ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「有害物質」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「有害物質」に関する情報が集まったページです。

24時間止まらないごみ焼却施設 不足する人手をカバーする切り札はAI導入と遠隔操作
ごみ焼却施設の稼働を人工知能(AI)や遠隔操作を活用して自動化、省力化する取り組みが進められている。日々大量のごみが送られてくる焼却施設は24時間安定して稼働させなければならないが、人手不足に加え、人口減少でコスト削減が必要になるなど課題が多い。(2024/5/16)

スマートフォンの正しい廃棄方法【後編】
「もう使わないスマホ」を正しく処分する方法とは
使用済みスマートフォンをごみとして廃棄すると、環境汚染の原因になる。法令順守やデータ漏えい防止を踏まえて、正しくスマートフォンを処分する方法を紹介する。(2024/5/6)

「紅麹問題」の小林製薬、二度のシステム障害「みずほ銀行」とあまりに多すぎる共通点
紅?サプリの健康被害問題で話題を呼んでいる小林製薬。同社の騒動を見ていて思い返すのが、みずほ銀行の不祥事だ。(2024/4/30)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
「マーケ課題の優先順位を付けられない」「社内でフィードバックをもらえない」 マーケターの悩みQ&A12選
トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」、最終回はマーケターの12のお悩みにQ&A方式で回答していきます。(2024/4/17)

電子ゴミの問題を抜本的に解決:
「金属元素を使わない」 カーボン系材料のみで相補型集積回路を開発
東京大学とNTTの研究チームは、パイクリスタルや東京工業大学とともに、カーボン系材料のみで構成された「相補型集積回路」を開発した。金属元素を含まない材料で開発した電子回路が、室温大気下で安定に動作することも確認した。(2024/4/1)

材料技術:
全固体ナトリウムイオン二次電池の大型と高密度のタイプを開発、現状の課題とは?
日本電気硝子は「BATTERY JAPAN 二次電池展(第16回【国際】二次電池展)」に出展し、サンプル出荷を開始した全固体ナトリウムイオン二次電池や参考出展の同電池の大型タイプと高密度タイプなどを紹介した。(2024/3/21)

不要なPCの廃棄・再利用の仕方【後編】
古いPCを“生き返らせる”これだけの方法
PCが古くなったからといって、処分方法として廃棄だけを考えてはいけない。実は古いPCには、さまざまな活用方法があるからだ。環境、社会、ユーザー自身にメリットをもたらす方法を紹介する。(2024/3/11)

材料技術:
日本電気硝子が厚さ200μm以下の超薄板ガラスを開発、高耐熱性のITO形成にも対応
日本電気硝子は「nano tech 2024 第23回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」に出展し、開発した超薄板ガラス「G-Leaf」や超薄板ガラスと樹脂積層体を組み合わせた「Lamion[フレキシブル]」、紫外線遮蔽超薄板ガラス、化学強化専用超薄板ガラス「Dinorex UTG」を披露した。(2024/2/29)

脱炭素:
ASEANのサーキュラーエコノミー実現が国内製造業にとっても重要な理由
PwC Japanは「サーキュラーエコノミーに関する調査レポート2024」などの説明会を開催した。同レポートではASEAN地域におけるサーキュラーエコノミーの現状や必要性などを紹介している。(2024/2/28)

PR:サステナブルな取り組みは、PCから始める。 環境に配慮したHPのビジネスPC
(2024/2/19)

業務用端末のリサイクルで得られる利点【前編】
「PC」や「スマホ」をいいかげんに捨てたら“絶対NG”な理由
企業のIT管理者は、業務用デバイスの調達だけでなく廃棄のプロセスも入念に計画を立てるべきだ。デバイスを廃棄する際に、できる限りリサイクルを選択することにはさまざまな利点がある。それは何か。(2024/2/3)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
不正発覚しても、なぜトヨタの株は暴落しないのか
2024年に入って、トヨタグループ各社で不祥事が発覚し、その信頼性が揺らぐ事態を招いている。世界的な自動車グループの不正といえば、15年に発覚したドイツのフォルクスワーゲン社による排ガス不正問題が記憶に新しいが、トヨタグループは比較的、株価に影響がないようだ。なぜこのような差が生まれているのか、(2024/2/2)

