ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VAIO type U」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VAIO type U」に関する情報が集まったページです。

2007年PC秋冬モデル:
基本性能を強化した小型モバイルPC――「VAIO type U VGN-UX72」
4.5インチワイド液晶を搭載した“文庫本”サイズの「VAIO type U」は、スライド式キーボードなどの特徴を踏襲しつつ、CPUとHDDを強化した。(2007/9/25)

記念モデルの中身を拝見:
ホントに小さい新VAIO type Tのマザーボード
ソニーが発表したVAIO 10周年記念モデル「VAIO type T」のマザーボードは、VAIO type Uに迫る小型サイズだという。気になる中身をチェックした。(2007/5/17)

自慢用ミニPCを実戦投入:
世界最小Vista Ultimateマシンは使えるか?――「OQO model 02」実力診断
VAIO type Uを下回る小型軽量ボディが自慢のVista対応モバイルPC「OQO model 02」。使い込んでみて、改めて細部のこだわりに驚かされた。(2007/4/26)

2007年春 Vista搭載PC特集:
Vistaが動く“世界最小・最軽量”のウルトラモバイル――VAIO type U
文庫サイズのウルトラモバイル「VAIO type U」は、CPUとメモリを強化し、OSにVista Home Premiumを採用。オーナーメイドのゼロスピンドルでは新カラーのブルー筐体も登場した。(2007/1/16)

ゼロスピンドル“U”はオンボード1Gバイトとストレージ32Gバイトへ──「VAIO」秋の新作第2弾発表
ソニーマーケティングは9月27日に「VAIO type A」「VAIO type F TV」の新製品を発表。また「VAIO type U」VAIOオーナーメードモデルの新構成も登場した。(2006/9/26)

HDD搭載モデルに待望のワンセグチューナーが!──ソニー「VAIO type U VGN-UX70」
文庫本サイズのコンパクトなボディながらキーボードを載せてWindows XPも動作しちゃう「VAIO type U」。本日発表されたワンセグチューナー内蔵HDDモデル「VGN-UX70」をさっそく使ってみよう。(2006/8/30)

プロフェッサーJOEの「Gadget・ガジェット・がじぇっと」!:
ソニーのVAIO type U VGN-UX50は泣けるか!?
「どこでもモバイル」を大前提に小型化、だが意外とズッシリのソニー VAIO type U VGN-UX50を手に入れた。大容量バッテリーは約4万円、キーボードは「堪忍して欲しい」レベルだが、理想のモバイルを目指して四苦八苦。さて、UX50は「泣けるちびパソ」となったのか?(2006/7/24)

ゼロスピンドル“U”の「それってどうなの?」第1回
何かと噂のVAIO type U。なかでも注目なのがHDDを搭載しないこのモデルだ。気になるゼロスピンドル“U”の「疑問」を調べるこのコーナー。まずはパフォーマンスに関する質問からお答えしよう。(2006/7/18)

“0スピンドル”VAIO type Uが発表──ワンセグ対応のサプライズも
ソニーの超小型PC「VAIO type U」に、HDDレス=0スピンドルの新モデル「VGN-UX90」が追加された。価格は直販で20万9800円から。(2006/6/27)

0スピンドル VAIO type Uの“ココ”が知りたい――読者の質問を大募集
ついに登場したHDDレスの新VAIO type U。注目のモデルについて、読者のみなさまの“ココが知りたい”にお答えします。(2006/6/27)

「ZERO」がもたらす幸せってなに?──ソニー「VAIO type U <ゼロスピンドル>モデル」
HDDの代わりに16GバイトのNAND型フラッシュメモリを搭載したゼロスピンドルPCが登場した。ロードウォーリアー期待のVAIO type Uを早速使ってみた。(2006/6/27)

シグマスタイル、VAIO type U用の牛革ケース発売
シグマスタイルジャパンは、VAIO type U用の本革保護ケース2製品を発表した。価格は6930円から。(2006/6/15)

VAIO type U用アクセサリ続々──PocketGamesから
PDA関連製品を販売するPocketGamesから、多機能スタイラスや映り込み・指紋付着などを抑える液晶保護シートなどVAIO type U用のアクセサリ4種類が発売された。(2006/5/30)

