ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「戦争」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「戦争」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

“ミャクミャク様の友達”爆誕、インパクトありすぎて「妖怪大戦争」「クトゥルフ神話コラボ?」と話題になり早速ファンアートも続々
他の国もこういうマスコット作ってほしい。(2024/5/17)

米国「対中半導体戦争」の行方はどうなる? 日本の技術は注目されるのか
米政府が、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する米半導体大手インテルの輸出許可を取り消したと報じられた。(2024/5/15)

「虎に翼」、日の丸弁当を食べる轟に心配の声 「本当に心配だ」「戦争に向かわせないでくれ」
不穏な空気が……。(2024/5/13)

作家の宗田理さん死去 『ぼくらの七日間戦争』など手がける
95歳でした。(2024/4/16)

大阪で高級ホテル戦争 1泊20万円超の客室に予約が殺到
2025年大阪・関西万博の開幕まで約1年に迫る中、大規模改装に乗り出すホテルが相次いでいる。訪日客需要で1泊20万円超の客室に予約が殺到するなど客室料金は上昇傾向にあるが、高級ホテルを中心に改装による高付加価値化でさらに高単価の富裕層に狙いを定める。(2024/4/8)

「この食べ物をGoogle検索するとき、なんて検索されますか?」 Googleの質問に「戦争を起こす気か」「戦争の火種」
名前を言ってはいけないあのお菓子。(2024/4/1)

「きのこの山」と「たけのこの里」をX線解析してみた──Xの投稿が話題 投稿者に話を聞いた
明治が作るお菓子「きのこの山」と「たけのこの里」をX線で解析してみた──そんな投稿がXで話題だ。この2つのお菓子のどちらの方がおいしいかを決める論争、通称「きのこたけのこ戦争」を終わらせるため、かつてないアプローチに臨むものが現れた。(2024/2/27)

横浜の“動くガンダム”が大雪で味わい深い雰囲気に 「ジオンが強奪に来そう」「吹雪の中で輝いて」と話題
「ポケットの中の戦争」とか見たくなる。(2024/2/6)

舞台「FFBE幻影戦争」、「M!LK」吉田仁人ら全キャストのソロビジュ公開
かっこよ!(2024/1/19)

小寺信良のIT大作戦:
世界から取り残される日本の「電子・IT産業」 打開策は生成AIか JEITA資料で見る日本の“今と未来”
JEITAによると日本の電子情報産業は、2020年から始まった世界的パンデミックにより、ここ数年はその影響による需要変動が大きかったが、2023年はそれよりも2つの戦争や世界的インフレ傾向、AIの登場が大きなインパクトを与えたようだ。今回はJEITA公開の資料をベースに、23年の振り返りと今後起こるであろう社会変革の様相を予測してみたい。(2023/12/28)

EV用バッテリー工場の建設を再開:
物議をかもすFordと中国CATLの協業、米国内から懸念の声
Ford Motorは、中国のEV向け電池メーカーのCATLと協業し、米国ミシガン州に電池製造のためのギガファクトリーを建設中だ。ただ、米中ハイテク戦争が続く中、この協業は物議をかもしている。(2023/12/4)

「ブギウギ」、母・水川あさみの“一言”が辛すぎる 視聴者「切なすぎる」「これは毎朝覚悟して見なきゃだな」
忍び寄る戦争の影……。(2023/11/20)

「にゃんこ大戦争」11周年記念の公式ブック発売 ネコとタンクネコの持ち歩けるポーチが付録
「にゃんこ大戦争」11周年!(2023/11/14)

「ブギウギ」、“恋と義理”で揺れるスズ子 弟からの手紙で迫る戦争の影……「波瀾の種まきがたくさん」と反響
どうするスズ子。(2023/11/14)

Cybersecurity Dive:
「中国は米国の最大敵対国」 CISAは国家主導の脅威アクターにどう対抗する?
CISAはロシアとウクライナの戦争に関連するリスクに重点を置いていたが、現在は中国を最も重要な国家レベルの脅威と見なしている。(2023/11/11)

