ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「貿易」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「貿易」に関する情報が集まったページです。

男性が選ぶかっこいいと思う輸入車 3位「ラングラー」、2位「Sクラス」、1位は?
NEXERが運営する日本トレンドリサーチが、グーネット中古車と共同で「かっこいい輸入車」に関するアンケート調査を実施した。男性が選ぶかっこいいと思う輸入車の1位とは。(2024/1/28)

中国EVに“逆風” 日本を抜き新車輸出で世界首位の見通しも
中国の2023年の自動車輸出台数が、日本を抜き、初めて世界首位となる見通しだとして話題だ。原動力となっているのが電気自動車(EV)だが、中国国内では出荷台数の伸び悩みや新興メーカーの淘汰がみられ、欧米ではガソリン車回帰やEV補助金見直しの動きもある。国内外で中国EVに対する逆風も強まっているようだ。(2024/1/15)

英の大規模冤罪事件で富士通が下院証言へ 会計システム欠陥で700人以上が不当起訴
スナク英首相は1月10日、富士通の郵便事業者向けの会計ソフトの欠陥で郵便局長ら700人以上が詐欺や横領の罪で起訴された英国史上最大規模の冤罪事件で、冤罪被害者らの容疑を晴らして補償金を支払う救済法案を提出すると発表した。下院のビジネス貿易特別委員会は9日、富士通幹部に対して16日に証言するよう要請するなど、英政界では富士通の責任を追及し、賠償を求める声が出ている。(2024/1/11)

スピードある中国EV展開に対抗 スバル、日産、トヨタが新車開発改革で巻き返しへ
中国の自動車輸出台数が2023年に日本を抜き初めて世界首位となる見通しとなったが、国内自動車大手各社は、新車の開発体制を見直して巻き返しに動いている。(2023/12/30)

ハイエンド「Apple Watch」の米国での販売禁止措置、控訴裁が一時差し止めの決定
「Apple Watch Series 9」と「Apple Watch Ultra 2」の米国での輸入販売を禁止する米国際貿易委員会の決定に対し、控訴裁が一時差し止める決定を下した。(2023/12/28)

ハイエンド「Apple Watch」の米国での販売禁止措置にAppleが控訴
米ITCによる「Apple Watch Series 9」と「Apple Watch Ultra 2」の輸入禁止措置は、バイデン大統領が拒否権を発動しなかったため、12月26日に発効した。Appleはこの措置を停止するよう求めて控訴した。(2023/12/27)

ITC、米国での「Apple Watch」販売禁止措置停止を求めるAppleの申立を却下
米国際貿易委員会(ITC)は、ハイエンド「Apple Watch」輸入禁止命令に対するAppleからの停止申し立てを却下したと発表した。禁止命令は12月26日に発効する可能性が高い。(2023/12/21)

製造マネジメントニュース:
福島原発のALPS処理水放出の影響を調査、「影響ある」企業は2.9%
東京商工リサーチは、東京電力が2023年8月に福島第一原子力発電所のALPS処理水を海に放出したことで、中国など一部の国や地域が日本の水産物の輸入規制を強化した影響に関する調査結果を発表した。(2023/12/18)

古田雄介の「アキバPickUP!」:
輸出規制されたGeForce RTX 4090が品薄&一部が40万円超に値上がり
ここ最近、GeForce RTX 4090搭載グラフィックスカードの街全体の在庫が薄くなっており、価格も上昇している。背景には海外事情が絡む複雑な問題があり、年内の解決は難しそうだ。(2023/12/11)

工場ニュース:
岩国大竹工場のPET製造プラント停止、再生PETボトルの拡大も要因に
三井化学は、同社岩国大竹工場のPET製造プラントを2024年10月に停止する。安価な輸入品PETの増加と再生PETボトルの拡大に伴う、バージン樹脂の需要減少が要因だ。(2023/12/5)

任天堂販売、ラジコン「RCマリオカートマリオ」を回収 電波法に基づかない部品利用
任天堂のオリジナル商品などを製作する任天堂販売は、海外輸入商品ラジコン「RC マリオカート マリオ」を回収すると発表した。電波法に基づいた部品を使って設計していたが、一部商品でそれと異なる部品を使って製造していた。(2023/12/1)

サントリーのウイスキー値上げ額詳細が公開されSNSでも嘆きの声 「もう買えない……」「今ですら厳しいのに」
山崎 25年や響 30年の125%増が目立ちますが、マッカランやボウモアなど輸入ものの値上げもなかなか。(2023/11/28)

Supply Chain Dive:
「半導体不足」の悪夢、再び? 中国のレアメタル規制に日米韓が対抗策
レアメタルの埋蔵量で圧倒的に優位に立つ中国が2023年8月から実施しているレアメタル輸出規制。日本と米国、韓国はこの危機を乗り越えるべく、“同盟”関係の構築に動いている。半導体などの原料であるレアメタルの入手困難という危機を回避できるだろうか。(2023/11/28)

