ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アラブ首長国連邦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アラブ首長国連邦」に関する情報が集まったページです。

EE Exclusive:
「Intel Outside」、成功させるには
(2021/2/26)

MONOist 2021年展望:
2021年はロケット開発がさらに過熱、日本初の月面探査も実現する!?
2021年もさまざまな話題がある宇宙開発。今回は、「大型ロケット開発」「民間の小型ロケット」「商業化が進む月面探査」の3つをテーマに、2021年の動向を見ていきたい。(2021/2/24)

財務管理で「人間よりロボットやAIを信じる」日本人の割合、世界平均をはるかに上回ると判明
日本オラクルは、お金や財政、予算に対する態度と行動、金融業務や管理に対するAIやロボットの役割と期待に関する調査の結果を発表した。財務管理について「自分以上にロボットやAIを信頼する」と回答した割合は67%に上り、日本の割合はそれを上回ることが分かった。(2021/2/16)

企業は解雇とどう向き合うべきか【第2回】
業績悪化でも企業が「解雇」を最終手段にすべき理由と、検討すべき代替策
企業が経営不振に陥ったとき、生き残りの手段として従業員の解雇を検討せざるを得ないことがある。だが解雇を選ぶことで企業自体にもネガティブな影響が及ぶと専門家は言う。どのような影響があるのか。(2021/2/15)

Twitter、日本を含むG7の公人と政府機関のアカウントにラベル追加へ
Twitterは日本を含む数カ国の国家元首や政府機関、国営メディアの公式アカウントに識別するためのラベルを段階的に追加していくと発表した。ユーザーが客観的に判断するためのコンテキストを提供する目的。(2021/2/12)

いったいナゼ? ドバイの市街地で超高級車「乗り捨て」増加 ポルシェやフェラーリなど「夢のスーパーカー」も無残な姿を晒す
ウン千万円級のクルマもチラホラ。(2021/2/6)

米国人よりも日本人の情報が高値で売買:
盗まれた個人情報はダークウェブ市場でどう扱われるのか、Comparitechが調査
比較サイトComparitech.comは、盗まれた個人情報の価格を調査した結果を発表した。盗難クレジットカードやハッキングされたPayPalアカウント、社会保障番号などが40以上のダークウェブ市場でどう扱われているのかが分かる。(2021/1/28)

コロナ禍でのクラウド利用 世界規模で拡大するも日本は最下位――トレンドマイクロ調べ
コロナ禍で世界の企業の約9割でクラウド利用が加速しているものの、「プライバシー/セキュリティ」や「データアクセス」に不安を抱く企業が少なくないことも分かった。一方、日本のクラウド利用率は世界28カ国・地域のうち最低だった。クラウドの有効活用に向けて検討すべき課題や対策とは?(2021/1/21)

新政権で米宇宙政策はどうなる? NASA「アルテミス計画」 次期長官の動向にも注目集まる
米大統領選挙で当選を確実にした民主党候補のバイデン氏。共和党から民主党への政権交代は米国の宇宙計画にどんな影響があるのか。現在の計画の行方から次期NASA長官人事に至るまで、今後の動きを海外の反応を中心に予想する。(2020/11/26)

複雑化するクラウド環境に有効なランサムウェア対策とは?――ベリタス調査
ベリタステクノロジーズの調査によると、DXを推進する企業が利用するクラウドサービスの数は平均12だった。導入数によって増すインフラの複雑さから生じるリスクの削減には包括的なデータ保護ツールが必須だという。(2020/11/26)

世界の回答者の8割が、メンタルヘルスのサポートをAIに頼みたいワケ
コロナ禍の働き方と職場におけるAIの導入について調査した「AI@Work」の2020年度版が発表された。世界11カ国の約12000人の従業員やマネージャー、人事部門リーダー、経営幹部を調査対象とする。(2020/11/20)

5時間かかる予定を3時間で走破 イタリア警察、ランボルギーニ・ウラカンで臓器輸送 専用カスタムが施されたスーパーパトカーを活用
臓器を載せて、230キロで走るパトカー。(2020/11/14)

