ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Virtual Iron」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Virtual Iron」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

SunやVirtual Ironの二の舞になるか
OracleのI/O仮想化ベンダー買収にユーザーからは懸念の声
米Oracleは2012年7月にI/O仮想化アプライアンスベンダーの米Xsigo Systemsを買収。Xsigoのユーザーの間には、製品の今後や価格設定、サポートをめぐり懸念が広がっている。(2012/8/30)

デスクトップ仮想化製品紹介:Ericom
費用は従来の2分の1以下、イスラエル発のハイブリッド型デスクトップ仮想化製品
デスクトップ仮想化製品の導入には“初期費用”という壁があった。ところが、従来製品の約2分の1から4分の1で導入できる製品があるという。Ericom Softwareの「PowerTerm WebConnect」を紹介する。(2012/8/15)

Oracle VMが活路を開く可能性はあるのか
新バージョンOracle VM 3.0に向けられるユーザーの猜疑の目
Oracle VM 3.0は、VMware vSphere 5の4倍に相当する128基の仮想CPUと、1Tバイトのメモリをサポートするなど大幅な機能拡張を図った。だが、同製品へのユーザーの猜疑心は強い。今後シェアを広げる可能性あるのか。(2011/9/30)

仮想化管理ツールのトップ10(後編)
仮想化の高度な管理で役に立つ、無料/有料ツール5選
携帯電話によるWebインタフェースを使った、物理/仮想サーバを監視、管理できるツールや、ローカルストレージを共有ストレージに転用し、iSCSIでアクセスすることができるツールなどを紹介する。(2011/4/14)

ホワイトペーパーレビュー
サーバ仮想化の基礎を知る3つのホワイトペーパー
サーバ仮想化の仕組みやメリットを基礎から解説したホワイトペーパーを3つピックアップ。仮想環境の設計、構築、管理、運用を効率化する方法について紹介する。(2010/7/23)

Oracle対抗:
VMware、「Virtual Iron」からの乗り換えに4割引サービス
Virtual Iron買収によってサーバ仮想化製品を獲得したOracleに対抗するため、仮想化大手のVMwareが「VMware vSphere 4」への乗り換えキャンペーンを開始した。(2009/7/8)

これで仮想化オールマイティーに:
OracleがVirtual Iron買収で得るもの
Oracleはこの買収により、「Oracle VM」用のツールセットを獲得し、VMwareなどへの“仮想化税”から解放される。(2009/5/14)

Sunの次は:
Oracleがサーバ仮想化企業のVirtual Ironを買収
うわさされていたVirtual Ironの買収をOracleが正式に発表した。(2009/5/14)

電源消費の削減に注力:
ぷらっとホーム、Xeon 5500搭載のクラウドサービス向けサーバ
(2009/4/6)

ぷらっとホーム、Xeon 5500番台を搭載した省電力型1Uサーバを発売
ぷらっとホームは、省電力機能に特化した1Uのラック型サーバ「CloudStation E」を5月中旬に出荷する。(2009/4/6)

Oracleが仮想化企業のVirtual Ironを買収か
Oracleがサーバ仮想化管理機能の強化のためにVirtual Ironを買収すると伝えられている。(2009/3/11)

仮想化技術をフル活用:
PR:フレキシブルなリソース対応が新たなビジネスチャンスを生む
急激なアクセス増などに伴うハードウェアやネットワークなどの負荷の変化に、柔軟に対応できるホスティングサービスが誕生した。リンクが提供する「AT-LINKパワーフレックス」がそれだ。このサービスは仮想化技術とこれまで培った運用実績を活用し、「専用サーバ」を超える障害耐性を持ち、かつ“リソース・オン・デマンドな”サービスを低価格で実現している。(2008/11/26)

Virtual Ironをプラットフォームに:
日単位でリソースを増減できる仮想サーバホスティング
(2008/11/17)

クラウドホスティングサービス:
リンク、伸縮自在のホスティングサービスを提供
専用ホスティングサービス企業のリンクは、11月17日からハードウェアのリソース変更が柔軟に行えるクラウドホスティングサービス「at+link パワーフレックス」の提供を開始する。(2008/11/14)