PSPをHDMI出力できるようにするアダプター登場 ドリキャス用もある
テレビゲーム周辺機器の製造、開発、販売、輸入、OEMなどを手掛けるコロンバスサークルが、ソニーのポータブルゲーム機「PSP」と、セガの家庭用ゲーム機「ドリームキャスト」用HDMIコンバーターの後継モデルを販売する。12月1日発売とされているが、Amazonでは11月30日に販売予定。(2023/11/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「10日で1万食」「来春までに130トン」 収まらないホタテショックの裏で、どんな支援が広がっているのか
原発処理水を放出開始した影響で、水産物の輸出が大打撃をこうむっている。一方で、国内企業が応援キャンペーンを展開するケースが続出しており、好評を博しているようだ。(2023/11/23)

中国にとってさらなる打撃に:
インドの輸入規制が暗示する、中国テック産業の行く末
インドは2023年8月、突然、貿易規則を変更し、PCやタブレット端末メーカーに対し、同国内に製品を持ち込む際の輸入許可を取得するよう義務付けた。こうした国産技術の採用拡大に向けた動きは、中国にとってさらなる打撃となるだろう。(2023/11/9)

製造マネジメントニュース:
SAP S/4HANAユーザーの輸出管理業務効率化を目指す、日立ソリューションズがコベルコシステムと協業
日立ソリューションズはコベルコシステムと協業し、SAPのERPパッケージ「SAP S/4HANA」を利用する企業向けに、輸出管理業務の効率化やガバナンス強化を支援するソリューションを共同開発する。(2023/11/9)

NVIDIA「A800」「H800」など対象に:
米国の対中規制強化がもたらす、半導体業界への「歓迎できない」影響
米国は2023年10月17日、中国向けの半導体輸出規制強化措置を発表した。アナリストは、今回の新たな措置はNVIDIAやIntelの中国向けGPUなどが対象となる他、中国による国産の代替品確保を加速や報復措置のきっかけとなりうるもので、「決して歓迎されるものではない」と指摘している。(2023/10/24)

三菱商事、GSを輸入EVディーラーに、3年後に全国で100店規模で本格展開
三菱商事は、米テスラや韓国ヒョンデなど海外電気自動車メーカーのディーラー事業を全国のガソリンスタンドで展開する。(2023/10/20)

米連邦政府、AI関連チップの中国輸出規制強化へ
米商務省は、中国を念頭に置いた半導体関連製品の輸出管理規則を更新し、より高度なAIチップの輸出を阻止する計画であると発表した。NVIDIAやAMDが加盟するSIAはこれを受け、「米国の半導体エコシステムに損害を与える危険がある」という声明を発表した。(2023/10/18)

Microsoftが国内初のAI・IoT拠点、企業のデジタル化支援
日本マイクロソフトが、企業の人工知能(AI)の活用に向けた支援を行う国内初の拠点「Microsoft AI Co−Innovation Lab」(ラボ)を神戸市中央区の神戸商工貿易センタービルにオープンした。(2023/10/12)

天井まで在庫の山! 北海道ホタテ、中国禁輸で「出荷ほぼ停止」
東京電力福島第1原発処理水の海洋放出をめぐり、中国が日本水産物の輸入を全面停止したあおりを受け、北海道のオホーツク地方では名産ホタテの出荷が停滞。在庫が積み増し、水産加工会社を中心に影響が深刻化している。(2023/9/25)

「水素社会」に向けた日本の現状と将来展望(3):
地政学リスクから考える、日本が水素輸入国となった場合の「安全調達」戦略
「水素社会」の普及・実現に向けた動きが加速する中、企業は今後どのような戦略を取るべきなのか。その示唆となる国内外の情報をお届けする本連載、最終回となる今回はグローバルな地政学リスクを整理し、水素輸入国になると想定される日本での水素の「安定調達」戦略を考察する。(2023/9/11)

現地の反応は:
処理水問題、中国からの観光客にどう影響? 「化粧品」なども不買対象に
インバウンド需要はコロナ前に迫る盛り上がりを見せている。一方で、中国からの訪日客は大きな変動が続く。処理水放出の決定に対し、中国側が猛反発。すでに日本産の水産物の輸入を全面的に停止している。今後のインバウンド市場はどうなるのか。現時点の最新状況をお伝えする。(2023/9/5)

国防と企業利益の「板挟み」:
米国の対中戦略にIntel CEOが懸念表明、規制緩和を要求
半導体において、米国の対中輸出規制は厳格化の一途をたどっている。Intel CEOのPat Gelsinger氏がこれに懸念を表明した。(2023/8/9)