“きのこたけのこ戦争”も解決!? 定時か残業かなど“究極の二択”を決められる「運命のコイン」がカプセルトイで登場
残業か定時かコイントスで決まる恐ろしさ。(2023/10/31)

『攻殻機動隊 SAC_2045 最後の人間』劇場予告編が公開 メインビジュアル第2弾に左右で異なる素子
前作「攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争」のアンコール再上映も決定。(2023/10/23)

EU、MetaとTikTokにもイスラエルとハマスの戦争関連の偽情報対策を正式要請
EUの欧州委員会は、MetaとTikTokに対し、イスラエルとハマスの戦争関連の誤情報対策を報告するよう要請した。報告期限は10月26日。EUは両社がDSA(デジタルサービス法)を順守しているかどうか検討する。(2023/10/20)

一部で広告掲載NGも:
おせちの「数の子、いくら、サーモン」はどうなる? 百貨店がロシア産の扱いに苦慮 でも「使わないと成立しない」
「おせち料理」の予約商戦が本格化する中、ウクライナ戦争の影響でロシア産食材を使った商品の場合、広告掲載NGになるケースが発生しているという。ただ、「使わないと商品が成立しない」として、百貨店側が対応に苦慮している。(2023/9/3)

アニメ「デート・ア・ライブV」キャラビジュ第1弾が公開 10月にスペシャル番組配信へ
戦争<デート>が、また始まる――(2023/8/28)

ダイエーVS.西友の「赤羽戦争」はなぜ起きた? 駅東口2大スーパー、半世紀の歴史に幕
東京・赤羽駅東口を代表する老舗スーパーとして約半世紀にわたり親しまれた「西友赤羽店」と「ダイエー赤羽店」が今年、相次ぎ閉店。かつて両店は「赤羽戦争」と呼ばれる歴史的商戦を繰り広げていたことをご存知だろうか――。(2023/8/28)

アニメ「機動戦士ガンダム 復讐のレクイエム」、世界配信に向けて制作 舞台は一年戦争時のヨーロッパ
「Unreal Engine5」を用いた映像作品。(追記あり)(2023/7/3)

新作アニメ「機動戦士ガンダム 復讐のレクイエム」制作へ UE5を利用 一年戦争中の欧州戦線を描く
バンダイナムコフィルムワークスは、新作アニメ「機動戦士ガンダム 復讐のレクイエム」を制作すると発表した。3D制作ツール「Unreal Engine 5」を使って全6エピソード(各30分)を作り、世界配信する予定。(2023/7/3)

ITmedia Security Week 2023 夏:
「ゼロトラスト」でなければランサムウェアギャングと戦えない理由――いま企業はハイブリッド戦争の前哨戦の渦中にある
2023年6月、ITmedia Security Week 2023 夏で、多摩大学 ルール形成戦略研究所 客員教授 西尾素己氏が「ゼロトラスト。バズワードと化した最重要課題を今一度紐解く。」と題して講演した。(2023/6/20)

「ちいかわ」コラボでしまむらに行列 一部では取り合いで“ちいかわ戦争”状態に、ネットで転売も
ちいかわ人気が加熱してるようです。(2023/5/27)

IT企業デスクツアー:
スクエニ「FFBE幻影戦争」に携わるみんなのデスク環境 プロデューサー陣の机をチェック
IT関連企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。職種を問わずさまざまな社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、スマホゲーム「FFBE幻影戦争」に携わるメンバーの机を探る。(2023/5/19)

「ボストン茶会事件」を“町のイベント”風にしたポスターが楽しそう 「ボストン港をティーポットにしちゃお!」「茶葉340箱投げ入れ放題」
独立戦争待ったなし。(2023/5/7)

