ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「戦争」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「戦争」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Marketing Dive:
「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨してきた両ブランドだが、それぞれに失敗も経験している。(2022/8/10)

自由研究で「日露戦争中の陸軍第七師団」のご飯を再現 白米モリモリな献立に「おいしそう」「鯉登少尉が頑張ったのかな」と驚きの声
忘れられない夏休みになりそう!(2022/8/10)

Marketing Dive:
コカ・コーラ vs. ペプシ マーケティング視点で振り返る「コーラ戦争」の歴史
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている。持続可能性を巡る社会の要請は、競争を協力に変えるかもしれない。(2022/8/8)

ビジネスサービスをターゲットにするランサムウェアが増加 複数企業を一気に攻撃か Trellixが警鐘
Trellixによると、2022年第1四半期はサイバー攻撃にとって“進化”の時期だった。1回の攻撃で複数企業を狙うランサムウェア攻撃が増加した他、ロシア・ウクライナ戦争の影響でロシアのサイバー犯罪も“進化”していることが分かったという。(2022/8/8)

ペロシ米下院議長訪台で総統府や国防部のネットがDDoS攻撃でダウン 乗っ取られたコンビニのサイネージには「戦争屋、台湾から出て行け」
ペロシ米下院議長の訪台中、台湾総統府や国防部にDDoS攻撃があり、一時ダウンした。コンビニや駅のデジタルサイネージにはペロシ氏を批判するメッセージが表示され、当局はハッキングによるものだと発表した。(2022/8/5)

「ロシアとサイバー戦争」「東映アニメ不正アクセス」「ゆっくり」──22年上半期話題のITニュース振り返り
2022年上半期が本日6月30日で終わり、明日からは下半期を迎える。1〜6月までにITmedia NEWSで取り上げた記事から、特に話題になったニュースを紹介する。(2022/6/30)

金利が上がれば価格は下落 日本の都心マンションもいまや「夜明け前」か
 ウクライナ戦争を主因とするエネルギー価格の高騰は、ほとんどすべての工業製品の製造コストを上昇させた。その結果、世界的なインフレを招いている。(2022/6/28)

なぜ戦争中のウクライナ剣士たちは国際大会に参加できたのか ヨーロッパの国境を越えた“剣道の理念”
「ウクライナの剣士たちにとって大会参加は『希望』の1つだった」(2022/6/29)

「戦争などによる破壊の場合は保険はおりません」今まで気にしなかった保険の注釈が気になるようになった
身近になってしまっただけに……(2022/5/31)

ウクライナのEdTech企業に学ぶ有事の事業継続方法【後編】
戦争はビジネスを殺せない――ウクライナEdTech企業がそう言い切る理由
戦時下においても事業を継続しているEdTech企業が、ウクライナのKeikiだ。同社のIT幹部は「戦争は技術的な面では事業に影響しなかった」と語る。その理由は何か。(2022/5/30)

企業が「黒海」に注目すべき3つの理由 地政学的重要性、ウクライナ戦争で表面化
ロシアによるウクライナ侵攻で、海上ルートとしての「黒海」の地政学的重要性が注目を集めている。なぜ重要なのか、3つの視点からそれぞれ解説する。(2022/5/28)

millennium parade、制作中のMVが突然お蔵入りに “戦争描写”が引っかかり「こればっかりはどうしようもねえ」
「いつか皆様に何かしらの形で見て頂けるよう」とフロントマンの常田大希さん。(2022/5/24)

頭脳放談:
第264回 新型コロナと戦争が気付かせた「半導体は国家なり」
Intelが開催したイベント「Intel VISION」のキーノートスピーチを聞いて、「半導体は国家なり」という言葉が浮かんできた。いまや半導体がなければ、給湯器もクルマも動かない。新型コロナウイルスや戦争によって半導体のサプライチェーンが混乱し、製品の供給に支障が出て、そのことに気付かされた人も多いのではないだろうか。(2022/5/23)

Twitter、誤情報対策強化 まずはウクライナ関連に焦点
Twitterは、戦争などの危機的状況で起きがちな誤情報拡散を防ぐための新たなポリシーを発表した。該当する誤情報ツイートにラベルを付け、クリックしないと表示できないようにする。まずはウクライナでの戦争を始めとする国際的な武力紛争に焦点を当てる。(2022/5/20)

