ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「戦争」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「戦争」に関する情報が集まったページです。

「にゃんこ大戦争」の改ざんアカウント使用の疑い 男2人を書類送検
改ざんされたオンラインゲームのデータを使用したなどとして、神奈川県警サイバー犯罪捜査課は、不正作出私電磁的記録供用の疑いで、同県横須賀市の大学4年の男と川崎市多摩区の会社員の男を書類送検した。いずれも容疑を認めている。(2022/1/19)

1歳息子のいる夕飯づくりは「毎日が戦争です」 後追い・ギャン泣き・ウルウル攻撃にどうしても勝てないママの漫画
どうしても勝てないんだよなぁ。(2022/1/18)

ファミマが禁断のメニュー「ごはんの上にシチュー」を商品化 戦争が起きるぞ……
宗派間の争いを予感させる……!(2022/1/5)

「Fate」聖地の写真がアニメそのままの雰囲気で人気 「映画で見たやつ」「まんま冬木市」
これは聖杯戦争始まってますね……!(2021/12/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
今年読まれた記事と、全力で止めたい超小型EV「C+pod」
2021年が終わろうとしている。筆者にとってはカーボンニュートラル戦争に明け暮れた1年だった。言うまでもないが2020年10月に菅前首相の所信表明演説で、突如50年カーボンニュートラル宣言が行われ、それと前後する形で「ガソリン車禁止論争」が吹き荒れた。(2021/12/27)

EV世界戦争とトヨタの勝算 専門家「ライバルを一気に追い抜く可能性十分」
トヨタ自動車がEVへの巨額投資を発表したことで、世界の“EV戦争”が開戦した。既存の自動車メーカーに加え、EVで独走する米Teslaや急伸する中国勢の他新興メーカーも続々誕生している。トヨタは既存の販売網、生産効率の高さで勝負に出る。(2021/12/21)

テスラが独走:
トヨタはEVでも勝てるのか 専門家「ライバルを一気に追い抜く可能性十分」
トヨタ自動車が電気自動車(EV)への巨額投資を発表したことで、世界の“EV戦争”が開戦した。既存の自動車メーカーに加え、EVで独走する米テスラや急伸する中国勢のほか新興メーカーも続々誕生している。群雄割拠のなか、トヨタはEVでも勝てるのか。(2021/12/20)

城島茂の妻・菊池梨沙、ヘルニア手術後も無事退院 51歳のパパと1歳息子は「抱っこ戦争真っ只中」
チラッと見えてるアンパンマンのぬいぐるみ。(2021/11/29)

権力を失い、軍に逆らえない“弱い王様” 戦争へ向かう国を変える漫画に心が震える
少年音楽家の言葉が王様を変えた。(2021/11/17)

令和の原付二種HY戦争勃発!? ヤマハNMAX vs. ホンダPCX「試乗インプレッション比較」編
快走快適125ccスクーターの王者「ホンダ PCX」、新型投入で攻める「ヤマハ NMAX」。令和の原付二種HY戦争、勝つのはどっちだ……?(2021/11/6)

ネコ式戦車でリアル「にゃんこ大戦争」開幕!? キメ顔の猫ちゃんたちが勇ましくてかわいい
1匹乗りバージョンと2匹乗りバージョン、どちらもクオリティーが高い!(2021/11/1)

明治の「きのこ・たけのこ戦争」と違ってロッテの「ラミー・バッカス紛争」はパッケージに勝敗が記されている……? ロッテになぜ順位記載したのか聞いた
この時期になると食べたくなる「ラミー」と「バッカス」。勝ったのは……?(2021/10/22)

ソニー、中国当局から約1778万円の罰金命令 7月7日の製品発表予告が「中国の威厳損なった」
中国当局がソニーの中国法人に対し100万元(約1778万円)の罰金を科したと、共同通信が報じた。同社は7月7日に新製品を発表すると中国のSNS「微博」で予告していたが、日中戦争の発端となった盧溝橋事件と同じ日であるとして批判が集まっていた。(2021/10/18)

米EV、普及の懸念材料は脆弱な電力網 真価問われる「電流戦争」
米新興EV(電気自動車)メーカーのリヴィアンが、最近EVピックアップトラックの「R1T」を出荷開始した。(2021/10/7)

サイバースパイが日本を破壊する【前編】:
経済安全保障の重要性を早くから指摘 気鋭の経済ジャーナリストに「米中経済戦争」による日本企業への影響を聞いた
岸田文雄新内閣では新たに「経済安全保障」を担当する閣僚ポストが新設される。経済安全保障の重要性を指摘してきたのが経済ジャーナリストの井上久男氏だ。井上氏インタビューの前編では中国が進める「軍民融合」の実態と、中国企業による楽天への出資について聞いた。(2021/10/4)

「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」、11月12日から期間限定公開 Netflix配信作品を再構成
新たなシーンも加えて2時間の劇場アニメにした作品。(2021/9/9)

