ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Web3.0」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Web3.0」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

DOCOMO Open House 2020:
5G時代には「XRデバイスがスマホに取って代わる」 Magic Leap CEOが描く近未来
DOCOMO Open House 2020でMagic Leapのロニー・アボビッツCEOが、5G時代のMR体験について語った。5Gでは空間を共有する体験が中心になり、企業や個人、医療、ゲームなど、多岐にわたる分野でビジネスが広がるという。商業デザインや訓練で、ヘッドセットの「Magic Leap One」が役立つことも説明した。(2020/1/31)

モビリティサービス:
次世代モビリティの姿、自動運転、MaaS、エアモビリティ、地域連携がキーワードに
「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)、「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)の関連イベントとして2019年10月18日、リレーカンファレンス「Mobility Summit〜近未来の移動空間の姿を浮き彫りに!〜」が開催された。Society 5.0具現化に向けたスマートモビリティによる、近未来の姿を自動運転、MaaS、エアモビリティ、地域連携をキーワードに展望し、新たなイノベーションの社会実装の可能性を議論した。(2020/1/15)

ブロックチェーンは「幻滅期」の谷底へ 今後5〜10年で社会的インパクトをもたらす技術に成長――ガートナー予測
ガートナーによると、世界市場におけるブロックチェーン技術は、新技術登場初期の注目や期待が集まる「『過度な期待』のピーク期」を過ぎ、関心が薄れる「幻滅期」の谷底に向かっているという。今後、実用的なユースケースを経て普及期に向かい、5〜10年先に変革的なインパクトをもたらすと予測する。(2019/10/23)

今後は「幻滅期」から「啓蒙活動期」に:
ブロックチェーン技術がビジネスに革命を起こすのは5〜10年後、Gartnerが予測
Gartnerは最新レポート「Hype Cycle for Blockchain Technologies, 2019」を発表し、ブロックチェーン技術はハイプサイクルの「幻滅期」に入ろうとしていると指摘した。(2019/10/10)

覇権争いは原発からクラウドへ:
DMM亀山会長らが語り合う「10年後のパラダイムシフト」――世界の“インフラ勢力図”はどう変わるのか?
変化の激しい時代にチャンスをつかむには、どうすればいいのか。DMM.com会長の亀山敬司氏、gumi会長の國光宏尚氏、グリー会長兼社長の田中良和氏、ウォンテッドリー代表取締役CEOの仲暁子氏ら、時代の先端を行くトップランナーたちが語り合った。(2019/5/17)

Opera、仮想通貨ウォレット搭載のAndroid版Webブラウザ β版を公開
Opera Softwareが、仮想通貨ウォレット機能を組み込んだAndroid版のWebブラウザを発表した。仮想通貨の送金や受け取り、オンラインショップでの支払いなどに対応する。(2018/7/12)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンつまみ食い日記、2年目に突入
Web 3.0も取り込んで、まだまだ続きます。(2018/4/15)

マストドンつまみ食い日記:
Web 3.0とマストドン
マストドンはWeb 3.0に含まれますか?(2018/4/7)

やまとぴBlog:
「SharePoint」を使って社内報はできるのか
社内広報を担当している僕は、「SharePoint」を使って社内報を出しています。が、正直、これがどうにも使いにくい。社内のシステムとして一旦導入してしまうと、がんばって使い続けるしかないのでしょうか……。(2013/10/17)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(34):
どうする、オープンデータ。
日本は世界の1/4のセンサーを利用する「センサー大国」だ。だが、至るところに潜むセンサーを戦略的に使えていない状況だ。(2013/5/20)

水面下で進むスマホOSの世代交代――「第3のOS」の陰で、見過ごせないGoogleの動き
2013年の年明け早々、モバイルOSの世界に異変の兆しが現れた。新たなモバイルOSとして「Firefox OS」と「Tizen」が披露されたのだ。通信キャリアも肩入れするこれらの新OSは市場をどう変えるのか、また、既存のモバイルOSは、どう対抗するのか。モバイルOS戦国時代の行く末を読み解く。(2013/4/25)

なぜ今、HTML5なのか――モバイルビジネスに与えるインパクトを読み解く:
第4回 HTML5の指し示す未来
さまざまな課題を抱えるHTML5だが、それらは徐々に解決しつつある。HTML5により、OSとブラウザは今後一体化していくとみられ、その兆しも現れ始めている。(2012/8/15)

