ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Virtage」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Virtage」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月14日現在)
NEC、富士通、アイ・オー・データ機器などの更新情報を追記した。(2014/10/14)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月7日現在)
バッファローやNECなど各社の主な更新情報をアップデートした。(2014/10/7)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月3日夜現在)
アイ・オー・データ機器やバッファローのNAS製品などについて追記した。(2014/10/3)

bashの脆弱性、国内メーカーの対応状況 10月2日夕方現在のまとめ
NECやトレンドマイクロ、ソリトンシステムなどの製品の脆弱性対応などについて追記した。(2014/10/2)

15年間、12万件以上のサポート実績を蓄積:
PR:Windows Serverの深い知見に基づく、日立ならではのきめ細かなサポート/提案力
マイクロソフトの数あるパートナー企業の中でも、ホスピタリティの高いサポートやソリューション提案で定評のある日立製作所。同社はWindows Server 2012 R2をどう見ているのか?(2013/11/21)

マカフィー、サーバOSの深部で動作するrootkit対策を発表
インテルと共同開発した「McAfee Deep Defender」がInto Xeon E3/E5/E7シリーズおよびWindows Server 2008 R2に対応。サーバOSの深部で動作するrootkitの検知や駆除が可能になる。(2013/7/30)

日立と日本MSが仮想化分野で連携強化 VirtageとHyper-Vの二重仮想化をサポート
サーバを論理分割する仮想化機構「Virtage」上にHyper-Vで仮想サーバを構築する二重仮想化の仕組みを日立がサポートする。柔軟なクラウド運用に寄与するという。(2013/1/24)

導入事例:
肥後銀行、3000人利用の仮想デスクトップシステムを導入
日立製作所が肥後銀行の大規模シンクライアントシステムを刷新した。(2012/10/10)

1台のサーバで複数のハイパーバイザを動作可能に、日立とレッドハットが提供
BladeSymphony上で複数のKVMを実行できるクラウド向けソリューションを日立製作所が開発した。(2012/9/13)

コープネット事業連合が物流システムをクラウド化
関東・信越の生協が加盟するコープネット事業連合は、日立のシステムを活用して物流システム基盤をプライベートクラウドで構築した。(2012/6/19)

日立製作所がサーバ新製品を投入、仮想化やクラウド対応を強化
「BladeSymphony」およびアドバンストサーバに新モデルを追加し、製品ラインアップを強化する。(2012/4/12)

ITシステムの共通基盤化に向けて:
PR:“Oracle RAC on Virtage”は基幹系システムをクラウド化する切り札になるか?
「Oracle Real Application Clusters」の稼働環境として、日立のサーバ仮想化機構「Virtage(バタージュ)」が認定された。メインフレームに由来する信頼性を持つVirtageとOracle RACのコラボレーションは、基幹系システムのクラウド化を後押しすることになるだろうか。(2011/8/1)

ソリューションセンターも開設:
日立の仮想化機構「Virtage」がOracle RACの稼働環境に認定
ハードウェアを論理分割して利用する日立独自の仮想化機構Virtageが、Oracle RACの稼働環境として認定された。(2011/6/13)

日立とSAPが協業関係を強化 ソリューション開発拠点を新設
ブレードサーバ「BladeSymphony」にリアルタイム分析製品「SAP HANA」を組み合わせるなど、日立とSAPは製品連携を強化していく。(2011/5/17)

プライベートクラウドソリューション最前線【第6回】
“日立クラウド”の実績で提供 〜プライベートクラウドを3週間で構築するレディーメード型パッケージ
自社事例のノウハウを基にクラウドソリューションを体系化した日立は、必要なハードウェア/ソフトウェアがあらかじめ設定された、レディーメード型のプライベートクラウドパッケージソリューションを提供する。(2011/1/21)

そのITリソース、効率的に使えていますか?:
PR:ITリソースの予約、配備、見直しまで、一元的な運用サイクルを管理――「JP1/ITRM」
日立が2010年6月に発表した統合システム運用管理ソフトウェア「JP1 V9.1」シリーズに加わることとなった「JP1/IT Resource Management – Manager(JP1/ITRM)」は、仮想化/非仮想化、異種OSの混在環境におけるITリソース管理を一元的に行える、仮想化時代の効率的なITリソースプール運用を支援するツールである。(2010/12/6)

仮想環境における運用管理の課題を解決:
PR:運用者視点で構成可視化やITリソースのライフサイクル管理を図る――日立「JP1 V9.1」
2010年6月、日立の統合システム運用管理「JP1」の最新版「JP1 V9.1」が発売された。バージョンアップでは、情報システムへの投資コスト削減効果が期待できる仮想環境を強力に支援する新機能が目玉になっている。(2010/8/2)