Supply Chain Dive:
AIを使ってサプライチェーンを支える 「AWS Supply Chain」の4つの新機能を解説
AWSもビジネスアプリケーション向けに「Amazon Q」を含む独自AI機能を追加する。世界的なコンサルティングファームも採用するサプライチェーンサービスはAIでどう変わるのか。(2024/1/11)

1日に約0.4mm伸びる髪の毛 その“意外な役割”とは……
頭には平均で、約10万本の髪の毛が生えています。(2023/12/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東海、JR東日本、JR西日本、JR貨物がチャレンジする次世代エネルギー 実現までは遠くても、やらねばならぬ
JR東海が12月18日、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を報道公開した。燃料は水素で大気中の酸素と反応して発電する。燃料電池は水だけが出て二酸化炭素などは発生しないため、脱炭素動力の切り札ともされる。水素エネルギーへのJR4社の取り組みを紹介し、鉄道にとっての「水素」を考えてみたい。(2023/12/24)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(6):
排水中の窒素化合物を除去/回収する技術の現在地
カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。前回から、現在利用されている窒素廃棄物の処理技術を紹介しています。今回は廃水処理用技術を説明します。(2023/12/20)

「加熱式たばこ」広がった理由は? ハームリダクションへの関心が高まる
健康長寿を目指す取り組みが広がるなか、たばこに関わる意識が変化している。健康のためには禁煙が望ましいが、嗜好品として親しまれている側面から、身体への悪影響を減らす「ハームリダクション(害の低減)」への関心が高まり、紙巻きたばこの代替として加熱式たばこが注目されている。(2023/12/19)

研究開発の最前線:
島津製作所の新型GC-MSは業界最小でイオン源のメンテ時間は1分、耐久性は2倍
島津製作所は、業界最小でイオン源のメンテ時間が1分の新型ガスクロマトグラフ質量分析計「GCMS-QP2050」を発売した。(2023/12/18)

PFASを含フッ素NHCに変える:
大阪公立大ら、有害物質から有用な化合物を合成
大阪公立大学と大阪大学の共同研究グループは、「パーフルオロアルケン」から、「含窒素ヘテロ環カルベン(NHC)」と呼ばれる、窒素が結合した一重項カルベンを含む環状化合物を、簡便に合成する手法を開発した。(2023/12/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「リニア中央新幹線」の静岡は、いまどうなっているのか 論点を整理してみた
JR東海が建設中のリニア中央新幹線だが、静岡県が着工を認めない。静岡県も知事も建築反対のように見えるが、賛成の立場だという。そこでいったん立ち止まって、リニア中央新幹線とは何か、現在の論点は何かを整理してみた。(2023/12/15)

加熱式たばこ増税に異論噴出 たばこメーカー「世界的な動きと逆行する」
防衛費増額に伴う増税に関し、政府・与党が12日示した、たばこ税のうち加熱式たぼこの税負担を紙巻きと同じ水準に引き上げる案に対し、異論が噴出している。(2023/12/13)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
オリンパスの技術力を受け継ぐ「エビデント」 “産業用胃カメラ”で構造物内部を可視化
オリンパスの技術力を受け継ぐエビデントは、医療基準で進歩させてきた技術をインフラ構造物の非破壊検査に応用し、工業用ビデオスコープや蛍光X線分析計、超音波の各機能で、多様なニーズに応える非破壊検査機器を展開している。(2023/11/14)

福田昭のデバイス通信(430) 2022年度版実装技術ロードマップ(54):
表面実装工程の省エネに寄与する低融点の鉛フリーはんだ
今回は、第2章第6節第6項「2.6.6 接合材料」から、「SMT(Surface Mount Technology)における接合材料の現状と課題」の概要を紹介する。(2023/11/14)

工場ニュース:
日立ジョンソンコントロールズが国内生産回帰を加速、部品の70%は国内メーカーから
日立ジョンソンコントロールズ空調は、栃木市大平町の日立体育館で、日立ルームエアコン「白くまくん」プレミアムXシリーズの出荷式を開催した。(2023/11/9)

金属を回収して再利用する:
電子廃棄物は「宝の山」、都市鉱山の採掘がビジネスチャンスに
年々増加し続ける電子廃棄物。ここからレアアースなどの原材料を抽出し、リサイクルするのが「電子廃棄物マイニング」だ。この技術を確立し、活用できる仕組みを作れば、廃棄物を資源に変えることができる。(2023/11/2)