なぜ今、HTML5なのか――モバイルビジネスに与えるインパクトを読み解く:
第3回 ネイティブアプリか、それともWebアプリか? ――アプリ開発者を悩ます問題
アプリ開発者の間で「ネイティブアプリか、Webアプリか」という議論が盛んになっている。今回は、両者の長所と短所を整理するとともに、Webアプリの弱点を克服するために使われている手法を見ていく。(2012/8/13)

なぜ今、HTML5なのか――モバイルビジネスに与えるインパクトを読み解く:
第2回 課題も多いHTML5、それでも本格採用に踏み切る企業の思惑
あらゆる分野で期待される技術でありながら、解決すべき課題も多いことからなかなか普及が進まないHTML5。しかし、いくつかの企業は本格的なサービスへの採用を始めている。これらの企業はどこにメリットを感じて本格採用を決めたのか。(2012/8/9)

なぜ今、HTML5なのか――モバイルビジネスに与えるインパクトを読み解く:
第1回 次世代Web標準「HTML5」は今、どこまで使えるレベルにあるのか?
動きが速いモバイルビジネスの世界で、このところ急速に注目度が高まっているWeb技術が「HTML5」だ。HTML5はWebの世界をどのように変えるのか、どんなメリット、デメリットがあるのか、モバイルビジネスにどんな影響を与えるのか――。短期集中連載でKDDIリサーチフェローの小林雅一氏が解説する。(2012/8/8)

Twitter読書:
『Twitter革命』――KNN神田敏晶さん
国内の利用者数は250万人、関連サービスも続々と登場しているTwitter。この最新動向をまとめたのが、ジャーナリストである神田敏晶さんによる『Twitter革命』だ。個人と企業・メディアの関係が進化していることがありありと分かる名著である。(2009/12/18)

2008年IT業界の10大ニュース
IT業界の2008年はエキサイティングな年だった。Web2.0からWeb3.0への移り変わりが近づく2009年はインターネットにとってどんな年になるのだろう。(2008/12/15)

D89クリップ(2):
Chumby開発者が語る 誕生秘話とビジネスモデル
そのかわいらしいルックスとハッキングのしやすさが注目を集める「Chumby」。10月から日本での販売も始まり、早速手に入れた方もいるだろう。Chumbyの生みの親であるアンドリュー・バニー・ファン氏に開発のきっかけや今後の展望について伺った。(2008/11/25)

デジタル革命の原動力となる7つの「破壊的トレンド」
Webサービスを変革させる注目技術はどんなものだろうか。次を制するのはGoogleかMicrosoftか、それともSalesforce.comか。(2008/10/24)

New Generation Chronicle:
谷口公一――「にぽたん」と呼ばれし剛勇の新たな挑戦
谷口公一を形容する呼び方は一意に決まらない。それは、彼が歩んできた道のりが一本調子ではない証左だ。Perlハッカーとして活躍する一方で、日本でも最大級のポータルサイトで常にユーザーをワクワクさせるサービスを提供し続けてきた彼が米国に行くことを決めた理由は――。(2008/4/2)

シリコンバレーとハリウッド、Web3.0に向けた共同ファンド立ち上げ
ハリウッドのエンターテインメント企業とシリコンバレーのベンチャーキャピタル、AT&Tらが、南カリフォルニアでのWeb3.0技術推進のため、新興企業を支援する共同ファンドを立ち上げた。(2008/3/4)

PR:ネットワークで社会に変革を起こしていくシスコ
 ネットワークが、単なる情報の伝達路から情報とアプリケーションやサービス、さらには人と人とを結びつけるものへとその役割を変化させてきている。こうした変化に対応すべく、ネットワークはどのように変わっていけばよいのだろうか。統合的なネットワークソリューションを提供しているシスコの篠浦文彦ビジネス開発ディレクターに聞く。(2007/11/15)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第4回 NTTドコモ 辻村清行氏──「ドコモ2.0」はWeb3.0のドコモ版
ジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が、キーパーソンを招いて業界の行く末について語る鼎談企画。今回はNTTドコモ 取締役常務執行役員 プロダクト&サービス本部長 辻村清行氏にこれからの携帯向けサービスについて聞いた。(2007/6/13)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第3回 NTTドコモ 辻村清行氏──ドコモ2.0に合わせてiモードもバージョンアップしたい
業界のキーパーソンとジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が、業界の行く末について語る鼎談企画。NTTドコモ 取締役常務執行役員 プロダクト&サービス本部長 辻村清行氏にドコモの研究開発やキャリアと端末メーカーの関係を聞いた。(2007/6/5)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第2回 NTTドコモ 辻村清行氏──端末にはさらなる革新的な進化が必要
業界のキーパーソンとジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が、業界の行く末を語る鼎談企画。第2回も引き続きNTTドコモ 取締役常務執行役員 プロダクト&サービス本部長 辻村清行氏に話を聞く。(2007/6/4)