日立、BladeSymphonyにハイエンドモデルを追加――I/O割り当ての柔軟性を向上
日立はブレードサーバにハイエンドモデルを追加する。専用のI/Oスロット拡張装置を用意し、構成の柔軟性を向上した。「N+1コールドスタンバイ」構成をとる際の構築負荷も軽減する。(2010/7/14)

日立、JP1 V9.1発表――プライベートクラウド対応、組織の“風通し”を改善する新製品も
日立はJP1 V9.1を6月29日に販売開始する。異なる仮想化機構が混在する環境の一元管理に加え、利用部門への運用業務移譲にも踏み込んだ、特徴的なバージョンアップとなっている。(2010/6/28)

ハイエンドのDNAを受け継ぐ日立ミッドレンジストレージ:
PR:“ストレージの仮想化”が中堅・中小企業のクラウド導入を促進する
クラウドコンピューティングが注目される今、日立がストレージ分野において注力しているのが、ストレージ仮想化の段階的な適用だ。それを実現すべく、日立は仮想化機能を備えたミッドレンジ向けのストレージ製品「Hitachi Adaptable Modular Storage 2000シリーズ(以下、AMS2000シリーズ)」を提供している。新たにIAサーバ向けに「Hitachi Adaptable Modular Storage 2010(以下、AMS2010)」を追加するとともに、AMS2100/2300/2500でもエンハンスを実施した。(2010/6/28)

PR:仮想化したIT基盤で素早い業務システム構築とスマートな運用管理を実現するためには
本格的なクラウド時代の到来を前に、今企業システムのあり方が変わろうとしている。その要となるのが仮想化技術であり、企業システムを仮想化するための環境も整いつつある。しかし、単純にシステムを仮想化しただけで十分な効果は得られるだろうか? 今回は、仮想化導入の効果を発揮するための計画的な仮想環境への移行について考えてみる。(2010/6/28)

PR:VMwareやHyper-Vに加え、Virtage――それはクラウドを見据えたサーバ仮想化技術
景気の逆風をむしろ追い風にして普及するサーバ仮想化技術。多くのサーバベンダーがVMwareやHyper-VによるIAサーバの仮想化に取り組む中、高性能/高信頼というメインフレームのDNAを受け継いだサーバ仮想化機構「Virtage(バタージュ)」を加え、ソリューション展開を図るのが日立製作所(以下、日立)である。(2010/2/15)

栗原潔のクラウドレポート:
日立のクラウド戦略――コストより信頼性を重視
アナリストの栗原潔氏が国内主要ベンダーのクラウド戦略について取材する。今回は日立製作所クラウド事業推進センタ担当部長、小川秀樹氏に聞いた。(2009/12/10)

特集:IT資格動向ウォッチ(2):
インフラエンジニア注目の仮想化資格カタログ
サーバ保守・運用部隊にとって、いまや必須の技術である仮想化。VCP、Hyper-V、CCAといった主な仮想化資格の特徴を比較する。(2009/11/25)

日立製作所、プライベートクラウドの構築サービスを発表
日立製作所は企業内にクラウドコンピューティング環境を構築するサービスと、プラットフォームを提供するサービスの強化を発表した。(2009/10/30)

PR:物理と仮想を超えたシステム監視――JP1のモニタリング機能
サーバ集約の目的の1つは、システム単位で個別最適化してきたシステムを全社/グループ企業規模で集約し、ITリソースの効率化を図ることである。そのためには、物理環境と仮想環境をうまく使い分け、ITリソースを効率よく利用することが求められる。一見スムーズにコストを削減できそうだが、反面、複雑化したシステム構成をどう監視するか? という課題も残る。日立の運用管理ソフトウェアの最新バージョン統合システム運用管理「JP1 Version 9」には、効果的な監視を支援する新しい機能が用意されているという。(2009/10/13)

日立とトレンドマイクロ、ネットワークセキュリティ事業で提携
2社は仮想化環境におけるネットワークセキュリティ対策で製品連係を図る。(2009/7/29)

ジョブ起動時間は1/10に:
日立、JP1新版を発表――大規模仮想環境での管理性を強化
日立の運用管理ソフトウェア「JP1」がバージョンアップ。仮想環境での管理性およびパフォーマンスの向上を果たした。(2009/6/2)