BlackBerry、膨大な偽情報キャンペーンを展開する「雇われハッカー」グループを特定
BlackBerryは、政府機関、企業、人権団体、影響力を持つ特定個人を標的とした攻撃を仕掛ける大規模な“雇われハッカー”グループを特定した。攻撃元の特定が困難で、忍耐強い攻撃を実行するという、このサイバー攻撃者「BAHAMUT」の正体とは。(2020/10/15)

今日のリサーチ:
「メンタルヘルスのサポートを人よりもロボットに頼りたい」 回答者の82%――Oracle調査
コロナ禍が世界の従業員のメンタルヘルスに悪影響を与えています。問題解決に(上司より)ロボットに助けてほしい人も多いようです。(2020/10/12)

ジェットコースターの「大声禁止」は難しい? ジェットコースターマニアに聞く、コロナ禍で感じたこと
世界の400のジェットコースターを制覇したマニアにコロナ禍に関する「変化」を聞きました。(2020/10/12)

広報課の新人は伝説のパトカー!? 愛知県警のスーパーパトカー「GTO」が異動、県警の「顔」としてTwitterに登場
GTO「愛知県警の顔としてがんばっていく所存」(2020/10/10)

「みんなでお散歩行くニャー!」 しっぽを立てて行進する猫さま軍団が圧倒されるかわいさ
何かの映画みたい。(2020/10/2)

GT-Rの次はレクサスかよ! 栃木県警、新スーパーパトカー「レクサス LC500」採用 会社役員男性が寄贈
ちなみにレクサスLC500のお値段は1400万円ほどです。(2020/9/22)

約4.9メートルのプールにもなる!? カーコレクターのアラブ王族が生み出した魔改造ピックアップトラックがやばすぎる
何がそこまで彼を駆り立てたのか。(2020/9/12)

「なぜその話題がトレンド入り?」 Twitter、背景情報をトレンドに追加へ
日本では9月中旬から。(2020/9/3)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
アリババとシャオミの寵愛受けた「小鵬汽車」が描く“呂布”テスラを倒す道
コロナ禍を機に活気づく中国のEV業界。米市場へ上場した中国EVメーカーには、2018年上場の蔚来汽車(NIO)、20年7月30日上場の理想汽車、そして8月27日に米ニューヨーク証券取引所へ上場した小鵬汽車がある。小鵬汽車の何小鵬CEOは6月、三国志の呂布にテスラのイーロン・マスクCEOを、そして呂布と戦う3人に米上場3社のCEOを例えた投稿を行った。ここでは同氏の投稿の意図を紐解いていく。(2020/9/3)

BIM:
“BIM認証”サービスが本格始動、最古の規格協会BSIがBIM国際動向と認証の意義を説く
BSIジャパンは、BIM認証に関するサービスを日本国内で本格的に開始した。BIMについての国際的な認証を受けることで、受注競争力を高め、国内外での受注機会を増やすだけでなく、BIMに特化した認定トレーニング制度も用意されているため、人材不足にあえぐ業界で次世代の人材育成にもつなげられるという。(2020/8/26)

名機「2JZ」エンジンを搭載 1200馬力オーバー「レクサス RC F」ドリフトカーが誕生
500キロ以上の軽量化にも成功。(2020/8/7)

プロセス製造業のDX:
PR:プラントの継続的品質改善に何が必要か、デジタイゼーションの壁を破る情報基盤の意味
MONOistが2020年6月9〜11日に開催したライブ配信セミナー「製造業×品質、転換期を迎えるモノづくりの在り方」において、「情報管理と保全戦略でスタートするプラントの継続的品質改善」をテーマに、AVEVA日本法人(アヴィバ)カントリーマネジャーの小暮正樹氏が講演を行った。(2020/7/6)

今日のリサーチ:
世界で最も物価が高い都市は?――2020年マーサー世界生計費調査
最も物価の高い都市となったのは香港。東京は3位でした。(2020/6/10)