MacBookとtype U、そして銀座を駆け回る日々
先週はソニー「VAIO type U」とApple「MacBook」が発表され、ランキングもこれらの記事でほぼ二分される結果となりました。しかし即買いしたのは……。(2006/5/24)

再び銀座へ走れ!?──銀座ソニービルで新VAIO Uが先行展示中
銀座ソニービルのショールームに行列ができている。5月17日から「VAIO type U VGN-UX50」の先行展示が始まったためだ。(2006/5/19)

小さな幸せを感じるPCとは――ブロガーが考える次世代VAIO
「百式」の田口氏主宰のイベント「アカデメディア」で、新型「VAIO type U」を手に100人以上のブロガーが次世代PCを考えた。(2006/5/17)

「いつも両手で握っていたい」秀逸の使い心地──ソニー「VAIO type U VGN-UX50」
「Windows XPが動く世界最小のPC」「キーボードを内蔵した斬新なスタイル」というポイントが注目されがちな新世代VAIO type Uだが、もっと本質的な「使い勝手」が実はこのモバイルPCの真価だったのだ。(2006/5/17)

BDドライブ搭載やキーボード内蔵モバイルに注目のVAIO新製品発表
ソニーマーケティングはBlu-ray ディスクドライブを内蔵したVAIOシリーズ「VAIO type R」「VAIO type A」とキーボードを内蔵したモバイルPC「VAIO type U」を発表した。(2006/5/16)

これがソニー流“Origami”か!?──新VAIO type Uを分解して、見た!
久しぶりにソニーの“本気”を感じさせてくれるPCが現れた。それが新登場のVAIO type U VGN-UX50だ。厚手の文庫本サイズで、重量が約520グラムの超小型ボディには何が凝縮されているのか。早速中身を見ていこう。(2006/5/16)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
中国でFounderの「インテル入ってる」UMPCを買ってしまいました(前編)
中国Founder(方正科技)からUMPC「Mininote」がこの春に発売された。VAIO type Uをこよなく愛する山谷氏が早速現地で購入。インテルのCPUを搭載したUMPCの実力やいかに。(2006/5/9)

VAIO type UにCPUを強化したソニースタイル限定モデルが登場
ソニーマーケティングはペンオペレーションも可能なWindows XP搭載超小型PC「VAIO type U」のソニースタイル限定モデルを発表した。受注開始は12月6日から(ただし、11月25日まで先行予約エントリー受付中)。価格は19万9800円。(2004/11/15)

TAIPEIではコンビニでもキワモノに遭遇した
先週のアクセストップは、注目のVAIO type Uに小寺氏が鋭く突っ込んだ「VAIOに何が起こったか――type U篇」 そして2chネタにアキバレビューとともに、COMPUTEX TAIPEI 2004記事も3本がランクインした(2004/6/8)

ジレンマに疼いた翌週、今度はストレスにまで発展した
……うーん今週もフタを開ければVAIOウイークだったか。「VAIO type U」レビューが圧倒的なアクセスを記録する中、記録型DVDドライブ新製品にひそかな触手を伸ばしはじめている自分に気がついた。(2004/5/25)

キーボードレスの世界最小最軽量Windows XPマシン──ソニー VAIO type U
ソニーのVAIO type U VGN-U50(以下、VAIO type U)は、ほぼA6サイズで、重さ550グラムを実現した超小型PCだ。Windows XPを搭載したPCとしては、現時点で世界最小最軽量を誇る。VAIO type Uは、2003年5月に登場したバイオU(PCG-U101)の後継だが、キーボードが本体からなくなるなど、まったく新しいマシンに生まれ変わっている。(2004/5/17)

速報!第2世代VAIO
「取り急ぎ撮れるだけ撮ってみました」写真で見るVAIO type U
キーボードがなくなってしまったVAIO type U。従来機種のVAIO Uから大きく変身してしまったこの世界最小最軽量のWindows XPマシンをまずは写真で紹介しよう。(2004/5/10)

世界最小最軽量のWindows XP PC──VAIO type U
携帯利用を重視した小型PCラインアップはVAIO type Uに進化。携帯利用ではついにキーボードを廃止してタッチパネル操作を採用した。(2004/5/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。