PR:特定用途からオフィスまで、さまざまな場面で活躍するエプソンダイレクトの定番ウルトラコンパクトPCが進化! 担当者に聞く「Endeavor ST210E」の強み
(2023/10/31)

海外医療技術トレンド(100):
DXとGXで先行する北欧の医療“SX”イノベーション
本連載第32回、第45回、第51回、第57回、第90回で北欧諸国のデータ駆動型デジタルヘルス施策を取り上げてきたが、今回は医療に焦点を当てる。(2023/10/20)

産業動向:
サンドゲル工法の阿部技研とコンクリート床施工のモノリスコーポレーションが協業
モノリスコーポレーションは、床下補強工事で特許取得の「サンドゲル工法」を全国展開する阿部技建と協業を開始した。両社の協業で、工場や倉庫のコンクリート床下の地盤補強から、床表面の研磨、ポリッシュ施工までを一括で行えるようになる。(2023/10/13)

3Dプリンタニュース:
シリコーンとアルミナセラミックスベースの光造形方式3Dプリンタ用レジン
Formlabsは米シカゴで開催の展示会「FABTECH」で、SLA光造形方式の3Dプリンタ用レジン「Silicone 40A」と「Alumina 4N」を発表した。純度100%のシリコーン部品と、同99.99%のアルミナセラミックス部品の3Dプリントが可能になる。(2023/9/29)

組み込み開発ニュース:
クラウド型回路シミュレーターと部品情報データベースを提供開始
アールエスコンポーネンツは、電子設計技術者向けポータルサイト「DesignSpark」で、設計サポートツール「DesignSpark回路シミュレーター」と「DesignSpark部品情報データベース」の提供を開始する。(2023/8/30)

材料技術:
CO2排出量を約40%減らせる高機能バイオ素材で化粧品容器を開発
化粧品容器メーカーのプラシーズは、NECが研究/開発しNECプラットフォームズが提供する高機能バイオ素材「NeCycle(ニューサイクル)」を用いて環境に優しい化粧品容器の開発に成功したと発表した。(2023/8/28)

太陽光:
ペロブスカイト太陽電池で「空気の質」をモニタリング、マクニカらが実証実験
マクニカと東京都は2023年6月19日、ペロブスカイト太陽電池を用いた空気質モニタリングソリューションの実証事業を開始したと発表した。(2023/6/21)

太陽光:
太陽光パネルの廃棄が課題に、急がれる再エネ設備の廃棄・リサイクル制度設計
太陽光発電を中心に国内に導入が広がった再エネ発電設備。将来の課題として指摘されている、設備の適切な廃棄・リサイクルの仕組みづくりに向けて、政府が検討会を立ち上げた。本稿では第1回検討会の内容を紹介する。(2023/5/11)

アース製薬“商品総選挙”のポスターが本格的! 自噴党「御鬼十飛(ゴキジェット)」などが並び「センスの塊」「投票しにいかないと」と好評
「Gをゼロに」を目指す自噴党を応援したい。(2023/4/20)

製造マネジメントニュース:
クラウドで簡単に安全管理や空質管理が行える物理セキュリティ、日本展開を本格化
物理セキュリティプラットフォームを提供する米国のVerkada(ヴェルカダ)は、東京に新オフィスを開設し日本で本格展開を開始する方針を示した。(2023/4/19)

材料技術:
輸入困難も怖くない、国産素材で作れる二次電池とは?
日本電気硝子は、主要部材に結晶化ガラスを使用した「オール結晶化ガラス 全固体ナトリウムイオン二次電池」の開発を進めている。なお、電池の主要な部材に結晶化ガラスを用いた全固体ナトリウムイオン二次電池の開発は世界初だという。(2023/3/22)

野沢直子、かわいい愛車が検査に2度も不合格 “バッドエンド”の危機に「きれいなのに落ちるって悲しい」
どうかまだ走れますように。(2023/3/15)

「動物の死体を厄介なものと捉えるのは、人間だけ」 大阪湾の迷いクジラ「淀ちゃん」の海洋投棄は妥当だったのか? 市・博物館・専門家に聞いてみた
「死」に対して、どう向き合っていくのか。(2023/3/17)