モビリティサービス:
車いす型自動運転モビリティが羽田空港に正式導入、COVID-19対策にも貢献
WHILLは2020年6月8日、羽田空港第1ターミナルにおいて、車いす型の自動運転パーソナルモビリティの導入が決まったと発表した。(2020/6/10)

「日本はランサムウェア攻撃に最も弱い」:
身代金を支払うと復旧までのコストが2倍 ソフォスが「ランサムウェアの現状2020年版」を発表
ソフォスが発表した「ランサムウェアの現状2020年版」によると、ランサムウェア攻撃を受けて暗号化されたデータを復元するために身代金を払うと、支払わなかった場合と比べて、被害を回復するのに約2倍のコストがかかることが分かった。(2020/5/28)

「今後の軸の一つに」:
生体認証技術の日本展開を加速する仏セキュリティ大手
安全性や利便性の観点から、指紋や顔、光彩などを用いて個人を認証する「生体認証」の利用が近年拡大している。セキュリティ/認証技術世界大手のIDEMIA(アイデミア/日本法人:アイデミア・ジャパン)は、2020年から「非接触型指紋認証デバイス」の日本展開を開始。独自技術を用い、触れることなく迅速な本人認証が可能となるデバイスで、オフィスや工場のアクセス管理のほか、施設内での決済など用途を拡大していく方針だ。今回、同社の事業内容や日本市場での展開について、アイデミア・ジャパン代表取締役の根津伸欣氏に話を聞いた。(2020/5/26)

Innovative Tech:
傘を差して荷物も持てる2本分の腕──体に巻き付けるヘビ型ウェアラブルロボ「Orochi」
人が触手を使えるなら、どんな活用ができるか。(2020/5/1)

ロックダウン中のドバイ、人や車が消えた街を写した映像が非現実的な静けさ
寂しさと美しさが同居したような街。(2020/4/19)

データロスによる損失額は100万ドル超、デル テクノロジーズがデータ保護に関する調査結果を発表
デル テクノロジーズは、データ保護に関する調査結果を発表した。企業が管理している平均データ量は1年間で約40%増え、13.53PBに達した。ダウンタイムによって発生する平均損失額は81万18ドル。データロスによる平均損失額は101万3075ドルだった。(2020/3/23)

MONOist 2020年展望:
2020年は空前の火星探査イヤーに、はやぶさ2が帰還しH3ロケットの開発も着々
2020年の宇宙開発で最も注目を集めそうなのが「火星探査」だ。この他「月・小惑星探査」「新型ロケット」「多様化する人工衛星」をテーマに、注目すべき話題をピックアップして紹介する。(2020/3/2)

ゾウや星空を眺めるジャングルキャンプ 透明ドーム型宿泊施設がタイに登場
ゾウが近すぎて楽しそう。(2020/2/4)

ドバイ万博の日本レストランはスシローに 抜てきの裏で社長が「赤字覚悟」な理由
(2020/1/30)

今週末から日本に中国人殺到? 中国人旅行者の今春節休暇は日本が人気旅行先トップに
Trip.com Group Limitedが春節休暇のトレンド予測を発表。(2020/1/22)

スマートファクトリー:
世界で最も先進的な工場として日本から初認定、日立大みか事業所など3工場
世界経済フォーラムは、第4次産業革命をリードする世界で最も先進的な工場「ライトハウス(灯台=指針)」として新たに18工場を認定。今回は、日本関連で初めて、日立製作所の大みか事業所、GEヘルスケア・ジャパンの日野工場、三井海洋開発の海洋施設(ブラジル・リオデジャネイロ)の3工場が認定された。(2020/1/14)

Innovative Tech:
漫画キャラのせりふを、感情のこもった音声合成に変換 北京理工大学などが新技術
漫画に登場するキャラクターのせりふから感情の状態を抜き出し、それに合わせた音声を生成する技術が開発された。(2020/1/8)

動画の世紀:
普及する「AIカメラ」 動画はAIが見てくれる時代に
AIの進化によって、監視カメラで判断するのは人ではなくなりつつある。(2019/12/27)