工場ニュース:
半導体生産で重要なネオンなどレアガスの国内生産強化、大陽日酸が製造設備を新設
大陽日酸と日本製鉄は、共同出資で設立した君津サンソセンターに省エネルギー型最新鋭空気分離装置1基を新設することを発表した。併せて、大陽日酸では、現在は需要の大半を輸入に頼っているレアガス(ネオン、クリプトン、キセノン)の製造装置も設置し国内生産を増強する。(2023/8/9)

貿易業務DXの推進をiPaaSで加速 HULFT Squareを介したAPI連携の成果は
煩雑な貿易業務の一元化、効率化を進めるトレードワルツが、セゾン情報システムズのiPaaS「HULFT Square」を介したAPI連携の試験で成果を発表した。ハブ&スポーク型の企業間連携のエコシステム拡大を目指す。(2023/7/31)

価格高騰やリードタイム長期化も:
中国のGa/Ge規制、サプライチェーンの混乱は不可避か
中国がガリウムとゲルマニウムの輸出規制に踏み切る。短期的には、材料やデバイスの価格高騰やリードタイム長期化などの影響が予想されるが、長期的な影響を予測するのは難しい。(2023/7/21)

トートバッグ:
東海道新幹線「N700S」座席がバッグに シート生地を利用
ウエニ貿易は、東海道新幹線N700Sの座席シートのモケット生地を使用したトートバッグを8月10日に発売する。(2023/7/8)

輸出管理の世界を変えた「10・7」規制:
半導体をめぐる米中対立の「地経学」リスク
東京大学教授兼地経学研究所長の鈴木一人氏は2023年6月22日、半導体サプライチェーンに関するセミナーに登壇し、米国による先端半導体に関する輸出管理などの半導体をめぐる「地経学」リスクを語った。(2023/7/3)

脱炭素:
米国ルイジアナ州のクリーンアンモニアの生産/輸送プロジェクトに出資
商船三井は、Clean Hydrogen Worksが米ルイジアナ州で進める「クリーンアンモニア生産・輸送プロジェクト」に出資参画した。製造したクリーンアンモニアは、商船三井などのアンモニア輸送船を利用して輸出する。(2023/7/3)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
経営戦略とIT戦略はビジネスをドライブする両輪であり車軸となるのがDX戦略――モリタ 取締役 岡本智浩氏
独創的な商品開発を、国内のみならず海外へも輸出することでグローバルに事業を展開。歯科医療の現場に高品質な商品・サービスを提供するモリタ。革新を生み出し、持続的な成長を実現するために積極的に取り組む同社のDX戦略とは。(2023/6/20)

ロシアで広がるライセンス違反【後編】
ベンダー撤退のロシアで広がる「並行輸入」「ライセンス無視」の無法なIT利用
ウクライナ侵攻を機にロシア国内からIT企業を含むさまざまな企業が撤退した。同国政府は経済活動に関わる商品を入手できない事態を避けるため、並行輸入を認めた。企業は安心してIT製品を使えるのだろうか。(2023/6/15)

サプライチェーン改革:
日本製鉄が海上輸送の運航情報をリアルタイムに取得するシステムを構築
日本製鉄は、鉄鉱石や石炭など同社製品の原料を海上輸送で輸入する際の配船管理で、リアルタイムで運航情報を得られるシステムを構築した。迅速な意思決定が可能となり、サプライチェーンの効率化に貢献する。(2023/6/9)

FAニュース:
半導体製造装置23品目の輸出を規制する省令が7月23日に施行、経済安全保障で
日本政府は、半導体製造装置23品目を輸出貿易管理対象とする省令を2023年7月23日に施行することを発表した。(2023/5/25)

いち早く展開:
PLAZA、夏を前に冷却グッズ展開 「真夏日」記録の中需要見込む
輸入雑貨専門店の「PLAZA」を運営するプラザスタイル(東京都新宿区)は5月19日〜6月8日、夏を快適に過ごすアイテムをラインアップした「COOL DOWN GO FOR A FLOAT!」を開催する。東京で真夏日を迎えるなど、暑さ対策への関心が高まる中、いち早く新感覚のアイテムや定番グッズを展開し、若い女性の需要を取り込む狙い。(2023/5/19)

Yoleが分析:
米国の規制強化も、中国メモリ産業に「減速の兆しなし」
Yole Groupは、米国の対中輸出規制の影響は大きいが、「メモリは中国の半導体エコシステムにとって戦略的優先事項であり続け、中国は主力メモリ企業存続のためあらゆる手を尽くすことは確実だ」としている。(2023/5/15)