NEWS
日商エレら3社、数分内で仮想化環境でのDRを実現するソリューションを発表
米Virtual Iron Softwareのサーバ仮想化ソフトウェア「Virtual Iron」と、ネクスト・イットのストレージ統合管理ソリューションパッケージ「Z-BYS」を組み合せた災害・障害復旧ソリューションを共同で提供する。(2008/11/6)

AdminIT Daily News:
日商エレ、仮想化支援サービスを開始――検証センターの開設も
日商エレは主要なサーバ仮想化製品の導入支援サービス「VirtualNavigate」を発表。仮想化技術の検証センターも開設する。(2008/10/6)

日商エレが9月末の国内投入を発表:
Virtual Iron最新版は省電力機能を搭載
(2008/8/12)

CPUの使用率を自動で最適化:
日商エレ、サーバ仮想化ソフト「Virtual Iron」の最新版を発売
日商エレクトロニクスはXenベースのサーバ仮想化ソフトウェアの最新版を発売した。CPUの使用率を自動で最適化する機能を新たに搭載している。(2008/8/12)

Beginner's Guide:
仮想アプライアンス入門
仮想マシンにOSやアプリケーションといったソフトウェアを組み合わせた仮想アプライアンスがソフトウェア配布の実質的な手段になりつつあり、仮想アプライアンスベンダーという新たな業種が生まれている。ここでは、さまざまな仮想アプライアンスを一挙に紹介する。(2008/6/21)

熱い支持層を抱える専用ホスティング:
PR:ビジネス戦略実現へのニーズに徹底して応える
「高い技術力」と「完全無償サポート」を武器に、ますます競争が激化する専用ホスティング市場で、国内トップクラスの地位をゆるぎないものとしているAT-LINK 専用サーバ・サービス(以下at+link)。同サービスの本当の強みは、ビジネス戦略をいち早く実現し、顧客の本来のニーズに応えるという経営理念にあった。(2008/6/9)

ホワイトペーパー:
仮想化の新たな経済性
企業のITインフラが抱える課題を解決する手法として注目が集まる「仮想化」。その仮想化にはどのような手法があるのだろうか。そして仮想化はインフラにどのようなメリットをもたらしてくれるのであろうか(提供:日商エレクトロニクス)。(2008/5/23)

NEWS
リンク、商用仮想化ソフト「Virtual Iron」を月額サービス化
従来、導入ライセンスとして数十万円が必要だった商用仮想化ソフトを月額課金で提供することで、高可用性・冗長性を持つ環境を低価格で実現できる。(2008/3/28)

仮想化の達人:
仮想化でNotes R4.6の延命――賢者か愚者か
Windows NT Server 4.0上で稼働するNotes R4.6。OSのサポートは切れ、最新のハードウェアはWindows NT Server 4.0をサポートしていない。これからも使い続けるために仮想化技術にすがるあなたは果たして賢者か愚者か。(2007/9/21)

インテル、Xeon MPにクアッドコアを投入
インテルは、マルチプロセッサ(MP)サーバ向けのクアッドコア インテルXeonプロセッサ7300番台を発表した。併せてIntel 7300チップセットとの組み合わせによるCanelandプラットフォームも公開した。(2007/9/6)

仮想化市場に押し寄せる再編の波
VMwareの株式公開やCitrixによるXenSourceの買収は、拡大する仮想化市場に再編の波が起きていることを示すものだ。(2007/8/28)

Microsoftは「新生Citrix」を買収するか?
XenSourceを買収した「新生Citrix」は、仮想化技術の開発を急ぐMicrosoftにとって魅力的な買収ターゲットかもしれない。(2007/8/16)

米VMware、“IPOは重大な節目”とグリーン社長
8月14日、米国VMwareが新規株式公開を果たした。仮想化テクノロジーはビッグビジネスとなり、さらに幅広い認知度が得られるようになるだろう。同社は今後の方向性も語っている。(2007/8/15)