過熱する「AI検索」の覇権争い【第1回】
「BingがGoogle検索に勝つ日」がまさかの現実に?
Microsoftは検索エンジン「Bing」に、ジェネレーティブAIの代表格「ChatGPT」を生んだOpenAIの技術を組み込み始めた。「Google検索」の圧倒的勝利で終わったはずの検索エンジン戦争が、再び活発化しようとしている。(2023/5/2)

AI技術の軍事利用【第2回】
「AIが戦争を終わらせてくれる」と信じるのは“危険”なのか、正しいのか?
「AIの軍事利用は、戦争終結の早期化に貢献する」という意見がある。果たして本当なのか。AI倫理の専門家に、AIの軍事利用に関する課題と併せて聞いた。(2023/4/14)

行楽シーズンに向けて:
コンビニのおにぎり戦略、3社そろう ローソンは製法刷新、「ふっくら感」で勝負
コンビニ各社の「おにぎり戦争」が激化している。ローソンは高価格帯「金しゃりおにぎり」シリーズを刷新。差別化なるか。(2023/4/11)

「カレー戦争始まってた」 人気VTuberのカレー発売で通販サイトつながりにくく セブン&アイが謝罪
「♯星街家のカレー」予約開始でイトーヨーカドーネット通販がつながりにくくなった。運営はTwitterで謝罪したが予約受付は続いており、午後になると「買えた」という報告も。(2023/4/10)

流通戦争の生き証人:
「二流の地」から「流通の覇者」へ イオンが成功した出店戦略とは
2022年2月28日、長崎県佐世保市にある総合スーパー「イオン佐世保店」が閉店した。この閉店は、イオングループにとって「ひとつの時代の終焉」を意味するものであった。実は、イオン佐世保店は「ジャスコ」として営業を開始した商店街立地の高層総合スーパーのなかで、2022年時点でも同業態のまま営業を続ける最後の店舗であり、1970年代における流通戦争の生き証人でもあったのだ。(2023/3/31)

「罠の戦争」井川遥、草なぎ剛と笑顔の“元夫婦2ショット” 大団円にファン「胸が熱くなりました」
最高の最終回だった……!(2023/3/29)

「ビジネスウォーズ」配信:
Amazon Music、ポッドキャスト強化へ 制作スタジオ「Wondery」が日本で始動
アマゾンジャパンは3月22日、米国のポッドキャスト制作スタジオ「Wondery」が日本で始動すると発表した。同日より同スタジオのシリーズ「ビジネスウォーズ」日本語版の最新作「ビジネスウォーズ : ファストファッション戦争」を「Amazon Music」などで配信する。(2023/3/22)

韓国の人気ブランドとコラボ:
ローソン、化粧品を発売 セブンやファミマもオリジナルブランド展開で、メーク戦争激化か
ローソンは3月31日、韓国コスメブランドと共同開発したコスメブランドの化粧品を発売する。韓国コスメ人気の高まりを受け、販売に至った。(2023/3/20)

「米のおいしさ」へのニーズ:
おにぎり戦争勃発 セブンは老舗「八代目儀兵衛」、ファミマは「どん兵衛」とコラボ
セブンは「京の米老舗 八代目儀兵衛」監修のおにぎりを4品発売する。高まる「ごはんのおいしさ」のニーズに対応。(2023/3/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「物価の優等生」は死語に!? エッグショック後も、価格が高止まりしそうな理由
卵の価格が高騰している。鳥インフルエンザやロシア・ウクライナ戦争の影響だが、エッグショック後も価格が高止まりしそうな理由とは?(2023/3/15)

OpenAIの技術でGoogleに挑むMicrosoft【前編】
ChatGPTの力でMicrosoftが仕掛ける「検索エンジン戦争」の行方
新進気鋭のAIチャットbotとして勢いづく「ChatGPT」。その技術を検索エンジン「Bing」に取り込んで、王者Googleの牙城を崩そうとしているのが、ITの巨人Microsoftだ。(2023/2/26)

