ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Vonage」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Vonage」に関する情報が集まったページです。

UC市場はどうなる?
働き方を大きく変えるチームコラボレーションの5大トレンド
2019年のUC市場に影響を与えるコミュニケーションとコラボレーションのトレンドを占う。(2019/1/28)

社内と社外のコミュニケーションを包括する方向性
「コミュニケーションツールは1社にまとめたい」 だから2019年UC市場はこう変わる
企業内のコミュニケーションニーズを1つでまかなえる製品を求めるユーザー企業が少なくない。ユニファイドコミュニケーション(UC)ベンダーは買収策やAPI開発といったアプローチを選んでいるようだ。(2019/1/8)

スマートスピーカーにはプライバシーの懸念も
WeWorkが「Amazon Alexa for Business」の導入中止? 企業向け音声アシスタントの課題とは
法人向けのAmazon Alexaをいち早く採用したWeWorkが、実証試験音声アシスタントの導入計画を中止したと報じられた。企業向け音声アシスタントサービスが抱える課題とは。(2018/12/21)

災害など緊急時の対処手段は
VoIPとPSTNを比較 電話サービスを選ぶ際に確認したいチェック項目
PSTN(公衆交換電話網)による電話サービスとVoIP(Voice over IP)ベースのIP電話サービスの議論は何を意味するだろうか? どちらがあなたの組織に適合するのか、機能別に比較してみよう。(2018/10/12)

AIプラットフォーム「Contact Center AI」
Googleがコンタクトセンター向けAI発表、AmazonやMicrosoftと競い合う
Googleは顧客対応のためのAIプラットフォーム「Contact Center AI」を発表し、コンタクトセンター市場に参入した。Ciscoなど多くの大手ベンダーが、同技術を利用した製品を提供開始する。(2018/8/29)

Google、サポートセンター向け「Contact Center AI」、Duplexと共通技術採用
Googleが、サポートセンター向けのAIサービス「Contact Center AI」を発表した。掛かってくる電話にまず「Virtual Agent」が対応し、対応しきれない場合のみ人間の担当者に対応履歴を付けて転送する。(2018/7/25)

「Office 365」への対抗
Googleの「ハングアウトMeet」、Skype for Businessなど競合製品との相互運用可能で支持拡大?
GoogleはWeb会議プラットフォーム「ハングアウトMeet」で、Microsoftの「Skype for Business」や、Cisco、Polycomのビデオ会議システムとの相互運用を可能にする。この対応は企業ユーザーの支持を集めそうだ。(2018/6/25)

Computer Weekly製品導入ガイド
次世代ネットワークを巡る通信事業者のSD-WAN戦略
SD-WAN技術の到来で、通信事業者によるWANサービスの囲い込みが実質的に排除された。市場の現状について解説する。(2018/5/1)

チームコラボレーションツールとも悩む……
中堅企業で人気の「UCaaS」導入ステップ、多機能もしくは無料サービスから検討
中堅企業の間でクラウドのユニファイドコミュニケーション(UC)が人気を集めている。「UCaaS」ベンダーと企業は、導入展開の成功に向けて力を合わせなければならない。(2018/2/9)

ロボット、家電、アバター、IoTデバイスなどへ:
「Watson」をあらゆるデバイスへ内蔵可能に、IBMが実験的プラットフォーム「Project Intu」を発表
IBMが実験的プラットフォーム「Project Intu」を発表。「Watson」の機能をさまざまなフォームファクタのデバイスへ組み込めるようにする。(2016/11/11)

各社のUCアプリがiOSデバイスとの連係を強化
iPhoneの「電話」から通話アプリ発信が可能に、iOS 10のAPI「CallKit」とは
長らくiOSデバイスとユニファイドコミュニケーションのアプリケーションが連係されていなかった。Appleが「iOS 10」で解放した新API「CallKit」でその状況はどのように変わるのだろう。(2016/11/10)

SD-WANは、何をしてくれるのか(2):
VeloCloudは、アプリケーションパフォーマンス管理を指向するSD-WAN
SD-WANに関する連載の第2回として、VeloCloudを取り上げる。プライベートWANサービスの利用コスト削減を起点に、アプリケーションパフォーマンス管理へ踏み込んでいることが特徴だ。(2016/8/18)

クラウドベースのUCサービスを巡る戦い
価格の「Office 365」 vs. 電話連携の「Cisco Spark」、一長一短ある両雄をどう選ぶ?
Cisco SystemsとMicrosoftのクラウドコミュニケーションサービス、それぞれの長所と短所とは何か。料金面ではMicrosoftの勝ちだが、既に複雑な電話システムを導入している企業はCiscoにメリットを見いだすだろう。(2016/5/25)

