ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Tukwila」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Tukwila」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(7):
ついに最後の「Itanium」が登場、HPEは搭載プラットフォームを2025年までサポート
2017年5月、Intelが「Itanium 9700」を発表した。今回は、Itaniumの歴史を振り返り、その未来を考察する。(2017/8/24)

プロセッサ/マイコン:
【ISSCC 2010】IBMがPower7を発表、新Itaniumを性能で大きく上回る
(2011/2/11)

伴大作の木漏れ日:
ItaniumとXeon 7500の悩ましい関係
Intel Xeonプロセッサ7500番台(Nehalem EX)を搭載したサーバを大手コンピュータベンダーが発表した。Nehalem EXの高い処理性能を考慮すると、Intelのもう1つの高性能CPUプロダクトであるItaniumの将来に影響が及ぶ可能性は高い。だが一方で、各ベンダーはItaniumからXeonにすっきりと乗り換えることができない事情を抱えている。(2010/6/11)

元麻布春男のWatchTower:
進化しすぎたXeonの憂うつ
インテルとAMDが2010年3月の末に相次いで発表したサーバ向けCPUの新モデル。今回はXeonの新モデルからインテルのジレンマを解説する。(2010/6/15)

Intel、4コア「Itanium 9300」発表
POWER7発表のIBMに続き、Intelが新プロセッサシリーズ「Itanium 9300」(コードネーム:Tukwila)を発表した。(2010/2/9)

Intel Developer Forum 2009:
32ナノが上から下まで──IDFで公開された2010年のロードマップと「動く!」Larrabee
IDFのキーノートといえば、欠かせない存在だったパット・ゲルシンガー氏がIDF 2009直前にIntelを去った。彼に代わって登場したマロニー氏は何を語るのだろうか?(2009/9/24)

POWER7に集まる注目:
IBMとSunが次期RISCプロセッサを紹介
プロセッサカンファレンス「Hot Chips」では、Intel、IBM、Sun、AMDらが今後投入予定のプロセッサを披露した。(2009/8/27)

リリースも延期:
インテルが新Itanium「Tukwila」のデザインを修正
(2009/2/9)

リリースも延期:
Intelが新Itanium「Tukwila」のデザインを修正
Intelは「Tukwila」のコードネームで呼ばれている次期Itaniumプロセッサの基本技術の一部を変更する。同社初のクアッドコアItaniumである同プロセッサの変更点は、DDR3メモリのサポートや、Tukwilaを将来版Itaniumチップとソケット互換にすることなど。これらの変更により、Tukwilaのリリースは今年半ばまで延期される。(2009/2/9)

Intel Developer Forum 2008:
“Nehalem”と“組み込み”で一気に攻勢をかける
秋以降の新製品ラッシュを控えて注目されるIDF 2008。初日に行われたゲルシンガー氏のキーノートスピーチでは、IntelがPCの次に目指す“市場”について紹介された。(2008/8/21)

モバイルユースだけじゃない:
Atomが活躍――インテルのグリーン戦略
インテルはエコへの取り組みやプロセッサ市場をどのように捉えているのだろうか。(2008/6/26)

トップからボトムまでインテルがやります
Intelのゲルシンガー氏が日本を訪れた。COMPUTEX TAIPEI 2008が来週から始まるという、このタイミングで、彼は日本人になにを伝えたかったのだろうか。(2008/5/30)

元麻布春男のWatchTower :
徐々に見えてくるNehalem──8Mバイトの3次キャッシュは「みんなで使う」
3月17日(米国時間)にIntelは、IDFに向けたガイダンスセッションをワールドワイドで行った。そこで明らかになった「Tukwila」「Dunnington」「Nehalem」といった新世代アーキテクチャの情報をまとめて紹介する。(2008/3/19)

性能と電力効率の狭間で努力するインテル
インテルは同社の取り組みを記者向けに説明するブリーフィングを開催した。2008年は45nmプロセス技術などにより電力効率の向上と性能の両立を意識する。(2008/3/19)

Intel、6コアCPUなど次期プロセッサの詳細を明らかに
Intel初の6コアCPU「Dunnington」、次期版Itanium、次世代アーキテクチャ「Nahalem」、メニーコアプロセッサ「Larrabee」、新しい命令セットについて解説した。(2008/3/18)

Sun、Rockのリリースを2009年に延期
Sunが2008年後半に予定していた次期版UltraSPARCプロセッサを延期する。(2008/2/7)

元麻布春男のWatchTower:
Silverthorneは「1ワット2GHz駆動」を目指す
まもなく始まるISSCC(国際固体回路会議)でIntelは多数の論文を発表する。そのなかには、“Silverthorne”に言及するものも用意される。(2008/2/4)

モバイルCPUに第3世代SPARC――IntelとSunが新CPU計画を披露へ
間もなく開催のISSCCで、Intelはモバイルインターネットデバイス(MID)向けプロセッサ、Sunは第3世代SPARCプロセッサの詳細を明らかにする。(2008/1/30)

Itanium連合が3年目の展望 「次のターゲットはIBMメインフレーム」
昨年RISC/UNIXの置き換えを推進したItanium Solution Allianceの、3年目のターゲットとなるのはメインフレームだという。(2007/11/2)

