産地・笠間の栗を使った秋限定の「常陸牛といばらき笠間の栗めし」おいしそうですよ。(2021/12/5)

小田原「小田原提灯弁当」(1300円):
懐かしの小田原名物駅弁が装いも新たに登場!
東日本エリアの駅弁人気投票イベント「駅弁味の陣2021」参加駅弁を食べ歩き! まずは「小田原提灯弁当」をいただきます!(2021/12/4)

あの「防災地下神殿」への無料巡回バス、12月1日から期間限定で運行 春日部駅から
これは行きたくなる……!(2021/12/1)

首都圏外郭放水路:
埼玉の“地下神殿”を巡回する無料バス、東武系バス会社が運行 新たな観光需要創出へ
東武グループの朝日自動車(東京都墨田区)は12月1日、“地下神殿”と呼ばれる首都圏外郭放水路(埼玉県春日部市)への無料巡回バスの運行を期間限定で開始した。(2021/12/1)

巨大“防災地下神殿”行き無料巡回バス、12月1日から期間限定で運行
朝日交通は30日、埼玉県春日部市にある「首都圏外郭放水路」と春日部駅などをつなぐ無料巡回バスを期間限定で運行すると発表した。(2021/11/30)

「フェラーリ」とシャンパン付きのゴージャス宿泊プラン、ザ・プリンス パークタワー東京が発売 12月1日から
うぉぉ〜、バブル時代(知らないですが)のようだ……!!(2021/11/30)

秩父「SLの車窓を楽しむワンプレートランチ」(1400円):
懐かしいSLの旅で味わう新作駅弁:あの秩父名物がイタリアンに! 「SLパレオエクスプレス」の新作弁当
秩父名物・SLパレオエクスプレスの新作車内弁当は、あのご当地グルメをオシャレにおいしくアレンジしてしまった逸品です。個数限定なので早めの予約がおすすめ。(2021/11/28)

新津「SLばんえつ物語」(1480円):
新津の老舗駅弁店が手掛けた新作SL駅弁、よりよい旅の思い出となるようにこだわったポイントとは?
磐越西線・新津〜会津若松間を走る「SLばんえつ物語」号。始発駅の新津では今も駅弁の立ち売り販売があり、大いに賑わいます。中でも人気のあるSL駅弁は……。(2021/11/27)

電車へGO! 京成コラボの「電車コワーキングスペース」青砥に開店 仕事しながら乗車気分を味わえる?
寝過ごしにはご注意を……!(2021/11/26)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県加須市で延べ10.5万m2の物流施設を開発、ESR
ESRは、埼玉県加須市下樋遣川で、マルチテナント型物流施設「ESR 加須ディストリビューションセンター2」が2022年3月1日に着工することを公表した。(2021/11/25)

日光鱒鮨本舗「SL大樹日光埋蔵金弁当プレミアム」(2000円):
SL型の新作駅弁で、日光・鬼怒川の紅葉と一緒に「煙分補給」!
ファンが鉄道旅を楽しむことを「鉄分補給」いいますが、SLの旅はひと味違う「煙分補給」です。今回は東武名物・SL大樹の新作駅弁をいただきます〜。(2021/11/21)

東武鉄道、リバイバルカラー企画第3弾 1720系「デラックスロマンスカー」カラーの100系「スペーシア」運行決定
12月5日から!(2021/11/15)

東武鉄道、小中高生の特急料金6割引キャンペーン実施 47人以上の団体利用が対象
キャンセルは5日前まで無料です。(2021/11/13)

2022年5月の街びらき:
南栗橋駅前エリアで始まる“次世代の街づくり” 東武やトヨタホーム、イオンリテールなどが連携
埼玉県久喜市、東武鉄道、トヨタホーム、イオンリテールなどが、次世代の街づくりを推進するプロジェクトとして「BRIDGE LIFE Platform(ブリッジライフプラットフォーム)構想」を策定した。(2021/11/12)