本当にありそうな“戦争映画モノマネ”が人気 何げない会話から友情が芽生えかけた瞬間に敵襲が!
2人とも死ぬなよ!(2021/8/31)

よろしい、ならば戦争だ 漫画アプリ「マンガDX+」が1日限定で全作品無料、『HELLSING』『それでも町は廻っている』など対象
夏休み最終日に!(2021/8/31)

“ザクの重量はゾウ9頭分”……「モビルスーツの教科書」発売 スペック表も
モビルスーツをさまざまな角度から紹介したムック「ガンダム モビルスーツの教科書 一年戦争編」が発売。(2021/8/24)

SNSでつなぐ特攻の記憶 「肉声伝える使命」
15日で終戦から76年。戦争体験者らは高齢化し、記憶の継承は年々難しくなっている。元軍人や遺族つくる戦友会でも同じだ。「史実を知ることが平和につながる」と、SNSで肉声や記憶を伝える組織も出てきた。活動が功を奏し、会員数を伸ばした戦友会もある。(2021/8/16)

「当時もこんな空だったのかな」──カラー化した原爆写真がネットで反響 AIと人力で戦時中などの写真を色付ける「記憶の解凍」
広島と長崎に投下された原爆の“きのこ雲”のカラー化画像がTwitterに投稿され、注目された。「記憶の解凍」という活動の一環で、AIツールと戦争体験者の証言、Twitterのコメントなどを反映してカラー化している。活動に取り組む、東京大学大学院の渡邉英徳教授に取材した。(2021/8/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
レアメタル戦争の背景 EVの行く手に待ち受ける試練(中編)
コバルトの問題が難問過ぎるので、今注目を集めているのが、従来のハイコバルト系リチウムイオン電池に代わる方式だ。最も早く話題になったのがリン酸鉄電池である。ついでナトリウム電池、そしてニッケル水素のバイポーラ型電池。長らく次期エースと目されている全固体電池もある。(2021/8/9)

トイレの長時間利用抑止IoTサービス「VACAN AirKnock Ads」、ファイナルファンタジーのプロモ動画配信開始
IoTやAIを活用した空き情報を発信するバカン(東京都千代田区)は7月12日より、スクウェア・エニックスが提供するファイナルファンタジーシリーズ タクティカルRPG「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争」のプロモーション動画をトイレ内へ配信する。(2021/7/13)

もし「きのこ・たけのこ戦争」に変形ロボットが導入されたら? 妄想を本気で形にしたCG動画がかっこいい
両軍ともすごい技術力。(2021/7/4)

「この役は誰にも渡さない!」 岡村隆史、映画「妖怪大戦争」で16年ぶりの小豆洗いに気合い
なつい。(2021/7/3)

EE Exclusive:
スマホ搭載デバイス分析 〜完全分離されたAppleとHuaweiのエコシステム
米中間の貿易戦争が悪化の一途をたどる中、この2大経済大国の関係が破綻する可能性を示す、「デカップリング(Decoupling、分断)」というバズワードが登場している。しかし目の前の問題として、「本当に分断は進んでいるのだろうか」「マクロ経済レベルではなく、世界エレクトロニクス市場のサプライチェーンレベルの方が深刻な状況なのではないだろうか」という疑問が湧く。(2021/6/30)

「FFBE幻影戦争」のガチャに優良誤認 スクウェア・エニックスとgumiに措置命令
1周年記念ガチャの抽選方法に問題。(2021/6/29)

消費者庁、スクエニなど2社に措置命令 スマホゲーム「FFBE幻影戦争」のガチャに優良誤認
スマホゲーム「FFBE幻影戦争」内の表示が景品表示法違反だったとして、消費者庁がスクウェア・エニックスとgumiに措置命令を実行。「チェック機能の見直しと管理を強化し、再発防止に努める」(SQEX)(2021/6/29)

スマホAP市場:
HiSiliconの“空白”を埋めるQualcommとMediaTek
米国政府は2020年に、米中間の貿易戦争の一環として、Huaweiの子会社であるHiSiliconをスマートフォン向け半導体チップ市場から締め出す措置を取った。こうしてHiSiliconによって残された空白を、QualcommとMediaTekが埋めている。(2021/6/21)

「12時の方向に○○!」戦争映画でよく聞くせりふ、視覚障害者にも便利って知ってた? 「クロックポジション」を紹介する漫画がためになる
作者は漫画家でコメディアンの中山少年さん。(2021/6/20)

「まさか大魔神とは!!」 寺田心主演「妖怪大戦争 ガーディアンズ」、55年ぶりに“大魔神”が登場しネット驚き
劇場作品に登場するのは55年ぶり。(2021/6/8)

大統領「われわれは戦争中だ」 コロナ禍で様変わりしていくフランス――日本人留学生が漫画で描く2020年春の記憶
ついに、外出制限開始。(2021/6/8)