VMwareと仮想化の“ビッグデー”
VMwareのIPO(株式公開)により、仮想化技術はこれまでで最大の公の舞台に立つことになる。(2007/8/14)

XenSourceとNECが仮想化技術で提携
サーバ仮想化市場での立場を固めるべくXenSourceとNECが新たな提携を結んだ。(2007/6/26)

IBM、新たな仮想化ツール立ち上げ
IBMは仮想ハイパーバイザー向けセキュアアーキテクチャ「Secure Hypervisor(sHype)」やメインフレーム向けの仮想化技術「z/VM」のアップデート版を立ち上げた。(2007/2/14)

仮想化でセキュリティは大丈夫? Virtual IronとReflex Securityが提携
多くの企業が仮想化技術に投資を始める中、セキュリティがIT業界の大きな関心事となっている。Virtual IronとReflex Securityの2社が、よりセキュアな仮想インフラストラクチャーを提供すべく手を結んだ。(2007/2/14)

Column
準仮想化製品のビジネスチャンス
ゼンソースの製品などで注目の「準仮想化」について、リセラー向けにその潜在顧客や提供手段について解説する。(2007/2/9)

2007年もマルチコア化と仮想化が大きな潮流に
クアッドコア登場と仮想化によってサーバ市場は大きく動くが、PC分野は盛り上がりに欠けそうだというのが大方のアナリストの見解となっている。(2006/12/28)

拡大する市場に向けて投入、Xenベースの仮想化ソフト新版
市場が拡大する中、Virtual IronはXenをベースとした仮想化プラットフォームの新バージョンをリリースした。(2006/10/13)

日商エレ、15分で初期導入が完了する仮想サーバ構築キットを発表
日商エレクトロニクスと日本IBMは、Xenベースの仮想化ソフト「Virtual Iron」とPCサーバおよびストレージを組み合わせた仮想サーバスターターキットを発表した。(2006/9/15)

IBM、x86サーバとブレードでXenをサポートへ
IBMは、自社のx86サーバやブレードサーバ、ミドルウェアなどでオープンソースの仮想化技術「Xen」をサポートする考えだ。(2006/7/18)

サン、2007年半ばまでにSolaris 10をXen対応に
Sun Microsystemsは、7月中にOpenSolarisで、また2007年半ばまでにSolaris 10でXenをサポートする計画だ。(2006/7/5)

Interview
サーバ仮想化の神話と現実
サーバの仮想化が流行中だが、実際に人員や経費が大幅に削減できたり、ダウンタイムがなくなるのだろうか。仮想化のプロに聞いた。(2006/6/30)

LinuxWorld Report:
LinuxWorldで語られるDellの仮想化戦略
LinuxWorld Expo/Tokyo 2006でDellのケビン・ノリーン氏は、将来的にはXenも有力としながらも、VMwareとMicrosoft Virtual Serverが現状では選択肢になりうる仮想化技術であると話す。(2006/6/2)

SAP、Virtual Ironに出資
データセンター向けの仮想インフラ作成/管理ソフトを提供する米Virtual Iron Softwareが、Intelに続いてSAPから出資を受けた。(2006/5/2)

LinuxWorldでVirtual IronとXenSourceがXen 3.0ベースの仮想化製品を発表
ボストンのLinuxWorldで、Virtual Iron SoftwareとXenSourceの2社がXen 3.0をベースとした仮想化製品を発表した。VMWareと同じ機能をより低価格で提供するという。(2006/4/4)

仮想化技術の強化を視野に、IntelがVirtual Ironに出資
Intel Capitalは、仮想化ソフトウェア「VFe」を手がける新興企業、Virtual Iron Softwareに出資し、技術提携を結んだ。(2005/9/27)

LinuxWorldで見つけたあんなもの、こんなもの
先日サンフランシスコで開催されたLinuxWorld Conference and Expo。さまざまな発表が行われたが、ブースのほうにも目を向けてみよう。(2005/8/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。