Hyper-Vも選択肢に:
ブレードサーバが仮想化プラットフォームとして選ばれる本当のワケ
ブレードサーバは、サーバ統合を目的として導入されるケースが多い。この際、サーバを物理的に集約するだけでなく、サーバ仮想化技術を導入する例も増えつつある。なぜ、ブレードサーバがサーバ仮想化のプラットフォームとして選ばれるポイントはどこにあるのか?(2009/3/19)

7年のハードウェア保証をオプション提供開始:
日立の新ブレードサーバ、インテル新CPUで仮想化性能を向上
(2009/3/10)

Nehalemを搭載:
日立、ブレードサーバの新モデルを発表――保証期間を2年間延長
日立は3月10日、同社のブレードサーバ製品に新モデルの追加および機能強化をすると発表。開発コード名「Nehalem」として知られるインテルの次世代Xeonプロセッサを搭載し、保証期間も従来の5年間から7年間へと延長される。出荷は4月1日から。(2009/3/10)

VirtageとHULFTで動作検証:
日立とセゾン情報システムズ、「仮想化でも物理サーバと変わらない」
(2008/12/25)

NEWS
日立、仮想化環境ホスティングサービスをメニュー化して提供
日立のストレージやサーバと日立ソフトの仮想化環境運用サービスを組み合せて提供する。(2008/11/26)

日立ソフトのSecureOnlineを再販:
日立が仮想化を活用したPaaSサービスを提供開始
(2008/11/25)

PaaSビジネスの拡大へ:
日立、仮想化を活用したIT基盤を月額サービスで提供へ
日立製作所は、アプリケーションの開発環境やシステムの稼働環境を、必要に応じてネットワーク経由で提供するサービスを11月28日に提供する。開発環境を提供し、情報システムでの運用も支援する。(2008/11/25)

VMwareだけじゃない:
仮想化技術を軸にブレードサーバを選んでみる
ブレードサーバは仮想化に適したプラットフォームとして注目が高い。IA以外の環境での仮想化に対応するIBMやサン、仮想環境でのNT4.0サポートを表明する富士通、独自の仮想化機構を作り上げた日立など、各社の戦略にも特徴がある。(2008/9/10)

グリーン&仮想化を支える:
ブレードのポジショニングから各サーバベンダーの思惑を読む
コモディティ化が進みつつあるサーバ市場にあってブレードサーバは各社各様の“色”の違いを見て取れる興味深い製品だ。エンタープライズサーバ市場に対する戦略の違いが、製品の違いとして濃く反映されている。(2008/8/15)

省電力化に本腰の日立、5年で33万トンのCO2削減プラン
日立製作所は、省電力化技術と製品の開発を強化し、今後5年間で33万トンの二酸化炭素削減を目指す「Harmonious Green」プランを策定した。同プランを推進するサーバおよびストレージ製品も発表された。(2007/11/5)

日立のサーバ仮想化機構「Virtage」がXeonでも利用可能に
日立製作所は、「BladeSymphony」のハイエンドモデル「BS1000」で、同社独自のサーバ仮想化機構「Virtage」を標準搭載したインテルXeonプロセッササーバモジュールを発表した。(2007/7/23)

NEWS
日立、サーバ仮想化機構「Virtage」の適用範囲を拡大
インテル Xeon プロセッサー搭載サーバでも、仮想化によるコスト削減や運用管理性の向上が可能に(2007/7/23)

日立、独自のサーバ仮想化機構「Virtage」でBladeSymphonyの仮想化環境を強化
「Virtage」という新しいブランド名が与えられた日立の新しい仮想化機構は、ハードウェアによるI/Oアシスト機能やN+1のコールドスタンバイ機能を仮想化環境でも実現する。(2007/2/28)

NEWS
日立、統合サービスプラットフォームの仮想化環境を強化
日立製作所は、サーバ仮想化機構を用いて統合サービスプラットフォームの「BladeSymphony」を強化し、3月2日から販売を開始すると発表。(2007/2/28)

行けない人もこれで安心――LinuxWorldフォトリポート Vol.1
6月1日から3日間、東京ビッグサイトで開催されているLinuxWorldExpo/Tokyo 2005。各社ともミッションクリティカルな領域でLinuxを使うための施策を打ち出している。フォトリポートで見てみよう。(2005/6/1)

Itanium 2でハイパーバイザー対応となったBladeSymphony
独自仮想化機構の実現、PCI Expressサポート、協業パートナー拡大など、BladeSymphonyは基幹利用に相応しい統合オープンプラットフォームとして、さらに各分野へとリーチし出した。(2005/6/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。