モビリティサービス:
電動車いすのWHILLが国内外5空港で自動運転実証、高齢者から好評の声
電動車いすを手がけるWHILLは2019年12月26日、2019年に国内外の5カ所の空港で電動車いすの自動運転システムの実証実験を実施したと発表した。(2019/12/27)

「ToTok」はUAE政府のスパイツールだった? GoogleとAppleが提供中止
中東を中心に人気のメッセージングアプリ「ToTok」について、New York Timesが「実態はスパイツールだった」と報じている。(2019/12/24)

「怒られた〜!」 くつろぐ白猫の背後に忍び寄るウサギさん 大好きなシッポに急接近するも叱られ退散
そんなに近くに行って大丈夫?(2019/12/23)

ジェンダーギャップ指数2019で集計ミス? 日本は本当は何位だったのか
「教育」の項目が不自然に下がっているという指摘が。(2019/12/18)

「職場におけるAI調査」が示す管理者の課題
なぜ日本の上司は「AI」より信用されないのか なぜ職場でAIが使われないのか
日本人の約8割が上司よりロボットを信頼することが調査で分かった。これは調査対象の10カ国平均よりも高い結果だ。一方でロボットの基幹要素であるAI技術の使用率は、調査対象国の中で最も低かった。なぜなのか。(2019/12/24)

世界最強パトカー軍団に仲間入り ドバイ警察、テスラ新型EV「Cybertruck」をパトカーに採用、2020年導入を発表
スーパーカーだらけのドバイ警察に、またとんでもないクルマが登場。(2019/12/2)

テクノロジー以外の課題が浮き彫りに:
AI導入が遅れている日本企業 背景には「年功序列」にしがみつく人々
企業向けソフト大手の米オラクルと調査会社のFuture Workplaceが行った「職場におけるAI」の調査に基づいた日本企業の分析をオラクルが発表。日本は世界各国と比較してAIの導入率が低い。一方で「上司よりもロボット(AI)を信頼する」と回答した人は平均よりも多い。効率性を高める機運が高まっている日本において、なぜAIの導入は遅れているのか?(2019/11/20)

Huaweiスマホはどうなる? 「AndroidとGoogleを優先」も、独自のアプリ基盤「HMS」にも注力
ファーウェイが発表した新製品「nova 5T」はGoogleサービスを利用できるが、今後の状況は不透明だ。デバイスプレジデントの呉波氏は「Android OSとGMSを優先して使う」と語るが、米国の制裁が解除されない事態に備え、独自のアプリ開発プラットフォーム「HMS」を強化。日本を含む世界のアプリ開発者を支援する。(2019/11/14)

「マネジャーよりもロボットを信頼する」人は76%――日本の職場におけるAI、日本オラクルが調査
日本オラクルの調査によると、日本の職場におけるAI利用率は世界最下位の29%だった。一方、「マネジャーよりもロボットを信頼する」との回答は76%で、世界平均の64%を上回った。AI時代に求められるマネジャーの存在価値とは?(2019/11/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
あなたのSNSも監視される? WhatsAppが訴えたサイバー企業の“不都合な実態”
世界で人気のメッセージングアプリ、WhatsAppを傘下に持つFacebookがイスラエルのサイバー企業を訴えている。世界各地でサイバー攻撃を仕掛け、多くの人を監視した疑惑がある。このようなスパイウェアを販売する企業は増え、知らないうちに市場は拡大している。(2019/11/14)

今日のリサーチ:
Oracleが「職場におけるAI」について調査 回答者の64%はマネジャーよりもロボットを信頼
日本を含む世界8730人を対象とした調査から、AIが職場における人とテクノロジーの関係を変化させていることが明らかになりました。(2019/10/29)

偏見のない情報の提供などに期待:
「上司よりもロボットの方が信頼できる」 Oracleが職場でのAI利用に関する調査
Oracleが発表した「職場におけるAI(人工知能)」に関する調査結果によると、「マネジャーよりもロボットを信頼する」と回答した割合は64%。特にインドと中国でAIに好意的だった。(2019/10/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。