今、自治体に「消防・防災DX」が強く求められている──そのワケは?
これまでの政府による防災対策は、実際に起こった大災害後にバージョンアップを繰り返してきた。今求められている「防災4.0」はこれまでのそうした対策とは少し経路が異なるものだ。防災4.0とはどんなもので、なぜ必要なのか。(2023/1/25)

医療機器ニュース:
電気を帯びた水の微粒子で新型コロナウイルスが低減することを確認
三菱電機と日本繊維製品品質技術センターは、電気を帯びた水粒子「ピュアミスト」を放出する「ピュアミストデバイス」が、新型コロナウイルスの残存率を3時間で99%以上低減することを確認した。(2023/1/18)

研究開発の最前線:
島津製作所が関東初の大規模研究開発拠点を開所、キングスカイフロントに
島津製作所が、関東地区初の大規模研究開発拠点となる「Shimadzu Tokyo Innovation Plaza(殿町事業所、Shimadzu TIP)」を報道陣に公開。約100人の従業員が入居し、投資金額は入居する建屋の改造費や約100台の分析計測機器などを含めて約20億円。(2023/1/17)

医療機器ニュース:
有機化合物に関する定量NMR法がISO 24583として発行
NMRを利用した有機化合物の定量的な純度評価に関わる国際規格が、ISO 24583「定量核磁気共鳴分光法 -食品に利用される有機化合物の純度評価- 1H NMR内標準法のための一般的要求事項」として発行された。(2023/1/12)

ウクライナ戦争で崩壊した“再エネ神話” 太陽光発電8つの課題と原発の未来
ウクライナ戦争で浮き彫りになったエネルギー政策の課題を検証する。(2022/12/31)

組み込み開発ニュース:
環境に優しい元素のみで構成した回路と電池の実証実験に成功
NTTと東京大学は、貴金属や有害物質を含まない回路と電池を搭載したセンサーデバイスを作製し、通信信号の生成を確認した。回収や分別をしなくても廃棄できる低環境負荷のデバイスを目指す。(2022/10/26)

“ファクトチェック”はオカルト検証番組のことだったのか?
真偽不明の情報が飛び交うネット空間を良くしようと、米Googleとヤフーの支援を受け立ち上がった「日本ファクトチェックセンター」について、ネット上ですでに批判の声が上がっている。JFC側とネットユーザー側の温度感に、ボタンの掛け違いがありそうだ。(2022/9/30)

FAニュース:
めっき被膜の膜厚測定を効率化、最大5層の金属被膜の厚みを測定
日立ハイテクサイエンスは、卓上型蛍光X線膜厚計「FT230」を日本、韓国、台湾、アセアン地域向けに販売開始する。測定条件の選択や測定位置決め、測定結果取得などにかかる時間を短縮し、めっき被膜の膜厚測定を効率化する。(2022/9/16)

太陽光:
軽量で曲がるフィルム型の有機薄膜太陽電池、Looopが独Heliatek社の製品を独占販売
新電力のLooopがドイツHeliatek社の有機薄膜太陽電池を国内で独占販売すると発表。軽量かつ曲げられる太陽電池で、従来太陽光パネルを設置できなかった場所や用途にも適用可能だという。(2022/8/29)

組み込み開発ニュース:
2022年後半は半導体不足が解消し調整局面へ「それでも足りないモノは足りない」
コアスタッフが足元の半導体市況や今後の展望について説明。2020年後半から続く半導体と電子部品の厳しい供給不足が全般的には解消に向かいつつあり、今後約半年〜1年間は調整局面に入る可能性が高いという。ただし、32ビットマイコンやパワー半導体などは入手しにくい状況が続いており、これらの製品については供給不足が続く見込みだ。(2022/7/7)

蓄電・発電機器:
超電導フライホイール蓄電システムで鉄道を省エネに、JR東日本が世界初の実証
JR東日本が、鉄道用超電導フライホイール蓄電システムの実証試験を開始すると発表。電車のブレーキ時に発生する回生電力エネルギーを有効利用できるシステムで、超電導フライホイール蓄電システムの鉄道への応用は、世界初の導入事例になるという。(2022/6/14)

Supply Chain Dive:
ロシアによるウクライナ侵攻で半導体に「新たな危機」
携帯電話や自動車、家電製品など半導体を搭載する製品は増える一方だ。半導体不足が世界中で深刻化する中、ロシアによるウクライナ侵攻が新たな危機をもたらしている。(2022/5/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。