News Weekly Access Top10(2007年5月27日−6月2日):
「MLってメーリスのことですか?」
ギャル社長がML(メーリングリスト)のことを「メーリス」と呼んでいたことに驚いた記者だが、ITmediaの新人さんもみんな「メーリス」と呼ぶらしい。ああ新世代。(2007/6/4)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第1回 NTTドコモ 辻村清行氏──「ドコモ2.0」に込めた本当の意味
業界のキーパーソンとジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が、業界の行く末を語る鼎談企画。第1回はNTTドコモ 取締役常務執行役員 プロダクト&サービス本部長 辻村清行氏に話を聞いた。(2007/6/1)

「Yahoo!JAPAN研究所」設立 村井純氏が顧問に
ヤフーは、ネット関連の新技術や、ネットと社会の関係などについて研究する「Yahoo!JAPAN研究所」を、4月1日付けで社内に新設する。最高技術顧問に村井純・慶応義塾大学教授を迎えた。(2007/3/26)

Webとの差別化を可能にする新たなコンテンツ制作――朝日放送
高解像度の動画・静止画、音声データなどのリッチコンテンツを対話型のコンテンツとして統合・表示するソフトウェア「VizImpress」。次世代型のプレゼンテーション環境を可能にするこのシステムを2004年に導入、天気予報など番組で使用している大阪市北区の朝日放送で話を聞いた。(2006/12/25)

Biz.ID Weekly Top10:
「Web3.0どころの騒ぎじゃなくなる」新しいHTMLタグとは――
12月も中旬に入り、忘年会やらで忙しくなってきた読者も多いのではないだろうか。筆者も先日、本誌でGTDの記事を執筆する田口元氏らが主催する「忘年会議2006」に参加してきた。(2006/12/12)

「WWW」の父が語るWeb世界の未来像
W3Cアジアホストの開設10周年を記念し、祝賀会とWebの今〜未来を語るシンポジウムが行われた。(2006/11/28)

言葉の認知度4割? 10分で分かる「Web2.0」
Web2.0の真骨頂は「あらゆる情報の集約」。一方で、Web2.0が成功するか否かは、「Web2.0を認識しない大多数のユーザーの手に握られている」。提供側の狙いとエンドユーザーとの格差をどう考えるべきか。(2006/10/20)

動き出したSOAのいま:
Web 2.0とSOAの遠いようで近い関係
エンタープライズコンピューティングらしいコンセプトであるSOAと、どちらかというとコンシューマー向けの技術や世界観の中で話題にされることの多いWeb 2.0の間には、将来を見据えると少なからぬ関連性がある。(2006/9/4)

ネットベンチャー3.0【第5回】:
ロングテールがインフラになろうとしている
佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。これまで紹介した日本のWeb2.0ベンチャーに共通するパターンとは、そしてAmazonやGoogleと違うスタイルのロングテールビジネスについて検証する。(2006/8/25)

コンテンツビジネスの未来をキープレイヤーが大激論
日本SGIが開催した「SiliconLIVE! Forum 2006」の中では、ソニー、キヤノンマーケティングジャパン、NEC、日本SGIなどコンテンツ時代でリーダーとなるであろう企業が、現在感じていることを赤裸々に語った。(2006/6/30)

バルマー氏、久夛良木氏、「重要でない10人」に選ばれる
BUSINESS 2.0誌が選んだ「重要な50人」にはGoogle創設者やジョブズ氏が、「重要でない10人」にはバルマー氏、久夛良木氏、Slashdot創設者などが選ばれた。(2006/6/26)

Interview:
企業は「見える化」から「視せる化」へ――日本SGIの和泉社長
独自に発展してきた放送と通信のテクノロジーが重なり合いつつある中、企業は放送局の機能を持つに至ると話す日本SGIの和泉社長。「見える化」から「視せる化」へ――この言葉に隠された謎について聞いた。(2006/6/22)

「Web 3.0の時代を作り上げる」──日本SGIの見据えるコンテンツの時代
「ネットワークやハードウェアといったインフラが整った今、本当に重要なのはそこを流れるコンテンツ」と日本SGIの和泉氏は話し、包括的なソリューションを提供できる同社の強みを示した。(2006/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。