サイバー攻撃の激化にどう対処する?
ウクライナ戦争は対岸の火事ではない 今そこにあるサイバー攻撃の危機
ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけにして、サイバー空間でもさまざまな攻撃が繰り広げられている。その実態と、日本企業が講じるべきセキュリティ対策とは。(2023/2/21)

清水亮の「世界を変えるAI」:
なぜ人々は、ChatGPTという“トリック"に振り回されるのか? Google「Bard」参戦、チャットAI戦争の行方
OpenAIが2022年に発表した対話型AI「ChatGPT」の衝撃は、米国ビッグテック最強の一角であるGoogleを動揺させた。Googleは急ぎ「Bard」と名付けたチャットボットを投入し、巻き返しを図る。(2023/2/10)

AI、量子コンピューティングなど広く影響:
Huaweiへの半導体全面禁輸で拡大する米中貿易戦争
米バイデン政権は、Huaweiに製品を輸出する米国企業へのライセンス供与を停止し、中国Huaweiに対する米国技術の販売を、完全に禁止することを目指しているという。専門家の解説を紹介する。(2023/2/8)

「地獄を味わってる」オーストリア発ロシア風パンクバンドが解散 軍事侵攻以降ネット攻撃止まず、「戦争と無知の犠牲者」と話題に
メンバーにはロシア人とウクライナ人も。(2023/2/7)

きのこたけのこ戦争を終わらせる“クマ型の手作りクッキー”爆誕 喜ぶきのこの山にまさかの裏切り
たけのこ派の策略が光る。(2023/1/14)

Digi-Key Electronics APAC ビジネス部門バイスプレジデント Tony Ng氏:
PR:6000万件の製品データを持つ代替品提案システム。調達困難下の部品供給を最重要課題に据えるDigi-Key
長引く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大によるパンデミックに加え、ロシアのウクライナ侵攻や米中貿易戦争、急速に進むインフレなど業界全体が多くの課題に直面する中、米大手ディストリビューターのDigi-Key Electronicsは、2年連続で2桁成長と、かつてない飛躍を遂げた。今回、同社のAPAC(アジア太平洋地域)ビジネス部門バイスプレジデントのTony Ng氏が、予測困難な今後の市況にどう対応していくのか、同社の戦略について語った。(2023/1/12)

ウクライナ戦争で崩壊した“再エネ神話” 太陽光発電8つの課題と原発の未来
ウクライナ戦争で浮き彫りになったエネルギー政策の課題を検証する。(2022/12/31)

スマートシティー:
戦争で荒廃したウクライナの都市をバーチャルツインで再建、ダッソー・システムズ×Egis×B4
ウクライナ政府の指名により、Egis、ダッソー・システムズ、B4の3社が、ロシアの侵攻で破壊された市街地を再建するために3Dバーチャル技術と建築工学に関する知識と経験を結集させた。プロジェクトでは、3社連携による再建費用分析とチェルニーヒウ州とチェルニーヒウ市の復興に関する基本計画策定を2段階アプローチで取り組む。(2022/12/19)

TwitterのマスクCEO、Appleとの“戦争”撤回 Apple社の庭からツイート「TwitterがApp Storeから削除される可能性ない」
平和に解決?(2022/12/1)

ウマ娘×明治のコラボ企画に「たけのこの里」だけ登場 応援対決のはずが一部で“きのたけ戦争”勃発
たけのこの里が選ばれた理由についての考察も。(2022/11/28)

1万人が2億円支援→戦車購入──ウクライナ戦争のクラウドファンディング活用から分かる2つのこと
ウクライナ戦争でクラウドファンディングの利用が進んでいる。そこから見える2つの教訓とは?(2022/11/20)

『ちいかわ』としまむらのコラボ第3弾が今回も大盛況 Twitterでは「ちいかわ戦争」と話題
オンライン販売は明日から。(2022/11/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。