戦争で画家を諦めた祖母が遺した油絵、孫がTwitterに投稿し話題に 「賞を獲るより人に見てもらうのが喜びだった」
「猫」と日常を描いた鮮やかで温かみのある絵画たち。(2021/6/2)

「猫が乱入して終末戦争みたくなった」 Tシャツをのぞきこむ猫ちゃんの“奇跡の1枚”が壮大なスケール!
一瞬限りのネコネコバトルTシャツ。(2021/5/22)

どう見ても宇宙人襲来 タコの凧揚げを楽しむ写真がまるでSFで見かける宇宙戦争の序章
人類滅亡の危機じゃー。(2021/4/28)

福岡×東京「ひよ子戦争」終戦か? 東西のひよ子を集めたコラボ商品が登場
実は同じグループ会社の商品です。(2021/4/22)

JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
ノスタルジーがすごい。(2021/4/9)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
スマホ捨て自給自足、ファーウェイの「抗日戦争」を読み解くキーワード<ファーウェイの現在地・下>
2018年にスマホ出荷台数で世界シェアで2位となったファーウェイ。20年はアップルに抜かれて3位、21年は中国メーカー4社に抜かれて7位となる見通しだ。同社は生存のため、抗日戦争に由来する「南泥湾プロジェクト」に着手した。ファーウェイ特集の最終回は、「脱スマホ」「脱アメリカ」の鍵となるキーワードを紹介する。(2021/4/8)

PR:サイバー戦争に“普通の企業”が巻き込まれる現実 専門家が語る「フィッシング対策」が重要な理由
2021年1月、悪名高いマルウェア「Emotet」がテイクダウンされたことは大きなニュースになった。かといって安心はできない。昨今頻発するフィッシング攻撃の背景には、それらを入り口とした“サイバー攻撃エコシステム”の進化に加え、攻撃を“業務”として民間に委託する国家の存在があるという。一体何が起こっているのか。(2021/4/1)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
トランプ後も制裁継続、世界巻き込む半導体戦争へ<ファーウェイの現在地・上>
米中貿易戦争の象徴となった通信機器大手ファーウェイへの制裁から2年。5G、スマートフォンの両方で動きを封じられたが、同社製端末の内部には日本企業製の部品が多く使われ、制裁は日本も含めた世界の半導体不足をも招いている。米中でなお繰り広げられている攻防と、手足を縛られたファーウェイの生存戦略を全3回に分けて紹介する。(2021/3/25)

コロナ禍の“映画鑑賞”どう変わる? 激動の「ストリーミング戦争」 Netflixは会員数500万人にほぼ倍増
ここ1年で人々の消費の形が変化し、特に映画の受容形態は大きく変わった。新作の公開の場としてストリーミングサービスが活用されている。(2021/2/27)

「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」YouTubeで全話無料配信、当時12歳の浪川大輔が主役熱演
一年戦争の断面を少年の視線から描いたOVA。(2021/2/10)

「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」が公開延期 試写会は全て中止に
残念ですが仕方ない。(2021/1/29)

大森南朋がぬらりひょん、大島優子が雪女! 「妖怪大戦争 ガーディアンズ」、特殊メイクが施された“妖怪キャスト”発表
素顔の写真を並べないと分からないほどの変化。(2021/1/18)

山根康宏の中国携帯最新事情:
HuaweiとXiaomiの動きに注目 2021年に中国メーカーの勢力図はどう変わるのか?
2020年は、米国と中国の貿易戦争に通信業界が巻き込まれた1年だった。中国メーカーのパワーバランスもこの歴史的な大きな2つの出来事により大きく変わろうとしている。中国大手4社の2020年の動きを振り返りながら、2021年の展望を予想してみた。(2021/1/8)

コロナ禍と進む分断:
2020年の半導体業界を振り返る
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威をふるい、その影響が多方面に及んだ2020年。半導体/エレクトロニクス業界にとっては、COVID-19の他にも、米中ハイテク戦争というもう一つの懸念を抱えたままの1年となりました。この2020年を、EE Times Japanに掲載した記事とともに振り返ります。(2020/12/25)

KFCの新型ゲーム機が真剣に正式発表 4K240fpsでレイトレ対応、チキンを保温するパワーでハード戦争に終止符か
中身は台湾のPCパーツメーカーが手がける小型ゲーミングPCといった構成。(2020/12/23)

Tsinghuaも債務危機:
中国ファウンドリーHSMC、破綻寸前か
中国・武漢市の半導体ファウンドリーHSMC(Hongxin Semiconductor Manufacturing Corporation)が、中国と米国の技術戦争における最新の犠牲者となるのかもしれない。(2020/11/24)

「FFBE幻影戦争」不具合でガチャを一時停止 ユーザーから「排出率がおかしい」と指摘相次ぐ
ユーザーの間で検証が行われていました。(2020/11/16)

まさか宇宙戦争に発展、マグロ(古川登志夫)対ニワトリ(神谷明)のショートムービー第2弾公開
妻子(山本百合子)との別れのシーンに謎の感動?(2020/10/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。