なぜ国内IT市場は回復傾向なのか? コロナ禍やロシア・ウクライナ戦争の影響を考慮し、IDCが予測
IDC Japanによると、2022年3月末時点の予測で国内IT市場は年成長率4.1%の回復基調にあり、2026年に23.5兆円規模になる見通しだ。長引くコロナ禍やロシア・ウクライナ戦争など世界情勢が厳しさを増す中、なぜ国内IT市場は回復傾向にあるのか。(2022/5/20)

米、ロシアの戦争犯罪「証拠」情報をWeb公開へ 衛星画像、ソーシャルメディアの情報を活用
米国務省がウクライナ侵攻でのロシアの戦争犯罪や残虐行為などの証拠となる公開情報を収集し、Webサイト上で公開する新プロジェクトを開始した。衛星画像やソーシャルメディア上から得た情報を分析、保存する。(2022/5/19)

ガンダムUCの名言「正しい戦争なんてあるもんか」、鹿児島のお寺が掲示して話題に ガンダム好きの僧侶に思いを聞いた
その僧侶さんは「機動戦士Ζガンダム」と「ターンエーガンダム」が好きだそうです。(2022/5/17)

「今こそ戦争について、考えよう」:
KADOKAWA、戦争に関連する9作品を無料配信 『1984』『はだしのゲン』など
KADOKAWAとKADOKAWAグループは「今こそ戦争について、考えよう」と題し、総合電子書籍ストアのBOOK☆WALKERで、戦争に関する書籍9作品を5月16日まで無料配信している。(2022/5/13)

「1984」「はだしのゲン」など電子書籍9作が無料配信 KADOKAWAが期間限定で 「戦争や平和を考える一助に」
KADOKAWAが「はだしのゲン」や「1984」など、戦争や平和に関わる電子書籍の無料配信を始めた。電子書籍サービス「BOOK WALKER」で16日まで配信する。「戦争や平和について考える一助としてもらうために配信する」(同社)という。(2022/5/11)

KADOKAWAが戦争関連書籍を無料配信 漫画『戦争は女の顔をしていない』『はだしのゲン』など一部作品が無料に
無料配信期間は5月10日から5月16日まで。(2022/5/10)

Microsoft、ロシアによるウクライナ侵攻に伴うサイバー攻撃について詳解 支援国にも警告
Microsoftは、ロシアとウクライナの「ハイブリッド戦争」におけるロシアのサイバー攻撃についてのレポートを公開した。ウクライナ侵攻直前から数百回の作戦が実行されているとしている。ウクライナ支援国への攻撃の可能性もあると警告している。(2022/4/28)

ホリエモン×夏野剛(3):
ホリエモンが見通す「日本の自動車産業の未来」  テスラが持つ真のコアテクノロジーとは
堀江氏はISTに新たに出資したKADOKAWAの夏野剛社長と、4月15日にIST東京支社で対談した。ウクライナ戦争によって、スペースXが世界の宇宙開発競争においてかつてない優位に立っている点や、「テスラ」という先進企業が米国から次々と生まれてくる理由について、議論を交わした。(2022/4/27)

米財務省、ロシアの仮想通貨マイニング企業に制裁 「プーチンの残忍な戦争を支援しているため」
米財務省は、ロシアの仮想通貨マイニング企業BitRiverを制裁すると発表した。「プーチンの残忍な戦争を支援しているため」。米国で仮想通貨企業が制裁対象になるのはこれが初だ。(2022/4/21)

IMF、世界成長率3.6%に下方修正 侵攻と制裁響く
【ワシントン=塩原永久】国際通貨基金(IMF)は19日発表した世界経済見通しの改訂版で、2022年の世界成長率を3.6%と予測した。ウクライナでの戦争と、米欧などによる対ロシア制裁の影響が波及し、前回1月の予測から0.8ポイントの大幅な下方修正となった。見通しには極めて高い不確実性があり、戦禍の拡大や制裁強化など一層、下振れする可能性があるとしている。(2022/4/20)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
ウクライナ戦争が引き起こす企業と投資家の社会的、倫理的ジレンマ
ロシア人に生活必需品を売るべきか――。ウクライナ戦争は企業に難しい課題を投げかけました。企業はESGと倫理的な配慮の間でどうバランスを取るべきでしょうか。フィデリティの取り組みとともにご紹介します。(2022/4/21)