2023年導入予定:
東武鉄道、特急スペーシアに新型車両 日光・鬼怒川エリアの観光需要を喚起
東武鉄道は、2023年に特急スペーシアの後継モデルとなる新型車両を導入すると発表した。(2021/11/11)

1泊4万円、朝食付き:
出発進行! 運転士気分を堪能できる「シミュレータールーム」に宿泊プラン登場 東武浅草ホテル
東武浅草ホテルは、東武鉄道で実際に使用されていた運転シミュレーターを客室内に設置した「東武鉄道運転シミュレータールーム」の宿泊プランの予約を、10月29日から始める。東武鉄道の運転士になった気分を楽しめる体験を提供する。(2021/10/28)

【寝られません】浅草東武ホテルの「鉄道運転シミュレータールーム」に待望の宿泊プラン登場 東武鉄道のホンモノ機器を使ったガチ仕様
これでみっちり運転できるぞぉぉ!(2021/10/27)

鉄道シミュレーター、泊まりがけで──浅草東武ホテルが宿泊プラン 1泊4万円
浅草東武ホテルが「東武鉄道運転シミュレータールーム」の宿泊プランを提供する。運転台は東武50070型車両のもので、マスコンハンドルや速度計は本物と同じだ。(2021/10/27)

「じゃ、ジャギ!?!?」何かスゴそうな人が来る! 東武鉄道が「バイク愛好家向けイベント」、下今市で開催 11月7日
鉄道会社がバイクファン向けイベントするよ〜!(2021/10/15)

日光エリアの観光MaaS「NIKKO MaaS」開始 東武鉄道、JTB、オリックス、トヨタレンタリースらが連携
日光エリアの観光がラクラクになりそうです。(2021/10/1)

浅草東武ホテルに「ホンモノ」を設置した運転シミュレータールーム登場 東上線の運転士訓練用をそのまま移設
うわぁぁぁ! これはガチで本気のやつだぁぁ……!!(2021/9/16)

うぉぉ大迫力! 東武鉄道、鬼怒川線で初のSL大樹「重連」運転 10月1日実施
ただでさえド目立ちのSL機関車が「2機」連結して走っちゃいますよ。(2021/9/16)

東武鉄道が全面協力:
浅草東武ホテルに「実物」を使った運転シミュレータールーム登場
浅草東武ホテルは、開業1周年を記念して「東武鉄道運転シミュレータールーム」を設置する。11月4日まで1日1室限定で受け付け、価格は1万200円(税、サービス料込)。10月1日12時に予約受付を開始する。(2021/9/15)

9月16日に:
埼玉県「東武動物公園駅」に商業施設がオープン 東武ストア&無印良品が出店
東武鉄道は9月16日に、「東武ストア」と「無印良品」が出店する商業施設を、東武スカイツリーライン「東武動物公園駅」西口にオープンすると発表した。(2021/8/16)

地域活性化を目指す:
「無印良品 東武動物公園駅前」9月16日オープン 地域活性化を目指す3つの機能
良品計画は、「無印良品 東武動物公園駅前」を9月16日にオープンする。地域活性化の一助を目指し、「みんなの台所」「Open MUJI学び舎」「まちの案内所」という3つの機能を持つ店舗となる。(2021/8/16)

ぽぉぉぉぉぉ! 高音質「SL大樹の音」発売 東武鉄道と連携、TASCAMのプロ仕様機器でガチ収録
いつでもどこで迫力のSLサウンドを聞けちゃう。(2021/7/22)

区間外の鉄道利用を促進:
東武、定期区間外の運賃を「全額還元」する社会実証を実施へ
東武鉄道は、通勤・通学PASMO定期券を持つ乗客を対象に、定期区間外利用時の運賃相当額をグループ共通ポイント「TOBU POINT(トブポ)」で還元する「定期区間外おでかけ社会実証」を実施すると発表した。(2021/7/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。