PR:成長に舵を切るニッポン企業、求められる新たなIT基盤とは?
長くて暗いトンネルを抜けたニッポン企業の多くは、売り上げの拡大を伴う力強い成長に向け、いよいよアクセルを踏み込み始めた。情報システム部門には、経営陣の意思決定を迅速に実現する柔軟なIT基盤の構築が求められており、なおかつ、消費電力や排熱の問題も解決しなければならない。成長企業に求められる新たなIT基盤とは?(2007/10/25)

Intel、Itaniumのロードマップを発表
「Montecito」は年内に刷新、クアッドコアの「Tukwila」は2008年にリリース。次いでPoulson、Kittsonが登場する。(2007/6/18)

HP×インテル 特別対談
PR:広がる顧客やパートナの支持、さらにアクセルを踏み込むインテル Itanium 2 プロセッサ ファミリ
2006年、オープンなインテルアーキテクチャのフラグシップ、インテル® Itanium® 2 プロセッサ ファミリがIHV、ISV、そして多くの顧客らの支持を受け、大きな飛躍を遂げた。7月にはインテル Itanium 2 プロセッサ ファミリでは初となるデュアルコア製品であるインテル Itanium 2 プロセッサ 9000番台が登場し、さらに拍車がかかっている。1990年代半ば、その開発段階からインテル Itanium 2 プロセッサ ファミリに取り組んできたヒューレット・パッカード(HP)も、Riscからデュアルコア インテル Itanium 2 プロセッサ ファミリへの移行を進めており、消費電力当たりの性能が従来製品と比べ2.5倍に引き上げられた新しいデュアルコア インテル Itanium 2 プロセッサ ファミリを幅広く採用していくという。インテルやHP、そしてパートナらのエコシステムが生み出す価値について日本ヒューレット・パッカードのエンタープライズストレージ・サーバ統括本部長、松本芳武氏とインテルのマーケティング本部長、阿部剛士氏に話を聞いた。(2006/12/19)

インテル Itanium プロセッサ ファミリを選ぶこと、それは未来を手に入れること:
PR:第1回 インテル Itanium プロセッサ ファミリの未来は「バラ色」か?
「デュアルコア インテル® Itanium® 2プロセッサ9000番台」の登場は、性能的にも市場普及率的にも堅調に推移するインテル Itanium プロセッサ陣営にとって象徴的な出来事だ。同シリーズでは、現在、過去、未来のプロセッサ事情をかんがみ、インテル Itanium プロセッサ ファミリを選択することが果たして正解なのかを考える。(2006/10/24)

IDF Fall 2006:
技術セッションで明らかにされた「Core2 Quad」の構造と性能
既報のとおり、IntelからクアッドコアCPU「Core2 Quad」シリーズが発表された。ここは技術セッションから、Core 2 Quadの詳細と今後のロードマップについて紹介する。(2006/9/27)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:動き始めたデュアルコア インテル® Itanium® 2 プロセッサ、本当の大変革がここから始まる
登場から5周年を迎えるインテル® Itanium® プロセッサファミリ。市場が順調に立ち上がる中、これまでMontecitoという開発コードで呼ばれていた「デュアルコア インテル Itanium 2 プロセッサ9000番台」がいよいよ市場に投入される。同プロセッサの可能性に迫る。(2006/8/9)

“過去”からの脱却――エンタープライズ・サーバー選択の新常識
PR:ついに登場した新チップセット「HP sx2000」、その魅力を探る
日本HPがこのたび発表したハイエンドセルベースサーバ向けチップセット「HP sx2000」は、HP Integrityサーバを新たな次元へと導くであろうことに疑いの余地はない。ここでは、標準技術とイノベーションが融合した結果に誕生したHP sx2000の強化点を紹介する。(2006/4/27)

Intel Developer Forum:
Intelが“バス”に乗り続ける理由
メモリコントローラをプロセッサに統合せず、バスでデータをやり取りする設計には「まだかなりの余地がある」とIntelは主張している。(2006/3/9)

Power設計ベースの省電力CPU、新興企業が発表
Alpha設計者のドッペルプール氏率いる新興企業が、IBMのPowerアーキテクチャを基盤とした省電力のデュアルコアプロセッサを投入する。(IDG)(2005/10/24)

Alpha設計者のドッベルプール氏、新会社発表へ
Alphaプロセッサの立役者の1人であるダン・ドッベルプール氏の新会社P.A.Semiは、ブレードサーバや携帯機器向けの省電力プロセッサの設計にフォーカスする。(IDG)(2005/9/30)

Montecito、本格デビューは2006年に
「Madison」の後継でItanium 2初のデュアルコアCPUである「Montecito」の量産が2006年になるとの見通しだ。(IDG)(2004/11/9)

デュアルコアXeonの登場はいつ? 沈黙を保つIntel
Intel幹部はIDFで、デュアルコアとなる次期Xeonに関する詳しい話を避けた。「出荷までかなり時間がかかるのでは」という懸念を招きかねない行為だが、Intelがそうするのには訳がある。(IDG)(2004/9/8)

ItaniumとXeon、いずれソケットレベルで相互交換可能に
Intelは2007年を当社の目標として、ItaniumプロセッサとXeonプロセッサをソケットレベルで相互交換できるようにするための共通プラットフォームに取り組む。相互交換設計の初のチップは、Itanium 2のマルチコア版「Tukwila」になると予想されている。(2004/4/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。