ログイン戦争、鶏いじめ、投身RTA 平和な楽園「ハトバース」に異変か
「真に平等な世界」「いじめも格差も存在しません」──理想郷のようにみえたメタバース「ハトバース」だったが、鳩の急増により異変が起き始めたようだ。(2022/4/12)

Marketing DIve:
ウクライナ戦争で有名ブランドが直面した空前絶後の試練
ロシアとの関係を断ってほしいという消費者の要望は明らかだが、従業員を支援したり一般の人々のために重要な製品を提供したりしたいと考える企業は、道徳的なジレンマに陥っている。(2022/4/6)

ウクライナ侵攻から1カ月:
ロシアの新興財閥が離反の動き スイス隠し資産公開でプーチン氏“金欠地獄”か
ウクライナ侵攻から1カ月が経過し、ロシア軍の苦戦も伝えられるが、ウラジーミル・プーチン大統領が戦争を止める気配はない。そこで西側諸国が経済制裁の標的とするのがソ連崩壊後に勃興した「オリガルヒ(新興財閥)」と呼ばれる大富豪たちだ。(2022/3/28)

ウクライナ、軍事資金調達のための“NFT戦争博物館”立ち上げ
ロシアに侵攻されているウクライナのフェドロフ副首相は、資金調達のためにNFTコレクションを立ち上げたと発表した。侵攻開始からの事象を表現するアート作品を時系列に並べた博物館になっている。売上はウクライナDX省のウォレットに送られる。(2022/3/28)

母がロシア人の元HKT48・村重杏奈、出自絡みでの中傷を告白 ウクライナ侵攻から「私にも心無いコメントがきます」
村西さん「どんな理由があっても戦争してはいけないと思う気持ちは一緒です」。(2022/3/19)

湯之上隆のナノフォーカス(48):
メモリ不況は当分来ない? 〜懸念はIntelのEUVと基板不足、そして戦争
筆者は世界半導体市場統計(WSTS)のデータを徹底的に分析してみた。その結果、「メモリ不況は当分来ない」という結論を得るに至った。そこで本稿では、その分析結果を説明したい。(2022/3/17)

あなたのWindowsが狙われている:
サイバー戦争に巻き込まれないための、私のパソコン防衛術
情報処理推進機構(IPA)などによると、再びマルウェアの感染が拡大しているという。年々、マルウェアの手口は巧妙になっており、感染を防ぐのが難しくなってきている。それでも、基本的なセキュリティ対策を実施することで、感染の可能性を引き下げることは可能だ。マルウェアに感染しないための最低限の防衛策を解説しよう。(2022/3/17)

ウクライナ侵攻支持の象徴“Z”マーク、社名や商標による風評被害の可能性は?
 ロシア軍がウクライナを侵攻する車両に書かれている「Z」の文字を積極的に拡散、ロシア国内でも戦争支持の象徴としてさまざまなところで書かれている。日本国内にも社名や商標に「Z」を用いる企業は多数存在するが、風評被害を受ける恐れはあるのか。(2022/3/14)

世界大戦化する”サイバー戦争” Anonymousや義勇兵がロシア攻撃 Huaweiは支援の動きも
ロシアのウクライナ侵攻に伴い、ウクライナ政府は「サイバー義勇兵」を募集。国際ハッカー集団「Anonymous」もロシアへの攻撃を行った。ロシア側にも当局のサイバー部隊やハッカー集団がおり、見えない戦争が続いているようだ。(2022/3/14)

ウクライナ侵攻、SNSが情報戦の最前線
ロシアによるウクライナ侵攻のニュースが、TwitterやFacebookといったSNSで大きな関心を集めている。過去の多くの戦争・紛争と異なり、日本をはじめ世界が「生の情報」を共有する状況を作っている。(2022/3/14)

小寺信良のIT大作戦:
世界にあふれ出す戦争 ITは武力にどう対抗できるのか
止まらない戦争は、ITの世界にも広がっている。われわれはどう動くべきだろうか。(2022/3/10)