東京・京橋店に次ぐ2店舗目:
海外店舗の人気メニュー提供「ココイチワールド」、名古屋駅に6月上陸
「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋が6月12日に、名古屋駅内に“海外ココイチ逆輸入”をコンセプトにした「ココイチワールド」をオープンする。同ブランドの出店は東京・京橋店に次ぐ2店舗。(2023/5/11)

資金と人が集まる「地の利」生かす:
「技術革新のハブ」を強調する香港、AI開発にも注力
2023年4月、IT技術関連の国際見本市「InnoEX(イノエックス)」が香港で開催された。香港は近年、アジアにおける金融業と貿易の中心地という地の利を生かし、技術革新のハブとしての地位を強化する戦略を打ち出している。InnoEXでは、それを垣間見ることができた。(2023/5/10)

安くて栄養価が高いフルーツ 3位「オレンジ」、2位「柿」、1位は?
価格に対して栄養価が高い、費用対効果ならぬ「費用対栄養価」が高いフルーツは何だろうか。日本バナナ輸入組合(東京都千代田区)と商品開発を手掛けるSmile meal(東京都江東区)が共同で調査を実施した。(2023/4/30)

湯之上隆のナノフォーカス(61):
ここが変だよ 日本の半導体製造装置23品目輸出規制
2023年3月、経済産業省は、半導体製造装置など23品目を輸出管理の対象として追加する方針を固めた。だが、ここで対象とされている製造装置、よくよく分析してみると、非常に「チグハグ」なのである。何がどうおかしいのか。本稿で解説したい。(2023/4/25)

7月1日から:
日清製粉ウェルナ、家庭用の小麦粉・パン粉を2〜7%値上げ パスタ製品は値下げ
日清製粉グループの日清製粉ウェルナは4月20日、家庭用の小麦粉やパン粉、乾麺など44品目を7月1日納品分から約2〜7%値上げすると発表した。輸入小麦の政府売り渡し価格が4月1日から引上げられたことに加え、原料や包装資材代などのコスト上昇を踏まえた措置。(2023/4/20)

コスト上昇踏まえ:
日清製粉、業務用小麦粉を値上げ 6月20日から
日清製粉は4月12日、業務用の小麦粉を6月20日納品分から値上げすると発表した。輸入小麦の政府売り渡し価格が4月1日から5.8%引上げられたことに加え、物流費などのコスト上昇を踏まえた措置。(2023/4/12)

FAニュース:
7月から半導体製造装置23品目を新たに輸出規制対象に、その対象品目の内訳
日本政府は、新たに半導体製造装置23品目を輸出貿易管理対象とする省令の意見公募を開始した。(2023/4/6)

材料技術:
輸入困難も怖くない、国産素材で作れる二次電池とは?
日本電気硝子は、主要部材に結晶化ガラスを使用した「オール結晶化ガラス 全固体ナトリウムイオン二次電池」の開発を進めている。なお、電池の主要な部材に結晶化ガラスを用いた全固体ナトリウムイオン二次電池の開発は世界初だという。(2023/3/22)

イタリアのブランド「HUMBLE RICH」製Apple Watchケース「CLASSIC METAL」発売 13万5300円
ウエニ貿易は3月17日、イタリアのブランド「HUMBLE RICH」製Apple Watchケース「CLASSIC METAL」の予約受付を始める。価格は13万5300円(税込み)。Apple Watch Series 7/8に対応し、カラーバリエーションやサイズ違いを含めて全6種の展開となる。(2023/3/20)

工場ニュース:
米国で燃料アンモニア製造設備の建設を検討、複数の製造系列で年間1000万tを生産
三菱商事とRWE Supply & Trading、LOTTE CHEMICALは、米国のテキサス州コーパスクリスティ港で、燃料アンモニアの製造事業に向けた共同調査を開始する。アジアや欧州向けの輸出を目指し、アンモニアの製造設備や出荷設備の建設を検討している。(2023/2/20)

AI、量子コンピューティングなど広く影響:
Huaweiへの半導体全面禁輸で拡大する米中貿易戦争
米バイデン政権は、Huaweiに製品を輸出する米国企業へのライセンス供与を停止し、中国Huaweiに対する米国技術の販売を、完全に禁止することを目指しているという。専門家の解説を紹介する。(2023/2/8)

地味なお部屋が“宮殿”になった! まさかのビフォーアフターが「ほんますげぇ」「センスがあり過ぎ」と話題
手作りの天蓋、個人輸入したベッドスカートなどのこだわりも。(2023/1/28)

消費促進なるか:
西友、輸入生鮮食品の「円高還元セール」 バナナや牛肉など主要8品目、2割引きの商品も
物価高が続く中、西友はバナナやオレンジなど輸入生鮮食品を対象に、割引きセールを始める。2022年末まで続いていた円安傾向が改善されたためで、同社はセールの実施で売り上げ拡大を目指す。(2023/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。