マルチデバイスで使える強力なコラボレーション機能
Googleは「Google for Work」にどこまで本気? 企業ユーザーを魅了できるか
Googleの「Google for Work」ブランドで数多くの企業向けサービスを提供している。その中のコラボレーションサービスについて、どのような展開を進めているのか紹介する。(2016/5/20)

米Vonage、無料通話アプリの「Vonage Mobile」をリリース
米Vonageが、ユーザー間の通話とメッセージ送受信を無料で提供するスマートフォンアプリ「Vonage Mobile」をリリースした。固定回線や携帯電話への国際通話も安価で利用できる。(2012/2/9)

米ネットユーザーの24%はSkypeなどのIP電話を利用している――Pew Internet調査
2007年には米ネットユーザーの8%だったIP電話利用者が、今回の調査では24%に増加した。(2011/5/31)

Google Voiceは?:
AT&TによるVoIPへの3G開放、iPhoneユーザーにとっては朗報だが――
AT&Tが自社の携帯回線をiPhone向けVoIPアプリに開放するという決定はiPhoneユーザーやSkypeに歓迎されているが、AT&TとAppleにとっては厳しいものだ。(2009/10/8)

New York Timesをだまして広告契約、マルウェア配信に利用
攻撃側はインターネット電話会社のVonageを名乗ってNew York Timesの広告部門に接触し、広告スペースを購入していたという。(2009/9/16)

海外ダイジェスト(7月10日)
NHKがJoostに番組提供開始、Flickrの投稿写真をGetty Imagesが販売へ、など。(2008/7/10)

IP電話会社Vonage、AT&Tと特許訴訟で和解
VonageがSprint、Verizonに続いてAT&Tと和解した。(2007/12/26)

AppleとAT&Tに特許訴訟――iPhoneの「ビジュアルボイスメール」めぐり
Klausner Technologiesは、同社の特許2件をAppleのiPhoneが侵害しているとして、AppleとAT&Tの両社にそれぞれ3億6000万ドルの支払いを求めている。(2007/12/4)

Vonage、Verizonとの特許訴訟で和解
VonageとVerizonが、1年以上にわたった特許訴訟で和解。Vonageは、Verizonに最高1億2000万ドルを支払う。(2007/10/27)

カリフォルニア州火災で緊急ダイヤルが活躍
山火事の避難勧告で固定電話に一斉に通知を出す「リバース911」が威力を発揮。一方、携帯電話やVoIPサービスの弱点も露呈した。(2007/10/26)

VonageとSprint、特許訴訟で和解
和解では、Vonageが8000万ドルをSprintに支払うと同時に、新たにライセンス契約を締結、SprintがVonageにライセンス供与する。(2007/10/9)

Vonageに6950万ドルの賠償命令――Sprintとの特許訴訟で
インターネット電話のVonageが、Verizonとの訴訟に続き、Sprintとの訴訟でも特許侵害との評決を受けた。(2007/9/26)

WebベースのAjaxWindowsは人々に受け入れられるか?
MP3.comとLinspire(Linuxディストリビューター)の創業者であるマイケル・ロバートソン氏は、世界はWeb上の「仮想」デスクトップを受け入れる準備ができていると考えていると言う。彼は正しいのだろうか?(2007/9/14)

Vonage、新規顧客の獲得が可能に――当面の危機から脱出
VonageとVerizonの特許訴訟で、Vonageに新規顧客獲得を禁じる判決が出ていたが、米連邦巡回控訴裁がこの判決の延期を正式に命じた。(2007/4/25)

Vonage、CEO辞任とリストラ計画を発表
Verizonとの特許訴訟の渦中にあるVonageが、マイケル・スナイダーCEOの辞任と、人員削減も含むコスト削減計画を発表した。(2007/4/13)

Vonage、Verizonとの特許問題で新規顧客獲得の危機
Verizonとの特許侵害問題から、Vonageが新規顧客獲得の危機に立たされている。(2007/4/10)

VerizonとVonageの特許訴訟、一部の侵害を認める判決
陪審はVonageによるVerizonの特許侵害を一部認めた。(2007/3/10)

Sprint、VoIP特許訴訟に決着
2005年に特許侵害で提訴していたIP電話会社3社のうち、2社と和解。ライセンス契約を結んだ。(2006/9/1)

米国のVoIPサービス利用世帯、4.1%に増加
Telephiaのまとめによると、米国のネット利用世帯のうち純粋なVoIP電話サービスに加入している世帯は1〜3月期の3.1%から4〜6月期は4.1%に上昇した。(2006/7/22)