中国、ロシアとの微妙な立場 「フェイクニュース法」受けTikTokのサービス停止
ウクライナに侵攻したロシアの「フェイクニュース法」を受けて、中国系動画投稿アプリ「TikTok」がサービスの一時停止を発表した。ロシアとウクライナの情報戦は「TikTok戦争」とも呼ばれる中、中国の微妙な立場が垣間見える。(2022/3/10)

「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」レビュー 国際情勢と奇しくもシンクロした、大切なメッセージ
スネ夫が史上最高に愛おしかった。(2022/3/9)

IBMもロシアでの製品販売を停止 軍事組織と取引しない方針も表明
IBMが、3月3日までにロシアでの製品やサービスの販売を停止した。「暴力および侵略行為を容認しないと同時に、ロシアによるウクライナでの戦争を非難する」(同社)という。(2022/3/7)

情報統制下、真実求める露国民 規制回避でVPN需要急増
ロシア軍によるウクライナに侵攻を受け、ロシア国内で過去にない厳しい情報統制が進む中、国民は当局によるアクセス規制を回避できる「VPNアプリ」をスマートフォンにダウンロードし、「戦争の真実」を知ろうとしている。(2022/3/7)

カスペルスキーCEO、ロシアのウクライナ侵攻に「戦争は良いものではない」と反応
露カスペルスキーのユージン・カスペルスキーCEO(@e_kaspersky)は、ロシアのウクライナ侵攻について「戦争は良いものではない」とTwitter上で表明した。(2022/3/2)

国内工場の稼働停止:
トヨタも被害、サイバー戦争激化! 国際ハッカー集団から露へのハッキング
トヨタ自動車は1日、サイバー攻撃が原因とみられる仕入れ先のシステム障害により国内工場の稼働を停止した。全14工場28ラインが対象となり、約1万3000台に影響する。2日以降の稼働再開は未定。早期再開に向け、仕入れ先と協力し、状況確認や原因調査を進めている。(2022/3/1)

YOSHIKI、ウクライナ緊急支援募金に1000万円を寄付 ロシア軍の軍事侵攻に「心が痛む。戦争を正当化できるものなんてない」
賛同する人が続出。(2022/3/1)

ウクライナ人柔道家ダリア・ビロディド「ロシアが戦争を始めました」 現地の状況明かし「私たちは生きたい」と訴え
東京オリンピックで銅メダル。(2022/2/24)

ニンテンドー3DSの年別ダウンロードランキングが発表 「ポケモン ピカチュウ」「モンハン XX」「にゃんこ大戦争」などが1位に
見てるとほしくなってくる。(2022/2/17)

日韓EV戦争:
「現代自動車」が日本市場に再挑戦 専門家「簡単にはいかないだろう」
大手メーカーが新たな覇権を狙ってしのぎを削る電気自動車(EV)市場。トヨタ自動車が本格展開の意向を示して話題を集める一方、韓国最大手の現代自動車が、EVなどで日本への再進出を検討していると報じられた。「日韓EV戦争」が勃発するのか。(2022/2/14)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
学歴社会是正へ「入試移民」「進学実績公表」「学力特待生」厳禁、中国当局の本気度
先日の大学入試共通テストは津波、刺傷事件、カンニング、過去最低の平均点と、歴史に残る混乱ぶりだった。中国では過熱する受験戦争、学歴社会を抑えるため、21年7月に宿題と学習塾の規制、22年1月に大学入試の競争を抑制する規制が発表。今回は、中国の“不公平”な大学入試制度と、1月の規制の中身を紹介する。(2022/2/3)

1歳息子のいる夕飯づくりは「毎日が戦争です」 後追い・ギャン泣き・ウルウル攻撃にどうしても勝てないママの漫画
どうしても勝てないんだよなぁ。(2022/1/18)

ファミマが禁断のメニュー「ごはんの上にシチュー」を商品化 戦争が起きるぞ……
宗派間の争いを予感させる……!(2022/1/5)

「Fate」聖地の写真がアニメそのままの雰囲気で人気 「映画で見たやつ」「まんま冬木市」
これは聖杯戦争始まってますね……!(2021/12/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。