Vonage、VoIP関連の特許を取得
VonageはVoIP関連の特許3件をDigital Packet Licensingから取得。これでSprint、Verizonなど通信大手と争っている訴訟で主導権を握ったとしている。(2006/7/11)

Vonage、ネット電話用のUSBデバイス「V-Phone」発表
「Vonage V-Phone」はVonageソフトがプリインストールされ、PCにUSB接続して電話をかけたり留守番電話を聞くことができる。(2006/7/1)

バルマー氏、久夛良木氏、「重要でない10人」に選ばれる
BUSINESS 2.0誌が選んだ「重要な50人」にはGoogle創設者やジョブズ氏が、「重要でない10人」にはバルマー氏、久夛良木氏、Slashdot創設者などが選ばれた。(2006/6/26)

VerizonがVoIP特許侵害でVonageを提訴
インターネット電話サービスの米Vonageが、VoIP技術をめぐりVerizonから提訴された。(2006/6/20)

Vonageの株価下落で集団代表訴訟
Vonageの株価がIPOから7日間で30%以上も下落したのは不正行為が原因だったとして、株主が同社を相手取り損害賠償を求める集団代表訴訟を起こした。(2006/6/6)

トラブルと無縁ではないがVoIPユーザーの満足度は高い――SupportSoft調査
SupportSoftが発表したリポートによると、トラブルはあるものの、ケーブル事業者のVoIPサービスに対してユーザーはおおむね満足しているという。SkypeやVonageではマーケティングが優先事項だが、ケーブル事業者はサービスの品質向上に努めているのだ。(2006/6/2)

Skypeが変えるコンタクトセンターの新たな姿
コンタクトセンター向けプラットフォームを提供する米Genesysは米国ラスベガスにおいて同社の年次ユーザーカンファレンス「G-Force 2006」を開催している。今年の見どころは、コンタクトセンターのIP化がより実用的になろうとしていることだ。(2006/5/25)

Vonage、IPO初日で公開価格割れ
インターネット電話会社VonageのIPOは、初日から公開価格の17ドルを下回る価格で取引され、14.85ドルで引けた。(2006/5/25)

ネット電話会社のVonage、IPO計画を公表
Vonageは1株当たり16〜18ドルで3125万株を公開し、4億9370万ドルの調達を見込む。(2006/4/29)

Vodafoneの新コンテンツフィルターに陰の目的?
Vodafoneが未成年者保護の名目で導入を予定しているコンテンツフィルターに関し、競合する電話サービスのVoIPを遮断する目的もあるのではないかという憶測が広まっている。(2006/4/11)

Symbian OSとOperaブラウザに低価格VoIP機能
先日米国進出を発表したVoIPサービスのJAJAHは、Symbian OSとOperaにサービスを組み込むことで、携帯でのVoIPサービスに先鞭をつけようとしている。(2006/4/7)

3GSM World Congress 2006:
無線LAN・Bluetooth携帯がFMCを牽引──英CSRに聞くFMCの現状と今後
今年のトレンドの1つといわれるのが、固定とモバイルを融合するFMC。チップベンダーの英CSRが、Bluetoothおよび無線LANチップ開発メーカーの視点からFMCの現状と今後を分析した。(2006/2/21)

Skypeのシェア、米国で後退
ブロードバンドISPがIP電話サービスを推進した結果、Skypeのシェアが後退した。(2006/2/2)

Google、IP電話を提供か
GoogleがPCと電話の間で通話できるVoIPサービスを投入するかもしれない。(2006/2/1)

SkypeがDoS攻撃の格好の土台に――専門家が警鐘
CRNによれば、SkypeやVonageなどのVoIPツールではDoS攻撃のトラフィックが覆い隠され、攻撃元をたどることはほぼ不可能になってしまうという。(2006/1/27)

Column
2006年、注目すべき10の動き――オープンソース、Web 2.0、SaaS……
ITをめぐる状況はここ数年かなり厳しかった。2006年は劇的な年にはならないだろうが、既に進んでいる変化が加速するだろう。今年注目すべき10の動きを予測してみよう。(2006/1/16)

批判者からも支持を得たSkype新版
β版では苦情が多かった新版Skypeだが、正式版には「素晴らしい」との評判が寄せられている。(2006/1/13)

Sprint、VoIP特許めぐりIP電話会社を提訴
米大手電話会社のSprint Nextelは、VonageなどIP電話会社3社に特許を侵害されたと申し立てている。(2005/10/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。